【令和】「日本の元号、ついに脱中国」=新元号決定で中国メディアが速報

1名前:ばーど ★2019/04/01(月)17:35:01.54ID:2Lh7ck8o9
【北京、ソウル時事】日本の新元号が初めて国文学を出典とする「令和」に決まったことについて、中国メディアは1日、「日本の新元号、ついに『脱中国』」と伝えた。共産党機関紙・人民日報系の環球時報電子版は「新元号の開始で日本の政治経済のムードが大きく変わるかもしれない」と報じた。

同紙は、過去の日本の元号の典拠は中国の古典だったが、今回は日本の「万葉集」から採用されたことなどを紹介した。新元号に対する中国メディアの関心は高く、多くのニュースサイトが決定直後に速報した。
 
一方、中国外務省の耿爽・副報道局長は1日の記者会見で新元号に関して「日本の内政の事柄であり、論評しない」と述べるにとどめた。

2019年04月01日17時22分
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040100920&g=int

7名前:名無しさん@1周年ID:
>>1よ、変わりはないか。

どうしてもそちに伝えておきたいことがあり、筆を取った。

まずはそちに詫びたい。
そちには辛い思いをさせた。
親から引き離し、職場へ召しだし、その挙句は、、、
最後は消費税の増税じゃ。
そして、ことによるとそちと安倍とは、いずれ敵味方になる日が来るやも知れぬ。

その時はハローワークへ行け。
令和のことは案ずるに及ばず。

それでこそ、わしの選びし>>1である!!」

886名前:名無しさん@1周年ID:
>>4 >>5 >>7 >>6 >>1 >>2 >>3

「令和」
「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。 」
「万葉集は1200年あまり前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や農民まで幅広い階層の人々が詠ん
だ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。 」

トリックワードの類になったので解釈は揉めるだろう
「律令」の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが、万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し、
伝統守旧派には儒教序列を重視していると暗黙にアピールする戦略だろう

十七条の憲法第三条から (蘇我氏全盛期に憲法制定後、聖徳太子の子息は蘇我氏に虐殺された事になっているが真偽は不明、その後、蘇我氏本家は滅亡、古人大兄皇子は殺害され歴史家がクーデターとする乙巳の変は成功する)

是以君言臣承。上行下靡。故承詔必慎。不謹自敗。

君言えば臣承り、上行なえば下靡く。ゆえに詔を承けては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。
下位者は上位者からの詔・命令を承れば必ずつつしむ
下位者は上位者に対して和の心を以て接する

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而
有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

https://ja.wikipedia.org/wiki/律令制
身分制度
日本の律令制における身分は、良民と賎民に大別される。良民は、高級官僚である貴族を初め、下級官人、
一般の百姓(公民と呼ばれることもあった)、雑色人(品部・雑戸という工芸技術を持つ半自由民)があった。
賎民は五色の賎と言われ、陵戸(天皇・皇族の陵墓を代々守る家系)、官戸(諸官庁に属し公用に従事)、
公奴婢(官有の奴隷)、家人(貴族や有力者に属し雑用に従事)、私奴婢(私有の奴隷)があった。

賎民のうち、公奴婢と私奴婢は売買の対象とされるなど、奴隷として位置づけられていた。このように、
律令制下では奴隷制が存在していた。

7名前:名無しさん@1周年ID:
>>1よ、変わりはないか。

どうしてもそちに伝えておきたいことがあり、筆を取った。

まずはそちに詫びたい。
そちには辛い思いをさせた。
親から引き離し、職場へ召しだし、その挙句は、、、
最後は消費税の増税じゃ。
そして、ことによるとそちと安倍とは、いずれ敵味方になる日が来るやも知れぬ。

その時はハローワークへ行け。
令和のことは案ずるに及ばず。

それでこそ、わしの選びし>>1である!!」

886名前:名無しさん@1周年ID:
>>4 >>5 >>7 >>6 >>1 >>2 >>3

「令和」
「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。 」
「万葉集は1200年あまり前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や農民まで幅広い階層の人々が詠ん
だ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。 」

トリックワードの類になったので解釈は揉めるだろう
「律令」の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが、万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し、
伝統守旧派には儒教序列を重視していると暗黙にアピールする戦略だろう

十七条の憲法第三条から (蘇我氏全盛期に憲法制定後、聖徳太子の子息は蘇我氏に虐殺された事になっているが真偽は不明、その後、蘇我氏本家は滅亡、古人大兄皇子は殺害され歴史家がクーデターとする乙巳の変は成功する)

是以君言臣承。上行下靡。故承詔必慎。不謹自敗。

君言えば臣承り、上行なえば下靡く。ゆえに詔を承けては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。
下位者は上位者からの詔・命令を承れば必ずつつしむ
下位者は上位者に対して和の心を以て接する

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而
有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

https://ja.wikipedia.org/wiki/律令制
身分制度
日本の律令制における身分は、良民と賎民に大別される。良民は、高級官僚である貴族を初め、下級官人、
一般の百姓(公民と呼ばれることもあった)、雑色人(品部・雑戸という工芸技術を持つ半自由民)があった。
賎民は五色の賎と言われ、陵戸(天皇・皇族の陵墓を代々守る家系)、官戸(諸官庁に属し公用に従事)、
公奴婢(官有の奴隷)、家人(貴族や有力者に属し雑用に従事)、私奴婢(私有の奴隷)があった。

賎民のうち、公奴婢と私奴婢は売買の対象とされるなど、奴隷として位置づけられていた。このように、
律令制下では奴隷制が存在していた。

20名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:38:08.23ID:Gxatvu820
>>1

アベ自民が仮想通貨マネロンを放置
指定暴力団が仮想通貨を利用した300億円ものマネロンを行っていた
と報道された 
「指定暴力団 300億円 仮想通貨 マネロン 検索」

日本ではメールアドレスだけで登録から取扱、送金まで可能な
bitmexなどの仮想通貨業者へのアクセスが規制れていない

アメリカでは匿名性の高いビットメックスなどの業者は
アンチマネロン、テロ支援防止の為に利用が禁止されている
発覚しだい口座凍結

日本の仮想通貨のアンチマネロンは見た目だけのパフォーマンス
仮想通貨はブロックチェーンの一面でしかないのに
新技術を言い訳にアンチマネロンがザル

マネロン、脱税、テロ支援などの巣窟であると揶揄されても言い訳できない

早急に規制すべき

27名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:39:41.99ID:TzqgsLzi0
>>1
・元ネタの詩は「都会は嫌だ田舎へ帰りたいお先は暗い昔はよかった」な内容
・詠み手は張衡。後漢の文学者、科学者。安帝に仕える。

安帝の乱れた治世にうんざりして国に帰るにあたり読んだ詩が出典ってのが笑う
これを選んだ学者は策士だなw安帝ってwww

675名前:名無しさん@1周年ID:
>>27
深読みしすぎ
765名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:15:21.86ID:KeoXtzsk0
>>675
わかんないぞw
学者や伝統主義者が「漢文やめて国文学からとれ」とか言われて頭にきてたのかもしれないし

親中国反中国は別として、1400年続いた伝統を簡単に変えろってのはおかしい

774名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:17:56.26ID:I7u5BzhB0
>>765
勘繰っちゃうよなぁ

というか中国史が好きなら、こういう皮肉った抵抗の仕方が好きそうな気がしてならない

29名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
元号を捨てた支那民族w
日本がうらやましいんだろw
40名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
それは違う
令和で引用した万葉集の一節そのものが、中国の漢詩から採り入れているから

万葉集由来ではあるが、同時に万葉集の元ネタである漢詩由来でもある

歸田賦 (万葉集の由来である漢詩のタイトル)

於是仲春令月,時和氣清 (漢詩本文の一節)

張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

62名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:45:09.99ID:FvGOc8w/0
>>40
なんだまたジャップがパクっただけか
98名前:名無しさん@1周年ID:
>>40
話の内容が全然違うやん

文字がたまたまあっただけでしょ

145名前:名無しさん@1周年ID:
>>98
>>54みてね
パクリじゃなくて引用なのよ
花見の歌会始めの挨拶で漢詩の一節を持ち出して
後段では詩経という具体名まであげて
漢詩と和歌を対比させてる
なかなか趣きのある挨拶だ
103名前:名無しさん@1周年ID:
>>40
>>59
文化革命後の中国に言っても、意味わからんのと違う?
51名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:43:30.68ID:ouwK2Oit0
>>1
脱中国してないから
中国にもちゃんと教えてあげないと誤解が世界に広まるな
令話は中国起源

岩波書店「新元号「令和」出典が万葉集?元ネタは張衡「帰田賦」ですよw
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1554099764/

59名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
ところが違うんだよなぁ

古代中国、張衡が記した漢詩「帰田賦」→引用、大伴旅人「万葉集」→引用、新元号「令和」

「於是仲春令月 時和気清 原隰鬱茂 百草滋栄」
是に於いて、仲春の令月にして、時和し気清み、原隰し鬱茂し、百草滋栄す

張衡(ちょうこう、78-139年)
地動儀(世界最古の地震計)や渾天儀(天球儀)を発明した天才科学者、文学者、政治家
http://pddlib.v.wol.ne.jp/photo/stamp/chidogi.htm
http://pddlib.v.wol.ne.jp/photo/stamp/kontengi.htm

103名前:名無しさん@1周年ID:
>>40
>>59
文化革命後の中国に言っても、意味わからんのと違う?
69名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
お宅ら、70年の歴史しかありませんよ
いつでも、先帝は悪に仕立てて、隅々まで破壊してきたよね
そもそも、民族もガワの大きさも定位置もバラバラだし
81名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>54
そういう流れをちゃんと説明すればいいのに、訳分からん中国由来でない初の日本書出典とか言い出すから騒ぎになる

令和で引用した万葉集の一節そのものが、中国の漢詩から採り入れている

万葉集由来ではあるが、同時に万葉集の元ネタである漢詩由来でもある

歸田賦 (万葉集の由来である漢詩のタイトル)

於是仲春令月,時和氣清 (漢詩本文の一節)

張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

105名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
脱中国に拘るなら
元号も廃止、漢字も廃止しないとな
そんな事は不可能だから拘る意味は無い
万葉集や日本の古典と言われてる物も影響を受けてないものなどあるのか?
154名前:名無しさん@1周年ID:
>>105
読売新聞によると
中国古典の孫引きだと問題だと言っている政府関係者が居るようで・・・
いい加減、無知、阿保を晒すのはやめて欲しいよな
とんだ世間の笑い者だよ
210名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:04:48.17ID:GAy1frTvO
>>1
残念ながらその万葉集のやつが中国のを元ネタにしてる
292名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:12:33.53ID:+Q/ZQUAC0
>>1

竹田天皇のご感想

竹田恒泰 @takenoma
4時間4時間前
その他
「令月」の原典は漢文です。「初春令月気淑風和」。読み下し文は「初春の令月(れいげつ)にして、気(き)淑(よ)く風(かぜ)和(やはら)ぐ」となります。意味は「初春のよい月で気は良く風は穏やかである」。

竹田恒泰 @takenoma
5時間5時間前
その他
「令和」の出典は、万葉集の梅の花の歌32首の序文で、太宰師の大伴旅人の家に集まり、みんなで和歌を詠んだことを述べる部分です。序文ですから、和歌そのものではありません。原文は万葉漢字を用いた漢文です。

竹田恒泰 @takenoma
5時間5時間前
その他
新元号「令和」は万葉集を出典としています。1300年以上の我が国の元号の歴史の中で、これまでは中国古典を用いてきました。日本古典から元号を立てるのは初めてのことです。新しい伝統になることでしょう。

365名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:18:08.78ID:KW5OXlQ30
>>1
バ韓国と違って、ただ喧嘩売るだけやないんやな
372名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
この感覚が中国はやはり頭がいい。
なんでも借り物パクリもののチョンとは違う
408名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:23:06.03ID:CccQVDDc0
>>1
帰田賦

はい、中国の古典でした

…ところで帰田賦ってなんて読むんだ?俺知らないから教えて?

