【令和】『万葉集』の梅花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から引用★2

1名前:ばーど ★2019/04/01(月)15:24:16.94ID:2Lh7ck8o9
新元号は「令和」 出典は「万葉集」

平成に代わる新しい元号について、政府は1日の臨時閣議で「令和(れいわ)」とすることを決め、菅官房長官が発表しました。また、「令和」の典拠、いわゆる出典は日本最古の歌集である万葉集であると発表しました。元号は、皇太子さまが天皇に即位される来月1日に「令和」に改められます。

政府は1日午前、総理大臣官邸で、各界の代表や有識者からなる「元号に関する懇談会」を開き、新しい元号の複数の原案を示し意見を聞くなどしたうえで、臨時閣議で新しい元号を「令和」とすることを決定し、菅官房長官が午前11時半すぎからの記者会見で発表しました。

この中で、菅官房長官は「さきほど閣議で元号を改める政令、および、元号の呼び方が閣議決定された。新しい元号は令和であります」と述べ、書を掲げて、平成に代わる新しい元号を「令和」に決定したと発表しました。

そのうえで、「令和」の典拠、いわゆる出典について「『令和』は『万葉集』の梅花の歌、三十二首の序文にある『初春の令月(れいげつ)にして、気淑く(きよ)風和らぎ(やわらぎ)、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披き(ひらき)、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす』から引用したものだ」と述べました。

菅官房長官は記者会見で、新しい元号の考案者について「考案者ご自身が秘匿を希望していることに加え 考案者を明らかにすれば新元号と特定の個人との結びつきが強調されることになりかねないため、お答えは差し控えたい」と述べました。

また、懇談会で出された意見や原案の数について質問されたのに対し、「意見聴取の場でどんなご意見があったかについてお答えすることは差し控えたいと思う」と述べました。

また、「新元号が日本人の生活の中に深く根ざしていくためには、他の案と比較して議論されることは適当でないと考えており、新元号として決定されたもの以外の案については、その数も含めてお答えは差し控えたい」と述べました。

そのうえで、「いずれにしても、今般決定された新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくよう努めていきたい」と述べました。

日本の元号は、研究者によりますと、「平成」までの247すべてが中国の古典を典拠としているとされていますが、日本の古典から引用されたのは初めてだということです。

新元号を定める政令は1日中に天皇陛下の御名・御璽(ぎょめい・ぎょじ)、いわゆる署名・押印を得て公布され、元号は、皇太子さまが即位される来月1日に「令和」に改められます。

2019年4月1日 11時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190401/k10011868721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190401/K10011868721_1904011216_1904011219_01_03.jpg

★1が立った時間 2019/04/01(月) 12:50:55.68
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554090655/

3名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:25:35.11ID:RKIZz2Ov0
(゚∀゚ )(*^^)v(*^^)v(((^-^)))(*^^)v(=^^=)(^^♪(^Д^)ヽ(´ー`)ノ(゚∀゚ )(^^)(*゚▽゚)ノ

>>1
■ チョソモメン6大悲報(脳欠損)

1,日本に住みながら半島アイデンティティむき出しで、日本のネトウヨ叩きをしてる奴は
  日本ネトウヨ以上に強烈なナショナリズムを持った朝鮮ネトウヨであるという真実w自覚しましょうw

2,韓国製品をホルホルして日本叩きのマスターベーションを繰り返してる奴は
  韓国の躍進の根底には反日パワーがあり、反日パワーを言い換えるとネトウヨパワーであるにもかかわらず
  そのネトウヨパワーで日本のネトウヨ叩きをしてるという滑稽な真実を認めようw

3,経済的に安倍政権はリベラル、反安倍こそがネトウヨという真実、反安倍はネトウヨの自覚を持って戦おうw
  移民推進、TPP(EU)推進の代表は、メルケルや安倍晋三
  移民反対、TPP(EU)反対の代表は、トランプやメイ首相

4,言葉の使用法として、「在日」 = 「犯罪者」 これが差別なら、「ネトウヨ」 = 「差別主義者」 これも差別だからw
  どちらも「それ」を内包することで共通であり、それ以外の意味も含む広義な定義を持つことでも共通
  差別の本質的な問題は、主語を抽象化して使用することで起きることを理解しましょうw
  「差別」を糾弾したいなら、「ネトウヨ」に抽象化せずに、そのまま「差別」を主語として使わないと同じ穴のムジナに
  なるってことw差別を糾弾する側が、その手段に差別を用いてる頭の悪さを理解しましょうw

5,ネトウヨに強い関心を抱き怒りの言及を続けるも、原因となっている
  ”韓国の反日的言動”には見事に無関心を決め込み言及したがらないw
  通常なにかしら問題の解決を図るさい原因にこそフォーカスを当て徹底追求するものだが、
  想像を駆使して人格や育ちに原因を求めてそればかりを言及する、
  そして韓国による日本へのヘイトは見て見ぬふりで、擁護はしても批判はしないという差別的な欺瞞に満ちているw

6,日本語で平然と行われ、あふれかえる日本ヘイト
  投稿者の国籍はその場で特定することはできないにもかかわらず、日本ヘイトは寛容される差別が横行している
  投稿者が日本人でも、民族を一括りに否定する本質的な差別には変わらず寛容さは否定されなければならない、
  差別と戦う者なら尚更w下記例文はどちらも差別でなければならない
  「韓国嫌い。韓国は終わってる。韓国は差別だらけ。韓国人のマナーは同調圧力であり正義じゃない。」
  「日本嫌い。日本は終わってる。日本は差別だらけ。日本人のマナーは同調圧力であり正義じゃない。」

↑誰もまともに反論できずw恥ずかしくないのw  (´∇`)(´∇`)(´∇`)

4名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:25:42.54ID:IA5m9U/y0
>>1

夜の和歌なんだな

暗い時代になりそう

南海トラフ大地震もあるし

20名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
どうみても朝鮮ネームな元号
32名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
でもこの歌、中国由来なんだよなぁ
95名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:49:44.59ID:oJwp8GNt0
>>1
韓国の歌ニダ!
だから令和の起源は韓国!
100名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)

https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

2ちゃんねるもなかなかすごいな

209名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:12:46.81ID:urUwmVes0
>>100
Twitterでも「令和」って発表直後に大伴旅人か!ってツイートしてる人がかなりいた
ヲタク日本人をなめちゃいけない
613名前:名無しさん@1周年ID:
>>209
今の日本の似た外敵環境の中で、日本国内の和を令しながら日本を護っていた人が大伴旅人
666名前:名無しさん@1周年ID:
>>613
太宰府のお役人やった人やー
131名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>111
パクったというより、1000年前当時に大流行してた、カッコいい先端の中国文化にならったのが万葉集
Jポップや日本のロックのルーツが当然西洋にあるのと同じ

万葉集の原典は、中国のこの漢詩
>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)

https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

960名前:名無しさん@1周年ID:
>>116 >>131 >>182
中国由来か
138名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
だから?
一般人がどう思うかがこの場合大事なのだ
命令の令に平和の和だ
「命令による平和」

なんだそりゃ?

157名前:名無しさん@1周年ID:
>>138
>「命令による平和」
>なんだそりゃ?

Pax Americanaって意味が込められてるんだろ

中国よりはマシ

148名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>116
漢字や元号制度がそもそも中国からのものだし、洋服は西洋から

万葉集も、1000年前の当時オシャレだった先端の中国文化のフレーズを取り入れたもの
全然おかしくない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)

https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

182名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>147
カド立てて言うようなことでなくて、
当たり前に
「漢字も元号制度も中国由来」
「万葉集も当時オシャレの先端だった中国から取り入れた」
で良いと思う

中国由来を脱して、元号の日本文化発祥は初めてだと無理に言い張れば、無知と醜態を晒すことになるけど、わざわざカド立てることではない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

960名前:名無しさん@1周年ID:
>>116 >>131 >>182
中国由来か
235名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>188
良い印象か、悪い印象かは事実の取り方で議論になる
個人的には、万葉集の良いイメージで良いと思う

素直に万葉集にも中国の原典があることを示せばよい

カド立てて言うようなことでなくて、
当たり前に
「漢字も元号制度も中国由来」
「万葉集も当時オシャレの先端だった中国から取り入れた」
で良いと思う

ただし、もし中国由来を脱して「元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張れば、
間違いなく無知と醜態を晒すことにはなる

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

269名前:名無しさん@1周年ID:
>>235
>もし中国由来を脱して「元号の日本文化発祥は初めて」だと
>無理に言い張れば、 間違いなく無知と醜態を晒すことにはなる

全メディアがそう紹介してるからまずいんだよ

274名前:名無しさん@1周年ID:
>>269
まずくないよー
万葉集からの引用なのは事実だし
299名前:名無しさん@1周年ID:
>>274
引用の引用はよろしくないよ。
ちゃんと大元の文献を提示したほうがよい。
それが知性というもの。
238名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:19:34.24ID:K347bWx1O
>>1

風香 でええやん(´・ω・`)

246名前:名無しさん@1周年ID:
>>238
日産が喜ぶ
282名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:26:56.18ID:0WVfkTsz0
>>238
それが一番嬉しかったというか
過度に政治的な意味にならないで良かった
孔子だってさ、ホントは政治より歌って酒飲んで楽しみてーんだよって言ってる一遍があったじゃん
日本と中国で未だにわかり合う部分があるとすればそこだと思うんだよな
だから、事象の美しさからとった今回の元号は素晴らしい
242名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
凛として高貴
古風の趣もありながら新しい感じもある

「令和(れいわ)」
令和天皇
いいわ~

285名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>256
そう、全くその通り
別に悪いことでもなんでもない
そもそも漢字も元号制度も中国由来だ
ピアノもギターもJポップも映画も外国由来
それと同じ

個人的には、万葉集の良いイメージで良いと思う

素直に万葉集にも中国の原典があることを示せばよい

ただし、もし中国由来を脱して「元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張れば、
間違いなく無知と醜態を晒すことにはなる

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

316名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
読みたくなるな
341名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
万葉集と古事記は万能やな。
360名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>305
1000年前の大伴旅人は、
張衡をパクったというより、リスペクトとオマージュでわざとフレーズを入れたんだろ
考えれば分かるし、別に普通のこと

元号としても悪くないし、十分に万葉集由来と言える

ただ、もし仮に現代の考案者が、
「中国由来を脱して元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張れば、
間違いなく無知と醜態でしかない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

395名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
良い悪いではなくて、単に万葉集に中国漢詩の引用があったという当たり前のことを、ひとこと言えばいいだけ
当時は引用したほうが、オリジナルより深い知識で優れてたとみなされてたはず

考案者が「中国由来を脱して元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張りさえしなければ、
立派に万葉集由来と言える

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

419名前:名無しさん@1周年ID:
>>395
万葉集から引用は変わらん
ごちゃごちゃ五月蝿いよ
447名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:02:53.29ID:bvuvhKOZ0
>>395
それは和歌の中で初めから詠われているんですが…
511名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
えー最低、
アイヌの言葉からとれよー
531名前:名無しさん@1周年ID:
>>511
ある意味、縄文人ベースの日本人だからありだよ
表記は漢字の当て字になるだろうけどね
540名前:名無しさん@1周年ID:
>>531
だよね。あの芸術性は縄文系の血があると思う
546名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
だからその令は麗あたりと語感が似ていたから
意味を転用した程度のものだろ。

本来の意味は宗教的と言うよりは政治的に従わしめる
という意味だろ。公明党の議員あたりがすでに正直に
似たような感想述べているwww

549名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
梅に欄とか中国ですか
554名前:名無しさん@1周年ID:
>>1

アベ自民が仮想通貨マネロンを放置

指定暴力団が仮想通貨を利用した300億円ものマネロンを行っていた
と報道された 

「指定暴力団 300億円 仮想通貨 マネロン 検索」

日本ではメールアドレスだけで登録から取扱、送金まで可能な
bitmexなどの仮想通貨業者へのアクセスが規制れていない

アメリカでは匿名性の高いビットメックスなどこ業者は
アンチマネロン、テロ支援防止の為に利用が禁止されている
発覚しだい口座凍結

日本の仮想通貨のアンチマネロンは見た目だけのパフォーマンス
仮想通貨はブロックチェーンの一面でしかないのに
新技術を言い訳にアンチマネロンがザル

マネロン、脱税、テロ支援などの巣窟であると揶揄されても言い訳できない

早急に規制すべきだ

562名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
とりま万葉集からの引用は好感持てるな!( ・`д・´)
575名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:28:49.81ID:ouwK2Oit0
>>1
中国の古典が元ネタってことが岩波書店でも指摘されてる
万葉集が元ネタってのは間違い
元号を決めた有識者は歴史を知らなすぎ

岩波書店「新元号「令和」出典が万葉集?元ネタは張衡「帰田賦」ですよw
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1554099764/

598名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
ググると「万葉集が元にしたのは、後漢の張衡の「帰田賦」(「於是仲春令月 時和気清」という部分)」
って話が出てきてるね
孫引きなのに「初めて国書が由来ドヤ」はダメなんじゃね?

学者さん達が「年号は漢籍由来の伝統を崩しちゃダメ。国書使えってやかましく言ってきた
官邸には万葉集由来って言っておこうw間違っちゃいないだろw」って画策したんだろうか?

