【令和】『万葉集』の梅花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から引用

1名前:ばーど ★2019/04/01(月)12:50:55.68ID:2Lh7ck8o9
新元号は「令和」 出典は「万葉集」

平成に代わる新しい元号について、政府は1日の臨時閣議で「令和(れいわ)」とすることを決め、菅官房長官が発表しました。また、「令和」の典拠、いわゆる出典は日本最古の歌集である万葉集であると発表しました。元号は、皇太子さまが天皇に即位される来月1日に「令和」に改められます。

政府は1日午前、総理大臣官邸で、各界の代表や有識者からなる「元号に関する懇談会」を開き、新しい元号の複数の原案を示し意見を聞くなどしたうえで、臨時閣議で新しい元号を「令和」とすることを決定し、菅官房長官が午前11時半すぎからの記者会見で発表しました。

この中で、菅官房長官は「さきほど閣議で元号を改める政令、および、元号の呼び方が閣議決定された。新しい元号は令和であります」と述べ、書を掲げて、平成に代わる新しい元号を「令和」に決定したと発表しました。

そのうえで、「令和」の典拠、いわゆる出典について「『令和』は『万葉集』の梅花の歌、三十二首の序文にある『初春の令月(れいげつ)にして、気淑く(きよ)風和らぎ(やわらぎ)、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披き(ひらき)、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす』から引用したものだ」と述べました。

菅官房長官は記者会見で、新しい元号の考案者について「考案者ご自身が秘匿を希望していることに加え 考案者を明らかにすれば新元号と特定の個人との結びつきが強調されることになりかねないため、お答えは差し控えたい」と述べました。

また、懇談会で出された意見や原案の数について質問されたのに対し、「意見聴取の場でどんなご意見があったかについてお答えすることは差し控えたいと思う」と述べました。

また、「新元号が日本人の生活の中に深く根ざしていくためには、他の案と比較して議論されることは適当でないと考えており、新元号として決定されたもの以外の案については、その数も含めてお答えは差し控えたい」と述べました。

そのうえで、「いずれにしても、今般決定された新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくよう努めていきたい」と述べました。

日本の元号は、研究者によりますと、「平成」までの247すべてが中国の古典を典拠としているとされていますが、日本の古典から引用されたのは初めてだということです。

新元号を定める政令は1日中に天皇陛下の御名・御璽(ぎょめい・ぎょじ)、いわゆる署名・押印を得て公布され、元号は、皇太子さまが即位される来月1日に「令和」に改められます。

2019年4月1日 11時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190401/k10011868721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190401/K10011868721_1904011216_1904011219_01_03.jpg

11名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:52:37.29ID:RpzgRWuU0
>>1
古典から引用はありかな
ダサいけど
20名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
風和がよかったな
109名前:名無しさん@1周年ID:
>>20
雅びだな
132名前:名無しさん@1周年ID:
>>20
和風みたい
217名前:名無しさん@1周年ID:
>>132
wahoojapan?
50名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
割りといい言葉
というか平成(平らに成る)と比べた悪くなりようがない
83名前:名無しさん@1周年ID:
>>50
自己レス
今さらながら平成の由来を調べてみた
「平成」の名前の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、『書経(偽古文尚書)』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味である

国内を巻き込む戦争がなかったことだけは良かったな
サリン事件とかテロはあったけど

95名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6 >>7

「令和」

トリックワードの類になったな
律令の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが
万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し
伝統守旧派には儒教序列を重視しているとアピールする戦略か

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

115名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:06:25.79ID:1RvgzrJW0
>>95
どんだけ学があるんだ。
467名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:40.21ID:3yrPvQZz0
>>95
あんたすげーな
152名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
令香(れいか)では駄目だったのだろうか?
205名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:22:00.96ID:AbPerDg50
>>152
「れいか」だと、「冷夏」と紛らわしい。
193名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:20:06.65ID:uoOOkArB0
>>1
古典とか裏ではエロな暗示とか隠れてるから、月夜で女と一発やってスペルマとマン臭が混じって何ともいう匂いとか解釈できます
365名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:48:17.27ID:GE4/+2Jd0
>>1
《文選??張衡??歸田賦》:「於是仲春令月,時和氣清。」
すでに中国の古典にあります。

ネトウヨ涙目w

397名前:名無しさん@1周年ID:
>>365
それじゃ、万葉集の序文はただのパクりで、日本政府はパクりを日本の古書が出典だと喜んで発表したことになる
おい、政権倒れるぜw
435名前:名無しさん@1周年ID:
>>397
本歌取だろ?
当時の人間の唐土へのリスペクトだよ。
それどころかこれまでの元号は四書五経から取ってた。
390名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
万葉が絡んでる時点で俺は好きだがな
意味を組めばよかったんじゃね?
710名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
だからそれは麗のあて字か略字だろ。

本来の令は命令等の政治的な意味だよ。
典型が律令体制。

719名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
なんかエロさを感じさせられる和歌だな
761名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
まあ桜が良かったが、梅だから申し訳程度に中国要素として
顔は立てた形だな外交も大事だから
784名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:58:16.27ID:75ZkkjoV0
>>761
つーか選定した学者が完全に漢籍から離れないように熟考して出した案だろ
国書からってのは安倍が言い出したことでそれに沿いながら漢籍にも軸足残して将来の元号決定がどちらにも転べるように上手いこと折衷案にした感じ
間抜けなのは安倍とその周囲の政治家だけ
792名前:名無しさん@1周年ID:
>>761
むしろ梅は薬にもなるし日本に昔から、縁起物として扱われてるからな、松竹梅ってのは実用で役に立つ価値が有るものから松竹梅の順番になってるからね
800名前:名無しさん@1周年ID:
>>761
オマエみたいなアフォがセントレアとか付けるんだよバーカ
812名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:02:13.38ID:gcHiZPsO0
>>761
桜は儚いからダメやて、不吉すぎるわ
862名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
張衡の詩から典拠した挙げ句に
万葉集のこの詩に出てくる梅は漢詩に多いからな
因みに中国の梅の花を思いながっていう内容だし
885名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:10:46.48ID:0YMd3P+h0
>>1
これが出典なら「初梅」とすべきなんじゃないの?

これで令和なら無理繰り過ぎかなんだが。

2名前:名無しさん@1周年ID:
日本の古典にこだわるのはいいが
それならいっそ漢語でなくヤマト言葉にすべきだっただろう
95名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6 >>7

「令和」

トリックワードの類になったな
律令の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが
万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し
伝統守旧派には儒教序列を重視しているとアピールする戦略か

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

115名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:06:25.79ID:1RvgzrJW0
>>95
どんだけ学があるんだ。
467名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:40.21ID:3yrPvQZz0
>>95
あんたすげーな
3名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:52:02.65ID:Pi0Z74aF0
日本はどこを切っても何をさせてもクール
71名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
ほんまに
95名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6 >>7

「令和」

トリックワードの類になったな
律令の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが
万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し
伝統守旧派には儒教序列を重視しているとアピールする戦略か

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

115名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:06:25.79ID:1RvgzrJW0
>>95
どんだけ学があるんだ。
467名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:40.21ID:3yrPvQZz0
>>95
あんたすげーな
772名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
確かに、こんな歴史の楽しみ方もあるのは素晴らしいと思う
4名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:52:05.45ID:uS2GNxsD0
ごめん、読めない
51名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:59:34.60ID:mvJtMUUi0
>>4
梅見の夜宴
令月(きれいな月で) 風和(風もおだやか)
565名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:23:24.66ID:mDTVtY540
>>51
R1生まれの風和ちゃん
って子ができそう
95名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6 >>7

「令和」

トリックワードの類になったな
律令の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが
万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し
伝統守旧派には儒教序列を重視しているとアピールする戦略か

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

115名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:06:25.79ID:1RvgzrJW0
>>95
どんだけ学があるんだ。
467名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:40.21ID:3yrPvQZz0
>>95
あんたすげーな
5名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:52:11.15ID:9n0+2X0u0
わからんわ

https://i.imgur.com/oXjKKr5.jpg

95名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6 >>7

「令和」

トリックワードの類になったな
律令の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが
万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し
伝統守旧派には儒教序列を重視しているとアピールする戦略か

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

115名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:06:25.79ID:1RvgzrJW0
>>95
どんだけ学があるんだ。
467名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:40.21ID:3yrPvQZz0
>>95
あんたすげーな
6名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:52:12.05ID:wIl7c4l20
綺麗で素敵よ
95名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6 >>7

「令和」

トリックワードの類になったな
律令の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが
万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し
伝統守旧派には儒教序列を重視しているとアピールする戦略か

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

115名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:06:25.79ID:1RvgzrJW0
>>95
どんだけ学があるんだ。
467名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:40.21ID:3yrPvQZz0
>>95
あんたすげーな
7名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:52:14.62ID:yZQULrni0
REIWAラップ作ろうぜ
95名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6 >>7

「令和」

トリックワードの類になったな
律令の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが
万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し
伝統守旧派には儒教序列を重視しているとアピールする戦略か

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

115名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:06:25.79ID:1RvgzrJW0
>>95
どんだけ学があるんだ。
467名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:40.21ID:3yrPvQZz0
>>95
あんたすげーな
8名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:52:19.40ID:Ddqqp0ba0
安倍は安倍晋三の一文字を入れろて圧力掛けたらしいな
13名前:名無しさん@1周年ID:
>>8
悔しいのぉw
37名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:57:43.56ID:ayIVKtGsO
>>8
そんなことをほざいているから、お前ら基地外左翼は、誰からも相手にされないんだよ。
いい加減分かれよ。
38名前:名無しさん@1周年ID:
>>8
安の字入って無くて残念だったなw
61名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:00:47.36ID:9cnh0viq0
>>8
イソコなの?
110名前:名無しさん@1周年ID:
>>8
プークスクスw
139名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:11:26.84ID:zT9mY/E+0
>>8
ならなかったんだから喜べよww
818名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:02:44.10ID:wdMQxstu0
>>8
こんな時にも
安倍が頭から離れられんの?
パヨクは四六時中
安倍のこと想ってるの?
10名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:52:36.61ID:c+5g/aJN0
蘭と梅ブームが来る予感
65名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:01:04.99ID:Hql0UTm4O
>>10
蘭も梅も中国ぽい
89名前:名無しさん@1周年ID:
>>65
万葉集からとったら花は梅になっちまうからな
古今和歌集にすりゃよかったんだろうけど
最古っていうのがこだわりあったんだろう
697名前:名無しさん@1周年ID:
>>10
いいね
700名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:47:06.32ID:D4LdKJ6+0
>>10
もうきてる。梅毒やばし。
727名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:51:33.16ID:rHLBnnRy0
>>10
梅、蘭、菊、竹で、四君子というんだって。
讃えるとかめでたいとされて東洋画なんかで使うらしい

てか、令和だけでどんだけ教養のかたまり!(゚Д゚)
昔の先生たち、こゆの全部知ってるってすごすぎ

739名前:名無しさん@1周年ID:
>>727
学校で漢文教えるのも子供たちに教養を与えてやりたいと願う先人の優しさだったんだけどね…
日本人が劣化したのは漢籍を捨ててからだと断言する先生もいたわ
788名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:58:51.55ID:rHLBnnRy0
>>739
教育勅語を復活させたい連中がいるけど、それも漢籍や漢文を教えてこそと思う
江戸時代なんか寺子屋でも音読させてたはず
802名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:01:06.46ID:75ZkkjoV0
>>739
漢籍捨ててその分英語にあてたのに日本人ほとんど英語喋れない読み書きできないというきくっそ間抜けな構図になってるからな
867名前:名無しさん@1周年ID:
>>802
普通の学力があれば読み書きで困ることは無いだろ
学生はちゃちゃっと英文で論文書いているし
14名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:53:13.97ID:Da3Jg+vD0
不勉強だからこんな歌しらんかった
令月なんて言葉があるんだな
令=めでたい、ということか
31名前:名無しさん@1周年ID:
>>14
令は、元々、神様のお告げ。
会意文字。
「亼(下向きの口)」+「卩(人の跪く姿)」、神の口がひざまずいた人に話す、お告げを聞くこと。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c9/ACC-b13977.svg/120px-ACC-b13977.svg.png
66名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:01:05.92ID:1RvgzrJW0
>>14
「令嬢」なんて言葉があるだろう?