478名前:名無しさん@1周年ID:
>>408 中国語の発音だとグイテンフ
日本語だとキタフとかキテンフになるのかな
488名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:31:36.22ID:CccQVDDc0
>>478
割とそのまんまな読み方なんだな、ありがとう
511名前:名無しさん@1周年ID:
>>488
漢字の発音は時代、地域で変わるからなぁ・・・
古代の漢字の音と、現代の音違うし
古代だって、漢音とか呉音とかあるじゃん
今だって、広東省とか香港は広東語で
北京などの普通話と発音違ってるし
461名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
もう変わってることに気づけよ。
492名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
興味無いっつってたろーが。興味持つんじゃねーよ。
595名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:43:32.52ID:/9QK6sU/0
>>1
グッディにでてた金田一先生が調べたら中国の何とかにあって、その後に万葉集らしいぞ。
起源は中国らしい
まあ日本の古典から引いてくると、中国の古典になってしまうとは最初からいわれてたけどな
598名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:43:40.89ID:5fUV4IOk0
>>1
https://www.sankei.com/smp/world/news/190401/wor1904010003-s1.html

中国紙「中国の痕跡消せぬ」

638名前:名無しさん@1周年ID:
>>598
むぅぅぅ~ (–;)

でも、脱皮だ 脱皮だ!
中国からダッピッピ~♪

633名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:48:57.80ID:R/6UdWau0
>>1
いつも内政干渉してる癖に何言ってんだボケw
666名前:ばーど ★2019/04/01(月)18:54:21.83ID:2Lh7ck8o9
>>1
関連スレ

【令和】中国・新華社通信「万葉集も中国の詩歌の影響。中国の痕跡消せぬ」…出典張衡の韻文「帰田賦」だと主張する声も
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554112417/

727名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
別に元号に中華人民共和国カンケーねえからw
古代中国からの脱却であってお前らの歴史は関係ない。
729名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
今の中国の影響は全く受けていない
その辺はしっかり安倍も言わんとね
共産国家、アカ政権下での影響ゼロとね
771名前:ばーど ★2019/04/01(月)19:16:59.02ID:2Lh7ck8o9
>>1
関連ス

【中国おこ】令和「しょせん、日本人にとって漢字はわが国からの借り物。漢字のなんたるかをわかっていない。その証拠がこの元号」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554113376/

775名前:名無しさん@1周年ID:
>>771
辮髪は真似しなかったよ
782名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:20:32.20ID:cBtRt2Ey0
>>775
弁髪は、満州の風習だぞ
838名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
今は違うけど

中国共産党って一時期は
中国古典を全部否定してたじゃん

843名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)20:06:55.53ID:wtotkkmm0
>>1
うらやまうらやまーうらやまー
857名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)20:25:45.20ID:zbm7gKQv0
>>1
脱も何もお前ら関係無いやんw
886名前:名無しさん@1周年ID:
>>4 >>5 >>7 >>6 >>1 >>2 >>3

「令和」
「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。 」
「万葉集は1200年あまり前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や農民まで幅広い階層の人々が詠ん
だ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。 」

トリックワードの類になったので解釈は揉めるだろう
「律令」の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが、万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し、
伝統守旧派には儒教序列を重視していると暗黙にアピールする戦略だろう

十七条の憲法第三条から (蘇我氏全盛期に憲法制定後、聖徳太子の子息は蘇我氏に虐殺された事になっているが真偽は不明、その後、蘇我氏本家は滅亡、古人大兄皇子は殺害され歴史家がクーデターとする乙巳の変は成功する)

是以君言臣承。上行下靡。故承詔必慎。不謹自敗。

君言えば臣承り、上行なえば下靡く。ゆえに詔を承けては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。
下位者は上位者からの詔・命令を承れば必ずつつしむ
下位者は上位者に対して和の心を以て接する

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而
有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

https://ja.wikipedia.org/wiki/律令制
身分制度
日本の律令制における身分は、良民と賎民に大別される。良民は、高級官僚である貴族を初め、下級官人、
一般の百姓(公民と呼ばれることもあった)、雑色人(品部・雑戸という工芸技術を持つ半自由民)があった。
賎民は五色の賎と言われ、陵戸(天皇・皇族の陵墓を代々守る家系)、官戸(諸官庁に属し公用に従事)、
公奴婢(官有の奴隷)、家人(貴族や有力者に属し雑用に従事)、私奴婢(私有の奴隷)があった。

賎民のうち、公奴婢と私奴婢は売買の対象とされるなど、奴隷として位置づけられていた。このように、
律令制下では奴隷制が存在していた。

902名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
>新元号に対する中国メディアの関心は高く、多くのニュースサイトが決定直後に速報した。

ワロタw
何でやねん

916名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
いちいち速報しないでいいよ
キモチワルイ
918名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
元の元は漢詩だから安心しなさい
965名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
安倍総理も不勉強な国文学者の言うことを鵜呑みにしてしまったな。
「令和」の「令」という字に「良い」なんて意味は無いんだよな
「令」は「命令」という単語から連想するように、あくまで「言いつけ」というのが本義
加えて「冷」という漢字が使われる前には「冷たい」という含みもあった

初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き…(万葉集)

ここで出てくる「令月」というのは「冷たい月」という意味なんだよな
他にも古典で出てくる「令兄」や「令弟」などの「令」の字も
「言いつけ」あるいは「冷たい」のどちらかで説明がついてしまう
「良い」なんて意味は無いのに、浅はかな知識でこの漢字を解釈してしまったんだろうな

969名前:名無しさん@1周年ID:
>>965
令は、冷たいけど秩序を表わす言葉なのかな。
「法の月」なんて呼び方もある。

でもだったら、「法和」
にすれば良いよね。

淑徳与野高校校歌

『嵐をしのぎ霜に耐え
気高く清く真心の
玉を磨けと万世に
鑑をしめす法の月

嗚呼法の月仰ぎつつ
才の枝ぶり智の香
徳の実丸く結ぶべき
花の乙女と咲きいでん』

2名前:名無しさん@1周年ID:
こっち見るな
88名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
残念だったな
令和が漢詩由来ってわかってどう思った?
138名前:名無しさん@1周年ID:
>>88
> 漢詩由来

こいつバカ?

886名前:名無しさん@1周年ID:
>>4 >>5 >>7 >>6 >>1 >>2 >>3

「令和」
「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。 」
「万葉集は1200年あまり前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や農民まで幅広い階層の人々が詠ん
だ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。 」

トリックワードの類になったので解釈は揉めるだろう
「律令」の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが、万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し、
伝統守旧派には儒教序列を重視していると暗黙にアピールする戦略だろう

十七条の憲法第三条から (蘇我氏全盛期に憲法制定後、聖徳太子の子息は蘇我氏に虐殺された事になっているが真偽は不明、その後、蘇我氏本家は滅亡、古人大兄皇子は殺害され歴史家がクーデターとする乙巳の変は成功する)

是以君言臣承。上行下靡。故承詔必慎。不謹自敗。

君言えば臣承り、上行なえば下靡く。ゆえに詔を承けては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。
下位者は上位者からの詔・命令を承れば必ずつつしむ
下位者は上位者に対して和の心を以て接する

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而
有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

https://ja.wikipedia.org/wiki/律令制
身分制度
日本の律令制における身分は、良民と賎民に大別される。良民は、高級官僚である貴族を初め、下級官人、
一般の百姓(公民と呼ばれることもあった)、雑色人(品部・雑戸という工芸技術を持つ半自由民)があった。
賎民は五色の賎と言われ、陵戸(天皇・皇族の陵墓を代々守る家系)、官戸(諸官庁に属し公用に従事)、
公奴婢(官有の奴隷)、家人(貴族や有力者に属し雑用に従事)、私奴婢(私有の奴隷)があった。

賎民のうち、公奴婢と私奴婢は売買の対象とされるなど、奴隷として位置づけられていた。このように、
律令制下では奴隷制が存在していた。

3名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:36:04.23ID:il+O4vLV0
中国自身が脱中国したのに何言ってだ
26名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:39:38.65ID:gMJjhw6k0
>>3
ほんと
中国人の中じゃ文革なかったことになってんのかな
72名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
的確すぎて草
92名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:48:25.68ID:MpGigapV0
>>3
即座に良レス。素晴らしい
163名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
縦書きも捨てたんだっけか
176名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
そりゃなw
178名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
だよな
元号無くしたし
217名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
直ぐにそう言う書き込み出来る知性が欲しい
265名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
日本だって共産党が暴力革命起こせばそうなる。
らしさを捨て去って共産党の国なる。
308名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:13:49.21ID:QXqnsivT0
>>3
いやこれで中華文明は絶えたということ
947名前:名無しさん@1周年2019/04/02(火)00:30:54.96ID:yVVpckt20
>>308
それはそれで大袈裟だろ…
令和以降、中国の古典に戻さないとも限らないだろ
321名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
ふふふ
それで?
中国がどこに行こうとしてるか
お前の様なバカウヨには分かるまい
日本だよ、分かるか?馬鹿ウヨ
戦前戦後日本の一貫した戦略に中共は従ってんだぞ
770名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:16:58.69ID:prfBtRbv0
>>321
3はどうか知らんが一行でウヨ認定してる君は100%バカw
377名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
ほんこれ
670名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
中国文化の正当な継承国は
台湾
671名前:名無しさん@1周年ID:
>>3が全て
677名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:56:11.80ID:CIp7vpyx0
>>3
ないだい、その超模範回答w
762名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:14:12.87ID:JuTftORU0
>>3
素敵
828名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
あぁ確かにw
886名前:名無しさん@1周年ID:
>>4 >>5 >>7 >>6 >>1 >>2 >>3

「令和」
「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。 」
「万葉集は1200年あまり前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や農民まで幅広い階層の人々が詠ん
だ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。 」

トリックワードの類になったので解釈は揉めるだろう
「律令」の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが、万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し、
伝統守旧派には儒教序列を重視していると暗黙にアピールする戦略だろう

十七条の憲法第三条から (蘇我氏全盛期に憲法制定後、聖徳太子の子息は蘇我氏に虐殺された事になっているが真偽は不明、その後、蘇我氏本家は滅亡、古人大兄皇子は殺害され歴史家がクーデターとする乙巳の変は成功する)

是以君言臣承。上行下靡。故承詔必慎。不謹自敗。

君言えば臣承り、上行なえば下靡く。ゆえに詔を承けては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。
下位者は上位者からの詔・命令を承れば必ずつつしむ
下位者は上位者に対して和の心を以て接する

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而
有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

https://ja.wikipedia.org/wiki/律令制
身分制度
日本の律令制における身分は、良民と賎民に大別される。良民は、高級官僚である貴族を初め、下級官人、
一般の百姓(公民と呼ばれることもあった)、雑色人(品部・雑戸という工芸技術を持つ半自由民)があった。
賎民は五色の賎と言われ、陵戸(天皇・皇族の陵墓を代々守る家系)、官戸(諸官庁に属し公用に従事)、
公奴婢(官有の奴隷)、家人(貴族や有力者に属し雑用に従事)、私奴婢(私有の奴隷)があった。

賎民のうち、公奴婢と私奴婢は売買の対象とされるなど、奴隷として位置づけられていた。このように、
律令制下では奴隷制が存在していた。

888名前:名無しさん@1周年ID:
>>3
それなw
899名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)21:52:55.73ID:OcaxjY/z0
>>3
全くだが
中国人マジでわかってないからな
教育って大事だわ
917名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)22:25:02.31ID:l85ldgUR0
>>3
素晴らしく的を得たレス
敬服します
928名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)23:14:14.11ID:sW8eLADs0
>>3
これ
4名前:名無しさん@1周年ID:
通りでパヨク連中が発狂してるわけだw
34名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:40:43.34ID:TzqgsLzi0
>>4
右翼のフリしてリトルプサン下関出身の安部晋三を支持してんの?

https://i.imgur.com/fOnvTJk.jpg

お前の正体バレバレ

881名前:名無しさん@1周年ID:
>>34
悲鳴が心地良いです。
886名前:名無しさん@1周年ID:
>>4 >>5 >>7 >>6 >>1 >>2 >>3

「令和」
「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。 」
「万葉集は1200年あまり前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や農民まで幅広い階層の人々が詠ん
だ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。 」

トリックワードの類になったので解釈は揉めるだろう
「律令」の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが、万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し、
伝統守旧派には儒教序列を重視していると暗黙にアピールする戦略だろう

十七条の憲法第三条から (蘇我氏全盛期に憲法制定後、聖徳太子の子息は蘇我氏に虐殺された事になっているが真偽は不明、その後、蘇我氏本家は滅亡、古人大兄皇子は殺害され歴史家がクーデターとする乙巳の変は成功する)

是以君言臣承。上行下靡。故承詔必慎。不謹自敗。

君言えば臣承り、上行なえば下靡く。ゆえに詔を承けては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。
下位者は上位者からの詔・命令を承れば必ずつつしむ
下位者は上位者に対して和の心を以て接する

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而
有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

https://ja.wikipedia.org/wiki/律令制
身分制度
日本の律令制における身分は、良民と賎民に大別される。良民は、高級官僚である貴族を初め、下級官人、
一般の百姓(公民と呼ばれることもあった)、雑色人(品部・雑戸という工芸技術を持つ半自由民)があった。
賎民は五色の賎と言われ、陵戸(天皇・皇族の陵墓を代々守る家系)、官戸(諸官庁に属し公用に従事)、
公奴婢(官有の奴隷)、家人(貴族や有力者に属し雑用に従事)、私奴婢(私有の奴隷)があった。

賎民のうち、公奴婢と私奴婢は売買の対象とされるなど、奴隷として位置づけられていた。このように、
律令制下では奴隷制が存在していた。

5名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:36:13.13ID:IA5m9U/y0
令和より今和のほうがいいと思う

令和は言葉として冷たすぎる

13名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
だせえ
18名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
古今和歌集にしかみえない
33名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
保和(ほわ)とか?
37名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:41:26.43ID:zT9mY/E+0
>>5
こんわ?