609名前:名無しさん@1周年ID:
>>598
安倍の無理難題と伝統を守る
学者は見事にやってのけたな
633名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:37:20.67ID:KeoXtzsk0
>>598
そりゃそうだろ
どうせアベあたりが「ウリナラウリナラー!」ってこだわったのを
1400年も続いた伝統をこんなバカのために変えるわけにはいかないってみんな思ってて
対アベ向きに「日本国独自です」ってことに空気読んで表向きしてるだけ
648名前:名無しさん@1周年ID:
>>598
官邸「うむ、日本らしく素晴らしい」
学者「そ、そうですねー」
660名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:40:12.15ID:N9CkMxqZ0
>>648
学者はもとネタ教えなかったのか(´・ω・`)
663名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
命令の令だろ?
くそやろうが!!!!!!
729名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
でも梅って外来種植物なんだよね
764名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:54:05.38ID:YvvEH83P0
>>1
こうして解説され万葉集の和歌の中から選ばれたのなら
良いな納得するよ でも聞きなれないからねぇ れいわ
鬼平元年でも剣客元年でも良かったんだけどね w
765名前:名無しさん@1周年ID:
>>1

みやび(雅び) → 雅 → 皇太子

775名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
歌の中に令と和 以外にたくさん漢字あるのになんで令和なんだ
803名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:00:35.40ID:P1tF1Wkg0
>>1
何言ってるかわからないw
842名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
万葉集はいまで言えばエロ本なんだよな・・・
891名前:名無しさん@1周年ID:
>>842
万葉集はまず冒頭から雄略天皇のナンパの歌で始まってるなw
雄略天皇といえば古墳時代の人だ
そんな時代の人の言葉が残っている(諸説ある)のは面白いよな
「こもよみこもちふくしもよみぶくしもち……」
866名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
歌から引用せんかいボケ
874名前:名無しさん@1周年ID:
>>866
せっかく万葉集から引用するんだから普通は歌から引用するよね。
900名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
>初春の令月(れいげつ)にして

寒さもあいまって、身の引き締まる思いだな。

949名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
命令に従って和やかに生きろ
と思えた俺は心が汚れすぎているんだろうか?
2名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:25:12.33ID:OPx1snFY0
万葉集がー

↓ 中国のパクリでした

そもそも梅って、中国から持ってきた植物だろ
初春令月 氣淑風和
この部分も元ネタ漢詩じゃないか?

歸田賦
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

遊都邑以永久,無明略以佐時。徒臨川以羨魚,俟河清乎未期。感蔡子之慷慨,從唐生以決疑。諒天道之微昧,追漁父以同嬉。超埃塵以遐逝,與世事乎長辭。
於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮。王雎鼓翼,倉庚哀鳴;交頸頡頏,關關嚶嚶。於焉逍遙,聊以?情。
爾乃龍吟方澤,虎嘯山丘。仰飛纖?,俯釣長流。觸矢而斃,貪餌?鉤。落雲間之逸禽,懸淵?之鯊鰡。
於時曜靈俄景,繼以望舒。極般遊之至樂,雖日夕而忘劬。感老氏之遺誡,將回駕乎蓬廬。彈五絃之妙指,詠周、孔之圖書。揮翰墨以奮藻,陳三皇之軌模。苟縱心於物外,安知榮辱之所如

張衡(78-139)
時代からして、万葉集のほうが後
これは、ジャップお得意のパクリ事案じゃないか

。。

22名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:31:40.09ID:7G8EbkZN0
>>2
パクリなのは仕方ないし何の問題もない
この時代の日本の文化はほぼ中国由来

問題は菅が会見で「これは万葉集からの~」と言っただけでこれに言及しなかった事

48名前:名無しさん@1周年ID:
>>22
そもそも万葉集って漢文で書かれてるの知ってる?
当時はひらがなもカナカナもないから
教養なさ過ぎて泣けてくるわ
62名前:名無しさん@1周年ID:
>>48
だからそれをどれだけの日本人が知ってるのかと笑
78名前:名無しさん@1周年ID:
>>62
いや、高校の古文や日本史やってたら常識なんじゃ……
96名前:名無しさん@1周年ID:
>>78
常識なわけ無いだろwww
97名前:名無しさん@1周年ID:
>>78
高校で日本史は必修じゃないけど笑
古文も万葉集なんて古いの習うのは稀
103名前:名無しさん@1周年ID:
>>97
出鱈目書くのやめてちょうだい 小学校から習うわ
どこで基礎教育を受けたのよ?
133名前:名無しさん@1周年ID:
>>103
だからどれだけのやつが覚えてるんだよw
140名前:名無しさん@1周年ID:
>>133
だいたい覚えてるでしょ 質問に答えてよ どこで基礎教育を受けたの?
161名前:名無しさん@1周年ID:
>>140
ていうか本題は万葉集が漢字で書かれてることじゃなく
漢籍の影響を受けてオマージュしてることな
115名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:53:39.20ID:sdt4Z9fd0
>>97
ウチの高校では源氏物語だったな。
あやまち回が楽しみで仕方なかった。
男子全員、凸でハァハァになってたわ。
69名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:45:10.96ID:7G8EbkZN0
>>48
それが何?
何が言いたい?
だからパクリではないとでも?w
76名前:名無しさん@1周年ID:
>>48
>そもそも万葉集って漢文で書かれてるの知ってる?

地の文はともかく、歌の部分は漢文はありえないんですが?

>当時はひらがなもカナカナもないから
>教養なさ過ぎて泣けてくるわ

万葉仮名をしらないお前のほうがやばい

80名前:名無しさん@1周年ID:
>>76
万葉仮名は漢字ですけど?
88名前:名無しさん@1周年ID:
>>80
>万葉仮名は漢字ですけど?

日本文を表音表記するための漢字な、だのに、

>>48
>そもそも万葉集って漢文で書かれてるの知ってる?

だから馬鹿丸出しだろ

104名前:名無しさん@1周年ID:
>>80
あのさ、万葉仮名は、仮名なんだよ。
ホントの漢字を真名という。
マナカナ、もとい、真名・仮名の仮名。
88名前:名無しさん@1周年ID:
>>80
>万葉仮名は漢字ですけど?

日本文を表音表記するための漢字な、だのに、

>>48
>そもそも万葉集って漢文で書かれてるの知ってる?

だから馬鹿丸出しだろ

275名前:名無しさん@1周年ID:
>>22

>問題は菅が会見で「これは万葉集からの~」と言っただけでこれに言及しなかった事

ほんこれ
むちゃくちゃ恥ずかしいわ
別に中国古典から持ってきたっていいんだよ、大化以来ずーっと中国古典引用だったんだから
問題は今回だって中国古典から持ってきてるのに

「国書です(キリっ」

しちゃったことだよ!

40名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
奈良時代の文人は漢籍の知識をもとに
文章を書き詩を作ったからな
42名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
上の句に対しての下の句
対表現だぞ。これは恥ずかしい無学っぷり
59名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:42:26.42ID:7G8EbkZN0
>>42
句じゃねーしw
92名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
何以濾情。詩紀落梅之篇。古今夫何異矣。宜賦園梅聊成短詠。
今さらオマエが言わなくても当時の人がわかった上で詠んでるわな。
94名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
はいはい
支那のすべては、インドのパクリ
ってことは、知ってるよね?、支那土人
100名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)

https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

2ちゃんねるもなかなかすごいな

209名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:12:46.81ID:urUwmVes0
>>100
Twitterでも「令和」って発表直後に大伴旅人か!ってツイートしてる人がかなりいた
ヲタク日本人をなめちゃいけない
613名前:名無しさん@1周年ID:
>>209
今の日本の似た外敵環境の中で、日本国内の和を令しながら日本を護っていた人が大伴旅人
666名前:名無しさん@1周年ID:
>>613
太宰府のお役人やった人やー
116名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:53:41.62ID:urUwmVes0
>>2
「令月」って表現自体が中国由来でかなり一般的に使われていたらしいよ
最先端のオシャレな表現としてね
中国は当時のオサレ文化の発信地だからね
そんで大伴旅人は今のオサレ系文化人
要するにブルーボトルみたいなもんよ

日本の文化ってのは全てそうやって他所からやってきて
自分らなりに解釈してその後も後生大事にしてきたものがほとんど
日本らしくていいと思うし
中国が自分らのオリジナリティ主張してもそうですねーって言ってればいいと思う
そもそもお前らは大事にしてないじゃんとも

148名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>116
漢字や元号制度がそもそも中国からのものだし、洋服は西洋から

万葉集も、1000年前の当時オシャレだった先端の中国文化のフレーズを取り入れたもの
全然おかしくない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)

https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

960名前:名無しさん@1周年ID:
>>116 >>131 >>182
中国由来か
117名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:53:47.29ID:wp8h7oIm0
>>2
もうそれ言い出すとアルファベットどうなんのよとまでなる
120名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:54:31.76ID:lY2f3+6A0
>>117
だから高輪ゲートウェイ駅か出来たw
129名前:名無しさん@1周年ID:
>>120
高輪門道
131名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>111
パクったというより、1000年前当時に大流行してた、カッコいい先端の中国文化にならったのが万葉集
Jポップや日本のロックのルーツが当然西洋にあるのと同じ

万葉集の原典は、中国のこの漢詩
>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)

https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

960名前:名無しさん@1周年ID:
>>116 >>131 >>182
中国由来か
148名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>116
漢字や元号制度がそもそも中国からのものだし、洋服は西洋から

万葉集も、1000年前の当時オシャレだった先端の中国文化のフレーズを取り入れたもの
全然おかしくない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)

https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

182名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>147
カド立てて言うようなことでなくて、
当たり前に
「漢字も元号制度も中国由来」
「万葉集も当時オシャレの先端だった中国から取り入れた」
で良いと思う

中国由来を脱して、元号の日本文化発祥は初めてだと無理に言い張れば、無知と醜態を晒すことになるけど、わざわざカド立てることではない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

960名前:名無しさん@1周年ID:
>>116 >>131 >>182
中国由来か
233名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
当時はまだ日本古来の白い梅で紅梅は中国から輸入されたモノらしい
235名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>188
良い印象か、悪い印象かは事実の取り方で議論になる
個人的には、万葉集の良いイメージで良いと思う

素直に万葉集にも中国の原典があることを示せばよい

カド立てて言うようなことでなくて、
当たり前に
「漢字も元号制度も中国由来」
「万葉集も当時オシャレの先端だった中国から取り入れた」
で良いと思う

ただし、もし中国由来を脱して「元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張れば、
間違いなく無知と醜態を晒すことにはなる

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

269名前:名無しさん@1周年ID:
>>235
>もし中国由来を脱して「元号の日本文化発祥は初めて」だと
>無理に言い張れば、 間違いなく無知と醜態を晒すことにはなる

全メディアがそう紹介してるからまずいんだよ

274名前:名無しさん@1周年ID:
>>269
まずくないよー
万葉集からの引用なのは事実だし
299名前:名無しさん@1周年ID:
>>274
引用の引用はよろしくないよ。
ちゃんと大元の文献を提示したほうがよい。
それが知性というもの。
285名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>256
そう、全くその通り
別に悪いことでもなんでもない
そもそも漢字も元号制度も中国由来だ
ピアノもギターもJポップも映画も外国由来
それと同じ

個人的には、万葉集の良いイメージで良いと思う

素直に万葉集にも中国の原典があることを示せばよい

ただし、もし中国由来を脱して「元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張れば、
間違いなく無知と醜態を晒すことにはなる

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

328名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
パクリっていうか
枝分かれしただけだからな
長江付近から来たんよ
360名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>305
1000年前の大伴旅人は、
張衡をパクったというより、リスペクトとオマージュでわざとフレーズを入れたんだろ
考えれば分かるし、別に普通のこと

元号としても悪くないし、十分に万葉集由来と言える

ただ、もし仮に現代の考案者が、
「中国由来を脱して元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張れば、
間違いなく無知と醜態でしかない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

395名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
良い悪いではなくて、単に万葉集に中国漢詩の引用があったという当たり前のことを、ひとこと言えばいいだけ
当時は引用したほうが、オリジナルより深い知識で優れてたとみなされてたはず

考案者が「中国由来を脱して元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張りさえしなければ、
立派に万葉集由来と言える

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

419名前:名無しさん@1周年ID:
>>395
万葉集から引用は変わらん
ごちゃごちゃ五月蝿いよ
447名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:02:53.29ID:bvuvhKOZ0
>>395
それは和歌の中で初めから詠われているんですが…
445名前:名無しさん@1周年ID:
>>2

本歌取り、芸術は、模倣からだよ。模倣にも、礼儀があるんだよ。

452名前:名無しさん@1周年ID:
>>445
その礼儀を忘れた由来の紹介したのが安倍
495名前:名無しさん@1周年ID:
>>2  .
 ∧__∧
<丶`∀´>
 〇━〇
 ┃祝┃
 ┃!┃
 ┃隷┃
 ┃倭┃
 ┗━┛
508名前:名無しさん@1周年ID:
>>495
550名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
そもそも元号自体が中国のパクリw
555名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:24:09.60ID:N9CkMxqZ0
>>550
中国が発展させた良いものを
中国が捨てて日本が残しているところが
なんというか皮肉ね(´・ω・`)
569名前:名無しさん@1周年ID:
>>555
元号自体の善し悪しは人によると思うけど、中国古典は個人的に好きだわ
584名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:30:55.38ID:N9CkMxqZ0
>>569
自分も漢詩から多くを学ぶこと出来ると思います
(´・ω・`)
570名前:名無しさん@1周年ID:
>>555
まぁ元号を残す事態そんなに価値はない
他の国にも元号はあるから
695名前:名無しさん@1周年ID:
>>555
そもそも元号なんてよいものか
元号のせいで時間軸が非常に分かりにくいだろ
743名前:名無しさん@1周年ID:
>>695
一般人の日常生活では西暦でやり取りさせてほしいわ
889名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:17:43.12ID:aTV0q0v30
>>2
ドヤ顔してコピペ貼る程の事ではない
958名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
まじかよw
968名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:40:43.70ID:09PHylpK0
>>2

