【物理学】宇宙の果てには何があるの? 専門家に聞いてみた[02/24]

1名前:しじみ ★2019/02/25(月)15:03:32.65ID:CAP_USER
はるか遠い宇宙の、さらに一番遠いところについて。

月面着陸や火星旅行…「いつか宇宙に行ってみたい!」という想いは、誰もが一度は抱いたことがあるのでは? なかには「いままで誰にも打ち明けたことがないけれど、じつは宇宙の果てのことも気になっていたんだ…」なんて人もいるかもしれません。

今回のGiz Asksでは、そもそも“宇宙の端っこ”とはどこなのか、そこには何があるのか、宇宙の果てにたどり着いたらどうなるのか…などなどの素朴な疑問について宇宙論、物理学の専門家に聞いてみました。

キーワードはやはり、ビッグバン。宇宙の果てまで想いを馳せると、気になるのは“観測可能な宇宙”のさらにその先のこと。誰も知らない、見たことがない世界だからこそますます興味深いわけですが、そもそもわたしたちに答えを知る術はあるのか…。宇宙には端っこがあるのかないのか=宇宙は有限なのか無限なのかという大きなテーマにぶつかります。宇宙のはるかか彼方を考えるうえで、時間との関係性も忘れちゃいけません。

■1. 宇宙の果て=観測の限界

カリフォルニア工科大学物理学研究教授 。とりわけ量子力学、重力、宇宙論、統計力学、基礎物理の研究に従事。

私たちの知る限り、宇宙に端はありません。観測できる範囲には限りがあるので、そこがわたしたちにとって“宇宙の果て”になるといえます。

光が進むスピードが有限(毎年1光年) であるため、遠くのものを見るときは時間的にも遡ることになります。そこで見られるのは約140億年前、ビッグバンで残った放射線。宇宙マイクロ波背景放射とよばれるもので、わたしたちを全方向から取り巻いています。でもこれが物理的な"端"というわけではありません。

わたしたちに見える宇宙には限界があり、その向こうに何があるのかはわかっていません。宇宙は大きな規模で見るとかなり普遍ですが、もしかすると文字通り永遠に続くのかもしれません。もしくは(3次元バージョンの)球体か円環になっている可能性もあります。もしこれが正しければ、宇宙全体の大きさが有限であることにはなりますが、それでも円のように始点も終点も端もないことになります。

わたしたちが観測できないところで宇宙は普遍的でなく、場所によって状態が大きく異なる可能性もあります。これがいわゆる多元宇宙論です。実際に確認できるわけではないですが、こうした部分にも関心を広げておくことが重要だといえます。

■2. 宇宙に果てはない

プリンストン大学物理・天体物理科学教授。宇宙の起源と進化など宇宙論の研究に従事。

(上に)同じく、宇宙には果てなるものがないと考えられるでしょう。

各方面に向かって無限に広がっているか、おそらく包み込むかたちになっている可能性が考えられます。いずれにしても、端はないことになります。ドーナッツ表面のように、宇宙全体に端がない可能性があります(が、3次元での話です。ドーナッツ表面に関しては2次元なので。)このことはつまり、どんな方向に向けてロケットを飛ばしても良いことになりますし、長いあいだ彷徨ったあげく元の地点に戻ってくることも可能だということになります。

実際に見える宇宙の範囲として、観測可能な宇宙と呼んでいる部分もあります。その意味では、宇宙の始まりから私たちのもとへ光が届くまでの時間がなかった場所が端になります。もしかするとその向こうはわたしたちの身の回りで見られるものと同じ超銀河団で、無数の星や惑星が浮かぶ巨大な銀河であるかもしれません。

https://www.gizmodo.jp/2019/02/whats-at-the-edge-of-the-universe.html
続く)

2名前:しじみ ★2019/02/25(月)15:03:52.04ID:CAP_USER
続き)>>1
■3. 宇宙の果て=もっとも古い光のなかに見える何か

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校物理・天文学助教授。天体物理学、宇宙論の研究に従事。

宇宙の端をどう定義するかにもよります。光のスピードが有限であるため、宇宙の果てを見つけようとすると時間を遡ることになります。アンドロメダ銀河を見るとき、現在の様子こそわかりませんが、アンドロメダの星が光を放射したのを望遠鏡で観測することができたため、約250万年前に起きていたことはわかります。