あいつは来んわ。

122名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:54:02.78ID:fIc+zp1T0
>>5
いまわのきわみたいでいや
124名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:54:03.82ID:7jtk8m/T0
>>5
いまわのきわって言いたいんやろ?
172名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
それがお前が選定の有識者に選ばれない理由だよ
200名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:03:20.61ID:eD/fuNTV0
>>5
それなら礼和のほうがいいわ

まぁパヨクは礼儀を強制する上から目線の安倍政権とか言うんだろうけど

215名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:05:00.94ID:bNYjl8a40
>>200
皇太子さまが即位されるのに礼宮さまの一字を使うわけにはいかない
209名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
いまわ?
259名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
言葉や文字には多くの意味があるけど狭い知識とイメージで批判するのはよろしくないと思う
368名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:18:20.58ID:+WJtbDxa0
>>5
糞マルチ
549名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
ごめんダサいわ
824名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:46:24.05ID:1oAymDWs0
>>5
ウンコ
830名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
音しか見て無いのかな?
朝鮮人見みたいっすねw
840名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)20:00:42.16ID:ft7aN14b0
>>5
地球温暖化
意識したんじゃね
少しでも涼しくと
858名前:名無しさん@1周年ID:
>>5
なんでおまいは「和」を使いたがるんだwwwww
870名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)20:45:58.15ID:foElDQ2r0
>>5
それなんて読むの?
「いまわ」だと言語道断なんだが
886名前:名無しさん@1周年ID:
>>4 >>5 >>7 >>6 >>1 >>2 >>3

「令和」
「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。 」
「万葉集は1200年あまり前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や農民まで幅広い階層の人々が詠ん
だ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。 」

トリックワードの類になったので解釈は揉めるだろう
「律令」の令だと上位者に畏まる、神意にひざまずくといった意味だと思うが、万葉集出典の令だと、寒さの中で花がさく慶事としての意味しかない

権威主義に対する批判には、学而や礼記のコピーとされている十七条憲法の和とは「文脈」が違うと主張し、
伝統守旧派には儒教序列を重視していると暗黙にアピールする戦略だろう

十七条の憲法第三条から (蘇我氏全盛期に憲法制定後、聖徳太子の子息は蘇我氏に虐殺された事になっているが真偽は不明、その後、蘇我氏本家は滅亡、古人大兄皇子は殺害され歴史家がクーデターとする乙巳の変は成功する)

是以君言臣承。上行下靡。故承詔必慎。不謹自敗。

君言えば臣承り、上行なえば下靡く。ゆえに詔を承けては必ず慎め。謹まずんばおのずから敗れん。
下位者は上位者からの詔・命令を承れば必ずつつしむ
下位者は上位者に対して和の心を以て接する

https://ja.wikipedia.org/wiki/学而
有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」
(有子曰く「礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す、小大これに由るも行なわれざる所あり。
和を知りて和すれども礼を以てこれを節せざれば、亦行なわるべからず。」)

https://ja.wikipedia.org/wiki/律令制
身分制度
日本の律令制における身分は、良民と賎民に大別される。良民は、高級官僚である貴族を初め、下級官人、
一般の百姓(公民と呼ばれることもあった)、雑色人(品部・雑戸という工芸技術を持つ半自由民)があった。
賎民は五色の賎と言われ、陵戸(天皇・皇族の陵墓を代々守る家系)、官戸(諸官庁に属し公用に従事)、
公奴婢(官有の奴隷)、家人(貴族や有力者に属し雑用に従事)、私奴婢(私有の奴隷)があった。

賎民のうち、公奴婢と私奴婢は売買の対象とされるなど、奴隷として位置づけられていた。このように、
律令制下では奴隷制が存在していた。

949名前:名無しさん@1周年2019/04/02(火)00:41:03.50ID:AjU/4DqH0
>>5
出典もない単なる漢字の組み合わせに何の意味があるのか?
8名前:名無しさん@1周年ID:
昔の中国人と今の中国人じゃなあ
国際法も守れないクズだし見習うべきものが無いよなw
455名前:名無しさん@1周年ID:
>>23
>>8
小日本
751名前:名無しさん@1周年ID:
>>8
確かにそうだけど、現行の国際法は米国でさえまだマイナープレイヤーだった時代に英仏中心に確立したもので、薬物の自由貿易を取り締まる国は違法ってな代物だからなあ

普通の教養ある中国人なら米国の人権外交には「裏表ある癖に綺麗事言いやがって」と苦笑しつつ良きライバルと思ってるけど、ブリカスに対しては「売人国家が戦勝国としてデカイ顔しやがって」と人類の敵扱いだよ
戦前のシナ人の反日も日英同盟で売人国家と組みやがったと思われてる点が小さくない

844名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)20:12:16.87ID:BB3LwTen0
>>8
昔は守れてたと言ってるようじゃないか!
昔から守ってねえよ
自分の作ったルールを守らせる側だったから都合が悪ければポンポン内容変えてたわ
14名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:37:29.63ID:eTsWe+BG0
確かに史上初の日本の古典からの元号って考えるともうちょっと良いの無かったのかって思うな
283名前:名無しさん@1周年ID:
>>14
例えば?
413名前:名無しさん@1周年ID:
>>283
やめたれw
444名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:26:24.67ID:XafmTKjv0
>>283
君が居るだけで?
581名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:41:30.19ID:iXk6ED/n0
>>444
何より?
723名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:06:26.83ID:IOp8hbGG0
>>581
強くなれること?
16名前:名無しさん@1周年ID:
日本の古典=中国のパクリ

読売夕刊

新元号の典拠が中国古典の孫引きとなった場合、
「新元号に傷がつきかねない」(政府関係者)
との懸念があった
http://www.ycnet-shiga.com/wp/wp-content/uploads/2019/04/IMG_3016.jpg

110名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:51:45.95ID:K8uAKnwS0
>>16
つーか
読売の記者も「という歌から引用した」って間違ってるな
序文だっつーの
115名前:名無しさん@1周年ID:
>>110
読売もあほやからな
231名前:名無しさん@1周年ID:
>>16
なんで忖度会議に加わっといて失敗してんだよ

>有識者懇談会メンバー

>白石興二郎読売新聞グループ本社会長(72)

848名前:名無しさん@1周年ID:
>>16
パクリじゃなくて日本が中国文化の影響を強く受けてることくらい
日本人はみんな認めてるしどっかの半島人とはちがうんだよ
23名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:39:11.08ID:IDBwESaV0
中国はまだ日本を気にしてるんかよ
どんだけ小国やねん
大国は日本など眼中にないはずだがな
455名前:名無しさん@1周年ID:
>>23
>>8
小日本
962名前:名無しさん@1周年ID:
>>23
日本のネトウヨが韓国を気にするのよりは気にしてないと思おうよw
24名前:名無しさん@1周年ID:
元号は中国由来
西暦は西洋由来
皇紀こそが日本には一番相応しいのに
保守すらもそれを使いたがらない
日本らしさとは、神武天皇とはいったいなんなのか
139名前:名無しさん@1周年ID:
>>24
それ言い出したら、ウリナラファンタジー笑えん。
235名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:06:48.13ID:jbXPvvH+0
>>139
いや聖書も大概
254名前:名無しさん@1周年ID:
>>235
聖書は兎も角、それを使って運営している教会が・・・w
546名前:名無しさん@1周年ID:
>>24
オレもそう思う。
確かに皇紀には曖昧な部分もあるだろう。
が、それを言うなら西暦もイスラム暦も全部同じだ。
使い続けることによる正当性を無視するのは理解できない。
皇統を無視するのと同じじゃないかと思う。
605名前:名無しさん@1周年ID:
>>546
元号はもう1400年以上使ってるの。
由来関係なく日本の血肉なんだよ。
そして陛下の諡号にもなるの
無くせって言うことこそ皇統を無視した愚か者の考え。
>>24は馬鹿すぎて話にならない。
690名前:名無しさん@1周年ID:
>>605
>>546だけど、>>24もオレも元号を無くせとは言っていない。

オレは皇紀と元号の両方を使うのがベストだと思うし、
それで初めて皇統の正当性も裏付けられるんじゃん。
孝徳天皇が初代の天皇だと勘違いしかねない現状は片手落ちだと思うぞ。

618名前:名無しさん@1周年ID:
>>546
一見「右翼的」なことを言ってるようで完全に「皇統」をなめている
690名前:名無しさん@1周年ID:
>>605
>>546だけど、>>24もオレも元号を無くせとは言っていない。

オレは皇紀と元号の両方を使うのがベストだと思うし、
それで初めて皇統の正当性も裏付けられるんじゃん。
孝徳天皇が初代の天皇だと勘違いしかねない現状は片手落ちだと思うぞ。

579名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:41:10.25ID:hbZz9/kW0
>>24
天皇という呼称そのものが中国由来なり
605名前:名無しさん@1周年ID:
>>546
元号はもう1400年以上使ってるの。
由来関係なく日本の血肉なんだよ。
そして陛下の諡号にもなるの
無くせって言うことこそ皇統を無視した愚か者の考え。
>>24は馬鹿すぎて話にならない。
690名前:名無しさん@1周年ID:
>>605
>>546だけど、>>24もオレも元号を無くせとは言っていない。

オレは皇紀と元号の両方を使うのがベストだと思うし、
それで初めて皇統の正当性も裏付けられるんじゃん。
孝徳天皇が初代の天皇だと勘違いしかねない現状は片手落ちだと思うぞ。

690名前:名無しさん@1周年ID:
>>605
>>546だけど、>>24もオレも元号を無くせとは言っていない。

オレは皇紀と元号の両方を使うのがベストだと思うし、
それで初めて皇統の正当性も裏付けられるんじゃん。
孝徳天皇が初代の天皇だと勘違いしかねない現状は片手落ちだと思うぞ。

883名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)21:12:38.72ID:nh4TLAsl0
>>24
パラオ共和国かどっかが皇紀なんだから黙ってろ
30名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集に載ってる令和何て中国古典に無いわけ無い
安倍内閣何てどうせ教養無いから万葉集にも載ってるから万葉集由来としただけだよ

万葉集の正確が解ってる人なら、漢文である以上、中国古典由来になるのは常識
それが解らないと万葉集も日本書記も意味が解らない

91名前:名無しさん@1周年ID:
>>30
梅は中国由来と聞く
97名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:49:12.63ID:ReIZvMDX0
>>30
こういうことらしい

万葉集
初春令月 氣淑風和

元ネタ
仲春令月 時和氣清

107名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:50:51.73ID:bzYJGoaW0
>>97
漢字じゃねえか
610名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:44:51.65ID:ReIZvMDX0
>>107
日本で漢字を使うのは当たり前だろ
644名前:名無しさん@1周年ID:
>>610
中国の影響を嫌うなら漢字も駄目だろ、中途半端な事しやがって
653名前:名無しさん@1周年ID:
>>644
韓国の国語醇化政策を見よ
ナショナリズムをこじらせ漢字を排斥したその後
国民がどうなったか
659名前:名無しさん@1周年ID:
>>644
中国パパなんかに 負けないぞ!

プウ~ (# ̄З ̄)

853名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)20:22:21.83ID:ReIZvMDX0
>>610
「中国共産党」
これほとんど日本産の漢字ね
日本様に影響されまくったやつらが漢字を語るなっつーの

そもそも中国なんて漢字が生まれた頃には存在してない国やぞ?