現代漢字は日本語な

こじつけるな

朝鮮人

23名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:31:55.00ID:lY2f3+6A0
令和じゃなく令知の方が良かったなぁ
64名前:名無しさん@1周年ID:
>>23
エッチっぽいから却下
68名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:45:01.62ID:lY2f3+6A0
>>64
知より和って筆でバランス取って書きにくいんだよねぇw
31名前:名無しさん@1周年ID:
 お上の「令」を守ることで、もたらされる平「和」、協調の時代ってことだろ。
普通に考えてこの元号良くない。
38名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:37:35.96ID:lY2f3+6A0
>>31
まぁ、安倍ちゃんの好きな明治のように
天皇の命令で日本の平和が保たれ、
教育勅語復活までがシナリオなんだろうなぁw
74名前:名無しさん@1周年ID:
>>31
いや、まあ令は守るべきものではあると思うけど……
45名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:40:05.84ID:Ey2TFhE/0
何とかケチ付けてやろうとパクリ連呼が湧き始めたようだけど、
「叩きたいがためにうわべだけ聞きかじってます」という自己紹介になってるからな
54名前:名無しさん@1周年ID:
>>45
日本の古典から採ったホルホルはもうやめたのか?
81名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:47:30.32ID:7G8EbkZN0
>>54
ホルホルが効かなくなったの自覚して
「漢詩から取ってるのはみんな知ってるからw」とか誤魔化しはじめた
109名前:名無しさん@1周年ID:
>>81
笑えるわな
それがバレる前のホルホル書き込みもあってこれまた笑える
87名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:48:36.18ID:Ey2TFhE/0
>>54
幻覚と会話してるのか
話が通じないわけだわ
121名前:名無しさん@1周年ID:
>>87
君、書き込みを見ると話の発端から理解してないみたいね
82名前:名無しさん@1周年ID:
>>45
叩きたいとか何言ってのお前は
首の皮一枚で1400年の伝統が途絶えずに済んだんやぞ
パクリだろうと孫引きだろうとそんなんどうでもいい話

「アベノネオ元号に改竄されるのは防げた」

この成果の前じゃパクリとかどうでもいいわ

46名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:40:07.97ID:AI5VrQVA0
こういう事らしい

安倍ちゃんが「日本の古典から選べ」と公言

事務方が忖度し日本文学の専門家を選ぶ

クロスチェック無しで専門家だし万葉集だから日本の古典だろうと選定

発表直後から漢詩がネタ元と指摘が殺到

杜撰すぎるだろこれ

321名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:33:55.76ID:N9CkMxqZ0
>>46
そこまで計算済だよ(´・ω・`)
323名前:名無しさん@1周年ID:
>>321
そりゃそうだよな。
436名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:00:55.55ID:9yMQgI3r0
>>321
でもネタ元は政権批判の詩なのに?安帝の腐敗政治で田舎に帰る歌だよ
計算済みなのかなあ・・・?
騙されたって考えるほうが自然では
安倍ちゃんがアベ政治失敗だったという詩を元号に選ぶわけないじゃん
万葉集から選んだよ日本最高という感覚で説明されてその気になったんじゃないか?
525名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:17:46.64ID:N9CkMxqZ0
>>436
安部は多分知らないよ
選定者が計算済ってことよ(´・ω・`)
49名前:名無しさん@1周年ID:
漢詩にインスパイアーされた和歌って常識だろ
万葉の歌からとりましたでいいでしょうに
中国のオリジナルの詩は岩波の本程度で注記されてるんだから
国文学の講義や論文じゃないんだから 何が問題なのかわからん・・・
180名前:名無しさん@1周年ID:
>>49
「歌」じゃなく「序」、漢文体だよ。
だから、誰かの嫌いな中国古典からの引用を避けたつもりが
もろに典拠し引用したお笑い草、という悲しい結末ですな。
万葉の先生は選考委員に居なかったのかな、残念。
186名前:名無しさん@1周年ID:
>>180
だとしても問題ないよ
漢詩から引用した日本の文章なんだし
212名前:名無しさん@1周年ID:
>>186
だからそういう馬鹿みたいな意地張りはやめろと言われてんだよwww
223名前:名無しさん@1周年ID:
>>212
難癖つけてるようにしか見えないよ
漢詩の影響受けてないわけないしそれをいちいち説明する必要もない
226名前:名無しさん@1周年ID:
>>223
オリジナルを重んじないのは論外
231名前:名無しさん@1周年ID:
>>226
重んじる必要もなくない?
結局日本の古典ってのがムカつくんだろ?
232名前:名無しさん@1周年ID:
>>231
>重んじる必要もなくない?

朴李の発想だな

237名前:名無しさん@1周年ID:
>>232
こういう漢詩からの引用はパクリとは違うんだよなあ
241名前:名無しさん@1周年ID:
>>237
それ、読者も当然オリジナルを知ってるって前提での話な
410名前:名無しさん@1周年ID:
>>186
もちろん問題ないよね、でも「国書・万葉集」からの引用を
強調し、自慢してるから「お笑い草」になっちゃったということさ。
417名前:名無しさん@1周年ID:
>>410
へ?
中華料理はお笑い草か?
423名前:名無しさん@1周年ID:
>>410
日本人の詠んだ歌から引用したことに異常に嫉妬してるお前の方が笑い草だ。伝統なんか捨ててきた分際で
444名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:02:19.52ID:Yjkup7vX0
>>423
「歌から」ではないのよ
432名前:名無しさん@1周年ID:
>>410
じゃあ訊くけどいったい誰に笑われるのか
中国には漢詩が分かる者なんて今や一人も居なくて理解者は総て日本人だよ
文化の大本が既に滅びて久しいから漢字漢文については日本がトップランナーなんですよ
否定しようもなくね
763名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:54:01.88ID:4Tg44Zt40
>>180
そっか、万葉和歌ではないのか
ぽくはないもんな
伝統も守ってて親しみのある国書にも遡ってて色々お得やん
52名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:41:06.40ID:0YMd3P+h0
安倍12時の会見でこの歌を暗唱してたよな。
ホントに10時の懇談会で初めて決まったのならその後会議続きの安倍に暗記する時間なんてなかったはずだから
あらかじめ決まっていたんだろうや。
57名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:42:22.66ID:lY2f3+6A0
>>52
アノ安倍ちゃんがスラスラ言えるわけ無いじゃんw
きっと1年前から決まってたなw
152名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:00:34.11ID:0flmIvEj0
>>52
プロンプターというものがあってだな
72名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:45:46.06ID:AI5VrQVA0
308 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/04/01(月) 15:32:36.60 ID:4LxC8Fea0 [3/3]
「令和」の出典の「万葉集」がオマージュ(笑)した「歸田賦」という漢詩は、
後漢の歴史と暦法が専門の優秀な天文学者の張衡さんが、
帝を無視して宦官が好き放題の中央の腐敗政治に嫌気がさして「もう田舎帰って田んぼ耕して暮らすわ」って詩だからなw

コレを念頭に、
「日本の古典を出典に」という安倍総理、
ソレに応えて「令和」という案を出した国文学、漢文学、日本史学、東洋史の4分野を専門とする学者数人

…な、おもしろいだろw

無学無能な安倍ちゃんがトラップにかかったらしいw

514名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:14:41.81ID:Qy7jOz8v0
>>72
成蹊大卒のアホだろ。
601名前:名無しさん@1周年ID:
>>72
それな。
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>72
>「令和」の出典の「万葉集」がオマージュ(笑)した「歸田賦」という漢詩は、
>後漢の歴史と暦法が専門の優秀な天文学者の張衡さんが、
>帝を無視して宦官が好き放題の中央の腐敗政治に嫌気がさして「もう田舎帰って田んぼ耕して暮らすわ」って詩だからなw

>>216
>要約 最近の政治は腐り切ってて嫌気さしたから田舎に帰って畑耕して暮らすわ

>>218
>これは中央政界で不遇をかこって大宰府に左遷された大伴旅人と山上憶良が梅見の宴会を開いて梅の歌を詠んだ時のやつなんだよね

>>731
>中央政権から優良な人が政権から離れて行くという示唆だったら恐ろしいよ

地方創生の幕開け。実際に中央官僚は寝る暇もないし東京都の少子高齢化は凄まじい。

868名前:名無しさん@1周年ID:
>>846
地方財政考えてから言ったほうがいいww
85名前:名無しさん@1周年ID:
新天皇の御代に令「月」の歌を持ってくる安倍
真子様を「月」に例えた小室と同じ。
二人とも朝敵だろ。
91名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:49:05.13ID:lY2f3+6A0
>>85
確かに月は無いよなぁ
小室Kじゃないんだからw
105名前:名無しさん@1周年ID:
>>85
自分が太陽だと思ってるんだろなあ
113名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:53:18.79ID:lY2f3+6A0
>>105
安倍ちゃんはラムセスと思ってんのか!w
102名前:名無しさん@1周年ID:
次の元号は日本書記から
107名前:名無しさん@1周年ID:
>>102
任那日本府
108名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:52:12.36ID:lY2f3+6A0
>>102
いや、今大ベストセラーの百田の本からと言う噂もw
128名前:名無しさん@1周年ID:
>>108
ノーベル賞ノミネート常連のあの人を差し置いておくのはどうかと
111名前:名無しさん@1周年ID:
尚漢詩からパクった模様
131名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>111
パクったというより、1000年前当時に大流行してた、カッコいい先端の中国文化にならったのが万葉集
Jポップや日本のロックのルーツが当然西洋にあるのと同じ

万葉集の原典は、中国のこの漢詩
>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)

https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

960名前:名無しさん@1周年ID:
>>116 >>131 >>182
中国由来か
141名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:57:56.57ID:5B1ZbFrc0
結局漢籍の引用になるのか?
古事記か日本書紀から何かなかったのかよ
145名前:名無しさん@1周年ID:
>>141
前例主義もあるから
154名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:00:49.13ID:4lqZh5d00
>>141
古事記、日本書紀でも漢籍から引用ばかりじゃなくって?
147名前:名無しさん@1周年ID:
「歸田賦」から万葉集の梅花の歌序文が引用したものを
日本古典が出典というのは、誤りではないがみっともない気がする
優れた詩文のまさに引用部分がオリジナルである以上、日本古典から
云々という説明は修正しないと、あとあと失笑の種になる
164名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:04:19.96ID:7G8EbkZN0
>>147
だな、それすれば何の問題もなかった
むしろいい元号
それと序文から引用ていうのも「うーん、それ何?」いう気分にはなる
182名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>147
カド立てて言うようなことでなくて、
当たり前に
「漢字も元号制度も中国由来」
「万葉集も当時オシャレの先端だった中国から取り入れた」
で良いと思う

中国由来を脱して、元号の日本文化発祥は初めてだと無理に言い張れば、無知と醜態を晒すことになるけど、わざわざカド立てることではない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

960名前:名無しさん@1周年ID:
>>116 >>131 >>182
中国由来か
162名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:04:11.52ID:vB+mJ/Oe0
令和の元ネタである漢詩

遊都邑以永久,無明略以佐時。徒臨川以羨魚,俟河清乎未期。感蔡子之慷慨,從唐生以決疑。諒天道之微昧,追漁父以同嬉。超埃塵以遐逝,與世事乎長辭。
於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮。王雎鼓翼,倉庚哀鳴;交頸頡頏,關關嚶嚶。於焉逍遙,聊以?情。
爾乃龍吟方澤,虎嘯山丘。仰飛纖?,俯釣長流。觸矢而斃,貪餌?鉤。落雲間之逸禽,懸淵?之鯊鰡。
於時曜靈俄景,繼以望舒。極般遊之至樂,雖日夕而忘劬。感老氏之遺誡,將回駕乎蓬廬。彈五絃之妙指,詠周、孔之圖書。揮翰墨以奮藻,陳三皇之軌模。苟縱心於物外,安知榮辱之所如。

要約 最近の政治は腐り切ってて嫌気さしたから田舎に帰って畑耕して暮らすわ

安倍完全にハメられたなw

170名前:名無しさん@1周年ID:
>>162
地方切り捨て政策への批判でもあるのかな
181名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:07:05.21ID:oGtHJkjq0
>>162
すげえ皮肉
190名前:名無しさん@1周年ID:
>>162
選んだ人、安倍に消されるんじゃないか?大丈夫か?
203名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:11:33.89ID:vB+mJ/Oe0
>>190
名前は公開されないから安倍に暗殺されても分からないw
195名前:名無しさん@1周年ID:
>>162
今の世を的確に風刺する元号になっちゃったね(笑)
199名前:名無しさん@1周年ID:
>>162
これは案出した人に田舎帰ってもらうしかないな
207名前:名無しさん@1周年ID:
>>162
いつものように謎の自殺を遂げるのやろう、小銭に目が眩んだバカは
313名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:32:47.80ID:tTJTVKec0
>>162
漢詩の素養など、零に等しいけど、万葉仮名は読みを当てはめただけだし、君臣豊楽、国家安康よりは捻ったのか。
166名前:名無しさん@1周年ID:
これは格好悪いことになったな 学者が間抜けだったのか、本当に安倍をひっかけたのか 
俺は素直に漢文から引用すればよいと思っていたが。
188名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:09:10.79ID:4lqZh5d00
>>166
万葉集をちゃんと研究してるなら、
漢籍の原典を知らないわけがないから、
本歌取りのほうのイメージというか意味を
強調したかったんじゃないの?
197名前:名無しさん@1周年ID:
>>188
どっちにしても万葉集からの引用ってのは事実だしね
235名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>188
良い印象か、悪い印象かは事実の取り方で議論になる
個人的には、万葉集の良いイメージで良いと思う

素直に万葉集にも中国の原典があることを示せばよい

カド立てて言うようなことでなくて、
当たり前に
「漢字も元号制度も中国由来」
「万葉集も当時オシャレの先端だった中国から取り入れた」
で良いと思う

ただし、もし中国由来を脱して「元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張れば、
間違いなく無知と醜態を晒すことにはなる