「良い」という意味があるんだよ。

510名前:名無しさん@1周年ID:
>>66
令嬢は放送禁止用語です

いい意味がないです

518名前:名無しさん@1周年ID:
>>510
フォーマルなやり取りやビジネス文書でも普通に使う尊敬語です
527名前:名無しさん@1周年ID:
>>510
令嬢は放送禁止用語なので
もうテレビとかラジオでは使えないんですよ
いつ頃から放送禁止用語認定されたかは知らないけどちょっと前に話題になってた
530名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:18:31.32ID:R4TcEIb70
>>527
令息は?
556名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:22:40.55ID:rHLBnnRy0
>>530
小室さまが気にされるので使えないね…
532名前:名無しさん@1周年ID:
>>527
意味不明だよね
逆差別とかパヨ臭のする言い訳が笑う
537名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:19:14.96ID:C+yT1Den0
>>527
だとしたら放送禁止用語に指定したことが間違いなんだろ
545名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:20:43.92ID:R4TcEIb70
>>537
令嬢と呼ばれることのない層がイライラしてクレームつけたんだろうなw
548名前:名無しさん@1周年ID:
>>537
確かに賛否両論はあるかもしれないけど
「令嬢」を制限のある人間という意味で捉えることができるから
差別的に感じる人もいるだろうね、だから放送禁止用語になったんだろうけど
557名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:22:46.08ID:oq/4fZAL0
>>548
それはマルキストの差別かね?
559名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:22:53.31ID:R4TcEIb70
>>548
むしろ令嬢と呼ばれることのない人たちが
自分たちが差別されてるーと喚いたんだろう
581名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:25:07.45ID:C+yT1Den0
>>548
なんで君自身がそんなに放送禁止用語にこだわるのか分からない
560名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:22:57.92ID:pNUZoQm60
>>527
八百屋床屋魚屋花屋本屋とかの○○屋も放送禁止用語w
あのあたり決めてる奴はもう完全に頭がおかしい
389名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:51:37.10ID:oq/4fZAL0
>>14
歌じゃなくて歌ごとにある題詞。
歌がどういうものかを解説した序文みたいなもの。
16名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:53:38.69ID:bJRpj5nY0
つまり冬が去って春が来るの意味を新元号に込めたのなら、

消費増税して日本経済を寒くするのやめようよ。

112名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:06:09.91ID:22+Zi1xj0
>>16 
ほんそれ
725名前:名無しさん@1周年ID:
>>16
平成は「冬」かよw
730名前:名無しさん@1周年ID:
>>725
冬だろw
733名前:名無しさん@1周年ID:
>>725
大災害が多かったからな
753名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:55:08.93ID:gcHiZPsO0
>>725
バブル崩壊後の失われた20年、どう考えても冬です
760名前:名無しさん@1周年ID:
>>753
失われたのは30年
平成全体が失われた時代
17名前:名無しさん@1周年ID:
新天皇に嫌がらせしてるの?
新天皇の御代に月(令月)から引用とか。
147名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:12:43.12ID:1/huk/S20
>>17
令月は旧暦だけど2月の異称、皇太子様は2月生まれだからぴったりだろ
157名前:名無しさん@1周年ID:
>>147
凄いね
本当にその意味も込めただろうね
よく気付いたね
ツイッターかなんかで名前付きで呟いたら?
163名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:15:08.76ID:JF6mQqhh0
>>157
既に何回も出ている
900名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:12:39.23ID:dStb+QSD0
>>147
あーそういうこと
920名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:14:26.00ID:0YMd3P+h0
>>147
やっぱり寒い・冷たいのアナロジーなんだな
926名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:14:50.74ID:v/gZv70e0
>>147 >>231
なるほど、面白いな
19名前:名無しさん@1周年ID:
仁和みたいに和を「な」と読む方が良い様な
35名前:名無しさん@1周年ID:
>>19
レナちゃん
41名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:58:24.09ID:PVSjwEgE0
>>19
うちのワイフの名前になっちまう…
253名前:名無しさん@1周年ID:
>>19
それいいね
だったら和かぶりが薄まる
れいな
ってのもきれい
21名前:名無しさん@1周年ID:
令和ってことだが、
4月中に皇太子が死去した場合はどういう扱いになるの?そのまま秋篠宮がこれ使うの?
32名前:名無しさん@1周年ID:
>>21
4月中に天皇が死んだ場合もそうだろうけど
使わないだろう
404名前:名無しさん@1周年ID:
>>32
今上天皇が崩御されても令和は使うだろ?
26名前:名無しさん@1周年ID:
https://i.imgur.com/DmkyOYQ.png
33名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:57:17.37ID:WJChk63O0
>>26
精神病だろw
43名前:名無しさん@1周年ID:
>>26
この手で見つけようと練習しながらずっと待機してただろw
682名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:43:40.02ID:ZWw0gpJm0
>>26
これがバカサヨ?
927名前:名無しさん@1周年ID:
>>26
笑いのセンスがぬきんでている
939名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:15:56.09ID:YDmeplLV0
>>26
ようやるわw
27名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:55:53.47ID:CFdt+lUJ0
つまりどういう意味?
46名前:名無しさん@1周年ID:
>>27
上皇が太陽で、新天皇は月。
そういうことだな。
だから、上皇になられる今上陛下の名で元号政令を発出する。

安倍は何考えてるん??

80名前:名無しさん@1周年ID:
>>46
本当日本の元号に月に関わる文字を使うとか頭おかしい
114名前:名無しさん@1周年ID:
>>46
どっちかというと昭和と対になるんじゃないかな
まあ悪くないけど目新しい時代というより
焼き直しとかやり直しの時代なのかもね
30名前:名無しさん@1周年ID:
漢籍から史上初めて引かなかったな
いまやるとシナがマウント取ってくるだろうからかな
53名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)12:59:54.29ID:Hql0UTm4O
>>30
奈良時代は漢籍から取ってない
97名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:03:53.49ID:bSBlm2PE0
>>53
和銅とか養老とかは、漢籍由来ではないわな
40名前:名無しさん@1周年ID:
花見の宴席の歌会の序文から

採ったそうな

奈良時代は、桜は平安からで、花見は梅だったそうな

だから今の日本の花見の状況に近くて、良いんじゃないかなぁ、引用の内容としても

461名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:03:40.09ID:4lqZh5d00
>>40
中国の影響で、奈良以前は梅なのだよ。
平安になって、桜(山桜とか)に変っていくのだ。
494名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:09:23.34ID:oq/4fZAL0
>>461
実は奈良時代には桜でも宴会をしている。

今日のためと 思ひて標しあしひきの 峰の上の桜かく咲きにけり
https://art-tags.net/manyo/nineteen/m4151.html
>意味: 今日のこの日のためにと思って、標(しる)しをつけておいた、峰(みね)の桜(さくら)がこんなにも
>咲きました。

>天平勝宝2年(750)3月3日に、大伴家持(おおとものやかもち)の邸宅(ていたく)で行われた宴(うたげ)で
>詠まれた歌のひとつ

542名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:20:07.03ID:4lqZh5d00
>>494
といっても歌の数でいえば
万葉集は梅で、古今が桜だもんww
814名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:02:21.00ID:lmLQa43+0
>>40
梅と言っていたけど桜のことだったって学生の時に聞いた記憶がある41才です。
64名前:名無しさん@1周年ID:
NHKで梅は中国の花だとかいってたおじさんがいたけど、
水を挿すなあと思ってみてた。
中川翔子がいちばんマトモだった。
84名前:名無しさん@1周年ID:
>>64
やたらと中国押しだったねw 野暮だな、と思った
100名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:04:17.20ID:O1KuyL/Y0
>>64
天皇の成立を考えれば
今回は万葉集からとったけど
花は中国の花ですからって逃げかもな
438名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:00:12.68ID:oq/4fZAL0
>>100
令月は2月だが、皇太子殿下の誕生日が2月23日。
554名前:名無しさん@1周年ID:
>>64
梅=中国の花なのは常識

日本の美学は梅より桜を選んだ事

それを新元号で梅を持って来る売国奴のバカ安倍

91名前:名無しさん@1周年ID:
よし娘の名前は

令美

レミに決めた!

99名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:04:11.53ID:6SW1G4KI0
>>91
ブロッコリーを芸術的に料理しそうだな
145名前:名無しさん@1周年ID:
>>91
小学校に入った時にクラスに5人くらいいそうな名前だな
105名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:04:37.54ID:m9bWNDH30
令薫の方が良かったのでは
111名前:名無しさん@1周年ID:
>>105
薫は字数が多すぎだし小学生は習わないんじゃなかろうか
131名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:10:09.54ID:m9bWNDH30
>>111
そこは小学生に習う漢字の変更で良いと思う。むしろ小学生で習わないからという選定理由はなさけない。慶だって画数多いからね。でも役所の仕事が増えるから画数減らすってのは潜在的に避けられないだろうね、手書きがあり得なくならない限り
121名前:名無しさん@1周年ID:
尖閣攻められても、中国の古典から採り続けたこれまでが
あまりにも異常だなw
今後も、中国の古典には絶対存在しないような二文字にすべき
136名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:10:33.30ID:rHLBnnRy0
>>121
その中国は別だよ
ほんとはガチガチの古典でよかった
万葉仮名も漢字だし、ある意味、古典から引いたから
味わい深い元号になった
今の中国には絶対に真似できない風雅な文化だから自慢していい
168名前:名無しさん@1周年ID:
>>136
日本こそ中国の歴史ある良いものをしっかりと受け継いだ国になればいいんだよね
465名前:名無しさん@1周年ID:
>>136
ある意味、漢字を一番しっかり現代まで受け継いでいるのが日本なんだから誇っていいのにな

次の改元は今回のを踏襲しないでもっと広い目で選考してほしいわ

460名前:名無しさん@1周年ID:
>>121
そんな屈折したプライドに拘るなら漢字を使用禁止にしなけりゃならん
122名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:08:14.19ID:rHLBnnRy0
東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花
これも連想するね
大宰府の梅は来年待ちだけど、これはすごいことなるわ
124名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:09:16.09ID:1RvgzrJW0
>>122
万葉集のこの歌は、九州で開かれた花見のときの

と言ってたような・・・・

158名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:14:19.41ID:rHLBnnRy0
>>124
大伴旅人、太宰帥大伴の卿の宅に宴してよめる梅の花の歌三十二首

>>128
まあ、いいんじゃね?なぐさめられたかもしれんよ

128名前:名無しさん@1周年ID:
>>122
時代は違うが祟り神菅原道真ともつながっている
嫌な予感しかしない
158名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:14:19.41ID:rHLBnnRy0
>>124
大伴旅人、太宰帥大伴の卿の宅に宴してよめる梅の花の歌三十二首

>>128
まあ、いいんじゃね?なぐさめられたかもしれんよ

421名前:名無しさん@1周年ID:
>>122
左遷される時の和歌やん
菅原道真の和歌で喜ばしい時のものだったら「このたびは ぬさもとりあえず」の百人一首のやつの方がいいわ
503名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:10:53.47ID:rHLBnnRy0
>>421
いや、この新元号で菅公はうれしくて成仏すると思う
507名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:12:54.62ID:pGL7+OUn0
>>503
今東京じゃ雷雲立ち込めてるぞw
お怒りのようだw
515名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:15:07.87ID:rHLBnnRy0
>>507
福岡は快晴だよ。喜んでるってw
522名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:16:26.06ID:zT9mY/E+0
>>515
道真公はお喜びか。
538名前:名無しさん@1周年ID:
>>503
今まで1000年以上も成仏してなかった扱いw
142名前:名無しさん@1周年ID:
梅より藤の方が綺麗なのに
161名前:名無しさん@1周年ID:
>>142
新天皇が2月生まれだからじゃないの
180名前:名無しさん@1周年ID:
>>161
あ~
312名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:39:07.30ID:h3Lm76WF0
>>142
藤って藤棚に誘引して整理しないとぐちゃぐちゃだろ
144名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:11:58.22ID:HDRKaBVJ0
万葉集ビギナーズ・クラシックス (角川ソフィア文庫)

社長「刷れええええええええええええ刷りまくれええええええええええええええ」

149名前:名無しさん@1周年ID:
>>144
頭良すぎるw
そうだね
商機だよねw
150名前:名無しさん@1周年ID:
>>144
万葉集ブーム到来だな
153名前:名無しさん@1周年ID:
>>144
ww
155名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:14:00.52ID:zT9mY/E+0
>>144
これを期に万葉集詠むわ。
175名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:17:17.14ID:tJfda8Hh0
>>144
買います
272名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:33:00.38ID:jnhmecO90
>>144
>>角川ソフィア文庫

わろた(´・ω・`)