わたしたちに見えるもっとも古い光は、もっとも遠いところから届いています。そのため宇宙の果てというのはある意味、わたしたちに届くもっとも古い光のなかに見える何かなのかもしれません。すなわち、ビッグバン後かすかに残存する光、宇宙マイクロ波背景放射です。光子が熱い電離プラズマ内の電子間を飛び交うのをやめて地球に流れはじめたことから最終散乱面とよばれていますが、これこそが宇宙の果てだともいえるでしょう。

いま、宇宙の果てに何があるのか。その答えは、わかりません。何十億年も先の未来まで、光が届くのを待たなくてはならないのです。それに宇宙はますますスピードを上げながら膨張しているので、わたしたちはいまの段階では推測することしかできないのです。広い意味で私たちの宇宙はどこから見ても同じように見えます。おそらくいま観測可能な宇宙の端から宇宙を見ようとすると、わたしたちがここから見ているのとほぼ同じ宇宙の様子が見えるはずです。このため、宇宙の果てから見えるものは単純に、より大きな宇宙、銀河、惑星なのだと推測できます。同じような疑問を抱く生命体だって存在するかもしれませんね。

■4. “端”は複数ある

デューク大学物理学助教授。観測的・理論的宇宙論の研究に従事。

宇宙はおそらく無限のサイズであるにも関わらず、実際は"端"なるものが複数あるといえるでしょう。

宇宙が無限だとすれば、"果て"はないことになります。もしも宇宙が紙のように平らだったり、オープンな空間だったりしたら、本当に限りがないといえます。もしクローズドな空間であれば、限りがあることになります。

しかし、ある方向に向かって突き進んでいって最終的には元の地点に戻ったら、球体の表面を移動するかのような状態が想定できます。ホビットのビルボが"道はどこまでも続くよ/ドアより出る始まりの場所から"と言うように。

しかしわたしたちにとって、宇宙の"果て"なるものがふたつあります。一般相対性理論によると、すべてのものは毎時およそ6億7000万マイルという光速を含めて速度には限界があるといいます。また宇宙は各方向にむかって膨張していて、時間が進むにつれてそのスピードは速まると考えられています。このことはつまり、遠くのものを観察するとき、その物体のほうから光が届くには時間がかかる(距離を光速で割る)ことにつながります。宇宙が膨張していることを踏まえると、光が到達するあいだに光の移動距離が増えることになるのです。

このため、宇宙の最初(約137億年前)に放出された物体からの光を観察できるもっとも遠い距離、すなわち470億光年ほど(1光年は地球から太陽までの距離の約63,241倍)離れた共動地平線とよばれるものについて考える必要があるでしょう。

また見方を微妙に変えてみると次の通り。もし光の速さでメッセージを送ったら、もっとも遠い惑星の誰かが受け取ることになるのか。これは興味深いところだといえます。宇宙の膨張率は過去に戻るには減速しますが、未来では加速するためです。

たとえメッセージが永遠に誰かのもとに届かず彷徨うことになっても、今から160億光年前に向かうことになります。これがいわゆる事象の地平線です。

観測可能なもっとも遠い惑星はたった25000光年しか離れていないので、宇宙に存在しているかもしれないほかの生命体に挨拶できる可能性はやはり残っています。しかし、現在の望遠鏡が特定できる最遠距離にある最遠距離は、私たちからたった約133億光年の銀河にあたります。したがって、宇宙の果てがどこで、何があるのかは今のところ誰にもわかりません。

https://www.gizmodo.jp/2019/02/whats-at-the-edge-of-the-universe.html
続く)

117名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/25(月)19:48:30.21ID:2CTCJcM1
>>113
それならわかるけど、
>>2のデューク大学の人は無限のサイズとか言ってるぞ
よく読めてないだけかもしれんが
123名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>117
うん、上の記事でも球表面説を扱ってるように、実はそれも証明されてない。
無限の空間の中で宇宙のタネが発生して宇宙という物質分布エリアが出来、無限空間の中で空間拡張しながら広がっているという説もある。
けどそれでも、この宇宙の中の座標系はいずれにしても球表面形状、もしくはドーナツ表面形状で閉じてるという人もいる。
じゃないと、宇宙背景放射の観測と、閉じた宇宙で考えたときの電波分布のムラの予測値が一致してる理由がないからとか。
3名前:しじみ ★2019/02/25(月)15:04:09.49ID:CAP_USER
続き)>>1
■5. 宇宙の果て=地平線