855名前:名無しさん@1周年ID:
>>853
その理屈だと日本ができたのが明治時代になってしまうぞ
862名前:名無しさん@1周年ID:
>>855
実質そうだろ。明治以前と以後は別の国になってるし
970名前:名無しさん@1周年2019/04/02(火)02:33:14.66ID:Q/iweEcO0
>>855
日本は国体が同じだが中共は違う
全く違っているのだがw
971名前:名無しさん@1周年ID:
>>970
それを言ったら、
英国はともかく、仏、独、露は、もはやみんな昔とは国体が違うぞ。
国王がもういないんだから。

ローマ教皇っていう存在もあるにはあるけど。

974名前:名無しさん@1周年2019/04/02(火)04:51:34.42ID:MzM29H0m0
>>971
そう、違う
517名前:名無しさん@1周年ID:
>>30
万葉集は一見漢文調だけど万葉仮名だぞwww
中国人は万葉集を読めないw
534名前:名無しさん@1周年ID:
>>517
序文みたいなところは、漢文
今回の令和を出したところは短歌じゃなく
その前の挨拶、紹介文、説明文みたいな箇所で
やまとことばじゃなくて漢文だよ
和歌の部分は、万葉仮名で書いてるけど
42名前:名無しさん@1周年ID:
中国はいつまで元号あったの?
48名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:43:03.11ID:EMaTxKL30
>>42
1911年らしい
63名前:名無しさん@1周年ID:
>>48
1911年、辛亥革命か

魯迅 阿Q正伝

255名前:名無しさん@1周年ID:
>>42
>中国はいつまで元号あったの?

愛新覚羅溥儀の満州国滅亡まで。

300名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:13:17.49ID:IQlimOIB0
>>255
康徳12年まで
266名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:10:11.00ID:lukIg6Xq0
>>42
ラストエンペラーが追い出されて皇帝が居なくなって廃止された
49名前:名無しさん@1周年ID:
中国は勘違いしている。
日本が中国を尊敬しているのは
「文化大革命」という文化大破壊以前の中国である。
60名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:44:25.06ID:TzqgsLzi0
>>49
そもそも日本人の大半が越人や呉人だぞ?
68名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:45:51.04ID:ouwK2Oit0
>>60
日本にいるのは大半が中国人
渡来してきた人たちが今の日本人だということを知らないやつ多いからな
802名前:名無しさん@1周年ID:
>>68
そういううそを堂々とつくもんじゃない
ミトコンドリアDNA見たって中国由来はごく一部
806名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:31:44.29ID:UcrU9S9k0
>>802
いや縄文人はかけは離れてるけど
現代人のDNAは50%近く大陸半島DNAに近似してるから正しいぞ
811名前:名無しさん@1周年ID:
>>806
大半が中国と言っているんだけど
大陸はロシア経由もあるし、50%が大半とは言わない
818名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:41:19.90ID:UcrU9S9k0
>>811
遺伝子の話だから日本人の50%じゃなく

現代日本人のDNAが発掘された最古クラスの縄文人に比べて
50%中国半島人に近づいてるって話だけど?

例外無いレベルでどっかで交わってる

829名前:名無しさん@1周年ID:
>>811
越人が日本の刺青文化の起源。この越人は世界であり得ない距離を船で渡って来ている。
819名前:名無しさん@1周年ID:
>>806
縄文人と呼ばれる遺伝情報は胡人。弥生人に多い遺伝情報は呉人
833名前:名無しさん@1周年ID:
>>819
弥生人は春秋戦国時代の呉、越の人間ですよ
呉は越に滅ぼされて日本に逃げて越は楚に滅ぼされて日本に逃げた
それが弥生人かな
842名前:名無しさん@1周年ID:
>>833
越人は刺青を入れていた。
https://i.imgur.com/wJ8Rr6a.jpg

周代の皇族は彼らを尊重して全身に刺青を入れたと言う話がある。

この越人はどんな姿をしていたかは可能性的にはマオリ族などのポリネシア系と同じだと思う。

908名前:名無しさん@1周年ID:
>>833
弥生人の多くは満州系だ。渡来後に文化的には倭人に同化したが
言語はアルタイ諸語の特徴が抜けきれなかった
835名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:53:02.48ID:UcrU9S9k0
>>819
まぁ図があるんで見てくれ、DNA分析した結果縄文人はどこから来たのか解らなくなったのが現代

http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/087/research/1.html

845名前:名無しさん@1周年ID:
>>835
直毛で毛が太い遺伝情報は北方民族由来で髪の毛が太い理由は空洞があって保温性を高めているから。

中東地域に多い癖毛で細い髪は空気が乾燥していて水分を空気中から取る為に一番効率がいい。

体毛が薄いのは寒い地域だと意外に多い。東南アジアみたいな熱帯地域も体毛が薄い傾向がある。
水分量が比較的多い地域だと衛生面や凍結から体毛が多いのは不利に働く。

ちなみに日本人の歯は竹質で根が浅い。白人や黒人の大半が硬質で根が深い。

808名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:32:07.25ID:GHnZpSG50
>>802
今の中国人と比べても中華王朝には色々な人種が居たのに
832名前:名無しさん@1周年ID:
>>68
まずその「中国人」って考えが間違ってる
836名前:名無しさん@1周年ID:
>>832
確かに
広島に呉があることからも、多分山口が蜀、島根が魏で三国志だったんだよな
839名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:57:11.92ID:gMJjhw6k0
>>836
山口には下松(百済津)がある
934名前:名無しさん@1周年ID:
>>49
文革前の、大躍進時代の中国ならOK?
戦前の中華民国ならOKなの?
それとも、清王朝なら良いの?
54名前:名無しさん@1周年ID:
いや、普通に漢詩リスペクトされてる
令和は万葉集のは詩ではなく歌会始めの挨拶で出てきた部分
そして挨拶の続きはこれ

>『詩経』に落梅の詩篇があるが、この思いを表すのに、
>昔の漢詩と今の和歌と何が違うだろう(何も違わない)。
>さぁ、庭の梅の風景を、今の思いを、いささか和歌に詠もうじゃないか。

66名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:45:32.88ID:MiGoGKsH0
>>54
日本側の意図が
正確に中国人に伝わっているとは思えない。
80名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:47:30.62ID:ouwK2Oit0
>>66
安倍の説明のせいだろう
中国からの引用について言及してなかったから
万葉集だから日本の書物からの引用で脱中国という間違いが広まってる
中国からの引用でちゃんと中国を尊敬してるって説明しないと日本が反中になったと誤解してしまう
81名前:名無しさん@1周年ID:
>>1 >>54
そういう流れをちゃんと説明すればいいのに、訳分からん中国由来でない初の日本書出典とか言い出すから騒ぎになる

令和で引用した万葉集の一節そのものが、中国の漢詩から採り入れている

万葉集由来ではあるが、同時に万葉集の元ネタである漢詩由来でもある

歸田賦 (万葉集の由来である漢詩のタイトル)

於是仲春令月,時和氣清 (漢詩本文の一節)

張衡(78-139)(漢詩の原作者)
https://fanti.dugushici.com/ancient_proses/47491

145名前:名無しさん@1周年ID:
>>98
>>54みてね
パクリじゃなくて引用なのよ
花見の歌会始めの挨拶で漢詩の一節を持ち出して
後段では詩経という具体名まであげて
漢詩と和歌を対比させてる
なかなか趣きのある挨拶だ
294名前:名無しさん@1周年ID:
>>54
こういうのがあるから5chは止められんw
64名前:名無しさん@1周年ID:
つーか梅の花とか中国人かよ。
142名前:名無しさん@1周年ID:
>>64
万葉集だと桜より梅の歌が多かったりする。
桜の花見は少し後から。広まったのは鎌倉以降かも。
193名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:02:38.98ID:gMJjhw6k0
>>142
桜は武家文化が定着してからだろうな
それまでの日本は花といえば梅
234名前:名無しさん@1周年ID:
>>142
貴族階級は中国の影響が強かった。
現代の一般的な花見は、
神道由来の農民文化由来の物。
田植えの神様を祀る行事だった。
当時は田植えの時期を桜の開花時期を基準にしていた。
当時はソメイヨシノは無かったので山桜だった。
時期的に田植えの開始時期と重なる。
788名前:名無しさん@1周年ID:
>>64
中華は桃じゃね?
826名前:名無しさん@1周年ID:
>>788
中国は梅で合ってる
梅が日本の桜のポジション
82名前:名無しさん@1周年ID:
漢字使ってる時点でダメだろ?

せめてひらがなかカタカナで。

94名前:名無しさん@1周年ID:
>>82
脱漢字でローマ字オンリーにするとかw
108名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:51:04.89ID:O1KuyL/Y0
>>82
ひらがなもカタカナも漢字由来だし
縄文文字は絶えて久しいし
あえて言うならアイヌ文字使うか
106名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:50:34.28ID:e50zTadg0
「人民」も「共和国」も日本語由来なんだけどな。
日本語由来であることは、中国共産党も認めている。
112名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:51:57.77ID:ouwK2Oit0
>>106
人民も共和国も漢字
中国由来だよ
日本語だと中国共産党が認めてるなんて言ってるのは
どうせユーチューバーKAZUYAあたりに騙されてるアホだけだろう
205名前:名無しさん@1周年ID:
>>112君は無知だな
214名前:名無しさん@1周年ID:
>>205
人民も共和も中国古典由来だからな
414名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:23:37.68ID:sNKAWfIY0
>>112漢字は今の漢民族が作ったわけじゃない
古代中国で生まれたが作った民族は消滅離散
中共王朝は70年の歴史しかない
109名前:名無しさん@1周年ID:
科挙なんかやるから没落したんだよな
日本は取りやめてよかったな
116名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:52:21.03ID:O1KuyL/Y0
>>109
科挙=公務員じゃん
忖度捏造やりたい放題
944名前:名無しさん@1周年ID:
>>109
とはいっても、菅原道真が諸般の事情を考慮して、遣唐使を廃止したのは、
漢学の世界に精通していて、難しい科挙の試験に合格した、
文官のトップの人が言うから、説得力があるんだよね。

安倍晋三が、「日本独自の古典から選んだ」
なんて言っても、何の説得力もない。

せめて、勅撰和歌集の、古今和歌集、新古今和歌集なら
日本独自と言っても良いが、
万葉集は、日本の古典であるけれども、中国の古典をバックボーンに下敷きにした、
日本のハイブリッド古典だね。

その辺りの深いところまで汲んだ上で、作案していただろう、
有識者会議の人達は。

985名前:名無しさん@1周年ID:
>>944
菅原道真は、難しい科挙の試験に合格してたのかよw
113名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:52:06.04ID:xk8atqGi0
中国古典から採るべき新元号を万葉集からとるとは...。伝統の破壊だね。売国自民党らしいけど。伝統を守れないなら元号なんて廃止にしてしまえ。
358名前:名無しさん@1周年ID:
>>113
もう指摘されているが、実は真の出展は『文選』で、漢の時代の張衡の漢詩。
『万葉集』はアレンジして引用しただけ。
学者A「漢籍から引用するのが日本の伝統なのに、日本の古典からって総理が煩いんだけど」
学者B「あいつ、どうせ漢籍どころか日本の古典も読んでないだろ?なんで拘るのかね」
学者C「じゃあさ、これ出して『万葉集』ですって説明しておこうよ」

安倍「日本の古典だな!よし、脱中国なのでこれにするぞ!忖度してこれを選べよ!」
学者A(馬鹿だなあ)
学者B(『万葉集』を読んだら注釈にちゃんと元ネタが出て来るのにね)
学者C(自分で読んでもいないのに『万葉集』と聞いただけで満足するからだよ)
みたいなことだったんじゃないかと。

382名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:19:54.05ID:Tz5tbSEW0
>>358
これ
396名前:名無しさん@1周年ID:
>>358 安倍捏三「知ってたし」
397名前:名無しさん@1周年ID:
>>358
今ごろ令和を考えた学者は爆笑してるかもな
430名前:名無しさん@1周年ID:
>>397
その上、「安帝」の時代の作品が元ネタで
その内容が「腐敗政治に呆れて、田舎に帰る」ってやつだからw

考えた学者は、今頃笑ってるだろw

451名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:26:57.22ID:ITKXw1gx0
>>430
安帝というのが更に笑える。
464名前:名無しさん@1周年ID:
>>430
ダブルミーニングやな
元の漢詩の風刺と、万葉集の風雅一遍の
474名前:名無しさん@1周年ID:
>>464
深淵な批判だろうな

気付かれないように細心の注意を払って
政府をハメた感じがするw

475名前:名無しさん@1周年ID:
>>474
まさに痛快やw
469名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:28:56.29ID:+Q/ZQUAC0
>>430
多分策士はこの女だよ
実にフテブテシイ女だwwwww

新元号は「令和」 林真理子氏がコメント
4/1(月) 12:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190401-00000060-nnn-pol

481名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:30:59.66ID:CccQVDDc0
>>430
その次代の順帝じゃないのか?
557名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:39:02.71ID:cg7YS5AU0
>>481
安帝→順帝で遠隔地の大地震を言い当てたのち嫉妬をおそれて職を辞して田舎に引っ込んだんよな
570名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:40:19.29ID:oGtHJkjq0
>>430
安倍友ヤクザに殺されそう
869名前:名無しさん@1周年ID:
>>430
ww
433名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:25:08.74ID:wpYAXwW40
>>397
万葉集が漢詩や漢文と無関係に存在していると思っている人は、あまりいないと思う。
そもそも漢字で書かれているわけだし。
428名前:名無しさん@1周年ID:
>>358
いや、起源説マウンティングしたがる儒教兄弟を交わす意味なんだろう。
年号は慣習に基づいておこない、
「政治」の部分を後付け解釈で「公式見解」にしてしまう。