167名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:15:37.27ID:tzBVftN+0
桜はなかったんすか桜は
179名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:18:16.68ID:rHLBnnRy0
>>167
桜は散るから…
182名前:名無しさん@1周年ID:
>>167
安倍ちゃんの話聞いてたら今の日本は
桜まで待っていられないのかもって思ったよ
冬が明けたって実感が一刻も早く欲しいのかも
176名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:17:36.20ID:r18ZOlyk0
シナの引用じゃなければなんでもいい
184名前:名無しさん@1周年ID:
>>176
漢文の引用の引用
197名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:20:33.67ID:oGtHJkjq0
>>176
日本由来らしいじゃなきゃなんでもいいと伝統壊しまくってる韓国人みたいだね
185名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:18:56.29ID:1RvgzrJW0
「令」という字

学のない人間は、「律令」「命令」という意味の次元で知識が止まっていたり、
「冷たい」という文字の連想から、違和感を持ってしまうんだろう。

学のある人間は、もっと進んでいて「令嬢」という使い方や
「令=神のお告げ=良いこと」という意味で
とらえるから、「いい元号だ」と納得がいくんだろう。

195名前:名無しさん@1周年ID:
>>185
知識がとまっている、というか
そもそも令の字にはその意味が最初だからね
普通は避ける
203名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:21:53.13ID:1RvgzrJW0
>>195
律令より
万葉集のほうが古いだろ?
221名前:名無しさん@1周年ID:
>>203
令は法家が表に出だした時代だから紀元前だぞ
春秋戦国時代か
226名前:名無しさん@1周年ID:
>>203
大宝律令は701で奈良時代が始まる前にる作られた
万葉集は奈良時代に作られた
279名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:34:41.83ID:1RvgzrJW0
>>226
大宝律令前から作られていて、完成というか、
めどがついたのが奈良時代

>>227
そこまで無理な解釈をする必要はない。

196名前:名無しさん@1周年ID:
>>185
下も一神教で同じだ
208名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:22:43.14ID:1RvgzrJW0
>>196
違うと思う。万葉集の時代にはすでに八百万の神の時代だから。
227名前:名無しさん@1周年ID:
>>208
八百万は土着信仰を絡げた一神教だよ
279名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:34:41.83ID:1RvgzrJW0
>>226
大宝律令前から作られていて、完成というか、
めどがついたのが奈良時代

>>227
そこまで無理な解釈をする必要はない。

210名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:23:00.43ID:a9FIFEHO0
>>185
願いがこめなければいけないものなら
対義語が世相になると考える
貧乏で育ちが悪い女性、神に見放された悪い事
238名前:名無しさん@1周年ID:
>>210 
まあ、たしかに平成さを願うあまりの平成時代は、
天変地異と外憂だらけの世の中だったな、なぜだ?
298名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:37:27.65ID:a9FIFEHO0
>>238
元号が厄除けだから
218名前:名無しさん@1周年ID:
>>185


令月(2月)の春を表す


和らぐ風 を表す

春の あたたかいやわらぐ風のごとく、世の太平を願うという意味

春の兆しのごとく、 新しい命が芽吹き、始まりを表す。

228名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:25:29.45ID:opMTjR000
>>218
ステキー
489名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:08:28.11ID:3bwLnR1u0
>>218

次の天皇陛下の誕生日が2月なのも考慮してるのかな?

232名前:名無しさん@1周年ID:
>>185
普通は「令」はいい意味ではない。
学有り無し関係ない。
277名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:34:34.30ID:K55EU0A50
>>232
>普通は「令」はいい意味ではない。

元々は
令→人々が集まって神のお告げを聞くを現した字で
  「神のお告げ」が字義
  これが「神のお告げ」すなわち「良い事」と解釈さるようになった

「令嬢」は、良い娘さん、立派な娘さん
「令息」は、良い息子さん、立派な息子さん
「令室」は、良い奥さん、立派な奥さん
という意味になる

286名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:35:44.03ID:1RvgzrJW0
>>232
学の有無は関係ある。

現に、あなたは「令」に良い意味があるのを知らなかったはず。

236名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:26:58.96ID:wxBc4DrP0
>>185
字面も嫌だ
302名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:37:46.19ID:acqzB8IS0
>>185
「神のお告げ」はフジで金田一先生も言ってたな
315名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:39:52.96ID:K8uAKnwS0
>>302
神のお告げとかいうと
またぞろカルトの香りが
319名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:41:05.22ID:pNUZoQm60
>>302
「ご神託」から「美しい」にまで発展させちゃう昔の人の感性が豊か過ぎて素敵
ハイセンス過ぎる
186名前:名無しさん@1周年ID:
これ結局元ネタ中国みたいだけどいいん?
192名前:名無しさん@1周年ID:
>>186
それガセだぞ
216名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:23:42.33ID:rHLBnnRy0
>>186
古代中国(今のシナとは別物)から漢字が入ってきてるから無問題
220名前:名無しさん@1周年ID:
>>216
中国古典の引用の引用っぽいね
262名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:31:26.67ID:rHLBnnRy0
>>220
>>215に詩経があるね
『詩経』は、中国最古の詩篇で周の時代だってさ
もろ封神演義の時代w
230名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:25:35.26ID:zT9mY/E+0
>>186
中国古典と今の中華人民共和国とは分けてるから構わない。
242名前:名無しさん@1周年ID:
>>230
や、安倍ちゃんは日本出典にこだわってたっぽいけど結局元ネタが中国なら意味ないじゃん
243名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:27:34.16ID:oGtHJkjq0
>>230
ならそもそも日本の古典からなんて拘る必要無かったろ
仮名文化で漢詩は中国のパクりしかない国なのに
270名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:32:42.37ID:zT9mY/E+0
>>243
俺は日本の古典を出典にするとは思わなかった口だから。
292名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:36:37.80ID:oGtHJkjq0
>>270
お前は構わなくてもさ
中国古典ではなく日本の古典からにするって言ってたのに
結局その日本の古典は中国の古典のパクりでしたなんて
赤っ恥すぎて死にたくなる人出てくるよね?
323名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:41:54.59ID:zT9mY/E+0
>>292
そんなの真に受けるやつはいないと思うよ。
命がいくつあっても足らん。
334名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:43:41.84ID:oGtHJkjq0
>>323
そうか
日本古典由来にこだわってた間抜けは居なかったのか
それは良かったよ
200名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集は大らかでいいわ
みんなが大らかな気持ちになれる時代になるといいな
883名前:名無しさん@1周年ID:
>>200
そりゃー5chやヤフコメから離れるしかないわな
大らかな気持ちになりたいなら
902名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:12:58.85ID:0YMd3P+h0
>>883
中国の古典より格が落ちると思う
209名前:名無しさん@1周年ID:
令和(『万葉集』巻5)

梅花謌卅二首并序
天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。于時、初春令月、氣淑風和。梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。庭舞新蝶、空歸故鴈。於是盖天坐地、
促膝飛觴、忘言一室之裏、開衿煙霞之外、淡然自放、快然自足。若非翰苑、何以濾情
詩紀落梅之篇。古今夫何異矣。宜賦園梅聊成短詠。

■原文 梅の花の歌32首、並びに、序。

天平2年1月13日、帥(かみ)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(つど)ひて、宴会を申(の)ぶ。時に初春の令月、気淑く風和(な)ぐ。梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後の香を薫らす。
加以(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)は嶺に雲を移し、松は羅(うすぎぬ)を掛けて盖(きぬがさ)を傾け、夕岫(せきしゅう)に霧を結び、鳥はうすものに封(こも)りて林に迷ふ。庭には舞ふ新蝶あり、空には帰る故雁あり。
是に天を盖にし地を坐(しきい)にして、膝を促して觴(さかづき)を飛ばし、言を一室の裏(うち)に忘れ、衿を煙霞の外に開き、淡然として自放に、快然として自ら足れり。
若し翰苑(かんえん)にあらずは、何を以てか情(こころ)をのベむ。
請ひて落梅の篇を紀(しる)さむと。古今それ何ぞ異ならむ。園梅を賦し、聊(いささ)か短詠(みじかうた)を成(よ)むベし。

623名前:名無しさん@1周年ID:
>>209
漢文の方がすっと頭に入ってくるな
口語訳の方になると脳が混乱する
何故なんだ(・ω・)
635名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:32:45.68ID:mDTVtY540
>>623
コッチのほうが分かりやすいかも

私訳
天平二年正月十三日に、大宰の帥の旅人の宅に集まって、宴会を開いた。時期は、初春のよき月夜で、空気は澄んで風は和ぎ、梅は美女が鏡の前で白粉で装うように花を開き、梅の香りは身を飾った衣に香を薫ませたような匂いを漂わせている。
それだけでなく、曙に染まる嶺に雲が移り行き、松はその枝に羅を掛け、またその枝葉を笠のように傾け、夕べの谷あいには霧が立ち込め、鳥は薄霧に遮られて林の中で迷い鳴く。庭には新蝶が舞ひ、空には故鴈が北に帰る。
ここに、天を立派な覆いとし大地を座敷とし、お互いの膝を近づけ酒を酌み交わす。心を通わせて、他人行儀の声を掛け合う言葉を部屋の片隅に忘れ、正しく整えた衿を大自然に向かってくつろげて広げる。淡々と心の趣くままに振る舞い、快くおのおのが満ち足りている。
これを書に表すことが出来ないのなら、どのようにこの感情を表すことが出来るだろう。漢詩に落梅の詩篇がある。感情を表すのに漢詩が作られた昔と和歌の今とで何が違うだろう。よろしく庭の梅を詠んで、いささかの大和歌を作ろうではないか。

636名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:32:52.69ID:pGL7+OUn0
>>623
漢字が多い文章はすっきりするんじゃないかね
和語ばかりだと、まったりのんべんだらりとしてしまう
652名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:36:23.68ID:HUB9xDpm0
>>623
それは訓読で現代語訳じゃない
644名前:名無しさん@1周年ID:
>>209
〉令和(『万葉集』巻5)

梅花謌卅二首并序
天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。于時、初春令月、氣淑風和。梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。庭舞新蝶、空歸故鴈。於是盖天坐地、
促膝飛觴、忘言一室之裏、開衿煙霞之外、淡然自放、快然自足。若非翰苑、何以濾情
詩紀落梅之篇。古今夫何異矣。宜賦園梅聊成短詠。

数えないけど
超選び放題だなw
なんでもあり!!!

662名前:名無しさん@1周年ID:
>>644
いや、この詩からとるなら意味的にも「于時、初春令月、氣淑風和」しかないと思うが
そして、文章の意味を残して二文字とるならやはり令和しかない
224名前:名無しさん@1周年ID:
個人的に桜より梅の方が好きだけどさ
ぽつんと咲いてかわいい
239名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:27:16.19ID:opMTjR000
>>224
可愛いよね
小さな春の便りってかんじで
254名前:名無しさん@1周年ID:
>>239
うん、かわいい
237名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:26:59.73ID:e7qmkzjJ0
日本らしさを感じる大衆的・庶民にも周知された文化だとさ
語呂とかの発音被りやダジャレ被りでさえ、縁起悪いだのって避けるもんねぇ・・・
万葉集から引用したので完璧素晴らしい。では〆られないというか
まぁどうしようもないし不満だって言いたいわけでもないんだけど
言葉ってさ、元祖ネタに忠実か否かよりも
そのとき多く認知されてる意味合い(そうとする人々の魂)こそ大事で、アホも含めて国民みな平等にあり
神的エネルギー生み出すと思うのね

まぁ古臭い感じは、エエもんなのかね

246名前:名無しさん@1周年ID:
>>237
古いのが逆になかなか新鮮だわ
スタンダードな雰囲気で気品がある
266名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:32:31.90ID:opMTjR000
>>246
今風なのが来るのかなと思っていたからちょっと意外だった
古めかしいのもいいね
というかなんかホッとした
247名前:名無しさん@1周年ID:
「令」を採用した説明は多いけど
「和」を採用した説明は少ないのはどうしてだ
251名前:名無しさん@1周年ID:
>>247
わかりやすいから
261名前:名無しさん@1周年ID:
>>247
本当の意味は「命令の令」「法令の令」だけれども、
他の意味を印象付けたいんだろうな
274名前:名無しさん@1周年ID:
>>247
令にネガティブなイメージもつのが普通だからね
296名前:名無しさん@1周年ID:
>>247
禾が軍隊を表し口が盃を表し、軍隊の誓約=和を意味してる
戦争や争乱中につける分には希望がこめられためでたい漢字