シカゴ大学カブリ宇宙物理学研究所助教授。

地球から望遠鏡を使って、わたしたちは遠い宇宙のどこかから届く光を見ることができます。光源が遠いほど、光が到達するまでの時間が長くかかります。遠い場所を見ようとすると、今日の様子ではなく光がつくられたときのその場所の様子を見ることができるのです。より遠くを望むには、時間を遡ることになります。

ただし見ることができるのは、ビッグバンから数十万年後の場所に達するまで。それ以前(星や銀河が存在するずっと前)、宇宙は非常に暑く密度が高かったため光が弱く、最新の望遠鏡からであっても見ることはできません。この場所こそが、観測可能な宇宙の端で、 ときに地平線とよばれています。その先に何があるかは見えないのです。時間の経過につれて、地平線は変化します。ほかの惑星からこの地平線を見ようとしても、地球から見るのとだいたい似たような景色が見えるはずです。地平線、ビッグバン以来経過した時間、光速、そして宇宙がどのように広がったかなど。

今日の地球の地平線にあたるのはどこか。わたしたちにはわかりません。わかるのはビッグバン直後であって、今日の様子ではないためです。ただ、観測可能な宇宙を含め、わたしたちに見える宇宙のすべては星、銀河、銀河団、その他多くの"空"の空間など今日の私たちから見る宇宙とほぼ同じに見えるというように考えられています。いっぽうで今日の地球から観測できる範囲よりも宇宙ははるかに大きく、宇宙は果てしないものだというようにも考えられています。

■6. その答えはまだない

ピッツバーグ大学物理学教授 。宇宙論、理論物理学関連の研究に従事。

宇宙においてもっとも基本的な特性のひとつとして、時間が挙げられます。さまざまな測定から、現在137億年と考えられています。光が一定の速度で伝播することを踏まえても、初期の光線が今日まで特定の距離を進んだことがわかります。(地平線までの距離)光線よりも速いものはないことから、相対性理論に従う原理上は地平線までの距離こそがわたしたちが観測できるなかでもっとも遠い地点だといえます。

この距離からくる光源が、いわゆる宇宙マイクロ波背景放射です。マイクロ波背景の原点までの距離以外で宇宙には"果て"がないことがわかっているため、宇宙は地平線までの距離よりもずっと壮大で、わたしたちが観測できる範囲よりもずっと遠くに宇宙の果ては存在するのだろうというように推定されています。でも、この考えが正しいかはわかりません。観測可能な宇宙は比較的一様で普遍的だという考えとは少し矛盾しているかもしれません。

残念ながら、わたしたちにはまだ宇宙に果てがあるのかないのかという問いに対する妥当な答えがありません。もし果てがあるとしたら、それはずっと遠く宇宙の歴史全体という時間をかけてもなおわたしたちのもとに到達しないほど遠い場所だといえます。現段階では、観測できる宇宙の全体でなく一部を端として考えるほかないのかもしれません。

https://www.gizmodo.jp/2019/02/whats-at-the-edge-of-the-universe.html

119名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>1
光って熱なのかも。だからビッグバンも熱の集合体なのかも。
257名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>1
知らないのか? 「ここまで宇宙」って立て札が立ってるだけだよ
320名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>1 宇宙の果てに『吉野家』か『セブンイレブン』があったら、とっても安心するし助かる。
368名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>1 『吉野家』があるって噂を聞いたことがある。
401名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/06(水)20:31:37.88ID:KCYIQAZ0
>>1
遠いどころか数光年先にも行けないんだからそんなアホみたいな想像しなくて良い
403名前:ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. ID:
>>1
答えになってねええ

ていうか無限宇宙論とか ビッグバン否定すんのか

424名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/07(木)23:00:02.18ID:KYDF7q+1
>>1
要約すると、知るかボケ
478名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>1
そんな事どーでもいい
たかが人間が烏滸がましい
567名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>1
宇宙の果てのレストランww
懐かしいな。ww
4名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/25(月)15:08:32.18ID:fhn/FZQJ
まずは地球の果てはどこなんだ?
22名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>4
極西のアメリカ