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

269名前:名無しさん@1周年ID:
>>235
>もし中国由来を脱して「元号の日本文化発祥は初めて」だと
>無理に言い張れば、 間違いなく無知と醜態を晒すことにはなる

全メディアがそう紹介してるからまずいんだよ

274名前:名無しさん@1周年ID:
>>269
まずくないよー
万葉集からの引用なのは事実だし
299名前:名無しさん@1周年ID:
>>274
引用の引用はよろしくないよ。
ちゃんと大元の文献を提示したほうがよい。
それが知性というもの。
193名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:10:03.01ID:7G8EbkZN0
>>166
一般書である岩波の新日本古典文学大系にも補記されてる事柄だから
お付き学者が知らなかったのはありえない
そこから離れた所で捻じ曲げられたのだろう
183名前:名無しさん@1周年ID:
難癖つけてるけど
ツイッター民はすでに令和を擬人化して遊んでぞ
220名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:16:03.46ID:urUwmVes0
>>183
今世紀初頭の頃の2ちゃんは何でも大喜利のネタにして遊んでる奴が多数派を占めてたんだけど
そいつらは皆Twitterに行っちまったな
ここに残ってるのはポジショントークばかり
225名前:名無しさん@1周年ID:
>>220
つまんないよなー
楽しんで遊べばいいのにね
185名前:名無しさん@1周年ID:
初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす
歌の意味がピンとこない 風景読んだだけ?
194名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:10:04.88ID:DVRM3Snw0
>>185
元ネタの漢詩が仕事認められなくて鬱で故郷に帰った公務員の歌らしいからな。
抗うつ剤で頭が回ってなかったんだろ。
219名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:15:43.39ID:LoG4A7Po0
>>185
新春(新年)のめでたい月に、気持ちも風も穏やかで、梅の花に鏡餅の粉もついて、蘭もいい匂いがする
新年の平和さを歌った物だろう
187名前:名無しさん@1周年ID:
漢文なんか教えるなとか主張する人もいるらしいけど
漢文の素養もないまま日本文化を味わうことってできるのかな
200名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:11:28.39ID:PHGwG/q30
>>187
戦前の日本は漢文含め古典をしっかり教えてたって言うよな。
ソースは台湾の李登輝塾長。
201名前:名無しさん@1周年ID:
>>187
ハゲ田先生w
189名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:09:14.96ID:YbLUHWnT0
パヨクいらいら
アベ誠治を許さないの人たちは、これから数十年アベ政権の決めた年号をつかわされてカレンダーを見るたびをアベを思い出すんやww
216名前:名無しさん@1周年ID:
>>189
令和の元ネタになってる漢詩。

令和の元ネタである漢詩

遊都邑以永久,無明略以佐時。徒臨川以羨魚,俟河清乎未期。感蔡子之慷慨,從唐生以決疑。諒天道之微昧,追漁父以同嬉。超埃塵以遐逝,與世事乎長辭。
於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮。王雎鼓翼,倉庚哀鳴;交頸頡頏,關關嚶嚶。於焉逍遙,聊以?情。
爾乃龍吟方澤,虎嘯山丘。仰飛纖?,俯釣長流。觸矢而斃,貪餌?鉤。落雲間之逸禽,懸淵?之鯊鰡。
於時曜靈俄景,繼以望舒。極般遊之至樂,雖日夕而忘劬。感老氏之遺誡,將回駕乎蓬廬。彈五絃之妙指,詠周、孔之圖書。揮翰墨以奮藻,陳三皇之軌模。苟縱心於物外,安知榮辱之所如。

要約 最近の政治は腐り切ってて嫌気さしたから田舎に帰って畑耕して暮らすわ

251名前:名無しさん@1周年ID:
>>216
よくそこにたどり着いたな、ネットサポーターのボンクラよりよっぽど優秀だ
褒めてやる
536名前:名無しさん@1周年ID:
>>216

古来、殆どの歌人が左遷を経験している。
孔子も波瀾万丈な人生を送った人だ。

左遷の時期に残された歌人の歌は有名なものが多い

547名前:名無しさん@1周年ID:
>>536
暇を持て余すと何かを創造したくなるのが人間というもの
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>72
>「令和」の出典の「万葉集」がオマージュ(笑)した「歸田賦」という漢詩は、
>後漢の歴史と暦法が専門の優秀な天文学者の張衡さんが、
>帝を無視して宦官が好き放題の中央の腐敗政治に嫌気がさして「もう田舎帰って田んぼ耕して暮らすわ」って詩だからなw

>>216
>要約 最近の政治は腐り切ってて嫌気さしたから田舎に帰って畑耕して暮らすわ

>>218
>これは中央政界で不遇をかこって大宰府に左遷された大伴旅人と山上憶良が梅見の宴会を開いて梅の歌を詠んだ時のやつなんだよね

>>731
>中央政権から優良な人が政権から離れて行くという示唆だったら恐ろしいよ

地方創生の幕開け。実際に中央官僚は寝る暇もないし東京都の少子高齢化は凄まじい。

868名前:名無しさん@1周年ID:
>>846
地方財政考えてから言ったほうがいいww
208名前:名無しさん@1周年ID:
小室圭「眞子、新しい元号には月が入ってるね
これは眞子を月に例えた事に運命を感じるよね、まるで僕たちの結婚を後押ししてるようだ」

(°Д°)小室圭が暴れ始めるぞ!

213名前:名無しさん@1周年ID:
>>208
月は入ってないがな
よく見ろ
217名前:名無しさん@1周年ID:
>>213由来になった万葉集な事だぞ1を見ろよ
218名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:15:43.09ID:P1P7Wctz0
れいなって読みにしても良かったな。
271名前:名無しさん@1周年ID:
>>218
だよね
281名前:名無しさん@1周年ID:
>>271
さっきニュースで令和でれいなちゃん出てたよ
311名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:32:19.03ID:P1P7Wctz0
>>281
古風でもあるし現代的でもあるな。
読み方もいろいろ変えられ男女で使えるね。
283名前:名無しさん@1周年ID:
>>218
一気に安っぽくなるわ
絶対にありえない
320名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:33:41.90ID:MUPvynnT0
>>218
それは私の名前だからやめてw
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>72
>「令和」の出典の「万葉集」がオマージュ(笑)した「歸田賦」という漢詩は、
>後漢の歴史と暦法が専門の優秀な天文学者の張衡さんが、
>帝を無視して宦官が好き放題の中央の腐敗政治に嫌気がさして「もう田舎帰って田んぼ耕して暮らすわ」って詩だからなw

>>216
>要約 最近の政治は腐り切ってて嫌気さしたから田舎に帰って畑耕して暮らすわ

>>218
>これは中央政界で不遇をかこって大宰府に左遷された大伴旅人と山上憶良が梅見の宴会を開いて梅の歌を詠んだ時のやつなんだよね

>>731
>中央政権から優良な人が政権から離れて行くという示唆だったら恐ろしいよ

地方創生の幕開け。実際に中央官僚は寝る暇もないし東京都の少子高齢化は凄まじい。

868名前:名無しさん@1周年ID:
>>846
地方財政考えてから言ったほうがいいww
239名前:名無しさん@1周年ID:
本歌取りだろ。パクリとか言うと教養の無さがバレるゾ
243名前:名無しさん@1周年ID:
>>239
それな
引用するのも引用に気付くのも教養があることのアピールなんだよね
247名前:名無しさん@1周年ID:
>>243
オリジナルを知らない一般人に「万葉集からとりました」って説明するのは、パクリそのもの
250名前:名無しさん@1周年ID:
>>247
嘘はついてないぞ?
255名前:名無しさん@1周年ID:
>>250
オリジナルへのリスペクトがない
258名前:名無しさん@1周年ID:
>>255
引用して新たな歌になってる時点でオリジナルは万葉集になるんだよ
262名前:名無しさん@1周年ID:
>>258
あ歌じゃなく序文か
272名前:名無しさん@1周年ID:
>>258
>引用して新たな歌になってる時点でオリジナルは万葉集になるんだよ

令和の出典が歌じゃないことも知らんで擁護は無理だってwwwwwwwwwwwwww

歌の場合も、本家どりというくらいで、オリジナル=本家だけど

279名前:名無しさん@1周年ID:
>>272
だからすぐに序文ってレスつけて訂正してるよ
263名前:名無しさん@1周年ID:
>>243
そんな教養安倍にも日本の一般人にもないんだからちゃんとテレビで説明しなくちゃ
265名前:名無しさん@1周年ID:
>>263
なんのために?
万葉集からの引用は事実だし
298名前:名無しさん@1周年ID:
>>265
>なんのために

そっから着想を得てんだから紹介するのは当然だろw

270名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:25:23.58ID:6HqB0Da/0
>>239
「本歌取り」ではないと思うんだがな
253名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:23:04.51ID:riMUqviB0
漢字自体が中国からきていて、意味も変わらないのに
日本の古典からの引用とする理由が全くわからん
268名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:25:08.74ID:mDTVtY540
>>253
万葉集にある梅の花の句会が行われた旧暦1月13日が
徳仁皇太子の誕生日月にあたるかららしいよ
388名前:名無しさん@1周年ID:
>>268
令月は二月なのに、無茶苦茶だな
257名前:名無しさん@1周年ID:
雅子さまにとてもお似合いの元号
今こそ雅子さまの真価が発揮される時なのではと思ってます
264名前:名無しさん@1周年ID:
>>257
風雅ならな・・・
407名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:56:10.68ID:N9CkMxqZ0
>>257
実家に帰れと?(´・ω・`)
267名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:25:08.65ID:QUa/3ZSO0
・元ネタの詩は「都会は嫌だ田舎へ帰りたいお先は暗い昔はよかった」な内容
・詠み手は張衡。後漢の文学者、科学者。安帝に仕える。

安帝の乱れた治世にうんざりして国に帰るにあたり読んだ詩が出典ってのが笑う
これを選んだ学者は策士だなw安帝ってwww

276名前:名無しさん@1周年ID:
>>267
天才かよ(´・ω・`)
292名前:名無しさん@1周年ID:
>>267
>・詠み手は張衡。後漢の文学者、科学者。安帝に仕える。

ここだけ安倍に伝えたんだろうなwwwww

>安帝の乱れた治世にうんざりして国に帰るにあたり読んだ詩が出典ってのが笑う
>これを選んだ学者は策士だなw安帝ってwww

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

375名前:名無しさん@1周年ID:
>>366
>>267
430名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:00:20.26ID:N9CkMxqZ0
>>267
選定者有能すぎるね(´・ω・`)
625名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:36:42.60ID:e+9GNULA0
>>267
> ・元ネタの詩は「都会は嫌だ田舎へ帰りたいお先は暗い昔はよかった」な内容
> ・詠み手は張衡。後漢の文学者、科学者。安帝に仕える。
>
>
> 安帝の乱れた治世にうんざりして国に帰るにあたり読んだ詩が出典ってのが笑う
> これを選んだ学者は策士だなw安帝ってwww

最初ふ~んと思った程度だったがこれを知って俄然気に入った令和w

635名前:名無しさん@1周年ID:
>>625
ま、そんなくだらない内容なら採用されんわ
656名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:39:50.13ID:Iup1arIO0
>>625
中国の後漢の時代の歌だったのか…
昔は良かった的な

でもこれ本当なら
あてつけなのか…?

677名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:41:48.43ID:oGtHJkjq0
>>656
学者の反抗だろこれ
697名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:44:35.07ID:N9CkMxqZ0
>>677
だろなあ(´・ω・`)
678名前:名無しさん@1周年ID:
>>656
正確に言うと当てつけにもなっていないっていうw
儒教的な周王朝時代の回顧、発展を阻害したお粗末な思想
293名前:名無しさん@1周年ID:
政府発表が元ネタに言及しなかったのはよくない
オリジナルへのリスペクトがないし、ウルジナルを笑えなくなるぞ
308名前:名無しさん@1周年ID:
>>293
これが全てだよなあ
ネトウヨは我が身を顧みろよ
312名前:名無しさん@1周年ID:
>>308
そうやってなんでもネトウヨのせいにしてるとバカになるよ
326名前:名無しさん@1周年ID:
>>312
ネトウヨだけではなくて日本人全体の教養がなくなってきたんだよね。
303名前:名無しさん@1周年ID:
どっちでもいいんだけど、「RE」って英語圏の人発音しづらそう。「リ」って読み間違えないのかな。
ま、基本的には国内でしか使わないのが元号どろうけど。
534名前:名無しさん@1周年ID:
>>303
確かにREIWA だと英語読みでリーワだ
レイワと読ませたいならRAYWAか
581名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:30:20.87ID:Yjkup7vX0
>>534
ドイツ人「ライヴァ」
305名前:名無しさん@1周年ID:
張衡
於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮

万葉集
[題詞]梅花歌卅二首[并序]
天平二年正月十三日, 萃于帥老之宅, 申宴會也,
于時初春令月, 氣淑風和, 梅披鏡前之粉, 蘭薫珮後之香

似ているといえば似ているが
これは後に続く32の梅の花を詠んだ歌の序(前書き)であって
漢詩でも歌でもない

360名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>305
1000年前の大伴旅人は、
張衡をパクったというより、リスペクトとオマージュでわざとフレーズを入れたんだろ
考えれば分かるし、別に普通のこと

元号としても悪くないし、十分に万葉集由来と言える

ただ、もし仮に現代の考案者が、
「中国由来を脱して元号の日本文化発祥は初めて」だと無理に言い張れば、
間違いなく無知と醜態でしかない

>>2
>歸田賦 (漢詩のタイトル)
>於是仲春令月,時和氣清 (本文の一節)
>張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

365名前:名無しさん@1周年ID:
>>305
確かに、歌会始め前説で漢詩持ってきて
これから詠みましょうと言ってる部分だから
詩としてパクってるわけではない
この会に参加していた教養ある階級の人は原典も令月という言葉も知ってたはず
原典が漢詩でも良いと思うけどね
平成の方がキラキラ感あるわw
310名前:名無しさん@1周年ID:
桜のことを歌った句とかなかったの?
梅は正直中国のイメージがあって嫌い
314名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:33:01.73ID:DVRM3Snw0
>>310
昔の中国はそれなりの大国だったんだよ。今はあんな感じでどうしようもないが。
318名前:名無しさん@1周年ID:
>>310
「和風」文化が生まれたのは平安時代になってからで
その頃「梅」より「桜」が好まれるようになった――というのが定説
319名前:名無しさん@1周年ID:
>>310
梅は中国とは別の日本の梅が確立してると思うよー
私は中国は桃のイメージだわ 個人差あるから言ってもキリがないね
339名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:37:42.27ID:mDTVtY540
>>310
日本では花といえば梅の花だったんだよ
源氏物語にもでてくるよ
398名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:54:00.99ID:4lqZh5d00
>>310
平安以降は花といえば桜を指すのだけど、
万葉集だと梅だね。
だから、万葉集には梅のほうが多い、
古今集以降になると、桜の歌が多くなっていく。
325名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:34:23.78ID:g7JdQ6uX0
新元号「令和」、万葉集より数百年前に中国の詩文で使われてた模様ww

歸田賦
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮。

張衡(78-139)

ちな万葉集(759)

362名前:名無しさん@1周年ID:
>>325
すげぇ、誰かWikiの「張衡(科学者)」の欄に、「令和」に関連する相当なレベルの記述がしてある。

こりゃ、安倍を笑うために、皇室も巻き込んで一杯喰わせたか?