昭和元年も中国と戦争中だったしな

でも色々物騒だから説明はスルー

273名前:名無しさん@1周年ID:
令には「いいつけ、おきて、きまり」意味のほかに
「りっぱな、よい」という意味もあるんだな。
284名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:35:33.82ID:9CFi9CDU0
>>273
おそらくもともとは「りっぱな」「よい」という意味で使われていたので
法律とか作った時に良い印象を持ってもらうために「令」の字を使ったんだろうな
304名前:名無しさん@1周年ID:
>>284
逆だな
成り立ちからすると高いところから命じる、でそれが転じてみたいな話
287名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:35:59.79ID:opMTjR000
>>273
令子って名前は昭和の頃はわりと見かけた
291名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:36:32.76ID:K8uAKnwS0
>>273
まあご令嬢ご令息ってあるからな
でもそういうのとセットで覚えるもんだから
令月と聞いてもピンとこないし令だけならなおさら
まあ同級生に令子いたけども
275名前:名無しさん@1周年ID:
令ってのは「高いところの」とか「高貴な」って意味だぞ。
そこから命令とか令嬢とかになるわけだ。
もともとの意味は単純。これがわからないのは日本人もどきだろう。
偽日本人を見分ける試金石としても、いい元号と言えそうだ。
285名前:名無しさん@1周年ID:
>>275
もともと神の意見を聞く図、転じて命令することいいつけること、転じて高いところだな

そもそも漢字は中国のものだぞ
日本人として、みたいな文化ののっとりするなよチョンじゃないんだから

314名前:名無しさん@1周年ID:
>>285
そうだな。偽日本人なら理屈こねていちいち反発しないものな。
317名前:名無しさん@1周年ID:
>>314
そういうこと
令の印象がわるいから説明がたくさんいるなら避ければすんだ話なのに
288名前:名無しさん@1周年ID:
>>275
だからよ、「令」は日本政府のことだわ。

政府からの国民統制を強化して
みんなを1つにまとめていくという
政治姿勢を暗示してるかもね。

289名前:名無しさん@1周年ID:
>>275
そもそも常用漢字、誰でも読める、画数が少ない、などなどの条件で選んでる時点で一般人を基準にするのは当然
そして一般人が「令」と聞いて思い浮かぶのは普通「命令」の「令」
いちいちもともとの意味を説明しないといけない時点で元号の意味付けとしては失敗だろう
295名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:37:05.60ID:rHLBnnRy0
>>275
正直、漫然と使ってきた>ご令嬢、ご令息
勉強せねば
325名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:42:08.49ID:ToMZUBo/0
>>275
変に難癖つけてる奴は偽日本人と見ていいわな
299名前:名無しさん@1周年ID:
この万葉集の梅の歌の序文を出典に

「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、
見事に咲き誇る梅の花のように、
一人一人の日本人が明日への希望とともに
それぞれの花を大きく咲かせることができる、
そうした日本でありたいとの願いを込め、
令和に決定致しました。」

品格がある
「世界に一つだけの花」だね!

安倍ちゃん、GJ!

305名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:38:20.81ID:a9FIFEHO0
>>299
2月の末に当たるな
309名前:名無しさん@1周年ID:
>>299
あのような場で総理大臣の口から曲名を出されちゃ槇原も今後ヘタなことできないよな
320名前:名無しさん@1周年ID:
日本に拘ると言いつつ
漢字を使うところが
釈迦の手の上の孫悟空感というか
安倍の小物感っぽいねw
352名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:46:23.07ID:jk2u0ImN0
>>320
日本語の文字でまったく漢字に由来しない文字ってあったっけ?
359名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:47:29.24ID:oGtHJkjq0
>>352
結局日本の文化は全て中国文化からの派生だからな
中国が嫌だとか言ってる間抜けが恥をかいただけだったな
328名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:42:43.43ID:ZaRCBq3x0
音は慣れてきたし意味も出典も好きだけど
字面が良くないんだよね、すごく良くない
それも慣れるんだろうか?
340名前:名無しさん@1周年ID:
>>328
出典きれいなんだけど令とらなくてもいいよなあ
風和とかでいいんじゃねっておもった
345名前:名無しさん@1周年ID:
>>340
それじゃ、なんか和菓子屋みたいじゃないかw
353名前:名無しさん@1周年ID:
>>345
んなこといいだしたらたいていの元号和菓子屋にありそうだよw
347名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:45:39.62ID:pGL7+OUn0
>>340
かぜやわらぐで、時流にはあってるな
363名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:48:07.24ID:pNUZoQm60
>>340
字面がなんとなくぼけてていまいち
373名前:名無しさん@1周年ID:
>>363
音がわるいな
令和は音はすばらしいわ
368名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:48:54.79ID:zT9mY/E+0
>>340
風和は悪くないけどちょっと軽そう。
380名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:50:30.00ID:Ig+uc1n50
>>368
綺麗ではあるけど
ちょっとなって感じだよな
402名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:53:56.20ID:uPjJUVdF0
>>340
風は嵐にも通じるからあんまり平和な印象ない
花鳥風月っぽいのはいいと思うけど

花とか入れてほしかったんだよね
鳥を使った元号あるみたいだから花もありだよね

410名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:55:25.64ID:Ig+uc1n50
>>402
花は散るから、あまりなんでは?
433名前:名無しさん@1周年ID:
>>410
確かに散るねw
でも元号もいずれ終わるんだから咲き誇るってほうのイメージでヨロ
416名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:56:09.16ID:tv6ErLpc0
>>402
戦闘機なけりゃ桜花が良いとガチで思っている
333名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集には農民の作品もあるって、
当時の農民、字や歌を習ってたの?
382名前:名無しさん@1周年ID:
>>333
大宰府に確かめに来たらいい
388名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:51:36.78ID:Ig+uc1n50
>>333
昔から税金納めさせる為に寺子屋みたいなのがあったんだろ
398名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:53:06.87ID:oq/4fZAL0
>>333
多くは太安万侶など役人らが聞き取りしたもの。
335名前:名無しさん@1周年ID:
しかし選定委員の人たちは「日本の古典から!」という無理難題にうまいこと立ち回ったなw
直接の出典はたしかに万葉集でもその万葉集の文自体が中国古典の歸田賦からの引用だから
孫引きでしかなく1400年の伝統も途絶えないってかw
344名前:名無しさん@1周年ID:
>>335
うまいこと王様をだましたなあ
485名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:08:00.42ID:0mIs/D+d0
>>335
でもこれなら今まで通り漢籍から選びます
で別に伝統なんだしよかったのにね

どうせ令もお告げや命令とか安倍チョン
の好きな方の意味だろうけど良いや立派
という方の意味に受け取らせたいんだろうな
まぁ次代が浩宮様だから良いや立派の意味の令に
してくださると思うが

513名前:名無しさん@1周年ID:
>>485
漢籍から引用するのはどうせ安倍が強く反対したんじゃねーの?
支持者のネトウヨからキンペーに屈したみたいに見られるからとかで
535名前:名無しさん@1周年ID:
安価ミスった

>>513
令嬢は放送禁止用語なので
もうテレビとかラジオでは使えないんですよ
いつ頃から放送禁止用語認定されたかは知らないけどちょっと前に話題になってた

少なくとも令嬢という例を出してテレビやラジオで説明することはできない

743名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:54:08.40ID:0mIs/D+d0
>>513
安倍はそういう薄っぺらいところが幼稚で駄目なんだよ
769名前:名無しさん@1周年ID:
>>743
妄想と現実の区別がついてない頭のおかしい人が何言っても誰も聞く耳もたんぞ・・・
551名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:21:41.41ID:oq/4fZAL0
>>403 >>485
皇太子殿下の専攻は日本史。
日本の古典から2月の意味の熟語を引用するというのは皇太子殿下に対する忖度。
349名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:45:48.23ID:O1KuyL/Y0
日本は
昔は中国、今はアメリカの威を借りて
生き延びるしか無い国だからな
360名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:47:33.83ID:VzxHGMPx0
>>349
サヨクってどうして1年中上から目線でテキトーなこといってるの?
なんか病気なの?w
392名前:名無しさん@1周年(摂津・河内・和泉國)ID:
>>360
>サヨクってどうして1年中上から目線でテキトーなこといってるの? なんか病気なの?w

別にテキトーやないやろ、日本が外交国防経済面でアメリカを頼ってんのは事実やろ。

354名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:46:36.49ID:1qufLxOF0
日本固有の万葉集(8世紀)の梅の花の句「初春令月、氣淑風和」(8世紀)からとりました

中国の張衡(78-139)「帰田賦」の「於是仲春令月 時和気清」の孫引きでした

あっwwwwww

375名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:49:50.83ID:rHLBnnRy0
>>354
韓国人必死すぎ
古代中国は立派な文化を生み出したからいいの
おまいらもちょっと前まで使ってきたのに、
捨てて、おでん文字に走った
古典から出典とれなくなったね。教養ゼロ。カワイソス
387名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:51:04.69ID:zT9mY/E+0
>>354
それに何の問題が?
744名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:54:13.25ID:M5N2uiJ10
>>354
結局中国のパクリで草
749名前:名無しさん@1周年ID:
>>744
パクリという知識のなさに草
356名前:名無しさん@1周年ID:
諸橋漢和によると、令の原義は

君命を受けた臣が号令を発して人を集め使う意で、転じて、命令の意に用いる

この原義からさらに拡大された意味に、よい、立派な、優れたなどがある

385名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:50:55.31ID:K8uAKnwS0
>>356
漢和辞典読むとよく「・・・という意味であり、転じて~も表す」
とあって何がどう転じたのかと思う
413名前:名無しさん@1周年ID:
>>385
これは比較的に想像しやすい
命令を発する高位者は立派で善いとイコールだから転じたんだろう
358名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:47:07.40ID:1sUHkRL60
蘭はなんたらの香をってどういう意味?
457名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:03:11.23ID:rHLBnnRy0
>>358
ぐぐった。匂い袋の香りだって。

珮とは、中国で君子たちが印章や香袋を懸かけるための帯(ベルト)のことで、
その君子を表わす植物の中から
梅と蘭が挙げられ、君子の貴さを高めております。
https://www.aichi-kyosai.or.jp/service/culture/internet/japan/tradition/tradition_1/post_656.html

463名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:01.54ID:AgidS8Ou0
>>358
蘭の花は着飾って香っている、って感じかな
362名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:48:04.75ID:O1KuyL/Y0
万葉集といっても
漢詩のパクリだから
約定は守られている
って建前を中国が認めてくれれば良いね
400名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:53:33.07ID:iOpEvAG80
>>362
元号という制度自体が偉大な古代中華の影響。

いまだに元号を用いている日本を見て
中国人は自国の歴史と文化の偉大さを確認し満足する。
そして歴史的に属国であり中国の元号を用いていた韓国人はその劣等感から元号を嘲笑する。

420名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:56:50.57ID:O1KuyL/Y0
>>400
もとより天皇家は中国皇帝から印を受けて
日本を統一した豪族の末裔なのだから
元号が中国を諛うのに何の問題もない
歴史のない韓国が無知を晒しているだけ
372名前:名無しさん@1周年ID:
〉【令和】『万葉集』の梅花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から引用

これだけで漢字いっぱいあるんだけど
しかも令と和らぎは離れてるし

淑和
風和
とかでしょ

令月
令春
令初とか

377名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:49:59.21ID:1sUHkRL60
>>372
平成も離れてるけど
383名前:名無しさん@1周年ID:
>>372
表意文字としての漢字も尊重すると
風とか月とかキラキラネームにはならない
407名前:名無しさん@1周年ID:
>>372 平成が冬だった、
ぼくちんが冬を終わらせたんだ、
とアベは言いたいの。
476名前:名無しさん@1周年ID:
>>372
令月が和らぐからとるなら
令って付けたしであんまり意味ないよね
とるならメインは月だから
486名前:名無しさん@1周年ID:
>>476
如月の異名が令月なのは
春の訪れを告げる良い月だから
令の漢字の方に意味があるんだよ
514名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:14:55.07ID:oq/4fZAL0
>>372
于時初春令月 氣淑風和梅披鏡前之粉

これが元の文。

>令と和らぎは離れているし

他の元号もこんな感じ。
明治「聖人南面而聴天下 嚮明而治」
大正「大亨以正 天之道也」
昭和「百姓昭明 協和萬邦」

592名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:26:20.69ID:oq/4fZAL0
>>567
今までの元号がどう作られたか調べろ。
>>514
607名前:名無しさん@1周年ID:
>>514
>>552
どういう事??
結局漢詩から取ったってことやん?
安倍ちゃんやっちゃったの
614名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:29:41.44ID:oGtHJkjq0
>>607
間抜け「万葉集から引用した!ウリジナルニダ!」
学者(でもそれ中国古典由来の部分だけどな)
626名前:名無しさん@1周年ID:
>>514
これだけで16字
選び放題だな!w
519名前:名無しさん@1周年ID:
>>372
令は冷たいって意味の形容詞じゃないの
月は和らぎっていう意味なら
なんかこじつけ臭いな
結果的にいい感じだからいいんだけど
526名前:名無しさん@1周年ID:
>>519
令の語源は神意
転じて良いものの意味
よって令月は、春の訪れを告げる良い月
541名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:19:50.49ID:Z8WIWXc40
>>519
無知過ぎw
378名前:名無しさん@1周年ID:
なにが「万葉集が出店だから日本の伝統文化」だよ。
万葉集の「令月」は漢語じゃねーかよ!!!
中国人につっこまれて、安倍赤っ恥wwwwwwwww