我が国は日の本(もと)
世界の根本である

143名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>4
アルジェリアに決まってるじゃん
259名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>143
カスバの女の中の歌詞だね
上手い女性歌手は全部カバーしてるね
ちあきなおみが一番だと思う、美空ひばり、江利チエミ、西田佐知子、藤圭子
どれと比べても1番良い、尤も50代以下の年の歌手は歌ってないけど。
255名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/27(水)03:24:43.23ID:LLXVgfWY
>>4
地球は韓国に始まり韓国に終わる
13名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/25(月)15:17:50.73ID:qEb8NXDj
昨日宇宙の端で酒飲んでたよ。良かったよ。
40名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/25(月)15:49:17.04ID:QoW9AtaD
>>13
どうよかったんだよ
210名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>13
宇宙の端という酒場ですね?どこですか?
393名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>13
今度付き合うわ
396名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/06(水)19:20:45.01ID:vMZN6N6T
>>13
そこは宇宙の果てではなく宇宙の中心だよ
31名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
もしかしたら宇宙の果てはまだ物質がないので無なんじゃないか。
宇宙は無から有へのぶれで生じた物質のビッグバンという拡散による時空なのかもしれない。
結局人間には観測不能なので永遠の謎。
61名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>31
物質がないだけで空間がるのならそれはただの真空
無とは空間という概念すらない状態
おのそ、人間に想像できる範囲を超えている
66名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>61
物質が無いということは時空も存在してないということだろ
時間も存在しないし空間も存在しない
118名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>66
時空は物質じゃねぇよ
145名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>66
水の入ってない鍋は鍋として存在していないと言ってるようなもんだぞ
空間はあくまで物質を入れる器だ
中身がなくとも器は存在できるが器がなければ中身は存在できない
154名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>145
宇宙空間は物質とワンセットとされている。
物質は空間のエネルギーのありようかもしれないと言われている。
いま盛んに観測されているのはブラックホールのホーキング輻射。
超重力で光さえも表面から吸い込むブラックホールだけど、空間上に常に(物質の材料である)対となる素粒子が発生しては打ち消し合っているという説がある。
もし本当にそうなら、ブラックホール表面では盛んに素粒子のペアが誕生し、片方の素粒子が外に、片方の素粒子がブラックホールに吸収されるかもしれない。
常に打ち消しあうのだからどちらかは質量を打ち消す力がある。
そのため重力に反応する打ち消す粒子はブラックホールに落ち、物質に近い、質量・エネルギーを持つ方は逆方向となる外側に飛び出す。
それでよそから見ると粒子が飛び出してブラックホールの質量が減っていくように見える。
この現象が確認されれば、空間と物質の関連性が更に詳細に分かると言われてるよ。
75名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
ビッグバンは嘘 宇宙は∞
83名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>75
ビックバン説はウソってことはない。
なんとなれば観測結果で星々の動きからその距離が拡大している
ことからすでに知られている。
ダイナマイト爆発のように砕け散った土砂がそれぞれの星々と思えば
理解しやすいだろう。
これを逆に突き詰めていくとビックバン起源説にたどり着くって寸法さ。
と、いまは爆発に伴って拡張期だがいずれそのスピードは衰え
今度は逆に星々の引力の相互作用で収れんに向かうと言う説がある。
そしてまた再び圧縮された元の塊に戻っていくという。
427名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>83
最後の下りだけ俺たちの宇宙と同じだけか
それ以上の質量があれば押し返され
元に戻る可能歳が有るが
何もない空間だったら広がるだけで失速もしない
でこの空間の広がる速さは過去から同じらしい
98名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/25(月)18:17:17.78ID:vIs2cWzW
果てはどうせ膨張し続けていて到達できないんだから
逆に宇宙の中心がどうなっているか調べた方がよくね?
ビッグバンが発生したポイントを
102名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/25(月)18:37:00.74ID:E1FAsFcC
>>98
地球の地表面が発生したところが判らないように、この宇宙の三次元空間にも発生中心がないといまは考えられているよ。
191名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>98
無限大なら
中心はないぞアホ
434名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>98
お前の今居る場所がそうだよ
111名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
ドーナッツならともかく、膨張してるのに空間が∞ってのは理解できない
113名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>111
宇宙の広さは有限とされている。
けど、端もないとさらている。
球の表面の平面のように、面積はあるけど端がない状態に近いとされてるよ。
117名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/25(月)19:48:30.21ID:2CTCJcM1
>>113
それならわかるけど、
>>2のデューク大学の人は無限のサイズとか言ってるぞ
よく読めてないだけかもしれんが
123名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>117
うん、上の記事でも球表面説を扱ってるように、実はそれも証明されてない。
無限の空間の中で宇宙のタネが発生して宇宙という物質分布エリアが出来、無限空間の中で空間拡張しながら広がっているという説もある。
けどそれでも、この宇宙の中の座標系はいずれにしても球表面形状、もしくはドーナツ表面形状で閉じてるという人もいる。
じゃないと、宇宙背景放射の観測と、閉じた宇宙で考えたときの電波分布のムラの予測値が一致してる理由がないからとか。
189名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/25(月)22:50:38.29ID:X2zCkIef
この宇宙自体、超巨大なブラックホールの中にあるんじゃないの
227名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>189
そう言ってる人もいるねつまり
宇宙の端は辿りつけない=ブラックホールから脱出と等価もし出れたら親宇宙
それか外宇宙と連続してないBH内部の個別の閉空間
249名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>227
二重構造のブラックホールは無いよ
267名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/27(水)15:17:00.75ID:pjvqA2hj
>>249
この宇宙全体を包み込むほど超巨大なブラックホールならば、
その中にブラックホールが作られても不思議はないよ
220名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
光に制限速度があるほうが不思議
しかも静止していることはなく永遠に約30万km毎秒で飛んでる
一体なんなの光子って
236名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>220
高速道路にも制限速度あるんが不思議
237名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/26(火)15:32:26.12ID:nG+pgRu4
>>220
光の性質というより質量0の素粒子の性質だろ
299名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/28(木)21:22:19.33ID:Fd5FSo7M
>>220
光は止まっている
相対的にそう見えるだけ