376名前:名無しさん@1周年ID:
>>325
万葉集の一文が中国の古典から取り入れられアレンジされたものだった
それだけの話
どっちが古いとか何の意味もない
327名前:名無しさん@1周年ID:
バカチョンがさっそく必死にコピペしまくり

中国の古典
仲春令月、時和気清
万葉集
初春令月、気淑風和

文章も意味も異なるのにパクリ主張が滑稽極まりない

348名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:39:11.30ID:2DUWrvnq0
>>327
ほぼ一緒だろう
370名前:名無しさん@1周年ID:
>>327
え、万葉の註釈書や研究書にも書いてあるレベルのことでしょ。

中国古典から本歌取りした和歌なんて山ほどある、どころかオリジナルの歌なんて書いたら当時は無教養だとバカにされる時代だよ。

374名前:名無しさん@1周年ID:
>>370
だから万葉集!パクリ!ってアホだよね
390名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:51:18.03ID:2DUWrvnq0
>>374
でも八文字の中で五文字が同じで、全体の意味も一緒だよ。
434名前:名無しさん@1周年ID:
>>374
パクリ(本歌取り)ではあるでしょ。
そして、パクリ、パロディ、オマージュこそ日本文化の真髄。

古代の万葉集から現代のエロ同人誌まで変わらない日本文化の本質だなw

441名前:名無しさん@1周年ID:
>>434
そんなことは人類史全体同じだ
どの民族が独自のものだけでやってんの?
451名前:名無しさん@1周年ID:
>>434
パクってきた事
まずそこを認めないといかんわな
458名前:名無しさん@1周年ID:
>>451
そこは
エンプリルフールだからセーフ
ということで
336名前:名無しさん@1周年ID:
中国古典のパクリ歌を典拠にしてしまったのか…
421名前:名無しさん@1周年ID:
>>336
高貴な人は皆中国の書物を読んでいて、
その上で元の作品に因んだ歌を詠むのよ
パクリとは全く違うわけ
古典の授業で習わなかったようね
522名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:16:45.33ID:N9CkMxqZ0
>>421
百人一首にも取り上げられた才女
清少納言の歌も中国の漢文の一節から歌った歌だよね
鶏の鳴き真似で関を開けた武将と違って
私の恋の関は簡単には開きませんよと(´・ω・`)
604名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:33:54.32ID:tTJTVKec0
>>522
この歌の掛詞はまだ分かり易い方で、一度読んだだけでは理解できない歌の方が多いと来てるからなあ。背筋が伸びますよ。
616名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:35:17.30ID:N9CkMxqZ0
>>604
うん
全然出典元のわからない歌とかたぶんたくさんあるよね(´・ω・`)
340名前:名無しさん@1周年ID:
結局文句付けどころを失ったから
日本オリジナルじゃない!引用だ!パクリだ!って難癖つけますってこと?
343名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:38:10.11ID:Ey2TFhE/0
>>340
そうだよ
352名前:名無しさん@1周年ID:
>>343
令が命令みたいなマイナス意味しかないからーとやろうとしたら
令嬢があるよと言われてからのパクリ!だよねw
350名前:名無しさん@1周年ID:
擁護してるほうがだんだん韓国みたいになってきたな
357名前:名無しさん@1周年ID:
>>350
難癖つけてる人がそっちっぽい批判だよね
359名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:41:24.09ID:7G8EbkZN0
>>350
それww
363名前:名無しさん@1周年ID:
当然中国にはバレたもよう
https://i.imgur.com/49w1GxK.jpg
384名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:49:35.41ID:7G8EbkZN0
>>363
これからこんなの一杯出てくるぞーw
擁護派の人たちはずいぶん教養あるみたいだから百度の掲示板で持論展開して中国人と論戦してくればいいよw
現代中国では漢詩教育受けてる人なんてほぼいないから中国語さえできれば勝てるかもよw
400名前:名無しさん@1周年ID:
>>384
>現代中国では漢詩教育受けてる人なんてほぼいないから

バカ過ぎない?

425名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:59:31.26ID:7G8EbkZN0
>>400
いやほぼしてないよ
文化大革命以来教えられる先生もいなくなった
孔子孟子あたりは教えてるらしいけど
李白とかの有名古典詩人は反体制とみなされて排除されてる
464名前:名無しさん@1周年ID:
>>425
「語文」(中国の国語科)で普通に教えられてるっつーの
865名前:出雲犬族@目指せ小説家ID:
>>363

U ・ω・) 「リヨ」とか簡体字になってるのが悲しいな
「古代中国の後継者は日本だけ」と中国人が自嘲するのも宜なるかな

366名前:名無しさん@1周年ID:
しかしホントおもしれぇなw
「日本の古典!」の権力者の無茶を聞いた風で実は伝統通り漢籍
しかもその大元が「政治腐敗酷すぎもう田舎に帰るわ」という意味とかwww
釣り師として有能すぎでは
373名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:46:33.11ID:UjvGXnnV0
>>366
しかもその時の皇帝の名前が安だからなw
375名前:名無しさん@1周年ID:
>>366
>>267
385名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)16:49:58.82ID:8NJ6E/EP0
漢詩が元になった万葉集から引用とかって学者は教えとけよ
まともに仕事しろ
412名前:名無しさん@1周年ID:
>>385
有識者会議で採択されたんだろ?
有識者なんだから教える必要なんてなくね?
424名前:名無しさん@1周年ID:
>>385
(漢詩が元になった)万葉集からの引用
問題なくね?
386名前:名無しさん@1周年ID:
パクリという問題ではなく

今までは漢籍から言葉を見つけて元号を考えていたのに、今回は日本の書籍から引用も考えるという前振りがあって
日本の国書から引用ましたと発表したら、実はその言葉は漢籍から引用されていた

安倍の実際がどうであれ海外から国粋主義と思われていて、このタイミングで漢籍以外という意向を示したうえでの、
この結末 実際がどうであれ、安倍が大失敗したと思われる

403名前:名無しさん@1周年ID:
>>386
だからそれは万葉集がどういう影響を受けて来たかの話であって
元号の引用元が何であるかとは遠い話だから
そんなことで騒いでる奴はただのバカ
426名前:名無しさん@1周年ID:
>>403
1400年の元号の伝統を捨てようとする反日さんコンニチワー
アベノネオ元号はノーセンキュー
442名前:名無しさん@1周年ID:
>>426
は?
やたらウリジナル意識して口煩くなる民族はお前の方だろ
460名前:名無しさん@1周年ID:
>>426
でも今更変えれんやろ
393名前:名無しさん@1周年ID:
日本の文化全部が中国の派生だからなぁ
404名前:名無しさん@1周年ID:
>>393
そう
漢字も元号制度も中国由来なのに、変な日本オリジナル強調しないでくれ、と言いたい

元号も万葉集由来も合ってる、万葉集の元ネタが有ってそれは中国漢詩である、それだけのこと

405名前:名無しさん@1周年ID:
>>404
中国が捨てた文化
日本独自に発展
いつものことだよ
505名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:12:39.46ID:N9CkMxqZ0
>>405
中国も漢詩を勉強すれば良いのに
良いこともいっぱい書いてあるんだけどなあ
(´・ω・`)
413名前:名無しさん@1周年ID:
>>393
それは嘘なんだよな。現代の中国人の願望混じりのプロパガンダに過ぎない
433名前:名無しさん@1周年ID:
>>413
漢字で書き込んどいてそれは
真顔になるギャグやめろ
457名前:名無しさん@1周年ID:
>>433
現代のギリシャ人と古代ギリシャ人と関係と一緒で現代のシナ人と古代シナ人は文化的にも血統的にもなんのつながりもない。すでに滅んでる。

あと万葉集と同じものがシナ文明にあるならあげてみろ。

428名前:名無しさん@1周年ID:
>>393
唐の時代に大陸文化は無能と判断
単に大陸に教えるために漢文で書いたりしたり年号も大陸にわかるように選んでいただけ。
443名前:名無しさん@1周年ID:
>>393
基礎の部分はちうごく由来だよな
ちょっとダサいな
我が国固有の感性だ!みたいに主張するのもまた某国みたいで、、
438名前:名無しさん@1周年ID:
まあ元ネタの詩を解説しちゃうと
後漢の学者が安帝と順帝に仕えたけど政治の腐敗に嫌気がさして唄った詩

怒られるか却下されたろw

461名前:名無しさん@1周年ID:
>>438
馬鹿には分からんと思って選んだんだろう
候補だった他の名が気になるw
471名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:07:10.07ID:9yMQgI3r0
>>461
清和会は見事に引っかかったな
経世会だから平成・・・うらやましい!
清和会だから俺たちも・・・令和?サイコーじゃんと見事に引っかかった
489名前:名無しさん@1周年ID:
>>438
提案した学者の良心・深謀遠慮が感じられる
分からないように真の意図を隠し通したのは凄いw
439名前:名無しさん@1周年ID:
古典の引用というが、詠んだ本人もそこはあえて言わない世界だろ
目の前の情況を詠むのに、ぴったりくる古典の一文をもぐりこませる
知ってる奴はニヤリとほくそ笑む
そんな感じでしょ
しかも500年くらい前に生きていた異人の歌を7、8世紀の人間が引用するんだから
ある意味、教養をこそっと見せつけるお遊びだね
524名前:名無しさん@1周年ID:
>>439
源氏物語読めば中国の古典や故事にちなむ話が嫌っちゅうほど出てくるし、
あの時代の知識階級の中国文化へのリスペクトと知識量は半端ないね
元ネタがあるのはそりゃ当たり前だろうって話w
535名前:名無しさん@1周年ID:
>>524
日本人の場合は一流には敏感だからね
今はちょっと文化は期待出来ないでしょう
580名前:名無しさん@1周年ID:
>>524
祇園祭の山鉾だって中国の故事に由来するものがいくつもあるからね
現代にも生きてるんだよな古ーいお話が
592名前:名無しさん@1周年ID:
>>580
民族の分岐だからね
440名前:名無しさん@1周年ID:
学者さんからしたら1400年続いた伝統をここで途絶えさせたくなかったんだろうなあ
474名前:名無しさん@1周年ID:
>>440
その心情を表現した素晴らしい新元号だね
それが有識者会議でマンセーされたってのが笑えるw
499名前:名無しさん@1周年ID:
>>440
馬鹿には付き合ってられんって事だったのかもね
523名前:名無しさん@1周年ID:
>>499
それぐらいのつもりで適当に皮肉で出した提案がまさか選ばれてしまって逆にガクブルしているかもな
582名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:30:47.16ID:KeoXtzsk0
>>440
中国や外国がというより1400年続いた伝統を思い付きで変えるなよ
450名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:03:10.98ID:9yMQgI3r0
令和の元ネタである漢詩

遊都邑以永久,無明略以佐時。徒臨川以羨魚,俟河清乎未期。感蔡子之慷慨,從唐生以決疑。諒天道之微昧,追漁父以同嬉。超埃塵以遐逝,與世事乎長辭。
於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮。王雎鼓翼,倉庚哀鳴;交頸頡頏,關關嚶嚶。於焉逍遙,聊以?情。
爾乃龍吟方澤,虎嘯山丘。仰飛纖?,俯釣長流。觸矢而斃,貪餌?鉤。落雲間之逸禽,懸淵?之鯊鰡。
於時曜靈俄景,繼以望舒。極般遊之至樂,雖日夕而忘劬。感老氏之遺誡,將回駕乎蓬廬。彈五絃之妙指,詠周、孔之圖書。揮翰墨以奮藻,陳三皇之軌模。苟縱心於物外,安知榮辱之所如。

要約 最近の政治は腐り切ってて嫌気さしたから田舎に帰って畑耕して暮らすわ

やっちまったなあ
万葉集から選んだヨとただそれだけ説明されたんじゃないの?
知識人は怖いねえ毎年毎年文学部の予算削るからこうなるんじゃないのかw

463名前:名無しさん@1周年ID:
>>450
要約わろたw
467名前:名無しさん@1周年ID:
>>450
万葉集のと全く意味違うじゃねーか
494名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:10:56.85ID:9yMQgI3r0
>>467
万葉集と韻踏んだ元ネタ張衡