これで儒教兄弟、馬鹿特アの勘違いを封じ込める。

495名前:名無しさん@1周年ID:
>>358
それパヨクのデマ。

万葉集の梅の花の歌
32首の序文

于時初春令月 氣淑風和梅披鏡前之粉
時、 初春の令月、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。

文選巻十五記載の張衡による「帰田賦」の句

於是仲春令月時和氣淸原隰鬱茂百草滋榮
是に於いて、仲春の令月、時は和し気は清む、原隰し鬱茂し、百草滋栄す。

見てのとおり全然違う歌。

506名前:名無しさん@1周年ID:
>>495
まあパヨクは病気だから仕方ないねw
513名前:名無しさん@1周年ID:
>>495 だから文選から引用してるって言ってるじゃん馬鹿なの?
529名前:名無しさん@1周年ID:
>>513
全然違う歌なのだが。
「春の風がここちいい」てとこがかぶってるだけ。
515名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:33:57.84ID:TQCOziqJ0
>>495
和歌でいうところの本歌取りだろ
527名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:35:27.24ID:ITKXw1gx0
>>495
どうみてもパクリじゃん。
544名前:名無しさん@1周年ID:
>>527
ほう。
では帰田賦の句にはどのような梅が出てくるのだね。
563名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:39:30.18ID:ITKXw1gx0
>>544
共通する漢字を採らなけりゃ、別と強弁できたのに。
578名前:名無しさん@1周年ID:
>>563
そりゃあ共通する漢字なんざいくらでも出てくるだろ。
530名前:名無しさん@1周年ID:
>>495の低能っぷり
565名前:名無しさん@1周年ID:
>>530
そういう罵倒だけのレスがつくってことは図星だったかな。
498名前:名無しさん@1周年ID:
>>358
真の出典とかじゃなくてダブル出典だったって事だろ
119名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:52:57.03ID:lMGoPQCf0
どうして今まで中国由来だったの?
中国の植民地だったっけ
127名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:54:18.26ID:K8uAKnwS0
>>119
それが先例というものだろう
130名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:54:32.89ID:ouwK2Oit0
>>119
日本は中国から文化を教わってるから敬意を示して元号は中国の古典から取ることになってる
135名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:55:13.43ID:fIc+zp1T0
>>119
中国はクソだけでリスペクトする所もあるよねって事
137名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:55:22.05ID:O1KuyL/Y0
>>119
天皇の起源を辿ると判る
151名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:57:05.19ID:DP+tTvNO0
>>119
朝鮮はそのままシナと同じ元号使ってたけどね。まあ多少のリスペクトはあったんだろ
152名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:57:10.09ID:FgxhWYlL0
>>119
当時の先進国だから。
160名前:名無しさん@1周年ID:
>>119
2000年前の中華帝国は有能だった
155名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:57:25.37ID:Vy017OEx0
中国人は皇室や元号が羨ましくてしょうがない
フランスなんかもイギリス見てやっぱ王室残しときゃ良かったとか言ってるらしいし
捨てたものを他人が大事にしてると欲しくなるんだろうな
227名前:名無しさん@1周年ID:
>>155
不燃物のごみに自治体ステッカー貼って回収してるの見るけど、
綺麗で使えそうなオーディオコンポとかもったいないよな

新しいの買って部屋に2セット要らないから捨ててるんだろうか

355名前:名無しさん@1周年ID:
>>155
中国共産党にとっては、そういう事いう子は要らない子
権威は、自分達の党だけの物だからね
だけど、伝統という年数の重みは無い物ねだりしたいというホンネ
162名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:58:09.63ID:YPdRWqef0
漢詩由来で腐敗政治に呆れた内容って聞いてさっぱりダメな元号に思えて来た
269名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:10:38.38ID:H+tTh7Yk0
>>162
その漢詩の一節を引用して全く違う文脈の和歌の序文に仕立ててるんだよ
当時はそれがかっこいいやり方だった
288名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:12:24.23ID:nv5RZh8u0
>>162
昔から嘆く詩は多いんじゃないか?
王朝が交代していってるわけだし。
165名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)17:58:40.76ID:/5DIVXqQ0
焚書坑儒と文革で中国には何も残って無いしな
漢方も書道も絶滅してるって知ったときはビックリしたが
182名前:名無しさん@1周年ID:
>>165
時の皇帝に逆らって牢屋の中で編纂された「史記」って知ってるか?
紀元前100年前の話
202名前:名無しさん@1周年ID:
>>165
嘘つけ。漢方(中医学)や書道の学院(短期大学)あるくらいだぞ
167名前:名無しさん@1周年ID:
だいたい漢字使ってる時点で脱中国もクソもねえだろ
174名前:名無しさん@1周年ID:
>>167
そもそも現代中国人が感じを使ってない。
中国仮名漢字混じり文字w
213名前:名無しさん@1周年ID:
>>174
中国は簡体字使う前から古代の漢文研究で
日本に遅れをとりまくってたのは何故なのだろう
王朝交代でそれより前の書物は無用の長物だったからなのか
244名前:名無しさん@1周年ID:
>>213
簡体字馬鹿にしてるけど漢詩の才能だけは超一流の毛沢東が本質崩すとでも?
簡体字はお前も読めなくなった崩し字=草書体をフォント化したようなもんだぞ間抜け、草書体=筆記体だしか

江戸時代の日本人なら底辺でも簡体字は読みやすいと言うよ

282名前:名無しさん@1周年ID:
>>244
日本の漢字は多くは行書由来、大陸簡体字は草書由来だが、

じつは日本と中国の簡体字が同じで、台湾の繁體字だけ違うものが多いからな
実は古くから使われてきた筆記用の漢字であることが多い

945名前:名無しさん@1周年ID:
>>282
日本の漢字の多くが行書由来?ハァ?
お前江戸時代の書き物読めんだろ?明治で草書捨て去ったしそれまでは筆記体として平安からつかってきたもんやが

アホらし、本当にボンクラしかいねえ

173名前:名無しさん@1周年ID:
ま、中国とは付かず離れず良い関係でありたいものですね
189名前:名無しさん@1周年ID:
>>173
江戸時代くらいがいいじゃね
208名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:04:28.08ID:pGL7+OUn0
>>189
江戸時代は儒学マンセーで、論語を空で言えるやつ=偉いみたいな時代だぞ
儒学マンセーなヤツが蛮学弾圧したり
220名前:名無しさん@1周年ID:
>>208
国交なかったがな
175名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:01:01.26ID:pGL7+OUn0
だいたい西洋諸国がギリシアを源流として意識しまくったりコンプレックス感じたりしないだろ
中国文明も自分の物のような顔してりゃいいのよ
778名前:名無しさん@1周年ID:
>>175
西洋はギリシャを源流とした文明と、西アジアを源流とした文明の
複合体なんだよ。それに、最近でいうなら、日本文明が加わっている。
日本も一つのユニークな古代文明の発祥地だからね。現代日本は
いくつかの文明の複合体だが、そういう意味では発展のしかたに
西洋と日本は共通点がある。
787名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:22:18.71ID:hbZz9/kW0
>>778
ケルトやゲルマンの影響力をあなどるな
今の白人はギリシャローマコンプだが残忍なあたりはやはりゲルマンケルトの蛮族文化

だいたいキリスト白人じゃねえし古代ローマ人も金髪青目の白人ではない

794名前:名無しさん@1周年ID:
>>787
なんで日本人が体毛が濃く癖毛なの見ればわかるでしょ?
798名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:26:09.57ID:hbZz9/kW0
>>794
いやそれは君だけだと思うw
817名前:名無しさん@1周年ID:
>>798
体毛が薄いのはスキタイに多い遺伝子。体毛が濃いのは乾燥帯に多い遺伝子。
785名前:名無しさん@1周年ID:
>>175
ギリシャは、オスマン帝国に飲み込まれてたからな・・・
179名前:名無しさん@1周年ID:
結局後漢時代の漢詩からの引用の引用だってわけだけど、ネトウヨどうすんの?
186名前:名無しさん@1周年ID:
>>179
どうでもええと思ってるんちゃう?
むしろなんでそこが拘りになると思ったん?
190名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:02:27.30ID:pGL7+OUn0
>>179
伝統が守られたんで歓喜なんじゃね?
199名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:03:10.43ID:sUMXJ04l0
>>179
良かったよ。
204名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:03:49.05ID:bNYjl8a40
>>179
日本の古典が漢詩リスペクトなのはわかりきってることだろ
当時、そうすることが教養だったんだから
236名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:06:57.14ID:66IciLGd0
>>179
中共に「隷和」してるわけじゃないから、それこそどうでもいいこと
191名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:02:28.41ID:Eij+VlNv0
日本の文化は中国と欧米のパクリばかりでオリジナルが1つもないからな
198名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:03:01.98ID:ouwK2Oit0
>>191
そもそも日本人自体が渡来人で元は中国人
206名前:名無しさん@1周年ID:
>>191
図星すぎて耳が痛い
285名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:12:05.58ID:JYcPBpZW0
>>191
それいったら8割か9割はどっかのパクりになるんだが世界中、文化なんて周辺から良いものを摘み食いしたごちゃ混ぜ料理だし
222名前:名無しさん@1周年ID:
正直、羨ましいんだろな、漢字の本家本元としては
共産主義辞めて帝政にしろよ
224名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:05:55.63ID:sUMXJ04l0
>>222
キンペーによる帝政みたいなもんだろ。今。
247名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:08:12.59ID:3za9K7Cu0
>>224
キンペー嫌いな前政権の忖度集団がおるから
帝政できないかと
223名前:名無しさん@1周年ID:
中国というからおかしくなる
中国=中華人民共和国だからな
社会主義国家は過去と決別してるゆえに間違い

正しくは中国大陸に存在した古代国家の漢詩から引用

230名前:名無しさん@1周年ID:
>>223
それ
334名前:名無しさん@1周年ID:
>>223
正確に言うと、今の人民解放軍と日本とは大して戦ってない、
むしろ日本軍は今の台湾、国民党軍と戦ってた

そのあとで、今の中国、人民解放軍と、
今の台湾、国民党軍が戦いを繰り広げて今に至っている

233名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集も中国古典から引用しただけだぞ
結局孫引きしてる
242名前:名無しさん@1周年ID:
>>233
はあ?
268名前:名無しさん@1周年ID:
>>242
於是仲春令月 時和気清 原隰鬱茂 百草滋栄
万葉集の600年前に成立してた中国古典のこの一節の引用だぞ
246名前:名無しさん@1周年ID:
万葉集なら他にいくらでも良い歌あっただろ
何だよ挨拶文て
262名前:名無しさん@1周年ID:
>>246
最初に「命令」の「令」ありきで
日本の古典から探させたから
こういう挨拶の文から出すことになったんじゃね?
本来、万葉集なら、短歌から出すべきだが
272名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:10:49.72ID:2EpW3N+i0
>>262
逆。和が前提にあった。
379名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:19:35.98ID:mB4dD1DmO
>>272
和にこだわる理由は何?
昭和の高度経済成長やバブル経済や戦争への回帰を願ってとか?
399名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:21:37.80ID:C+yT1Den0
>>379
日本語は今生きている日本人が作ったものではないから
336名前:名無しさん@1周年ID:
>>246
説明聞いてたら序文というところに拘りがあるんだと思ったわ
万葉集のような大和文化を始める年にしたいって意味だと
353名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:17:20.43ID:nv5RZh8u0
>>246
歌だと大和言葉になるから元号に馴染まないかと。
251名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:08:34.49ID:4VH46vJw0
しかし中国って本当凄い国だよな。ありとあらゆる面で日本の格上なのに、未だに日本人は下に見てる。認めたくなっていう側面もあるんだろうね
278名前:名無しさん@1周年ID:
>>251
凄い国は亡ばされてしまって
今ある国にはまだ品格がないんだよ
307名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:13:42.14ID:pN8A4Qlj0
>>278
品格のある大国ってどこ?
344名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:16:34.40ID:BmF8tSjX0
>>307
道路でウンコをしない国民のいる国
261名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:09:40.67ID:g5kBj+8g0
別に中国が勝手に脱中国だと思ってても良くない?
万葉集自体、そもそも漢詩由来ってことくらい、まともに学校で勉強してりゃ誰でも知ってることでしょ。
わざわざ万葉集が漢詩由来だということを強調する必要性を感じないし、万葉集自体は日本の古くから伝えられてきた日本文化そのものだから、安倍の説明に何の落ち度もない。
275名前:名無しさん@1周年ID:
>>261
勝手にじゃなく安倍が中国古典以外でって強く要請したんだが
306名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:13:41.59ID:g5kBj+8g0
>>275
万葉集は現存する日本最古の古典だから、説明通りでしょ。
万葉集自体漢詩由来なのは周知の事実だが、日本を司ってきた文化そのものであるわけだし。
291名前:名無しさん@1周年ID:
>>261
まともに勉強してないからいまだに日本の云々言ってんだろ安倍はw
実際はただの孫引きなのに恥ずかしいやつだ本当に
326名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:15:18.84ID:g5kBj+8g0
>>291
ほんと何でもかんでもいちいち文句付けないと気が済まない輩って、いるんだね。
それだけ安倍が気にくわないのだろうけど。
271名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:10:47.92ID:mB4dD1DmO
なんか違和感あるなぁ
古くさいというか時代の空気をまったく読んでないというか
昭和から平成になったときは新しいって感じがしたんよね
今回は「なにそのの古くさい感じ」て思った
289名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:12:24.40ID:2EpW3N+i0
>>271
平成は天晴なイメージ
だから平成天才バカボンとか次世代てきな使われ方もしたが
令和ではまず無理
348名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:16:52.54ID:mB4dD1DmO
>>289
だよね
新しい時代!ってイメージがわかない
296名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:13:01.15ID:cd91uXrM0
万葉集の歌からだと正確に伝えているのは中国だけか
やっぱり素晴らしい国だな