百度
《后汉书·明帝纪》:“二年春正月辛未……使尚书令持节诏骠骑将军、
三公曰:‘今令月吉日,宗祀 光武皇帝 於明堂,以配五帝。’”

399名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:53:15.71ID:tv6ErLpc0
>>378
漢籍の伝統も踏襲してて良いじゃん
493名前:名無しさん@1周年ID:
>>399
たしかに
安倍が「日本古典からじゃなきゃヤなんだもん!」などと駄々捏ねしてなければ
日本と東アジアの文化的繋がりや文明の伝播経路を感じさせる元号発表になったいた

”安倍が駄々捏ねして1400年の伝統を破壊しようとしてなければ”

501名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:10:28.83ID:oGtHJkjq0
>>493
そうだな
ウリジナル主張さえなければ中国から日本に入ってきた伝統が変化して今日に伝わる良い源蔵だったよな
ウリジナル主張さえなければ
405名前:名無しさん@1周年ID:
>>378
「万葉集は日本の伝統文化」といいながら、
使っている単語は中国語と中国からつっこまれて、
安倍(日本会議)が教養のなさをさらし、
赤っ恥をかくというオチwwwww
419名前:名無しさん@1周年ID:
>>405
そもそも漢字を使ってる時点で、やまとごころから外れている。
430名前:名無しさん@1周年ID:
>>405
中華人民共和国

という国名に対してコメントが欲しいなw

440名前:名無しさん@1周年ID:
>>430
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国

どちらも語源が日本だよねw

409名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:55:17.03ID:2Iz2ne7r0
>>378
平安貴族は漢籍から引用して和歌に取り込むのが普通だったから、
その辺は想定内だろ
415名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:56:07.90ID:oq/4fZAL0
>>378
万葉集の構成を知らん無知な中国人が愚かさを晒しているだけ。
漢文による解説と万葉仮名による歌が書かれている。
428名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:58:14.96ID:zT9mY/E+0
>>378
そりゃ日本は当時の中華圏の影響受けてた時代だったんだし矛盾しないけど。
431名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:58:36.39ID:Ey2TFhE/0
>>378
そもそも序文自体が漢文なのに、単語調べてきて
「漢語じゃねーか」って何言ってんだこいつ
491名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:08:51.64ID:rHLBnnRy0
>>378
明までしか遡れてないじゃん…
万葉集で大伴旅人は、詩経(封神演義の時代)の話を引いて詠んだという
今のシナ人の教養の程度が知れる…孔子が泣くで
403名前:名無しさん@1周年ID:
そもそも月が綺麗で風が素敵とかいう詩をわざわざ元号にする必要があんのかよ
元号考える学者も安倍の意向を忖度した取り巻きに強要されてこんななんの理念も哲学もないものを無理矢理作らされてかわいそう
484名前:名無しさん@1周年ID:
>>403
お前は字が読めないのか?
551名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:21:41.41ID:oq/4fZAL0
>>403 >>485
皇太子殿下の専攻は日本史。
日本の古典から2月の意味の熟語を引用するというのは皇太子殿下に対する忖度。
418名前:名無しさん@1周年ID:
683 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ ef7b-r4m/)[] 投稿日:2019/04/01(月) 12:44:34.36 ID:lF1kuFp70
そもそも梅って、中国から持ってきた植物だろ
初春令月 氣淑風和
この部分も元ネタ漢詩じゃないか?

734 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ ef7b-r4m/)[] 投稿日:2019/04/01(月) 12:51:01.47 ID:lF1kuFp70
歸田賦
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

遊都邑以永久,無明略以佐時。徒臨川以羨魚,俟河清乎未期。感蔡子之慷慨,從唐生以決疑。諒天道之微昧,追漁父以同嬉。超埃塵以遐逝,與世事乎長辭。
於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮。王雎鼓翼,倉庚哀鳴;交頸頡頏,關關嚶嚶。於焉逍遙,聊以?情。
爾乃龍吟方澤,虎嘯山丘。仰飛纖?,俯釣長流。觸矢而斃,貪餌?鉤。落雲間之逸禽,懸淵?之鯊鰡。
於時曜靈俄景,繼以望舒。極般遊之至樂,雖日夕而忘劬。感老氏之遺誡,將回駕乎蓬廬。彈五絃之妙指,詠周、孔之圖書。揮翰墨以奮藻,陳三皇之軌模。苟縱心於物外,安知榮辱之所如

張衡(78-139)
時代からして、万葉集のほうが後
これは、ジャップお得意のパクリ事案じゃないか

425名前:名無しさん@1周年ID:
>>418
インスパイアだよ
429名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:58:18.01ID:oq/4fZAL0
>>418
本歌取もしらない無教養者が。
432名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)13:58:43.44ID:tv6ErLpc0
>>418
もともと日本文学は中国が始祖
父さん呼びはあながち間違ってない
780名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:57:57.46ID:M5N2uiJ10
>>418
結局パクリで草
821名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:03:56.40ID:GDpjoCp20
>>418
盗んだものを棚に並べて何かを創造した気になってる屑
それが不細工チビジャップ
822名前:名無しさん@1周年ID:
>>418
パクリだったんか
恥ずかしいな
852名前:名無しさん@1周年ID:
>>822
そもそも元号自体が向こうのもんだしな…
831名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:05:36.73ID:DOS30jnv0
>>418
本歌取りって言ってよ
839名前:名無しさん@1周年ID:
>>831
そういうのがわかんないアホが文句つけてんだろw
847名前:名無しさん@1周年ID:
>>418
やっぱ2ちゃんすげえよな
すぐこいうことわかってしまうからな
おれならずっとだまされてる自信あるわ
448名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:01:52.94ID:2Iz2ne7r0
中国も元号捨てたりしなければ改元フィーバー楽しめたのに
459名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:03:34.76ID:2Rm204330
>>448
なんかフィーバーするものある?
パチンコみたいな言い方だけど。
464名前:名無しさん@1周年ID:
>>459
商売人側の話だろう
475名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:06:00.39ID:2Rm204330
>>464
まぁなんか元号にちなんだものないかと考えるけど何も考えつかなかった。
いまさらカレンダーもないしな。
481名前:名無しさん@1周年ID:
>>475
巻物つくればいいやん
488名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:08:13.62ID:2Rm204330
>>481
巻物??
462名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:03:40.61ID:ToMZUBo/0
>>448
皇帝を廃したからなー
466名前:名無しさん@1周年ID:
>>462
しかもその末裔は日本在住という
朝鮮王室も日本在住だよね
482名前:名無しさん@1周年ID:
>>448
民国紀元があるけど
540名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:19:38.56ID:oq/4fZAL0
>>482
元号ではないよ。
建国から何年という紀元暦で日本だと皇紀にあたる。
西暦もイエス・キリストの誕生年だとされた年を基点にした紀元暦。
お釈迦様を基点とした仏暦もある。
578名前:名無しさん@1周年ID:
>>540
まあ中国はユリウス暦をベースにしたグレゴリオ暦使ってるし、ローマ帝国やバチカン市国の文化的植民地なんでしょ
449名前:名無しさん@1周年ID:
知的レベルが低い安倍がしったかで
「万葉集」と「日本の文化」を強調しすぎるから
突っ込みがはいりまくり・・・という話wwww
468名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:04:44.21ID:oq/4fZAL0
>>449
見当違いなツッコミで恥を晒しているお前は安倍以下だな。
496名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:09:25.84ID:pNUZoQm60
>>449
さっきから思ってたんだけど
「万葉集は日本の国民文化と長い伝統を象徴する国書」って言ってるのを
「万葉集は日本の伝統文化」に勝手に脳内変換しちゃって
さらにそのおかしさに全く気付いてないお前の脳のが相当ヤバい
505名前:名無しさん@1周年ID:
令月って、建国記念日あたり?
511名前:名無しさん@1周年ID:
>>505
新暦に置き換えると
今年は3/17~4/4とのこと
562名前:名無しさん@1周年ID:
>>511
ん?正月十三日は、新暦の2月あたりじゃないの?
584名前:名無しさん@1周年ID:
>>562
旧暦2月の異名が令月
今年だと
3/7-4/4の29日間
529名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:17:53.04ID:oGtHJkjq0
よりにもよって万葉集の中でもピンポイントで中国からのパクり部分を使っちゃう間抜け
これ完全にわざとだろ
533名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:18:45.09ID:aJoJS5mr0
>>529
有識者の皆さんも安倍ちゃんが嫌いなのかな
536名前:名無しさん@1周年ID:
>>529
そもそも梅の花=中国だしな

絶対ワザとだよ

547名前:名無しさん@1周年ID:
>>536
奈良時代は花といえば梅
日本にも原生してたんだから当たり前
590名前:名無しさん@1周年ID:
>>547
現生してたからじゃなくて、中国で尊ばれて居たから梅が読まれたんだ

内発的に尊ばれて居たのは桜だったのは常識

600名前:名無しさん@1周年ID:
>>590
奈良時代の方ですか?w
897名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:12:21.42ID:oq/4fZAL0
>>536
皇太子殿下の誕生日は2月23日。
そこから令月でしょ。
陰謀論恥ずかしいw
558名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:22:51.40ID:2Iz2ne7r0
>>529
丸パクリではなく似た部分があるって程度だから、現代の基準でもリスペクトの範囲
573名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:24:31.81ID:oGtHJkjq0
>>558
そのパクりの部分をピックアップしてウリジナル主張してる間抜けがさっきテレビで記者会見してたよ
539名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:19:21.17ID:oGtHJkjq0
162 名無しさん@1周年 sage 2019/04/01(月) 14:02:37.02 ID:gz9ZRXi/0
有識者懇談会メンバー

山中伸弥京都大iPS細胞研究所所長(56)
林真理子氏(65)
宮崎緑千葉商科大教授(61)
寺田逸郎前最高裁長官(71)
榊原定征前経団連会長(76)
鎌田薫前早稲田大総長(71)
白石興二郎読売新聞グループ本社会長(72)
上田良一NHK会長(69)
大久保好男日本テレビ社長(68)

本来こいつらが最後の最後に「それ中国の後漢時代の漢詩ベースですよ」と指摘する役割だったのに
中国古典への造詣ゼロの安倍友と畑違いの学者集めた結果気づかずに大恥


日本の古典文学者「万葉集から令和と作りました」

安倍「素晴らしい」

令和発表

令和が後漢時代の漢詩をパクって作られた万葉集の詩だと発覚 ←今ココ

598名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:27:16.76ID:8YK9tKPL0
>>539
>>591
ほんまこれw
863名前:名無しさん@1周年ID:
>>539
誰も国文学知ってる人がいないw
林真理子さんは美的な事しか興味ないし
山中さんは理系
あとは文学とは超無縁ww
結果的に上手くとおった
古文学者はGJ
546名前:名無しさん@1周年ID:
令が令嬢とか「良い」という意味の令だとしても
良い和は違和感あるよな
良い和があるなら悪い和もあると言わんばかり
553名前:名無しさん@1周年ID:
>>546
個々の漢字の表意に意味があるんだから
続けて読む事自体が意味不明
昭和だって明治だって、それ自身では意味のない言葉
582名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:25:11.49ID:mDTVtY540
>>546
令月風和の令和だからそもそも続けて読むものではないと思う
550名前:名無しさん@1周年ID:
今回の構図ってこれだろ

日本会議「元号は中国に拠るな、中華残滓を許すな」(キチガイ)

安倍「あっそっかぁ」(低学歴特有の何も考えてない)

菅他「そうですね~」(イエスマン)

皇太子「やめろ」

安倍「ニホンコテン…ニホンコテン…」

学者「流石に1400年の伝統を破壊するのは嫌だ…そうだ!これは日本古典独自由来の元号です(嘘だけどw、漢籍丸パクリの歌だけどなw)」

安倍「んほぉ~♡日本古典たまらない!」(成蹊卒程度の知恵遅れの反応)