張衡
安帝に召されて官職になる
安帝
宦官の専横を許して政治は腐敗
周辺民族が相次いで反乱を起こして衰退

504名前:名無しさん@1周年ID:
>>494
だから、内容が全く違うだろ
521名前:名無しさん@1周年ID:
>>494
>安帝
>宦官の専横を許して政治は腐敗

ホモ推し批判にもなってるのか、つくづくいい元号だな

479名前:名無しさん@1周年ID:
>>450
実は引用はこれだったとかいかにもだね。

孫引きとかこういう事になるから先代の偉人たちは、
中国から取ってたのに

485名前:名無しさん@1周年ID:
>>479
内容が全く違うじゃないか
481名前:名無しさん@1周年ID:
>>450
あえて、この意味を隠して、安倍が喜びそうな
「命令におとなしく、和を持って従う国民」みたいなイメージの
「令和」を推薦して、「万葉集」が出所ですとか言ってたんだろうw

で、裏の「中国古典」「腐敗政治への批判」
みたいなのは隠して、今ごろ、笑い転げてるだろうねw

470名前:名無しさん@1周年ID:
テレビのコメンテーターは
まだネットを観てないらしく
「中国の漢詩ではない万葉集から……」
と力説しているな……
472名前:名無しさん@1周年ID:
>>470
騒いでんのはお前らだけだよ
480名前:名無しさん@1周年ID:
>>472
明日どうなってるかねw
477名前:名無しさん@1周年ID:
勘違いしてる人いるが
万葉集の詩の部分で漢詩をパクってるのではない
歌会始めの挨拶(序文)で漢詩を引用して
「こんなにめでたい季節だから歌を詠もうではないか」と言った部分
だから話者は原典を引用したという認識があったし
参加者もそれを理解していたはず

漢詩にも万葉集にもどちらにもルーツがある言葉ということで良いんだよ
別に漢詩を否定する意味もない

502名前:名無しさん@1周年ID:
>>477
令が一気にめでたく美しい響きに感じた
541名前:名無しさん@1周年ID:
>>477
それなんだよなー
日本オリジナルにしちゃうと詩を詠んだ当人たちの意思と変わってきちゃうんだよな
漢詩を引用して詠んだだけなのに
482名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:08:55.06ID:1qaknt/u0
終末的なオーラ漂ってる なんだろうこの不穏なかんじ
最後の和暦ですって言われても違和感ないっていうか
どんな時代になるんだろうなぁ
503名前:名無しさん@1周年ID:
>>482
「命令」の「令」ってのがパッと見た人の印象だよな
そんな文字使われたら、軍国主義連想するのも無理からぬこと

令嬢とか令息、令月なんて意味もあるようだけど
その「良い」ってのも、「偉い人に従順で良い」みたいな意味合いだからな

528名前:名無しさん@1周年ID:
>>503
その訳し方は普通に調べても出てこないけど
受け売りでなく当たり前みたいに言うような知識なのか?
483名前:名無しさん@1周年ID:
こんな万葉集から持ってきました!日本の古典から持ってきました!をやりたいがために
千年以上続いた伝統をあっさり捨てて
挙句元ネタは中国でしたーってなにこれ
487名前:名無しさん@1周年ID:
>>483
だから、意味が全く違うだろうに
497名前:名無しさん@1周年ID:
>>483
単純化しすぎ。結論ありきでいちゃもんつけてるだけ。
506名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:12:44.09ID:9yMQgI3r0
安帝
天災と反乱
春正月、鄧騭が冀西において種羌に敗れる
烏桓と鮮卑が反乱し、五原郡に被害がでた。冬10月には匈奴の南単于が反乱
前年の海賊の被害が拡大
天候の不順は続き、夏4月に司空の張敏が免職となり、劉愷が後任となった。各地で反乱が続く

官僚との連絡役として宦官を重用したことが、後に宦官の専横を許すこととなったといわれる。
鄧氏の粛清の後は、宦官と閻氏一門が専権を振るうことになる。
安帝の時代には西域都護が匈奴により攻撃され、西域は匈奴の手に落ちた。他にも西の羌族など周辺民族が相次いで反乱を起こすなど、後漢の衰退が明らかになってきた。

そりゃ張衡も田舎に帰るわ
そして安倍ちゃんはその政権批判の詩をオマージュした万葉集から選んでしまうという・・・

507名前:名無しさん@1周年ID:
>>506
そんなことはお前の妄想
529名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:18:52.05ID:FJy5FNqe0
>>507
くやしいのう?
526名前:名無しさん@1周年ID:
>>506
言っとくけど、その内容からは令和なんて引用されんからな
当たり前だ
544名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:21:42.02ID:do/dXkQ40
天皇になる皇太子さんのお誕生日が2月だし、梅の花由来の歌で
ちょうどいいじゃないか!(゚∀゚)
って、決めたんだろうねきっと
556名前:名無しさん@1周年ID:
>>544
梅は中国を象徴する花で漢詩にも多く出てくる花だぞ
559名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:25:23.40ID:knH2Jc/10
>>556
レイワ「レイワは中国系日本人、ヨロシクね!(ハート)」
561名前:名無しさん@1周年ID:
>>556
パンダみたいに広まらないようにしとけ、あほ
602名前:名無しさん@1周年ID:
>>561
アホはお前だw
574名前:名無しさん@1周年ID:
>>556
万葉集でも花は梅の花
昔は日本でも花と言えば梅
菅原道真も飛梅。
593名前:名無しさん@1周年ID:
>>574
梅は外来だぞ
それをこの梅の詩でも詠まれてる
600名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:33:05.93ID:N9CkMxqZ0
>>593
桃と梅は代表とされる華じゃないのか(´・ω・`)
563名前:名無しさん@1周年ID:
中国色を消したいなら梅の花見の文なんぞ引用しないだろ
567名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:27:23.88ID:knH2Jc/10
>>563
レイワ「日本なら桜だね」
579名前:名無しさん@1周年ID:
>>567
桜は死の象徴や。
572名前:名無しさん@1周年ID:
>>563
ですよね
日本が中国に憧れてリスペクトしていた頃の象徴
俺この前梅の花の詩詠んじゃったぜうおおおかっけえってなもんよ
587名前:名無しさん@1周年ID:
>>572
変な国粋主義者もアベガーの人も文句を言わないように考慮された結果だと思うけどね

安部首相がしてやられたんだって主張してる人は、
首相も閣僚も有識者も、誰一人として梅が中国を連想させると思い至らないって言いたいのかな?

595名前:名無しさん@1周年ID:
>>587
正直安倍はその可能性あると思う
637名前:名無しさん@1周年ID:
>>587
してやられたかどうかは分からない 断定はしない 

しかし(今までは漢籍から引用していたが今回は国書から使うかもしれないという」前振りがあって(右というイメージの)安倍政権が
「国書から引用しました」と言って発表しておいて、いや、知っていたよと言われても、素直にそうだとは思えない

564名前:名無しさん@1周年ID:
張衡って科学者だろ?
やっぱ文学的なセンスは無いわ
578名前:名無しさん@1周年ID:
>>564
文学者でもあるし、詩人でもある
589名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:31:19.49ID:Iup1arIO0
>>564
三国志の漢中太守の張魯の弟のチョウエイかと思った(笑)
566名前:名無しさん@1周年ID:
令月なんて完全に中国語
万葉集と言うなら大和言葉からとれ
なぜそこまで漢字漢語にこだわる
576名前:名無しさん@1周年ID:
>>566
それ言ったらアラビア数字もやめないとな
590名前:名無しさん@1周年ID:
>>576
何を言ってるんだ君は?
599名前:名無しさん@1周年ID:
>>590
大和言葉からとるなら数字もヒフミにしないとってこと
627名前:名無しさん@1周年ID:
>>599
数字とか関係なくないか?
安部さんのとある発言があったからどこから引用したかが問題になってるんじゃないの?
645名前:名無しさん@1周年ID:
>>627
内容を理解していないみたいね
レスしたのは他の人だよ
591名前:名無しさん@1周年ID:
今までずっと中国からの引用だったんだし別にええやん、最古発言は右寄りの人特有の病気みたいなもの
594名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:32:06.98ID:ouwK2Oit0
>>591
問題は中国からの引用なのに万葉集からの引用だと嘘を公表したこと
これが問題になってる
605名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:33:55.11ID:N9CkMxqZ0
>>594
万葉集からの引用は間違いないよ
ただその万葉集のもとネタがあっただけで
それはむしろ当たり前のこと(´・ω・`)
608名前:名無しさん@1周年ID:
>>594
中国のやつのなら引用しなかったよ
それくらい内容が酷い
615名前:名無しさん@1周年ID:
>>594
実際万葉集からなので嘘ではない。
617名前:名無しさん@1周年ID:
>>594
いや、引用元の作者の心情と引用者の心情は違うだろ
万葉集の方の歌の心持ちを元号に引いた
これでいいだろ
618名前:名無しさん@1周年ID:
>>594
いや、引用にはなっていない
語感が同じなので、用例が酷似するだけ
621名前:名無しさん@1周年ID:
>>594
万葉集にもあるんだから嘘ってわけではないでしょ
考案者が、表面上安部の意向に沿いつつ、漢籍から取るっていう伝統も尊重する形を
選んだっていうふうに見える
626名前:名無しさん@1周年ID:
>>594
どうしてこういうバカが出てくるのか理解出来ない
607名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:34:14.48ID:RfWsnnnV0
珍しく素晴らしい選択
意味もよく季節にあってるし日本文化も感じさせる美しい響き
命令しか思い浮かばない残念な人は置いといて先にいくわ
612名前:名無しさん@1周年ID:
>>607
感性に先天的な問題があるんでしょうね、きっと
理解出来ないだなんてね
638名前:名無しさん@1周年ID:
>>607
>>・・・季節にあってるし・・・

は? 意味が解らないらないんだけど。

670名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:41:01.69ID:RfWsnnnV0
>>638
旧暦2月に読まれた歌で新暦では4月上旬まで頃の印象だから
610名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:34:44.88ID:oGtHJkjq0
読売夕刊

新元号の典拠が中国古典の孫引きとなった場合、
「新元号に傷がつきかねない」(政府関係者)
との懸念があった
http://www.ycnet-shiga.com/wp/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3016.jpg

孫引きでしたwwwwwwwww

623名前:名無しさん@1周年ID:
>>610
wwwwwww
639名前:名無しさん@1周年ID:
>>610
ワロタ
651名前:名無しさん@1周年ID:
>>610
しかも安君の安帝から逃亡なんだろそれwww
672名前:名無しさん@1周年ID:
>>610
専門家の言うこと聞かない知能の低い低学歴に政権を委ねるからこうなるんだよなあw
見事に孫引きになって大元の出典は安帝時代の宦官による腐敗政治を批判する内容にw
710名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:46:24.11ID:CN0pQiP00
>>610
ヤバイヨヤバイヨ
740名前:名無しさん@1周年ID:
>>610
気付いてる人いたのに排除しちゃったのねw
839名前:名無しさん@1周年ID:
>>610
ひっっっっっど
「新元号が中国古典からの孫引きだと傷がつきかねない」?????
なにいってんだこのアベ関係者

いや孫引きだったわけだけど
それとは別に何この言い草
1400年の伝統だった中国古典からの出典は「傷」だったってのかよ
マジで何いってやがんだこのポルポト派

642名前:名無しさん@1周年ID:
令というのは、神の意思を人々が聞くという意味もあるみたいね
かんむりに、人が座っている姿でしょう
657名前:名無しさん@1周年ID:
>>642
巧言令色少きかな仁、中学生で習うけどな
古代からネガティブな意味で通ってきた漢字だけども

アホだよなぁ

676名前:名無しさん@1周年ID:
>>642
呪術の魂を縛る霊言でもある

如律令!!!!!!

700名前:名無しさん@1周年ID:
>>642
>令というのは、神の意思を人々が聞くという意味もあるみたいね

令和=八百万の神々がヘイトを否定

644名前:名無しさん@1周年ID:
令和の出典は中国の古典だとさ。
これ、どうするんだよwwww >> バカ日本会議
654名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:39:42.48ID:qNyV4eTa0
>>644
お前はなんでそんなに頭が悪いの?
667名前:名無しさん@1周年ID:
>>644
「日本人で良かった」っていうポスターが中国人モデルだったのを思い出したわ
673名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:41:21.18ID:N9CkMxqZ0
>>667
WWWWWWWWWWW
685名前:名無しさん@1周年ID:
>>667
あったなあ
646名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:38:17.39ID:RfWsnnnV0
一般の意見はみな賞賛なのに予想通り5chてやっぱりケチつけないと気が済まない人が多くて笑った
668名前:名無しさん@1周年ID:
>>646
一般の意見はみな賞賛って
称賛してるのは、視聴率を稼げるマスゴミだけだろ。
おまえら、マスゴミ信じるの? wwwww
680名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:42:15.52ID:RfWsnnnV0
>>668
家から出るのをおすすめするわ
698名前:名無しさん@1周年ID:
>>680
勘違いしてないか?
称賛じゃなくて商売だよ。
688名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:43:49.57ID:N9CkMxqZ0
>>668
マスコミは無理矢理誉めてたけど
元号発表見てた記者さんの顔は暗いし
庶民の反応もいまいち
スタジオも表情はなんなんこれ??
って感じで
良い元号ですねとは一応言ってたけど
記者や一般人が予想してた感じの方がお祝い感あって良かった
(´・ω・`)
690名前:名無しさん@1周年ID:
>>668
今の日本にとって大事なうってつけの元号だよ
662名前:名無しさん@1周年ID:
知識がある人より安倍と親しい学者ばっかり選んで大失敗したんだろうか?
664名前:名無しさん@1周年ID:
>>662
君より知識はありそうだよ
681名前:名無しさん@1周年ID:
>>664
何が言いたいんだ?子供の負け惜しみ?
717名前:名無しさん@1周年ID:
>>664
いやテレビ関係者多いみたいだから
たいしたこと無いww
665名前:名無しさん@1周年ID:
安倍だの有識者だのじゃなくて天皇陛下と皇太子殿下と秋篠宮殿下で相談して決めたらよかったのに
834名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:07:49.24ID:bhdmZAJY0
>>665
秋篠宮と今上は学力あんまりない
ないからコンプレックス凄い