イギリスのアホはorderとか言ってたぞ
アホしかいないのか

327名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:15:20.15ID:2EpW3N+i0
>>296
日本人でも出典元の一句と背景を知らないと理解できない造語なんだから
そこいらの外国メディアが正確に訳せるとは思わん
バカなのはorderがカッコいいとか言ってる日本人
335名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:16:10.70ID:bNYjl8a40
>>296
アメリカさんは伝えている
https://www.wsj.com/articles/japan-chooses-reiwa-as-era-name-for-next-emperor-11554087957
> Japan’s government drew from a nearly 1,300-year-old poem, one of the earliest in the Japanese language, in choosing the name of the new era starting May 1 when Crown Prince Naruhitoassumes the throne.
318名前:名無しさん@1周年ID:
漢籍引いてるも同然なのに万葉集!万葉集!って恥晒しも同然だよなぁ…

ワザワザ日本人の知性の劣化晒してどうすんだよ…

340名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:16:24.80ID:vo7D8QDO0
>>318
かつて中国の影響を相当に受けたことは事実なんだからそれを受け入れて「昔の中国は凄かった」って考えればいいだけなんだけどな
一部のやつが脱中国とか、日本オリジナルの~みたいなことをわめくせいで変な感じになってる
今までも漢籍を引いてきたしそれでええのに
375名前:名無しさん@1周年ID:
>>340
ほんたうにな。日中戰爭をやつてゐた時代でも「昭和」は緣起が惡いとか喚く馬鹿は
ゐなかつたのにねえ。國の上層が此處まで馬鹿になると附ける藥がないね。
319名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:14:48.64ID:GHnZpSG50
苦しい解釈をして無理矢理中国と関連付けようとしてて笑うw
339名前:名無しさん@1周年ID:
>>319
いや解釈とかじゃないからねこれ
まんま漢詩の孫引き

wikiからのコピペをコピペじゃないって言い張る百田みたいだね

363名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:17:56.42ID:GHnZpSG50
>>339
で、その漢詩が今の中国人に分かるの?w
991名前:名無しさん@1周年ID:
>>363
分かるに決まってんじゃん
325名前:名無しさん@1周年ID:
作者 張衡 
名称 帰田賦
「仲春令月、時和気清」
と言う文言があり、それを万葉集がパクった噂は本当なの?
マジレスキボンヌ
345名前:名無しさん@1周年ID:
>>325
事実
347名前:名無しさん@1周年ID:
>>325
噂じゃなくて事実や
万葉集起源を主張するとか韓国人かよ
391名前:名無しさん@1周年ID:
>>325
万葉集に限らず和歌や漢文に漢籍漢詩を引いて基礎教養の深さを示しあう
テクニックであり普通の事だが

ああ、アレから引いて来てるのねって理解あって評価されるものでそれ自体は解っててやってるもの

それを国書万葉集スゲー美しーとか言ってるのはアホを晒してるだけだよね…

357名前:名無しさん@1周年ID:
中国古典から引用という伝統と
日本古典にこだわる官邸の無理な要求を両立させた
素晴らしい案、ファインプレーだよ
370名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:18:35.88ID:+Q/ZQUAC0
>>357
だよねw
実に素晴らしいw
378名前:名無しさん@1周年ID:
>>357
これだね良くやったよ!
けど消費税増税は勘弁してくれ
394名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:21:05.95ID:vo7D8QDO0
>>357
そもそも日本古典に形式的にでも無理やりにでもこだわる勢力がいることが怖いわ
日本の歴史なんて中国の影響受けまくりなのに、それを否定したら日本自体の否定になるわけで
もう中国の影響受けてますってことで従来通り漢籍のほうがよい
431名前:名無しさん@1周年ID:
>>357
慣例であった漢書由来と国書由来を両方採用したわけで、よく考えられてるよね

漢書のパクリと言っている人は
令和のくだりの後段を読むべき

>『詩経』に落梅の詩篇があるが、この思いを表すのに、
>昔の漢詩と今の和歌と何が違うだろう(何も違わない)。
>さぁ、庭の梅の風景を、今の思いを、いささか和歌に詠もうじゃないか。

中国最古の詩集詩経を持ち出して和歌と対比させてる
とても教養のある趣きのある挨拶だ

490名前:名無しさん@1周年ID:
>>431
詩経って儒教の経典とされているけど、
始皇帝以前の古代中国の牧歌的な詩集で、万葉集と雰囲気が似てそうだね

漢詩も和歌も後の時代になると技巧を凝らすことがメインになって
素朴じゃなくなってる気がする

万葉集は素朴ですき

361名前:名無しさん@1周年ID:
中国は唐の時代くらいが最高だな、全てを捨てて唐のように一新してしまえ
392名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:21:02.10ID:8hD6mIpF0
>>361
南宋ぐらいのバランスが現代人には住みやすいと思う
395名前:名無しさん@1周年ID:
>>361
宋や明の方が庶民含めた文化なら最盛期
364名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:18:05.51ID:l03AAbYi0
万葉集がアマゾンでベストセラーになってるし
371名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:18:36.56ID:KW5OXlQ30
>>364
いいことやね
わいも読みたくなった
389名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:20:48.02ID:g5kBj+8g0
>>364
>>371
自分ももう一度ちゃんと勉強しなおそうかな。
日本の古典を勉強すると、古代の大陸文化が日本文化の礎なんだなとほんと思うわ。
今の大陸は共産主義者とか言うゴロツキのせいで、ほんとおかしくなったわ…
389名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:20:48.02ID:g5kBj+8g0
>>364
>>371
自分ももう一度ちゃんと勉強しなおそうかな。
日本の古典を勉強すると、古代の大陸文化が日本文化の礎なんだなとほんと思うわ。
今の大陸は共産主義者とか言うゴロツキのせいで、ほんとおかしくなったわ…
384名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:20:05.51ID:ITKXw1gx0
これホント?
>>
1.『万葉集』題詞という和歌そのものではなく漢文の部分から引用
 しかも、それは中国の『文選』からの引用部分
2.漢籍の孫引きを「万葉集から引用」とどや顔
 「中国から離れた」「日本人の心だ」と誇ってしまう
3.元ネタの張衡の詩は「政府は腐ってる田舎へ帰りたいお先は暗い昔はよかった」な内容
 張衡は、宦官の専横を許して国家の衰退を招いた暗君"安帝"(後漢)に召されている
4.そもそも万葉集第五巻梅花歌卅二首は漢籍に明るい大伴旅人の大宰府(左遷された)の邸宅で
 中国原産の梅を珍しがって中国詩人の真似をして詩を詠んでいるもの
5.令の解字は頭上に冠を戴く象形とひざまつく人の象形から「ひざまついて神意を聞く」
 転じて「いいつける」や「おきて」に
 過去に「令徳」に改元しかけたが問題になってやめたことも
6.『文選』は過去に25回も元号の元ネタになっている
7.元号考案者のなかに万葉集の専門家がいて、元ネタの漢籍は知っているはず…
<<

暗君"安帝"って安倍かよ。

400名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:22:04.20ID:FesxlPAo0
>>384
令徳をやめたのは令徳案を出したのが天皇側で
徳川に命令を下すのか!と
徳川幕府にダメって言われたからだって
元号の専門家がいってた
425名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:24:39.61ID:ITKXw1gx0
>>400
国家安康にケチをつけた徳川らしいな。
442名前:名無しさん@1周年ID:
>>400
やっぱ、「令」って「命令」だよな
徳川の感覚が普通
386名前:名無しさん@1周年ID:
>元号は、皇室の長い伝統と国家の安泰と国民の幸福への深い願いと共に、1400年近くに渡る我が国の歴史を紡いできました。
この馬鹿は何を言ってんだ?
今年は皇紀2679年だろうがよ
何が1400年だ馬鹿が
398名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:21:35.25ID:TthETOHd0
>>386
元号の話だってその文章から読み取れないのか
409名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:23:16.47ID:ITKXw1gx0
>>386
最初の元号はいつ?
417名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:23:46.04ID:bNYjl8a40
>>386
元号は645年から
「1400年近くに渡る」ではなく「1400年近くに渡り」が正しいな
427名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:24:44.54ID:Oqq1lFC90
令和=冷

大正
昭和
平成
令和

平和や大和と言う文字が浮かび上がってくるんだが、恐らく平和や大和が冷めると言う事。

541名前:名無しさん@1周年ID:
>>427
おい、アホ
日本人なら「冷」にはニスイという偏があるからこそ
「さめた」「つめたい」という意味になると知ってるもんだぞw
575名前:名無しさん@1周年ID:
>>541
いや、「ニスイ」を取っても
「水」みたいな意味合いを無くすだけで
「冷たい」「冷酷」「冷徹」「厳しい」「容赦ない」
っていうニュアンスはあると思うぞ
そもそも、「令」の文字は、「跪いて命令を受ける」
みたいなのを形にしたらしいし
で、そういう「厳しさ」に「ニスイ」を付けることで
「寒い」「冷たい」みたいな意味を派生させたんだろう
606名前:名無しさん@1周年ID:
>>575
「冫」が氷を意味してるんだが
434名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:25:11.26ID:8YK9tKPL0
張衡「帰田賦」(AD78-139) ←晋王朝の安帝の時代の人物

王羲之「蘭亭序」(AD353)

昭明太子「文選」(AD501-531)

大伴家持「万葉集」(AD759)

安倍晋三「令和」(AD2019)
449名前:名無しさん@1周年ID:
>>434
安倍ちゃんの時代になるまで1000年以上空白なんだがw
456名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:27:28.21ID:hbZz9/kW0
>>434
こういうときだけ2chはホントに役に立つな
出典の部分を教えてくれ
471名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:29:12.31ID:H+tTh7Yk0
>>456
聞いてやるなよ
そいつもよく知らずにコピペしてきてるだけなんだから
502名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:32:21.20ID:8YK9tKPL0
>>456
2chは役に立つか・・・
これはツィッターからのパクリだw
https://twitter.com/014mikanchan/status/1112614819037798401
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
486名前:名無しさん@1周年ID:
>>434
悠久の歴史を受け継ぐ日本は凄い
大陸では消えたものが日本にはある
435名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:25:23.65ID:ZD01aOct0
結局はただの記号に過ぎないものだから深読みせずにそのまま受け入れればよいのよ
454名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:27:18.39ID:g5kBj+8g0
>>435
自分もそう思う。
ID:xsPk/bTk0の歪んだ深読みもどきとか、正直無粋以外の何物でもないんだよ。
731名前:名無しさん@1周年ID:
>>454
元号は漢籍から引用するのが伝統なのに
安倍とかネトウヨは教養も無く日本の伝統文化を大切にする気無い癖に
偉そうに口出しするだろ

最初の元号である大化から続く元号選定の伝統を簡単に変える何てできるわけ無いの
だから漢籍から引用するのが当たり前だしそれが天皇を抱く日本人として務め

後は安倍や日本会議の馬鹿をどう騙して天皇を守るか
だから万葉集から引用という事にした
どうせバカウヨに教養何て無いから

そんな事も解らないのか?