555名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:22:40.29ID:oGtHJkjq0
>>550
学者グッジョブ
622名前:名無しさん@1周年ID:
>>550
ワロタw
日本会議のその後のコメントも追加されるんだろうか
651名前:名無しさん@1周年ID:
>>550
愛読書が永遠の0だからな
レイってかっこいいねって感じ
711名前:名無しさん@1周年ID:
>>550
学者やるなw
782名前:名無しさん@1周年ID:
>>550
あるなこれ
学者グッドジョブ!
807名前:名無しさん@1周年ID:
>>550
いい元号だよ
美しくて
学者は知っていたに決まってる
そして考案学者は発表されないから
馬鹿とも言われないし
良かったな!
w
552名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:21:48.15ID:ZLwkZwIe0
令和って美しい「漢」字だよね。
この万葉集の和歌は、偉大なる文明の華たる大中華の漢詩

「仲春令月 時和気清」

を手本にしているから
中国の風習である元号を受け継いでる日本に相応しい。

589名前:名無しさん@1周年ID:
>>552
今の中国共産党は昔の中国の慣習を切り捨てているよね
607名前:名無しさん@1周年ID:
>>514
>>552
どういう事??
結局漢詩から取ったってことやん?
安倍ちゃんやっちゃったの
614名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:29:41.44ID:oGtHJkjq0
>>607
間抜け「万葉集から引用した!ウリジナルニダ!」
学者(でもそれ中国古典由来の部分だけどな)
566名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:23:31.86ID:pGL7+OUn0
右翼としてはどうなんだろうね
「漢籍をやめて和書から選ぶ、しかし1300年の伝統を破壊する」
575名前:名無しさん@1周年ID:
>>566
和書から選ぶにしても
漢籍からの影響が大きい時期のものとしているから

今回もそのおかげか漢籍の方にも紐付けられた

588名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:25:48.06ID:pGL7+OUn0
>>575
結局はだれも損してない感じかな
583名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:25:13.51ID:oq/4fZAL0
>>566
破壊じゃなくて付け加えでしょ。
古典から引用は崩していないのだから。
594名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:26:31.65ID:pGL7+OUn0
>>583
なるほど、付け加えとはうまい言い回しだな
618名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:30:24.03ID:oq/4fZAL0
>>594
実際に和漢の古典から選ぶとしているからね。
日本の古典のみとするなら変更だけど、日本の古典も対象とするだから付け加え。
610名前:名無しさん@1周年ID:
>>566
右翼は大日本帝国教だから
それ以前の日本の伝統とかはどーでも良いのです
567名前:名無しさん@1周年ID:
「令和」が万葉集にあるんじゃなくて同じ歌から「令」と「和」を引っ張って来て言葉を作ったのを「引用」と言われると気持ち悪い

万葉集に「由来」するならわかるんだけど

592名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:26:20.69ID:oq/4fZAL0
>>567
今までの元号がどう作られたか調べろ。
>>514
639名前:名無しさん@1周年ID:
>>567
これまでの元号全否定かよ
591名前:名無しさん@1周年ID:
裸の王様「中国古典は嫌だ!日本古典出典がいいもん!学者共!日本古典から元号作ってこい!」

学者「王様、万葉集から引用してまいりましたぞ

裸の王様「うっひょ~万葉集たまんねぇ~日本古典たまんね~よくやったぞ」

学者(ニヤニヤ)

598名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:27:16.76ID:8YK9tKPL0
>>539
>>591
ほんまこれw
605名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:28:10.33ID:oGtHJkjq0
>>591
草はえるわ
これ翻訳して中国人や韓国人に教えろよもう
608名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:28:50.55ID:pGL7+OUn0
中国の古典からの影響抜くなら、「やくも」とか「やえ」とか和語にするしかない
619名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:30:27.31ID:4lqZh5d00
>>608
八雲たつ出雲?
627名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:31:47.35ID:pGL7+OUn0
>>619
あと「みずほ」とかもいいよね
「ゆきお」もいいな
617名前:名無しさん@1周年ID:
安倍とか菅が喋ってた万葉集の元ネタ
日本の古典からだと何度も主張してたけど
結局、全て中国からのパクリw

8風吹けば名無し2019/04/01(月) 13:34:42.50ID:0is19FDn0
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/901414/37?tocOpened=1

初春の令月にして気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす
於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮
大まかな意味も同じっぽい

634名前:名無しさん@1周年ID:
>>617
うせやろ?
665名前:名無しさん@1周年ID:
>>617
一呼吸置いて国語学者に聞いてたら
安倍さんも恥かかずにすんだのにね
677名前:名無しさん@1周年ID:
>>617
全然ちゃうやん。
679名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:42:08.98ID:lW6Hi6kI0
>>617
本歌取りでしょ
万葉集編纂者が漢籍に精通してて当たり前じゃん
694名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:45:44.66ID:oGtHJkjq0
>>679
それをウリジナルニダと得意顔で記者会見してた間抜けはどうすんのよ
701名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:47:27.53ID:lW6Hi6kI0
>>694
万葉集の成り立ちは学校で習うんで
718名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:50:19.66ID:oGtHJkjq0
>>701
学校で習ってるから普通なら万葉集由来でウリジナル主張なんて恥ずかしいことできないよね
704名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:48:37.94ID:oq/4fZAL0
>>694
捏造するなよ。

>そして、この令和には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められて
>おります。万葉集は1200年あまり前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、
>貴族だけでなく防人や農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民
>文化と長い伝統を象徴する国書であります。

708名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:48:54.34ID:oq/4fZAL0
>>704続き
>悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと
>引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の
>日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい
>との願いを込め、令和に決定致しました。

>文化を育み、自然の美しさを愛でることができる平和な日々に、心からの感謝の念を抱きながら、
>希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様と切り開いていく。新元号の決定にあたり、その決意を
>新たにしております。

878名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:09:59.15ID:oq/4fZAL0
>>817
オリジナルを強調?
どこの部分だよ>>704 >>708
998名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:56.00ID:oq/4fZAL0
>>969
どこがオリジナルという意味なんだ? >>704 >>708
解説してくれないか?
878名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:09:59.15ID:oq/4fZAL0
>>817
オリジナルを強調?
どこの部分だよ>>704 >>708
998名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:56.00ID:oq/4fZAL0
>>969
どこがオリジナルという意味なんだ? >>704 >>708
解説してくれないか?
641名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:33:49.51ID:Wh6Kbvqb0
100年後に日本や皇室が存続してたら尾崎豊とか
槇原敬之の歌詞から引用されそうだな
元号とかもういらねえだろw
646名前:名無しさん@1周年ID:
>>641
現代の詩からとるならともかく、なんで歌曲からとるんだよw
650名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:35:53.15ID:pGL7+OUn0
>>646
じゃあ「にんげんだもの」で
645名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:35:01.90ID:mJjgk4WTO
誰も中国関係ないなんて一言も言ってないのに、怒ってる人間の脳内だと政府が日本独自で日本凄いと言った事なってるのか?
649名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:35:52.27ID:oGtHJkjq0
>>645
それじゃこれはウリジナルニダとか言ってた下痢が単なる間抜けみたいじゃないか
666名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:39:34.27ID:oq/4fZAL0
>>649
ウリジナルみたいなことは言ってないぞ、捏造するなよ。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/reiwa-abe_jp_5ca17f54e4b0474c08d0b676
647名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:35:43.25ID:n7oWELmg0
来月からが「元年」になるの?
だとすると次の年賀状は令和二年で送ればいいの?
653名前:名無しさん@1周年ID:
>>647
おまえ気が早すぎ
663名前:名無しさん@1周年ID:
>>647
そういうこと
元年で年賀状送ることは難しいね
天皇陛下が12月31日に退位されることが決まっているような場合限定
しかし1月1日に践祚ってのはなかなか難しいからね
671名前:名無しさん@1周年ID:
>>663
なるほどねー
レスありがとう
657名前:名無しさん@1周年ID:
「気淑く」ってなんて読むの?きしゅく?
669名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:40:14.40ID:R4TcEIb70
>>657
きよく
676名前:名無しさん@1周年ID:
>>669

「清く」の俺すげーだろバージョン的なやつか?

667名前:名無しさん@1周年ID:
令ってあまり良い字じゃないよな
自分の名前に伶って入ってるんだけど、なんか命令を聞く人みたいに読めて奴隷みたいで嫌だわ
693名前:名無しさん@1周年ID:
>>667
令嬢、令息、令室って使うだろ
777名前:名無しさん@1周年ID:
>>693
本来はそんな意味ではない。
命令等だから>>667が正しい。

令を美しいと意味させるのは麗等から転用された意味で
本来の意味ではない。

785名前:名無しさん@1周年ID:
>>777
「令」は本来は「神のお告げ」である「みことのり」の意味
それが上位の人すべての意味に変化したしため
「命」を作って、わけてつかうようになった
やがてその区別の必要がなくなって
「命令」のように強調する言葉も出てきた

「常用字解」によれば
「甲骨文字」→「金文」までは「令」も「命」も同じ字であり
「篆文」で別の文字として別れている

801名前:名無しさん@1周年ID:
>>785
だから以下の意味だろw

漢字・漢和辞典-OK辞典
https://okjiten.jp/kanji686.html
会意文字です(亼+卩)。「頭上に頂く冠の象形」と「ひざまずく人」の
象形から、人がひざまずいて神意を聞く事を意味し、そこから、
「命ずる・いいつける」を意味する「令」という漢字が成り立ちました。

811名前:名無しさん@1周年ID:
>>785
へー、勉強になったわ、結構奥深い漢字なんだね
906名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:13:17.26ID:f2inRYac0
令って……マジであらゆる意味でセンスなさ過ぎだろ
言いにくいし、字自体も気色悪いし、都合良く万葉集使うところがまたあざとい

>>811
漢字なんてすべて語源から考えれば奥深いものだよ
いくらこじつけても令にはこれまで通りのイメージしかないわ

786名前:名無しさん@1周年ID:
>>777
実際過去に令は「命令」の意味になるって却下してたんだね

それは「令徳」である。この元号の衝撃度は、かなり大きい。「レ点」を付けて読めば、「徳川に命令する」となり、
これからは朝廷が幕府よりも上位の世の中となる、ということを露骨に世間に宣言している。

1864年、甲子革令に基づく改元を行うとき、朝廷では「令徳」と「元治」が候補に挙がり、「令徳」が第1候補だとして、関白から幕府に内談があった。
老中らは、「徳川に命令する」意味に解されるとして難色を示したが、老中からの申し立てはできかねる、と松平慶永に関白らへのあっせんを求め、
第2候補の「元治」に決定したのだ。江戸幕府が相当苦慮していたことがうかがえよう。江戸幕府にしてみれば、「元治」もメッセージ性を含んではいるが、
「令徳」だけは避けたかったのである。
https://www.sankei.com/column/news/190128/clm1901280003-n2.html

841名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:06:44.18ID:CWzhpBUy0
>>693
だからなんだよw
命令って意味も含むんだから
命令っぽくて いやだって現実から逃げるなよw
850名前:名無しさん@1周年ID:
>>841
和を命令されたら嫌なの?
855名前:名無しさん@1周年ID:
>>850
まあそもそも命令と和が相反してるからな
873名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:09:29.78ID:GmMEmz/h0
>>850
いくら貰って書き込んでるの?w
879名前:名無しさん@1周年ID:
>>873
書き込みでお金もらえるの?
887名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:10:50.74ID:GmMEmz/h0
>>879
で、いくら貰って書き込んでるの?w
876名前:名無しさん@1周年ID:
>>850
そりゃ嫌だろ
個人の至高性の結果生まれる和と大きな政府が上から命ずる見せかけの和はまるで違う
910名前:名無しさん@1周年ID:
>>850
命令されるものじゃない
707名前:名無しさん@1周年ID:
>>667





って色々あるよね!
777名前:名無しさん@1周年ID:
>>693
本来はそんな意味ではない。
命令等だから>>667が正しい。

令を美しいと意味させるのは麗等から転用された意味で
本来の意味ではない。

785名前:名無しさん@1周年ID:
>>777
「令」は本来は「神のお告げ」である「みことのり」の意味
それが上位の人すべての意味に変化したしため
「命」を作って、わけてつかうようになった
やがてその区別の必要がなくなって
「命令」のように強調する言葉も出てきた

「常用字解」によれば
「甲骨文字」→「金文」までは「令」も「命」も同じ字であり
「篆文」で別の文字として別れている

801名前:名無しさん@1周年ID:
>>785
だから以下の意味だろw

漢字・漢和辞典-OK辞典
https://okjiten.jp/kanji686.html
会意文字です(亼+卩)。「頭上に頂く冠の象形」と「ひざまずく人」の
象形から、人がひざまずいて神意を聞く事を意味し、そこから、
「命ずる・いいつける」を意味する「令」という漢字が成り立ちました。