皇太子と紀宮が中ぐらい

学力は皇太子妃と高円宮妃がダントツ

862名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:12:43.94ID:N9CkMxqZ0
>>834
愛子さまは頭良さそうね(´・ω・`)
682名前:名無しさん@1周年ID:
昔の日本人は偉大な中国からパクって同人誌出してた
ドラえもんパクってるチョンと同じ
686名前:名無しさん@1周年ID:
>>682
そうは言われたかて、中国は時代が途切れているから、日本がちゃんと受け継いできて、
今日まで元号があるんだもの・・
687名前:名無しさん@1周年ID:
>>682
だから、内容が全く違うだろ
725名前:名無しさん@1周年ID:
>>682
     
中国=中華人民共和国

毛沢東が作った国だ。
70年の歴史しかない。

733名前:名無しさん@1周年ID:
>>725
それそれ、全ては分岐だからね
750名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:51:15.13ID:N9CkMxqZ0
>>725
あそこコロコロ国の名前変わるからなあ(´・ω・`)
683名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:42:53.45ID:cvSW6q4B0
なんか平成の時は、出典が偽書とか言われて、引用した同じ言葉が
ちゃんとした別の書物にも記されていて、何でそっちを典拠に
しなかったんだ、っていう指摘が出てたらしい。
693名前:名無しさん@1周年ID:
>>683
結果全く偽書でもなかったけどアホか
730名前:名無しさん@1周年ID:
>>683
漢籍に通じているやつが選者に少ないんだろww
754名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:51:47.44ID:T2Fky1z40
>>683
偽書っていっても2世紀以前だぞ
それ含めて古典だから
694名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:44:10.96ID:L3Obo/P00
説文解字には令とは号すること、とあるから、「声を上げること」という
解釈で本来的には正しいね。それが「冷」や「玲」、「鈴」あるいは「零」
といった音に生かされ、あるいは表意としても解釈されたということだろう。
初春令月、氣淑風和、は初春の冴え冴えとした月、とでもいった解釈が
良いのではないのか。
766名前:名無しさん@1周年ID:
>>694
だから寒々しくて良くないんだよww

2月の梅の月も冷や麗からの意味の転用だろ。
なんか皮相的なんだよな。
本来の意味は宗教的というよりは政治的に
従わしめると言うこと。

この命名は失敗だろww

774名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:55:19.33ID:L3Obo/P00
>>766 令の持つ厳しさと和のもつ柔らかさが対比をなして良いではないか。
829名前:名無しさん@1周年ID:
>>774
別に厳しさなんか必要ない。
そこがくだらん政治性だと言いたい。
イデオロギー的なものは入れない方がいい。
777名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:55:46.95ID:N9CkMxqZ0
>>766
正直いって令和元号で
大和冷機工業の株が買われてる時点で
令は冷たいも連想させていると思う(´・ω・`)
779名前:名無しさん@1周年ID:
>>766
令というのは寒々しいところはあるよ。個々人の良心、常識、美意識、バランス感覚に問うのが法ではあるからね

寒い中で梅は咲くわけよ

696名前:名無しさん@1周年ID:
出典が万葉集というのは嘘ではないし
万葉集が日本最古の歌集も嘘ではないけど

一部の同じ文章が中国の古典から
万葉集にパクってあったということなん?

707名前:名無しさん@1周年ID:
>>696
同じ言葉があったって話
文章自体の意味は全く違う
728名前:名無しさん@1周年ID:
>>707
って言っても万葉集事態が漢詩から影響を受けてて詠まれてるからな
大半は漢文だし
738名前:名無しさん@1周年ID:
>>728
漢字使うなってことですか?
アラビア数字はどうすんの?
732名前:名無しさん@1周年ID:
>>707
そうなんだ、ありがとう
物語全部パクってあるわけじゃないんだね
744名前:名無しさん@1周年ID:
>>732
それをパクリというなら漢字使うなってことだよ
714名前:名無しさん@1周年ID:
>>696
と言うか万葉集の時代の歌は
漢詩から引用して歌うのが「おっ君判ってるね!」「素敵!」だったから
720名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:47:40.94ID:qNyV4eTa0
>>696
似たような文があったからパクリだと頭のおかしい人種が騒いでいるだけ
735名前:名無しさん@1周年ID:
>>720
>似たような文があったからパクリだと

となりの国の人たちの言い訳とそっくりだなwwww。

751名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:51:15.95ID:qNyV4eTa0
>>735
漢字はパクリだってか?wwww。
726名前:名無しさん@1周年ID:
>>696
日本の古典文学なんて中国からのパクリの嵐
814名前:名無しさん@1周年ID:
>>696
原典を提示しない孫引きはパクリと変わらないのだよ。
712名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:46:31.47ID:N9CkMxqZ0
仲良くしろ!
って言いたいときはレイワ!って唱えるのか(´・ω・`)
724名前:名無しさん@1周年ID:
>>712
霊は

って聞こえて呼ばれてると思って霊が依ってくる

これはマジでな

746名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:50:19.47ID:N9CkMxqZ0
>>724
まあ日本では礼もレイだから
深く考えてもあんまりね
音で言えばリョウワの方が良かったとは思うけど(´・ω・`)
716名前:名無しさん@1周年ID:
レイは問題ないと閣議決定しても
霊がよってくるのは事実

憑かれたらどうするんだよ

723名前:名無しさん@1周年ID:
>>716
いや・・そっちじゃなくって・・霊性ね。精神的な事柄
760名前:名無しさん@1周年ID:
>>723
霊にそんな認識力ないから

言葉遊びは通じないんだよ
千年たっても道理は変わらない

レイ、レイいってたら霊はよってくる
憑かれるぞ?マジで

719名前:名無しさん@1周年ID:
田舎に帰ろうが元ネタなら
一極集中を是正するような意味合いもあるんじゃないのか?
727名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:48:24.63ID:Iup1arIO0
>>719
人返しの法復活?
731名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:48:57.30ID:N9CkMxqZ0
>>719
そうなら良いけど
中央政権から優良な人が政権から離れて行くという示唆だったら恐ろしいよ
(´・ω・`)
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>72
>「令和」の出典の「万葉集」がオマージュ(笑)した「歸田賦」という漢詩は、
>後漢の歴史と暦法が専門の優秀な天文学者の張衡さんが、
>帝を無視して宦官が好き放題の中央の腐敗政治に嫌気がさして「もう田舎帰って田んぼ耕して暮らすわ」って詩だからなw

>>216
>要約 最近の政治は腐り切ってて嫌気さしたから田舎に帰って畑耕して暮らすわ

>>218
>これは中央政界で不遇をかこって大宰府に左遷された大伴旅人と山上憶良が梅見の宴会を開いて梅の歌を詠んだ時のやつなんだよね

>>731
>中央政権から優良な人が政権から離れて行くという示唆だったら恐ろしいよ

地方創生の幕開け。実際に中央官僚は寝る暇もないし東京都の少子高齢化は凄まじい。

868名前:名無しさん@1周年ID:
>>846
地方財政考えてから言ったほうがいいww
722名前:名無しさん@1周年ID:
「令」という漢字1字なら、どこでも使われているだろ。
万葉集が~~ というのは、後付けじゃね?

「令月」の令をとって「令和」って、ぜんぜん説得力ないし。

772名前:名無しさん@1周年ID:
>>722
それ言ったら今までの元号も同じだろw
漢文の中から似たような形でくっつけてるんだから
780名前:名無しさん@1周年ID:
>>772
つまり元号はすべて捏造ってことねw
784名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:56:36.26ID:N9CkMxqZ0
>>780
そうだよ?(´・ω・`)
791名前:名無しさん@1周年ID:
>>782
実にええ序文やな

>>784
意味不

749名前:名無しさん@1周年ID:
今の著作権法があったら、
パクリ万葉集など成立しなかったりしてwwww
757名前:名無しさん@1周年ID:
>>749
無理無理
771名前:名無しさん@1周年ID:
>>749
     
さすが中国人だなwww

著作権法なんて、勉強したことすらないんだろwww

     

753名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:51:32.15ID:L3Obo/P00
文選にかいてあるというのは、むしろ「おおおっ」と感心すべき
ところなんだがなあ。なんでそこが叩かれてるのかむしろ
意味が分かんない。従来の元号の伝統を受け継いでなおかつ
万葉集から襲用してるというところがすばらしいのだがな。
761名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:53:37.16ID:T2Fky1z40
>>753
文選が原典であることによって今までの伝統から外れてないことになるのにな
786名前:名無しさん@1周年ID:
>>753
おかしいだろ、 政府はそんな説明は一切していない

誰がどう聞いても、今回は日本の書籍から引用したと思うぞ。あなたが言うような説明を政府はしていない

795名前:名無しさん@1周年ID:
>>786
万葉集から1字だけ拾うのが引用? ばかじゃね?
756名前:名無しさん@1周年ID:
菅さんが掲げてる筆書きの令の字をよ~く見てみるやろ?
そしたら、その令の字をバラしてみるねん。
そこに点を一個加えたらあら不思議。
片仮名のアベになるやん。
そう思って見たらもうアベにしか見えへんで。
これもうパヨク憤死で草いっぱい生えるわwwwwww
836名前:名無しさん@1周年ID:
>>756
画像作ったったwww
ttps://pbs.twimg.com/media/D3DmHNeVAAAtU5b.png
986名前:名無しさん@1周年ID:
>>756
アベの隠し文字、それ考えてるかも。
reiwaを並び替えるとi.e.war (すなわち戦争)と指摘したレスもあって、それもなるほどと思った。

あと画数が13、不吉にも思えるがユダヤでは聖なる数らしい。
新天皇徳仁はユダヤ人(ユダヤ教徒)の可能性も。

上レスにある霊的な何か、というのもあるかもしれない。
決めた本人たちが思いつかなかった意味、効果も出るかもしれないのが恐ろしいところ。

758名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:52:27.11ID:w6N5R4jr0
さっそく和が乱れてるやんw

おまえらどっちも和なんてクソ食らえと思ってんだろ?w

776名前:名無しさん@1周年ID:
>>758
これから日本は多文化共生社会なんやで
和の心は大切やん
789名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:56:57.68ID:w6N5R4jr0
>>776
ここやSNSみたいにネットでは分断はより深化する気もするがねえ
相容れる気無いじゃん、どっちも
796名前:名無しさん@1周年ID:
>>789
それじゃ世界最速で永住権を取れる国にした意味ないやろ
762名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:53:47.31ID:N9CkMxqZ0
令和はパソコンではリョウワと変換することにする
なんかレイワとか嫌だから(´・ω・`)
788名前:名無しさん@1周年ID:
>>762
リョウちゃんの和か

クスクスw
(*´ω`*)

792名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:58:06.50ID:N9CkMxqZ0
>>788
リョウと発音して思い浮かべる漢字は良とか両だからね
命令よりいいでしょ(´・ω・`)
797名前:名無しさん@1周年ID:
>>792
良和とかで良かった
800名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:00:19.72ID:N9CkMxqZ0
>>797
良和いいよね
(´・ω・`)
767名前:名無しさん@1周年ID:
霊なら500年で消滅すると言われているけれどもね
霊性はまた別のものです。もっと精神に関わるものですから
778名前:名無しさん@1周年ID:
>>767
低級霊にそんな理屈通じるかよ
レイが依ってくるわ
785名前:名無しさん@1周年ID:
>>778はそんな事を言っていると本当に低級霊が・・
801名前:名無しさん@1周年ID:
頭の悪い安倍とか教養の無いネトウヨを騙す為に万葉集から引用した事にしただけだろ

普通の教養のある日本人なら万葉集から引用するという事は中国古典から引用したんだなと直ぐ解る

805名前:名無しさん@1周年ID:
>>801
内容が違いすぎるから中国古典からの引用はない
ありえん
808名前:名無しさん@1周年ID:
>>801
     
中国=中華人民共和国

毛沢東が作った国だ。
70年の歴史しかない。

     

859名前:名無しさん@1周年ID:
>>801
その通りだと思う
安倍もネトウヨも万葉集がどのような物か全く解って無いから

万葉集から引用した事にすれば騙せるって事
安倍ちゃんは元号を選定した学者に馬鹿にされてる
それを喜んでるネトウヨの教養の無さ

馬鹿にされてるのに喜んでる

802名前:名無しさん@1周年ID:
一番名が売れたのは元号提案者じゃなくて、帰田賦の張衡かも知れない
万葉集の大伴旅人or山上憶良なら、日本人は元々大体は知ってるから

個人的には三国志時代までの中国人は個性豊かだったと思う

810名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:03:04.35ID:N9CkMxqZ0
>>802
中国はなぜ自分とこの古典大切にしてないんだろうね
科学技術も大切だけれども
中国が始めた元号とか皇帝とかなんで中国が捨ててるんだろな(´・ω・`)
815名前:名無しさん@1周年ID:
>>810
日本以外はわりと民族が入れ替わるのよ・・
だから全く違う文化の方が入って来て、そこで途切れてしまうんじゃないかしらね?
今も何か皇室で怪しい事があるんだけれどもね。美智子様とか、秋篠宮家とかね・・
826名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:06:30.28ID:N9CkMxqZ0
>>820
>>815
なるほど
深いね(´・ω・`)
820名前:名無しさん@1周年ID:
>>810
分岐して違う土地に来た我々の祖先の方が先祖のものを大事にしたんだと思う
826名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:06:30.28ID:N9CkMxqZ0
>>820
>>815
なるほど
深いね(´・ω・`)
828名前:名無しさん@1周年ID:
>>810
   