恥ずかしく無いの?
馬鹿にされてるんだよ

756名前:名無しさん@1周年ID:
>>731
結局、伝統を破壊したのは安倍だろ
761名前:名無しさん@1周年ID:
>>756
退位の意向が強くにじむお気持ち
805名前:名無しさん@1周年ID:
>>756
アホ安倍は革命好きのパヨクだから
466名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:28:28.78ID:nv5RZh8u0
>>435
これだな。
505名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:32:34.29ID:8bjRK9Xs0
>>435
出典うんぬん嬉しそうに勝手に話しだしたのは、誰なんだよ。
誰か頼んだか?
446名前:名無しさん@1周年ID:
日本以外元号なんて気にしてないという
マスコミの論調はどこへ行ったの
458名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:27:42.77ID:FesxlPAo0
>>446
BBCで速報されてて
BBCってわりとミーハーなんだなと思った
590名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:42:26.40ID:uUF5i8wf0
>>458
日本の影響力甘く見すぎ
459名前:名無しさん@1周年ID:
>>446
めちゃくちゃ気にしてんだろ
463名前:名無しさん@1周年ID:
↓これ必見

 2 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (アウアウウー Sa0f-YvYU)[] 投稿日:2019/04/01(月) 17:04:08.70 ID:wI6eMKwGa [1/14]
前スレから修正した最新版

1.『万葉集』題詞という和歌そのものではなく漢文の部分から引用
 しかも、それは中国の『文選』からの引用部分
2.漢籍の孫引きを「万葉集から引用」とどや顔
 「中国から離れた」「日本人の心だ」と誇ってしまう
3.元ネタの張衡の詩は「政府は腐ってる田舎へ帰りたいお先は暗い昔はよかった」な内容
 張衡は、宦官の専横を許して国家の衰退を招いた暗君"安帝"(後漢)に召されている
4.そもそも万葉集第五巻梅花歌卅二首は漢籍に明るい大伴旅人の大宰府(左遷された)の邸宅で
 中国原産の梅を珍しがって中国詩人の真似をして詩を詠んでいるもの
5.令の解字は頭上に冠を戴く象形とひざまつく人の象形から「ひざまついて神意を聞く」
 転じて「いいつける」や「おきて」に
 過去に「令徳」に改元しかけたが問題になってやめたことも
6.『文選』は過去に25回も元号の元ネタになっている
7.元号考案者のなかに万葉集の専門家がいて、元ネタの漢籍は知っているはず…
 わざとか?

>国家の衰退を招いた暗君"安帝"(後漢)に召されている

www

480名前:名無しさん@1周年ID:
>>463
すごいマトメGJ
646名前:名無しさん@1周年ID:
>>463
暗君安帝w大笑い
473名前:名無しさん@1周年ID:
まるで日本がいままで中国の属国みたいだな。
中国制定の元号なんて一度も使ったことないし、
皇統が中国の影響に左右されたことすらないのに。
今までどおり中国の古典から引っ張ってきて文化的余裕を見せ付けて欲しかったわ。
エセ保守安倍の保守ごっこに付き合わされて残念だな。
497名前:名無しさん@1周年ID:
>>473 ほんとうにそうだな、安倍の排他的主義が反映されてる感じ、なのに移民大量受け入れ
647名前:名無しさん@1周年ID:
>>473
形式的には朝貢してた時期もあっただろ
672名前:名無しさん@1周年ID:
>>647
朝貢で属国ならイギリスも中国の属国かよw
709名前:名無しさん@1周年ID:
>>672
あれは特例で朝貢の儀礼免除されてたろ
738名前:名無しさん@1周年ID:
>>709
だからなに。日本は属国だって言いたいの。
中国制定の元号なんて使ったことないぞ。
皇統が左右されたこともないぞ。
一度も中国に占領されて統治されたことすらないぞ。
日本が主体的に中国と交易し文物を取り入れただけで属国ですか?w
852名前:名無しさん@1周年ID:
>>738
属国とまでは言わないけど、今で言うところの安全保障体勢には組み込まれていた時期はあったよね
唐、宋、明あたりとの付き合いは、向こうにとっては「遠くの属国」扱いだった
714名前:名無しさん@1周年ID:
>>647
聖徳太子のときに朝貢は止めたよ
476名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:30:14.08ID:kmiqauoV0
ロシアが滅亡した東ローマ帝国の末裔を自称するように日本にも中華文明の正当な末裔と思ってるのがいそう
489名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:31:38.76ID:GHnZpSG50
>>476
呉越の末裔ではあるだろう
507名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:32:45.06ID:hbZz9/kW0
>>476
日本が実質古代中国の後継者でしょう帝があり元号があり古の良き祭りを守っている周そのものだ
603名前:名無しさん@1周年ID:
>>507
日本は独自の文明を築いてるから、継承と言うのは疑問符が付くけど、
少なくとも、古代中国とは全く無関係の現チャイニーズに、上から目線で
師匠面だけはさせてはならないな
790名前:名無しさん@1周年ID:
>>476
倭の五王って意味わからんのか?
796名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:24:59.65ID:GHnZpSG50
>>476
正統では無いが呉や越の血を引き継いでいるのである意味末裔
482名前:名無しさん@1周年ID:
『漢』字を使っておいて、
脱中国も糞もないだろうに。

日本起源のものを指向するとか、
日本人本来の精神構造から
でてくる発想ではない。

524名前:名無しさん@1周年ID:
>>482
漢字は「甲骨文字」→「金文」→「篆文」と変化するのが当たり前で
現在中国は「簡体字」
日本は「新字体」になってるから
漢字のオリジナルである「繁体字」を使い続けているのは
台湾だけといえる
539名前:名無しさん@1周年ID:
>>524
繁体字は書けないが読める
簡体字は書けないし読めない
不思議だ
580名前:名無しさん@1周年ID:
>>539
その「体」って字が簡体字だけど?
繁体字では體と書く
601名前:名無しさん@1周年ID:
>>524 漢字のオリジナルなんて絵だよ、変化なんて何百としてきた、台湾は漢字圏の中でも古い方なだけ、オリジナルでは無い
602名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:43:54.00ID:C+yT1Den0
>>482
そんなこといいだしたらアルファベットの起源であるギリシャとか
アラビア数字の起源であるインドとかどうなるんだよ
アラビア数字使ってる人々が脱インドとか言うか?
491名前:名無しさん@1周年ID:
漢の「安帝」の馬鹿さ加減に嫌気がさしたという嫌味込みとか深い、深すぎる
569名前:名無しさん@1周年ID:
>>491
やっぱ当代一流の学者達が難陳して選出しただけあって、すんごいわw
安帝なんて嫌、はいおわり、新しい時代は清らかに風雅な日本風に行きまひょ、いう事やからな
583名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:41:41.00ID:cg7YS5AU0
>>569
張衡が引退したのは順帝時代だよ
嘘つきに騙されると恥かくぞ
594名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:43:23.29ID:75ZkkjoV0
>>491
安倍ちゃんは新しい世代とか未来なんて言ってたけど元ネタの張衡のは「今の漢は国乱れて縷々の如くだわ昔は良かったのになぁ」って悲壮感あふれる内容で今を憂いて過去を懐かしんでると言うのが最高に皮肉が効いてる
499名前:名無しさん@1周年ID:
どうせ次に元号変わる時も
「令和は良かったわー、新元号ダセェわ」
「令和だって当時めっちゃ叩かれてただろ」
って会話が繰り広げられるんだよ
538名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:36:42.72ID:FesxlPAo0
>>499
毎回そうなるんだろうな
554名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:38:35.40ID:nv5RZh8u0
>>499
それは言えるな
576名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:40:52.19ID:nIgYlguT0
>>499
昔も開戦せずばヘタレとか売国呼ばわりした連中がいたことは容易に想像できる
596名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:43:33.42ID:ITKXw1gx0
>>576
対米開戦も移民法も12月8日。
日本が日本でなくなる選択だね。
504名前:名無しさん@1周年ID:
次の元号が「ろ」から始まる元号なら本当に日本は終わる
564名前:名無しさん@1周年ID:
>>504
理由はともかく、Rが続くわけねえだろ。
624名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:47:20.46ID:gMJjhw6k0
>>564
次の改元の頃には明治生まれが絶滅してるだろうからMで始まる可能性が出てくるな
選択に幅ができる
535名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:36:23.37ID:Eij+VlNv0
中国と欧米のパクリで成り上がった成金国家日本
547名前:名無しさん@1周年ID:
>>535
アジアは中国が文化の中心だから、パクったとは言わない。
555名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:38:41.19ID:WInO8VkP0
>>535
すべての世界は帝国文化の影響受ける自然な摂理アルヨ
550名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:38:04.86ID:ITTTVURa0
今回ので教養のある無しが一発でわかって面白いな
安倍ちゃん梅の花が中国原産なの知らなかったんだろうか
584名前:名無しさん@1周年ID:
>>550
安倍が決めたわけじゃないだろ。
「有識者」が決めたのだから。

【新元号】有識者懇メンバー発表 山中教授ら9人
https://www.sankei.com/west/news/190401/wst1904010005-n1.html

608名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:44:40.32ID:75ZkkjoV0
>>584
まともな教育受けた人間なら引用元や内容聞いただけでこれ中国色強くね?くらい分かるもんだが
617名前:名無しさん@1周年ID:
>>584
山中w
556名前:名無しさん@1周年ID:
文革こそおぞましいほどの脱中華だろ
568名前:名無しさん@1周年ID:
>>556
そういえばそうだな。
中華文明の正統継承者は日本だよな。
612名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:45:19.06ID:sa/pWqTg0
>>568
勝手に相続人になりたがる遠い親戚みたいだな。
573名前:名無しさん@1周年ID:
そもそも中国なんて国リセマラしまくってて昔と今じゃ別物の国でしょ
588名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:42:20.63ID:hbZz9/kW0
>>573
いや昔からあんなんだと思うぞ
あのカオスが百家争鳴を生みだしたのだ
孔子が苦労するわけだ
622名前:名無しさん@1周年ID:
>>588
今の中華民国と漢字を生み出した国って何か繋がりがあるの?
“あの大陸にある国”ってのを除いて
607名前:名無しさん@1周年ID:
まさかとは思うが、中国って西暦使ってんの?
それ裏切りっぽくない?
615名前:名無しさん@1周年ID:
>>607
清朝が倒れて以来使ってないよ
654名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:52:02.76ID:UcrU9S9k0
>>615
満州国で使っただろ皇帝の治世に定められるもんだから

皇位を継いだ愛新覚羅溥儀治世で元号は康徳

620名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:46:32.15ID:MP+pj+JT0
お前ら今回の件で文系の学問がどういうものかわかったろ
知識や教養ってのは計算数値で表せないから怖いんだよ
626名前:名無しさん@1周年ID:
>>620
でも、最近、「センター試験から漢文と古文無くそう」
みたいなこと言ってる奴いるし、ヤバいかもな

私立大では国語の試験に古典無くて、現代文だけだったりするところもあるようだし

660名前:名無しさん@1周年ID:
>>626

別にやばくねえだろ。
古文漢文のセンター試験なんて、江戸時代にはなかったけどな。
それでも、一部の知識人が知識を保全してたんだし、
大学になって好きなやつが勉強すればいいだけ。
古文漢文という分野をなくせとは思わんけど、別に高校生とかが学ぶ必要性が
あるとも思えん。

686名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:57:41.04ID:5Igy3sL/O
>>660
江戸時代はセンター試験が無かっただけで
まともな学校に入ろうと思ったらどこでも古文漢文は必須だろ
695名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:58:45.51ID:75ZkkjoV0
>>686
戦前エリート層に入るには漢文の素養は最低限だからな
昔の演説とか見ると文字起こしも口調も漢文調
719名前:名無しさん@1周年ID:
>>695

戦前のエリート層なんぞを、別に過大評価する必要もない。
今のエリート高校生は、戦前にほとんど学ばなかった、というよりまだ学問として未熟だった
経済学とか統計学とかの方を高校のときからもっと学ぶべきだろう。
語学だって文系なら第二外国語を学ぶべきだし、古文漢文なんて趣味みたいなもん。
高校生に必ずしも必要はない。
好きなやつらが、本でもネットでも調べて、博学になればいいだけ。