811名前:名無しさん@1周年ID:
>>785
へー、勉強になったわ、結構奥深い漢字なんだね
906名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:13:17.26ID:f2inRYac0
令って……マジであらゆる意味でセンスなさ過ぎだろ
言いにくいし、字自体も気色悪いし、都合良く万葉集使うところがまたあざとい

>>811
漢字なんてすべて語源から考えれば奥深いものだよ
いくらこじつけても令にはこれまで通りのイメージしかないわ

786名前:名無しさん@1周年ID:
>>777
実際過去に令は「命令」の意味になるって却下してたんだね

それは「令徳」である。この元号の衝撃度は、かなり大きい。「レ点」を付けて読めば、「徳川に命令する」となり、
これからは朝廷が幕府よりも上位の世の中となる、ということを露骨に世間に宣言している。

1864年、甲子革令に基づく改元を行うとき、朝廷では「令徳」と「元治」が候補に挙がり、「令徳」が第1候補だとして、関白から幕府に内談があった。
老中らは、「徳川に命令する」意味に解されるとして難色を示したが、老中からの申し立てはできかねる、と松平慶永に関白らへのあっせんを求め、
第2候補の「元治」に決定したのだ。江戸幕府が相当苦慮していたことがうかがえよう。江戸幕府にしてみれば、「元治」もメッセージ性を含んではいるが、
「令徳」だけは避けたかったのである。
https://www.sankei.com/column/news/190128/clm1901280003-n2.html

670名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:40:20.10ID:jKG142O70
オレは桜より梅が好き
天神さまの梅じゃん
桜桜っていってる奴はなんなの?
675名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:41:26.87ID:zT9mY/E+0
>>670
花見が確か中国の梅見の影響なんだよな。
684名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:44:06.36ID:oq/4fZAL0
>>675
梅の花見は貴族で流行したものだが、桜の開花は稲作とのつながりがあるので農民の祭事説もある。
703名前:名無しさん@1周年ID:
>>675

江戸時代は城の中にしか桜がなかった、それで将軍様が庶民にも楽しませてあげたい
ということで一般公開しはじめたのが日本の花見の黎明期、それから町民・庶民・農民が
色々と品種改良をかさねて今に至る

735名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:52:53.34ID:4lqZh5d00
>>703
おいおいww
673名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:41:08.89ID:7G8EbkZN0
「於是仲春令月,時和氣清」
やっぱりオリジンのほうがすっきりしててカッコイイ
パクリはどうしてもちょっと改変しようとしてまどろっこしくなってカッコ悪い

今も昔も変わりませんなあw

689名前:名無しさん@1周年ID:
>>673
そりゃイギリス人の英語と日本人の英語を比較するようなものだからな…
まあ基本的に劣化するわな
791名前:名無しさん@1周年ID:
>>673
ほんとそれ
令時のほうがいいよね
ギャーテイギャーテイハラギャテイとか仏教っぽくてそんな感じのお経が聞こえてきそうだけど
695名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:46:00.81ID:YDmeplLV0
本居宣長ならどんな感想、意見だろうか
737名前:名無しさん@1周年ID:
>>695
梅の花を称揚するのは中国文化だからダメ
776名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:57:18.91ID:Cya4tmVg0
>>737
武士は、直ぐに散る桜より
梅を好んだという話があるけどな
996名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:44.86ID:qBgm9S8j0
>>776
横だが 謡曲 鉢の木では
執権北条時頼のために焚き付けにした
佐野常世の盆栽は梅 桜 松だった
確かに武家の桜の家紋も少ないな
702名前:名無しさん@1周年ID:
梅粉にならなくてよかった
716名前:名無しさん@1周年ID:
>>702

小梅ちゃんにまぶしてあるやつ

723名前:名無しさん@1周年ID:
>>716
小梅ちゃんの大玉好きだった
なくなって悲しい
706名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:48:45.15ID:yOVE42el0
小西ひろゆき (参議院議員)
@konishihiroyuki

令和は、安倍総理が意味を定め、決定したもの。この事実を国民の皆さんは決して忘れてはならない。
国会でニヤニヤ笑いながら答弁拒否を連発し、解釈文書の改ざんで憲法を改変し戦争を可能にした総理が、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」と説明。今、私たちは恐ろしい時代にいる。

713名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:49:38.46ID:R4TcEIb70
>>706
気色悪いなぁ
そいつらは元号なんてなくなればいいと思ってるんだもんな
783名前:名無しさん@1周年ID:
>>713
選定委員が安倍アホ三をうまい事騙してなければその伝統の元号は途絶えて
アベノネオ元号に改竄されてたんやでwww
709名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:48:55.45ID:+T7S6FFq0
日本の古典が漢籍の影響あるなんて一般常識だろ。
729名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:51:43.85ID:Ey2TFhE/0
>>709
その常識が無いから「何かケチ付けてやろう」とたまたま拾ったネタでパクリ連呼しに来ちゃうのよ
745名前:名無しさん@1周年ID:
>>729
ネトウヨは知らなかったみたいだけど
758名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:55:38.67ID:oq/4fZAL0
>>745
お前に都合がいいネトウヨだけだろw
藁人形でままごとするなよw
775名前:名無しさん@1周年ID:
>>758
まあまあ漢籍が元ネタだったからってそう怒るなって
849名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:07:13.71ID:oq/4fZAL0
>>775
俺のIDを追ってみろw
731名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:51:55.20ID:5lZsu0RJ0
>>709
文系である程度漢籍に触れてないと意外と知らない
万葉集には桜の詩なんてほとんどなくて梅の花の詩ばかりで
その理由が中国から伝わった花見をハイカラなものだと受け入れて最初日本人は梅の花で花見して桜なんて一顧だにしてなかったというのも義務教育では習うかどうか微妙な線
748名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:54:36.80ID:gh/OjHnZ0
>>731
中学でやらんか?
778名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:57:50.96ID:oq/4fZAL0
>>731
>桜なんて一顧だにしてなかった

これは言い過ぎ。
https://art-tags.net/manyo/flower/sakura.html

732名前:名無しさん@1周年ID:
>>709
むしろそういうのを引用して作るのが教養があると言われた時代では?
721名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集がソースで大伴氏ゆかりなんでしょ
そして太宰府もゆかりとな?
GWは太宰府・博多に遊びに行こうかな?w
736名前:名無しさん@1周年ID:
>>721
高岡にきてね
万葉歴史館と万葉線あるよ
755名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:55:16.29ID:4lqZh5d00
>>721
大伴といえば伴義男だろ
764名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:56:07.03ID:4lqZh5d00
善男だった。>>755
781名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:58:05.09ID:zT9mY/E+0
>>721
時代が下るけど飛梅伝説を思い浮かべたよ。
道真公の後を追ったという。
722名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:50:55.21ID:ccwBbxfH0
ところで万葉集の誰の歌?
詠み人知らず?
726名前:名無しさん@1周年ID:
>>722
歌じゃなくて序文
768名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:56:21.46ID:ccwBbxfH0
>>726
とん
ところで序文は誰が書いたの?
746名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:54:22.64ID:oq/4fZAL0
>>722
小野老(おの の おゆ)という人。従四位下大宰大弐。
有名な「あおによし~」の歌の作者。
750名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:54:43.25ID:oq/4fZAL0
>>746は間違い、失礼。
759名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:55:44.77ID:75ZkkjoV0
>>722
序文だアホ
766名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:56:16.01ID:m/0HY1CV0
この序文自体が王羲之の蘭亭序のオマージュではあるとしても、
だからといって卑下する必要も無いし、良い元号だと思う
789名前:名無しさん@1周年ID:
>>766
それなら蘭亭序から元号を作ってくださいwwwww
820名前:名無しさん@1周年ID:
>>789
ほんとそれ
伝統通りやりゃいいのにww
779名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集なんて5ちゃんまとめサイトみたいなもんだけどな
千年後には5ちゃんのコピペから引用されるんだろうか
787名前:名無しさん@1周年ID:
>>779
吉牛コピペから元号が作られると思うと胸熱
804名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:01:23.28ID:rHLBnnRy0
>>787
(・∀・)イイ!!
806名前:名無しさん@1周年ID:
>>787
あれは現代詩として読んでも完成度が高いぞ
マジで千年後には枕草子くらいの評価になってそう
790名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)14:59:22.72ID:ccwBbxfH0
>>779
新元号はぬるぽ

ぬるぽ元年とかな

798名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:00:42.63ID:mJjgk4WTO
中国の古典が元ネタだから叩きますとか、こいつらただ政府叩きたいだけなんじゃないの。
803名前:名無しさん@1周年ID:
>>798
これだわね
815名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:02:33.10ID:oGtHJkjq0
>>798
中国の古典やめてウリジナル古典から引用します(実際は中国産)だぞ
草しか生えんわ
830名前:名無しさん@1周年ID:
>>815
中国の漢詩を織り込んだ日本の万葉集ですよ
845名前:名無しさん@1周年ID:
>>830
それを根拠に元号にするのは恥ですw

万葉集が中国文化の代表に書き換えられる行為ですw

848名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:07:12.93ID:oGtHJkjq0
>>830
中国産の部品を使って日本で組み立てた製品を国産だって言うのはいいけど
中国産の部品を国産と言ったらあかんでしょ❗
854名前:名無しさん@1周年ID:
>>848
そういうのとは違うのだけど
本当に頭悪いのか仕方ないな
859名前:名無しさん@1周年ID:
>>848
え?
816名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:02:33.59ID:8YK9tKPL0
>>798
バカで厚かましい奴が叩かれるのは当たり前では?
817名前:名無しさん@1周年ID:
>>798
いやオリジナルを強調してた滑稽さを笑ってるだけだよ
835名前:名無しさん@1周年ID:
>>817
オリジナルの詩だよ?
漢詩を引用してるだけで
878名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:09:59.15ID:oq/4fZAL0
>>817
オリジナルを強調?
どこの部分だよ>>704 >>708
819名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:02:47.84ID:gcHiZPsO0
>>798
いつものことじゃんw
823名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:04:37.06ID:6Vkag3/JO
>>798
めっちゃ必死な人がやたらいるよなww
826名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集から引いたって言ってんだからそれで良いんじゃないか?

令月風和梅薫とか 普通に古代中国でも日本でも暦上の時候の挨拶っぽいとしても・・・
そもそも、現代中国文に時候の挨拶なんて文化が有んのか?

季節の移ろいと花鳥風月を愛でるのは中国起源とかなwww

857名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:07:56.25ID:75ZkkjoV0
>>826
いやまさに季節の移ろいとか時節って中国の概念なんだけど
二十四節気とか知らない人?
868名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:09:06.23ID:5z/zzE7b0
>>826
それだよそれ。国家の元号だぞ。
そんな花鳥風月を詠んだ箇所から引用して、小洒落た程度の軽いものでいいのか?

「内平らかに外成る」の方が断然納得できた。

827名前:名無しさん@1周年ID:
Beautiful Harmony.
908名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:13:21.64ID:rHLBnnRy0
>>827
令和の和はそれで決まりだね
令は beautiful でもいいけど、いろんな訳が付けられそう
英文学の人たちに期待。
令をオーダーって訳してたガイジンもいたが、説明に困ったw
942名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:16:18.82ID:rHLBnnRy0
>>908 Harmony は意訳として。直訳は calm だけど
832名前:名無しさん@1周年ID:
岩波文庫編集部
‏ @iwabun1927

新元号「令和」の出典、万葉集「初春の令月、気淑しく風和らぐ」ですが、『文選』の句を踏まえていることが、新日本古典文学大系『萬葉集(一)』https://www.iwanami.co.jp/book/b325128.html … の補注に指摘されています。
「「令月」は「仲春令月、時和し気清らかなり」(後漢・張衡「帰田賦・文選巻十五)」とある。」

https://twitter.com/iwabun1927/status/1112594364411211776
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

844名前:名無しさん@1周年ID:
>>832
踏まえてるのはパクリではないんだよなあ
881名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:10:29.25ID:7G8EbkZN0
>>832
お付きの国文学者、漢文学者がこれを知らなかったのはありえないな
たぶんどっかでそれが伝達されなくなったんだろうな
普通にこれ付記して言えば何の問題もなかったのに
892名前:名無しさん@1周年ID:
>>881
そここだわる必要性がわからないんだけどもどういうことが納得いかないの?
万葉集から選んだのは事実じゃん
932名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:15:22.47ID:7G8EbkZN0
>>892
今までは漢詩、中国の古典からの引用で付けた元号ばかりだったけど
今回は日本の万葉集から取りました、と強調した所
それ聞いたら「ああ、日本固有の表現なんだな」と判断するのは当たり前
それが間違いだったんだから問題あるに決まってる
945名前:名無しさん@1周年ID:
>>932
間違いではないじゃん
漢詩を引用した日本の和歌なんだし
956名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:18:11.44ID:7G8EbkZN0
>>945
いやそれをあらかじめ言わないから問題あるに決まってる
971名前:名無しさん@1周年ID:
>>956
どこに問題があるのかどう考えてもわからないw
それ言っても言わなくても日本最古の和歌集であるのは揺らがないし
万葉集からつけましたってのも変わらんよ
989名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:15.14ID:7G8EbkZN0
>>971
隠してたんじゃん
それがバレて大恥かいてんのに必死すぎる
これもっと大問題になるよ
999名前:名無しさん@1周年ID:
>>989
隠してなくない?万葉集からってのはいってる
963名前:名無しさん@1周年ID:
>>945
オマエみたいな低脳が、売国奴の安倍が軍艦島の世界遺産登録で