中国は、プロレタリア革命で誕生した国。
古典よりも毛沢東思想の方が、はるかに重要。

中国では、毛沢東思想は必修だからね。

     

833名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:07:44.47ID:N9CkMxqZ0
>>828
自分の祖先が育ててきたものを簡単に捨てるとか
なかなか出来ないけどねえ(´・ω・`)
847名前:名無しさん@1周年ID:
>>810
北方の蛮族に征服される歴史だしね
文化が廃れる
それに中国共産党が止めを刺したかなw
851名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:11:46.20ID:Z4Gk+HBY0
>>810
下のほうがはっちゃけ過ぎてスーパーフリーダムな個性全開主義になってて
上のほうから無理やり抑えないと国家運営ができなかったりするのかもね

大陸の連中は過激に革命や進歩を望んで、島国の連中は過剰に伝統を保全したがるのかも
西洋でいうと、イギリスとフランス或いはロシアの違いみたいな

876名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:15:04.14ID:N9CkMxqZ0
>>851
英国と日本は似てると思う
スタンスは違うけれども(´・ω・`)
941名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:29:04.03ID:urUwmVes0
>>810
>>851
前任者のやったことは全部否定して燃やしちゃわないと
後からやって来て侵略した自分らの正統性を主張できないからだよ
日本の権力者達は皇室をそのまま乗っ取るのではなく権威だけを利用しようとしてきた
文化に対しても同じようなやり口で来たんだと思う
そいつはもうダサい、これからはこっち!ってやるんじゃなくて
それについて一番理解してるのは前任者じゃなくてオレ!みたいに

まあ要するにヲタクなんだよ

944名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:29:48.49ID:N9CkMxqZ0
>>941
最後のまとめワラたWWWWW
941名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:29:04.03ID:urUwmVes0
>>810
>>851
前任者のやったことは全部否定して燃やしちゃわないと
後からやって来て侵略した自分らの正統性を主張できないからだよ
日本の権力者達は皇室をそのまま乗っ取るのではなく権威だけを利用しようとしてきた
文化に対しても同じようなやり口で来たんだと思う
そいつはもうダサい、これからはこっち!ってやるんじゃなくて
それについて一番理解してるのは前任者じゃなくてオレ!みたいに

まあ要するにヲタクなんだよ

944名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:29:48.49ID:N9CkMxqZ0
>>941
最後のまとめワラたWWWWW
804名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:01:28.05ID:ecjWyisM0
万葉集から引用って発表された時点で
中国から独立した!とか湧いてるネトウヨが大量発生してて笑えたw
848名前:名無しさん@1周年ID:
>>804
www
857名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:12:19.76ID:8YK9tKPL0
>>804
830名前:名無しさん@1周年ID:
桜は散るから、ちょっと縁起が良いとは言えないのね
梅は高貴とかあるんだけれどもね
838名前:名無しさん@1周年ID:
>>830
梅は中国では縁起がいい赤の象徴。
849名前:名無しさん@1周年ID:
>>838
松竹梅の通り日本でも昔から慶の象徴だよむめは
840名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:09:30.83ID:8bjRK9Xs0
どうせ安倍や取り巻きにはわからんだろとハメたのかな?
考案者が。
ボツになっても企みが公になるわけじゃないし。
853名前:名無しさん@1周年ID:
>>840
提案される元号案は一つじゃないんだから、これはもうミラクルだろw
872名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:14:33.27ID:8bjRK9Xs0
>>853
ダメもとでネタで仕込んだら、採用されちゃったんだろ。
どこまで悪気があったかは不明。
野党得意の国会テストみたいなノリで。
843名前:名無しさん@1周年ID:
読売の記事を読む限り官邸は知らなかったとしか思えないけどね
875名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
普通に考えて考案者以外は知らないだろう
ただ本当の専門家が選定過程のどこかで関与していればすぐにわかったはず
929名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:26:26.14ID:oGtHJkjq0
>>843
万葉集など日本の古典は中国古典からのパクりだらけなんて学校で習ってるだろwwwwww
860名前:名無しさん@1周年ID:
梅は彩のない真冬に咲いてそれが長い
その姿が寒空の中に凛として孤高を保っているように見える
いい花だよな
892名前:名無しさん@1周年ID:
>>860
日本人が梅を愛でたのは中国で縁起がいいと
された赤の象徴として梅を愛でていたから。

つまり中国の流行を追ったの。
桜はその後に愛でられるようになった。

だから万葉集なんて格好つける必要はゼロで、
最初から中国の漢籍から取ればよかった。

932名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:27:21.56ID:lW6Hi6kI0
>>892
当時は紅梅はなく白梅だけだったとNHKで学者がいってたよ
873名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:14:33.61ID:taSBak0H0
平成の元ネタ教えて
884名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:17:11.21ID:L3Obo/P00
>>873
『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、『書経(偽古文尚書)』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」
901名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:19:20.40ID:n+l2+G5d0
>>884
元は立派なのに平成って書くと日和った間抜けに見える

令和のほうがキリッとしてええわ

927名前:名無しさん@1周年ID:
>>901
いや平成の方が格式が在る。
令月なんて単なる月の呼び方で
意味も他の漢字の転用だろ。
905名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:19:37.15ID:taSBak0H0
>>884
サンクス
930名前:名無しさん@1周年ID:
>>884
今回も平成と同じくダブル出典にしたら良かったのに
出典『万葉集』・『文選』
885名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:17:16.33ID:4QmCV/SF0
>>873
書経
906名前:名無しさん@1周年ID:
>>873
平成
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%90

"出典

新元号の発表時に小渕恵三が述べた「平成」の名前の由来は、
『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、
『書経(偽古文尚書)』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで
「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味である[16]。
日本において元号に「成」が付くのはこれが初めてであるが、
「大成」(北周)や「成化」(明)など、外国の元号や
13代成務天皇の諡号には使用されており、
「平成」は慣例に即した古典的な元号と言える。

江戸時代最末期、「慶応」と改元された際の別案に「平成」が有り[17]、
出典も同じ『史記』と『書経』からとされている[18]。

なお、平成の決定の際には専門家から出典箇所が
偽書の偽古文尚書であり、相応しくないとする意見もあった。"

これに比べればだいぶ中国離れしたのは確かだな
漢籍引用の部分から採用したのは、それなりの配慮じゃないのか?

915名前:名無しさん@1周年ID:
>>906
先祖を同じにするとはいえ
千年以上離れてきたから、国風文化といいそろそろ別れる時だね
920名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:23:01.92ID:N9CkMxqZ0
>>906
ごめん
そこまでの深い内容実はなかったんだけど(´・ω・`)
879名前:名無しさん@1周年ID:

1.命じる
2.きまり
3.りっぱな

1.やわらぐ
2.なかよくする
3.合わせる

886名前:名無しさん@1周年ID:
>>879
そのままの意味だとヘイトはやめろだもんな。
887名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:17:19.66ID:N9CkMxqZ0
>>879
つまり
『仲良くしろ』
883名前:名無しさん@1周年ID:
元ネタは中国古典w
しかも内容は痛烈な政府批判w
ネトウヨ赤っ恥w
何度負ければ気が済むんだw
893名前:名無しさん@1周年ID:
>>883
中国=中華人民共和国

毛沢東が作った国だ。
70年の歴史しかない。

     

904名前:名無しさん@1周年ID:
>>893
それって悲しい現実だよね
910名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:20:06.08ID:wpYAXwW40
>>893
日本の中国(地方)のほうが名称としては古かったりするしな
963名前:名無しさん@1周年ID:
>>910
あの国は「オタマジャクシは蛙の子」か「水戸黄門」の替え歌で
「殷」「周」から始まって「民国」「人民共和国」まで覚えたけど
そもそも国名として「中国」を名乗ったことはないんだよね
896名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集って難しいな
スーパーエリート用の歌なのか
さっぱり意味がわからない
909名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:20:04.20ID:N9CkMxqZ0
>>896
万葉集は超偉い人からド庶民まで集めた歌集だよ(´・ω・`)
911名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:20:07.50ID:4QmCV/SF0
>>896
元々は大伴家持が古来からの民草の歌を集めた鎮魂歌集
898名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:19:00.41ID:VFR4qSGN0
日本のはじまりは日本書紀なのに何故中途半端な万葉集を引用するのか
912名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:20:34.52ID:L3Obo/P00
>>898 古事記・日本書紀・万葉集は一体のものだよ。
ふるいことばは大化の改新で大半が失われてしまってるのよ。
なので残されている言葉はとても大切。
916名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:22:10.23ID:4QmCV/SF0
>>912
「古事記」と「日本書紀」、それと「万葉集」は、実際にはかなり性格…と言うか、歴史的由来・意味合いが違う
913名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:20:37.59ID:N9CkMxqZ0
>>898
じゃあ次は日本書紀から採ろうか(´・ω・`)
917名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:22:37.02ID:urUwmVes0
>>898
まあそこは批判を避けたのかな
万葉集は庶民の歌も入ってて表向きはリベラル標榜してるパヨクちゃん達もあまり文句つけられないと踏んだかも
903名前:名無しさん@1周年ID:
安倍首相がこの序文を間違わずに言えたのは感心した
64歳なのに頭いいんだね
914名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:21:25.89ID:N9CkMxqZ0
>>903
両脇にカンペのモニターがあるの知らんのか(´・ω・`)
919名前:名無しさん@1周年ID:
>>914
何だそうなんだ
908名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:19:49.69ID:dStb+QSD0
せっかく梅がスポットライトを浴びたというのに
うちの梅が若葉を出さないんだ(´;ω;`)
お花は咲いたのに…枯れちゃったのかな
938名前:名無しさん@1周年ID:
>>908
梅毒感染
951名前:名無しさん@1周年ID:
>>908
もうすぐ咲くよ(*^^*)
975名前:名無しさん@1周年ID:
>>951
スピロヘータの鼻がw
921名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:23:38.46ID:8bjRK9Xs0
中華人民共和国と中国は関係ないんだから日本が中国から何をパクろうが、
中華人民共和国からとやかく言われる筋合いはないってか?

虚しくないか?

922名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:24:33.19ID:N9CkMxqZ0
>>921
そもそも中国から来た文化を独自発展させただけだからなあ(´・ω・`)
923名前:名無しさん@1周年ID:
>>921
我々の先祖でもあるわけだ
933名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:27:24.64ID:N9CkMxqZ0
>>923
祖先ではないけどね
文化的には祖先だけど
中国はその文化捨てて
なぜか日本が残した(´・ω・`)
936名前:名無しさん@1周年ID:
>>933
共通の遺伝子あるから大陸から渡ってきてるよ
940名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:28:55.81ID:N9CkMxqZ0
>>936
そりゃ多少は来てるけど
それなら一番は朝鮮半島あたりから来てる(´・ω・`)
954名前:名無しさん@1周年ID:
>>940
朝鮮人には縄文人の血がないから違うな
大陸からの一部に同じ民族がいたとは思う
956名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:34:22.01ID:oGtHJkjq0
>>940
日本人のDNAに一番近いのは朝鮮人って最近発表されてたろ
939名前:名無しさん@1周年ID:
>>921
ヨーロッパの言語はラテン語が基だけど
お前はラテン人のことなんか気にしてるの?
926名前:名無しさん@1周年ID:
え?このうた政府批判の歌なのか
931名前:名無しさん@1周年ID:
>>926
違うよ
ここでパクったと言ってるやつの原典がそう
そんな内容なら引用しない
934名前:名無しさん@1周年ID:
>>931
そうか
勘違いした
962名前:名無しさん@1周年ID:
1400年の元号の歴史を断絶させたい反日ウヨがめっちゃお怒りやんwww
「と思わせて中国古典出典だった」ことにはむしろ喜ぶべきだろお前ら
なんでそんなに日本の本当の伝統が嫌いなのwww
965名前:名無しさん@1周年ID:
まじかよ

>>962
まじなら、安倍とかは、中国古典出典に気づかなかったんやろか?

974名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:44:27.26ID:oGtHJkjq0
>>965
安倍なんて万葉集も読んだことないような低学歴だろ
980名前:名無しさん@1周年ID:
>>974
万葉集の一部は高校で習わないか?
984名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:48:30.35ID:oGtHJkjq0
>>980
普通は習ってるけど
習ってる人は万葉集で脱中国ウリジナルだホルホルなんて普通は恥ずかしくてとてもできないよ
988名前:名無しさん@1周年ID:
>>984
そうね 新古今和歌集とかで無常観が最高潮に達したかんじあるね
995名前:名無しさん@1周年ID:
中国古典にあるかしらんが、あったなら、
>>974
日本を意識しながら、実は中国古典にありました、って感じなのか、わかった上で用いたか
中国古典に詳しい人も入れていたのだろうか

>>984
梅は中国が原産で伝来したとも言われているくらいだし影響はあったのかもな

995名前:名無しさん@1周年ID:
中国古典にあるかしらんが、あったなら、
>>974
日本を意識しながら、実は中国古典にありました、って感じなのか、わかった上で用いたか
中国古典に詳しい人も入れていたのだろうか

>>984
梅は中国が原産で伝来したとも言われているくらいだし影響はあったのかもな

985名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:49:28.32ID:1QQtuM/u0
安倍さんは応援してくれるネトウヨに感謝すべきなのに、円安でモノづくり厳しくしたり、移民推進したり、元号の伝統壊したりとネトウヨが喜ばないことばかりやってるドSだよな
990名前:名無しさん@1周年ID:
>>985
万葉集からってのは歓迎 問題は即位以後じゃないことだよ
移民法の批判をかわすために同日行うことの卑劣さ
997名前:名無しさん@1周年ID:
>>990
なるほど
994名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:56:21.31ID:CN0pQiP00
>>985
そもそも日本会議は日本の伝統を知らん

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。