728名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:07:53.28ID:0Li9DK4G0
>>719
日本語なんて7割が中国古典と仏教用語でできてんのにそれすらまともに修められてないのが今回のざまだろ
高度な知識身につける前に最低限の自分たちのアイデンティティくらい学ぶのが先
784名前:名無しさん@1周年ID:
>>728
そんなん無くたって先進国になれると、日本よりも中国文化への依存度の高かった兄の国が
791名前:名無しさん@1周年ID:
>>719
でも、古文も漢文も学ばないと
今回みたいに博学な奴に、
裏の意図を隠されて、
「万葉集からです」とか言っちゃうんだよね
823名前:名無しさん@1周年ID:
>>791
>今回みたいに博学な奴に、
>裏の意図を隠されて、
>「万葉集からです」とか言っちゃうんだよね
そういうこじつけを衒学という。
公家とか江戸時代の朱子学者てのはそんなのばっか。
こういう衒学がまかりとおっているを嫌って実学を学べといったのは福沢諭吉だ。
お前も学問のススメを読め。
662名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:53:49.74ID:0Li9DK4G0
>>620
これな
まともな教育受けて教養それなりにあるなら万葉集の令月云々て聞いた時点でん?と思うわ
国書からの引用とドヤ顔するにはあまりに中国色が強い
しかも令月ってちょうど万葉集が作られた頃に母親の武則天と専横した太平公主という人物の姓名が李令月でもろ被り
狙ってやったのかと思うほどひどいわ
625名前:名無しさん@1周年ID:
脱中国の元号は安倍首相の
想いだろうが、
いかんせん漢字で書かれた
万葉集の文章からの引用
では脱中国の程度は低い。
せめて、新米を念頭にした
カタカナ語表記とかやまと言葉
のひらがな表記が良かった。

例えば
フレンド元年とか
ドナルド元年とか
もののふ元年とか
あおによし元年とか

645名前:名無しさん@1周年ID:
>>625
やっぱ元号は漢字に限るな
674名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:55:46.77ID:hbZz9/kW0
>>625
キラキラ元号があってもいいw
628名前:名無しさん@1周年ID:
安倍が一言元ネタ言ってくれればそれだけで済んだ話、日本人ドヤ感が強すぎてダサい
635名前:名無しさん@1周年ID:
>>628
元ネタに触れたら

「腐敗政治に嫌気さして、田舎に帰ります」

みたいな内容まで伝わるんだぜw

650名前:名無しさん@1周年ID:
>>635 元ネタの方が今の日本にぴったりじゃねーか
652名前:名無しさん@1周年ID:
>>628
そこまで知らないし知らされてもいなかったんだろw
630名前:名無しさん@1周年ID:
コロコロ変わる元号マジ迷惑
日本はずっと皇紀で良いだろ
世界で唯一住んでる人種が一度も変わってない国なのだからそれを誇るべきだ
https://i.imgur.com/OdHaxNs.jpg
648名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)18:51:14.08ID:hbZz9/kW0
>>630
皇紀は明治に偽造したので恥ずかしいから使えない
皇統が万世一系というのは嘘です
679名前:名無しさん@1周年ID:
>>648
なら卑弥呼女王から数えるか?
世界で唯一住んでる人種が一度も変わってない事は変わらないのだから
636名前:名無しさん@1周年ID:
張衡が宦官の専横に我慢ならなくて田舎に帰ったのは、順帝の時みたいだけど、
安帝が安部を風刺してるか言ってるのは、なんなん?
642名前:名無しさん@1周年ID:
>>636
安帝の時に、中央に呼ばれたからじゃね?
で、その時代から嫌気さしてたんじゃね?
681名前:名無しさん@1周年ID:
>>642

張衡は安帝の時に科学者として一番活躍した。
次の次の順帝の時に田舎に帰った。

705名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:00:21.11ID:XIGTsClt0
>>681
昔はよかったの昔が安倍ということだな。
次の次の総理はミンスで、嫌気がさした天皇が退位するところまでを表してる。
740名前:名無しさん@1周年ID:
>>705

なんでも安倍にむすびつけるんだなw
安帝は、安部を風刺してて、これ考えたやつは、裏で爆笑してるって話はどうなったんだ?w
瞬殺されたけど、令和の中にアベの字がある!ってネタ並にパヨクは、次から次へと
妄想を抱くよな。

639名前:名無しさん@1周年ID:
「帰田賦」の訳がおかしい
天才と言われる人が、六言古体詩から大きく外れるわけ無い

於是仲春令月(仲春令月、ここ至る)
時和気清原隰(気清み、原隰す和時)
鬱茂百草滋栄(百草芽吹き、茂り鬱(蒼))

本当はこうだろ
天才に失礼だぞ

665名前:名無しさん@1周年ID:
>>639
ええわー
685名前:名無しさん@1周年ID:
>>639
万葉集の元歌っぽいな
716名前:名無しさん@1周年ID:
令和オリンピック

なんか中国感高い気がするんだけど

730名前:名無しさん@1周年ID:
中国古典、漢文に詳しい人も元号選びに入っていた上で、
かつ漢文を知っていてこれになっていたなら脱中国ともみれるかもしれないが、

そうじゃないなら、脱中国ではないな
梅じたいが中国原産でずっと昔に中国から日本に伝来したとも言われている

>>716
たしかに言われてみれば

747名前:名無しさん@1周年ID:
>>730
そんな事まで言い出したら俺もお前もアフリカ伝来だぞ。
717名前:名無しさん@1周年ID:
やっぱ低学歴が国のリーダーだと
いちいち薄っぺらいな
720名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:06:07.80ID:75ZkkjoV0
>>717
まあまともな素養持った総理大臣なら漢籍からの引用やめるなんてアホなことはせんわな
919名前:名無しさん@1周年ID:
>>720
何、安倍の一存で元号が決まった様な話にしてんの?
733名前:名無しさん@1周年ID:
そもそも王歴なんて現代社会にナンセンスだわ
なんで新しい国王の在位期間なんて数える必要あるんだよ。その国王も今やペットみたいなもんだし
思考停止して無意味なこと続けるなっての
749名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:11:36.17ID:hbZz9/kW0
>>733
王を敬え
民主制だろうが王制だろうが王は必要
共和制ローマがなぜ帝政に移行したのか
第一共和国がなんでナポレオンを皇帝にいただいたのか
アメリカがなんでトランプなんてDQNを皇帝に選んじゃったのか
772名前:名無しさん@1周年ID:
>>733
でもね、中国やアジアの国々は今でも陰暦使ってるんだよ
春節や水掛祭りは毎年日が違うだろ、陰暦でずれるから毎年調整してる
西暦+太陽暦が世界の統一規格と思ってる節の左翼こそ思考停止
734名前:名無しさん@1周年ID:
結果論だけど、中国古典から選んだ方が格調高かった様な気がするな 令和、ぷっ
755名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:12:36.84ID:I7u5BzhB0
>>734
脱中国したいからと言わんばかりの政治色丸出しで伝統を無視したのに、結局、漢文の引用で、しかも中身が官僚の汚職を嘆いた詩なんだから本当にダサいよな
まぁ学者先生は確信犯かも知れんがw
780名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:19:52.56ID:75ZkkjoV0
>>734
絶対こういうことになるの分かってるから誰も国書からの引用なんてやらなかったのになあ
764名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:15:15.17ID:cBtRt2Ey0
中国の良いところを残すのが、日本
中国の良いところを壊すのが、中国

日本こそが、中華文明の正統な後継者

773名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:17:40.47ID:hbZz9/kW0
>>764
中国復活してアメリカと張り合うとこまできてるじゃないか
世界第二位やぞ
ここまで復活してるのに認めんとか現実を見なさい

習王はなかなかの名君ぞ敵としてはやっかいだが

783名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:21:17.10ID:GHnZpSG50
>>773
トランプにびびってる習がか?w
786名前:名無しさん@1周年ID:
「中国の漢籍から取ったのではないというけれど、本当?中国の『黄帝内経』(中国最古の医学書)の『霊枢』の中に令和という言葉がある」(40代女性)

『黄帝内経』

<原文>
終始第九
凡刺之道.畢于終始.明知終始.五藏爲紀.陰陽定矣.
陰者主藏.陽者主府.陽受氣于四末.陰受氣于五藏.
故寫者迎之.補者隨之.知迎知隨.氣可令和.
和氣之方.必通陰陽.五藏爲陰.六府爲陽.傳之後世.
以血爲盟.敬之者昌.慢之者亡.無道行私.必得天殃.

w

792名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:24:07.98ID:hbZz9/kW0
>>786
ああそれヤフーで読んだ
それ指摘した40代女性がすごいよねw
800名前:名無しさん@1周年ID:
>>786

そっちは文句無い

807名前:名無しさん@1周年ID:
>>786
本人が万葉集からと言っているのに、他人が別からと言うのって???
812名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:34:55.27ID:I7u5BzhB0
>>786
何者だよ、この人

それにしてもたった1日でズタボロの元号だな

816名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:38:18.29ID:0UlLrC4L0
>>812
日本のオリジナリティを潰したい連中が騒ぐんだよw
834名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)19:52:01.39ID:9Ob3NiS60
>>816
つかこんなんでズダボロとか言ってる方がおかしいわな
854名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)20:23:39.24ID:I7u5BzhB0
>>834
少なくてもテレビ中継で「若者に希望を」みたいな事を言っちゃった人は晒し者だよねw
871名前:名無しさん@1周年ID:
>>786
指摘できることはすごいとおもうが、「だから何?」じゃね?
政府が万葉集典拠と言ってるんだから
875名前:名無しさん@1周年ID:
>>871
その万葉集も元ネタがあったというオチ
872名前:名無しさん@1周年ID:
の花の歌
32首の序文

于時初春令月 氣淑風和梅披鏡前之粉
時、 初春の令月、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。
時期は、初春のよき月夜で、空気は澄んで風は和ぎ、梅は美女が鏡の前で白粉で装うように花を開き、梅の香りは身を飾った衣に香を薫ませたような匂いを漂わせている。

文選巻十五記載の張衡による「帰田賦」の句

於是仲春令月時和氣淸原隰鬱茂百草滋榮
是に於いて、仲春の令月、時は和し気は清む、原隰し鬱茂し、百草滋栄す。
おりしも今は 春も半ばのめでたい月よ、時節は和やか丘も湿地も鬱そうと 百草(いろいろな草)は茂り花は咲く。

このようにまったく全然違う歌。
パクリはパヨクのいちゃもん。

879名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)21:01:03.72ID:84jdfsGY0
>>872
これはいい比較
912名前:名無しさん@1周年ID:
>>872
パヨクのイチャモンじゃなくて、すでに国内の学者からも張衡の作品が原典と指摘されているんですがね・・・
926名前:名無しさん@1周年ID:
簡体字って、本当に漢字に対する侮辱だよな
927名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)23:08:04.93ID:tJc+Ym3H0
>>926
せっかくの表意文字が表音文字化しちゃったよな・・・
930名前:名無しさん@1周年2019/04/01(月)23:22:31.18ID:KeoXtzsk0
>>927
日本も結構ヤバイけどね
今すぐ戦前の繁体字に戻すべき
940名前:名無しさん@1周年ID:
文化大革命なんておこしてしまってねぇ….
942名前:名無しさん@1周年ID:
>>940
それは、彼らにとっても深い傷なんだ…
951名前:名無しさん@1周年2019/04/02(火)00:44:54.15ID:nzKED99e0
>>940
つか、中国の歴史なんてことごとく勝者による文化の上書きに次ぐ上書きの歴史なんだから、
日本が事細かに記録していなければ、中国の文化なんて文化大革命を待たずとも
とっくの昔に失われていただろ
日本がバカみたいに中国を追いかけていたおかげで中国の文化と歴史がつながったんじゃね?
955名前:名無しさん@1周年2019/04/02(火)01:15:44.26ID:H/Vabqo30
>>951
司馬遼太郎の本だったと思うが
中国人は記録魔って書いてあって俺はそう思ってんだが
中国人が事細かに記録に残してたから今の我々がはるか昔のことを詳細に分かるとか書いてあったような
959名前:名無しさん@1周年ID:
>>955
匈奴に大敗して、敗軍の将が生きて逃げ帰ってきた時に、
「何で生きて帰ってきた?死ね!」と言われて、帰還兵がみんな死刑に処されそうになった時、
「彼らは祖国の為に尽くす為にこそ、生きて帰ってきたのです。」と、
司馬遷は、彼らを弁護し続けていた。

しかし、それがやがて漢の武帝の激怒を誘って、ついに、「死刑か宮刑(性器睾丸切除の刑)のどちらかを選べ!」
と言われてしまう。

しかし、司馬遷は、宮刑を選び、あくまでも生きて歴史書を書き残そうとした。

こういう人物がいるから、中国は何とかギリギリのところで、歴史が継承されて
踏みとどまってきたのだろうなと思う。

司馬遼太郎も、司馬遷に倣って、このペンネームを使っていたんじゃなかった?

961名前:名無しさん@1周年2019/04/02(火)01:41:49.90ID:+9jI1Svr0
>>951
日本に帰化した石平さんが、昔お爺さんが隠れながら教えてくれた論語などの古代中国の世界が、京都に残っていたことに感動して日本に惚れたと書いていたよ。

、、今の京都、また中国人が荒らしてるけどww

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。