強制労働の文言を入れさせたのを擁護してたんだろうなwwwwwwwwww

972名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:19:53.92ID:oq/4fZAL0
>>945
令和に引用したのは類別の序文であり和歌じゃないぞ。
947名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:17:06.26ID:0YMd3P+h0
>>932
問題なのは千年続いた伝統を変えたということ。

これは女系天皇もあるで

966名前:名無しさん@1周年ID:
>>947
女系天皇は漢文にイスラム文字混ぜたようなもん
ありえないから
957名前:名無しさん@1周年ID:
>>932
間違いとか言ってる奴は漢文が何か知らん奴だ
漢文ってのは好き勝手表現するもんじゃない
古典の言い回しを使いまわして表現するもんだ
つまり代表的古典を暗記してること前提でその言い回しん組み合わせて表現するんだよ
漢文である以上表現の元ネタはあって当たり前
969名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:19:42.72ID:7G8EbkZN0
>>957
べつにそれが間違いだと言ってないわ
「これが日本オリジナルだ」と誤解されてもしょうがない言い方だったのが間違ってる
976名前:名無しさん@1周年ID:
>>969
それを和歌でやったって時点でオリジナルなんだよ
990名前:名無しさん@1周年ID:
>>969
万葉集が原典だって言っただけじゃん
何にも間違ってない
998名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:56.00ID:oq/4fZAL0
>>969
どこがオリジナルという意味なんだ? >>704 >>708
解説してくれないか?
984名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:04.05ID:FOwzjGYf0
>>957
暗記した奴らのハイレヴェル詩吟なの?
おほほ、知らないんでやんのとか
ここみたいにバカにしたりされたりしてたのかなぁ
994名前:名無しさん@1周年ID:
>>984
引用するのも気がつくのもハイレベルってことだよ?
938名前:名無しさん@1周年ID:
>>832
「中国の古典を踏まえて」が教養のあかしの一つなんだろうな
11世紀の和漢朗詠集も漢詩と和歌をみんなで唱和しましょうの流行歌集?だしな
851名前:名無しさん@1周年ID:
昭和と一文字被るのが嫌や
金融恐慌に昭和恐慌に戦争
高度経済成長もあったけど前半は散々な時代だった
877名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:09:57.34ID:ZaD/xOWy0
>>851
教養皆無だから元和偃武とか知らないんだろうな・・
954名前:名無しさん@1周年ID:
>>877
重要なのは元号が国民に周知されてる時代で二つ前のそれと一字かぶってるってことだぞw
853名前:名無しさん@1周年ID:
せめて安倍が万葉集と漢籍との関連性を言っとけばここまで笑われなかったと思うんだw
860名前:名無しさん@1周年ID:
>>853
万葉集から選んだのは事実だしそれでよくね
904名前:名無しさん@1周年ID:
>>860
問題はほとんどの日本人は万葉集が漢籍の影響受けてることを知らないってことだw
914名前:名無しさん@1周年ID:
>>904
それはアホだけじゃね?
普通に習うよ
968名前:名無しさん@1周年ID:
>>914
お前は学校で習ったことを全部暗記してるのか?

>>915
じゃあ義務教育で習ってるアメリカと戦争したことも知らないアホがいるのはなんで?

978名前:名無しさん@1周年ID:
>>968
無知を誇られても軽蔑するしか出来ないんですが
987名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:13.82ID:Cya4tmVg0
>>968
俺が知らなかったことは、みんな知らないはずだ!

って子供みたいなことを言うなと、突っ込まれてるんやでwww

915名前:名無しさん@1周年ID:
>>904
えっ
義務教育で習ってるはずだけど…
968名前:名無しさん@1周年ID:
>>914
お前は学校で習ったことを全部暗記してるのか?

>>915
じゃあ義務教育で習ってるアメリカと戦争したことも知らないアホがいるのはなんで?

978名前:名無しさん@1周年ID:
>>968
無知を誇られても軽蔑するしか出来ないんですが
987名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:13.82ID:Cya4tmVg0
>>968
俺が知らなかったことは、みんな知らないはずだ!

って子供みたいなことを言うなと、突っ込まれてるんやでwww

931名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:15:15.74ID:oq/4fZAL0
>>904
まさか万葉集の和歌が漢籍の影響をとか言ってる?w
995名前:名無しさん@1周年ID:
>>931
いや、歌読めるやつらなんて全員漢文勉強してたんだけど?
937名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:15:54.45ID:Cya4tmVg0
>>904
漢詩を教養としていたとか、普通の知識じゃないの?
864名前:名無しさん@1周年ID:
>>853
そこは重要だったな
30分で指摘されてしまうっていう
865名前:名無しさん@1周年ID:
>>864
散々発表遅らせたのにそこは守備範囲じゃなかったんだな
866名前:名無しさん@1周年ID:
>>853
それ重要よね
871名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:09:16.10ID:75ZkkjoV0
>>853
これな
我が国の云々とかほんま
882名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:10:36.95ID:ZaD/xOWy0
>>853
アホだから気付いてないだろw
874名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集から選びました
ってので何が不満なのかさっぱりわからない
万葉集が漢詩の影響受けてるってのは当たり前の知識だし
886名前:名無しさん@1周年ID:
>>874
その当たり前の知識が
我が国の宰相の頭に入ってないから大問題なんだろ
898名前:名無しさん@1周年ID:
>>886
漢詩の影響受けてても日本の最古の歌集であることは間違いなくね?
923名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:14:32.85ID:rHLBnnRy0
>>898
そうだけど、知ってると知らないは大違い
935名前:名無しさん@1周年ID:
>>923
そこに何が問題あるのかがわからない
知らないってのはいても不思議はないけどさ
952名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:17:31.50ID:7G8EbkZN0
>>898
別にそれをちゃんと明言すれば問題ないけどな
960名前:名無しさん@1周年ID:
>>952
そんなの一般常識じゃねーか
973名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:20:04.26ID:7G8EbkZN0
>>960
じゃあそれ言えばよかったじゃん
981名前:名無しさん@1周年ID:
>>973
いう必要なくない?
万葉集からの引用ってのは間違いないんだし
888名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:10:52.18ID:FOwzjGYf0
>>874
人生上手く行ってなくて
やることなくて暇なんだよ
仕方ない
正直、ママに発表しなよと言いたいが
891名前:名無しさん@1周年ID:
>>874
たぶん

> 万葉集が漢詩の影響受けてる

これを知らないんだと思う

913名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:13:42.08ID:oq/4fZAL0
>>891
万葉集の解説等を書いた漢文部分な。
901名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:12:42.54ID:8YK9tKPL0
>>874
安倍支持層界隈では当たり前ちゃう
竹田や百田のツィートでにぶら下がってるリプ見てみ

中国から開放された~()って大喜びしてるで

907名前:名無しさん@1周年ID:
>>901
中国から解放されたのは本当だし別によくね
921名前:名無しさん@1周年ID:
>>874
お前が当たり前と思ってることをみんなが当たり前に知ってるとは限らない
884名前:名無しさん@1周年ID:
本歌取りは教養でも

古典学を知らないバカが万葉集だから日本文化です(ドヤァ

ってやってるのが恥なんですwwwwwwwww

中国の古典を引用しなければいけない箇所で

万葉集を使ったのは日本を辱める行為ですwwwwwwwww

894名前:名無しさん@1周年ID:
>>884
引用しなきゃダメなの?
911名前:名無しさん@1周年ID:
>>894
キミはセントレアになっても良いの?w

そういうバカが生まれない様に

儒家経典にして置けばいいのですwwwwwww

919名前:名無しさん@1周年ID:
>>911
いや中国古典からじゃないとダメってのがわからん
万葉集でもいいじゃん
916名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:14:10.03ID:75ZkkjoV0
>>894
元号自体が中国から伝わってそれの真似を自分たちでやり始めたものなのにその出展を中国古典以外に求めるほうが無理筋だろ
げんに今回こんなことになってるわけで
929名前:名無しさん@1周年ID:
>>916
なってるも何も別に万葉集からでもいいじゃん
中国古典からじゃないとダメってのもおかしな話
944名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:16:42.64ID:75ZkkjoV0
>>929
日本の古典だと中国古典の影響下にあるからどうしてもパクリやコピーの範疇から漏れないよ
それがあるから歴代の元号はずーっと漢籍から取ってきたわけ
どうせパクリだなんだにしかならないんだから元ネタから引っ張ったほうがマシでしょ
955名前:名無しさん@1周年ID:
>>944
そこまで細かくこだわる必要性なくない?
万葉集からです!で文句あるのがわからん
964名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:19:20.04ID:dStb+QSD0
>>944
別にどっちでもいいじゃん
986名前:名無しさん@1周年ID:
>>944
引用はパクリではありませんwwwwwwwww

引用は教養ですwwwww

二番煎じは教養なんですwwwwwww

しかし漢籍に直接の影響を受けた万葉集の部分を引いて

独自アピールをするのは三番煎じの恥なんですwwwwwwwww

903名前:名無しさん@1周年ID:
>>884
中華文明をもろに影響を受けてるが万葉集だしな
大半は漢文だし
889名前:名無しさん@1周年ID:
1000年以上の伝統を捨てる意味あった?w
しかも結局中国由来て
895名前:名無しさん@1周年ID:
>>889
伝統をすてるっていってたのは安倍ちゃんだけで回りは伝統そのものの元号を提唱したってこった
922名前:名無しさん@1周年ID:
>>889
そもそも本家の中国が「簡体字」を使ってることだし
「新字体」の日本が
典拠を日本の古典にするのもいいんじゃないかな
928名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:14:55.31ID:ZaD/xOWy0
万葉集が編纂された奈良時代は日本が中国に一番
憧れてた時代なのに日本の古典から引用というだけで
ホルホルする無教養ネトウヨw
948名前:名無しさん@1周年ID:
>>928
当時「梅」を鑑賞するというのは
憧れの中国に思いを馳せる――ような感じだったのかもしれんね

しかし君の想像する弱いネトウヨは世の中にそう多くはない

965名前:名無しさん@1周年ID:
>>928
>>948
そうそう
梅こそ憧れてた頃の象徴だもんね
965名前:名無しさん@1周年ID:
>>928
>>948
そうそう
梅こそ憧れてた頃の象徴だもんね
930名前:名無しさん@1周年ID:
同じ言葉が漢文にあるなら
今までどおり漢文から引用したって言えば波風立てずに済んだのに
そうしなかったのはどういう意図なのかな
941名前:名無しさん@1周年ID:
>>930
万葉集から引用したからでしょ?
がっつりまるっと同じなの?
946名前:名無しさん@1周年ID:
>>941
パク
初春令月 氣淑風和
ラレ
仲春令月 時和氣清
958名前:名無しさん@1周年ID:
>>946
これだと引用レベルじゃん
950名前:名無しさん@1周年ID:
>>930
いつもの日本上げみたいなのをやりたかったのかなネトウヨ向けというか
中国古典じゃなくて日本の古典スゴーイみたいな…
959名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:18:32.42ID:v/gZv70e0
日本の古書から取った、中国の古典からの引用でもある
両立してるあたりがとてもバランスが良い、センス良いわ
974名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:20:05.87ID:8YK9tKPL0
>>959
政府にバランスをとるつもりがあってあえて令和に決めたなら
そういう評価になるわな
991名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:19.14ID:v/gZv70e0
>>974
さすがに知らんでやったって事はねぇだろう……ねぇよな……まぁちょっと覚悟はしとくか
結果オーライなので今回はまぁええさ
970名前:名無しさん@1周年ID:
こういうルーツを故意に隠して
「独自」「起源」を主張する行為って
ウヨさん一番嫌いじゃないの?

やっぱり兄弟の血は争えないの?

975名前:名無しさん@1周年ID:
>>970
アベチョンとはよく言ったものだ
992名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)15:21:24.97ID:8YK9tKPL0
>>970
ほんま、ネトウヨは韓国人にメンタリティが似てる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。