なぜそう見える光の速度が無限ではなく有限一定なのか?宇宙の広がる速さが有限だから

なぜ宇宙の広がる速さが有限なのか?宇宙が生まれた後の密度がそうだったからインフレーションがそうなった

なぜ?知らん

228名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
宇宙の端には
まどかちゃんがおる
238名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/26(火)19:49:07.29ID:iWZS7FF/
>>228
残念、今は円環さんから再分離された
240名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>238
角川さんが言ってた。
抽象的な画面にしか出来ないキャラに価値はないって。
265名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/27(水)09:30:35.68ID:PwJQ7Jl2
宇宙の年齢が137億年なのに、さらにその先に宇宙があると言うのはどういう事か。
インフレーション宇宙論によればビッグバン以前に宇宙が光速を遥かに超えて膨張したことになるが
因果関係を持つエネルギーが光速を超える時点で理論が矛盾してるんじゃないの。
272名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>265
135億光年が果てではなく、その先は光よりも早く膨張してるので、そこからの光は永遠に届くことはないと聞いたけど
307名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>265
その先に宇宙があるとしたらそれはビッグバンで出来た宇宙じゃない
宇宙じゃない別の空間か何かかもしれないし
人間ごときの知能や知覚じゃ到底認識出来ないものかもしれないし
282名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/28(木)00:31:34.77ID:RWFp5P0s
宇宙の中心はどうなってるかって事には余り気にされてないよね。
284名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>282
宇宙全体がお互いに公転してるんだから中心は巨大な重力でしょ
これは確定事項
286名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>284
宇宙は膨らんでるんだから巨大な斥力でしょ。

想像だけど、果てに向かって観測するほど古くて初期の宇宙と言うことだから、本当の果ては中心部分にこそあるのでは。

広がってるんじゃなくて、どんどん中心に向かってるんだよ。

463名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/14(木)16:00:35.38ID:T8VQWMTr
>>286
遠心力で広がってんじゃないのか
291名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/28(木)11:09:35.40ID:pS1tGHfj
宇宙の端にはうがあります。
297名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/28(木)13:20:28.63ID:KkIfJVeZ
>>291
評価する
397名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>291 ウは宇宙船のウだね?
300名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
加速膨脹する宇宙の先端が光速を超えたスピードで遠ざかってるとか
冗談はやめてくれ、光速度不変の原理は現代物理学の根幹じゃないのか?
古典力学と量子力学の関係の様に量子力学と何かを考え出す時に来てる?
取敢えずは光速度不変の原理を基に宇宙の果てを説明して欲しいわ
304名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/28(木)21:45:59.51ID:Ty3ncT1A
>>300
光速度不変の原理「真空中の光の速度は全ての慣性系で同じである」

何1つとして矛盾はない

305名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/02/28(木)21:57:56.40ID:24YAi2y6
>>300
例えば音は空気の振動で、波として秒速340m位で空気中を進む
空気自体は秒速340m位の制限は受けず、それ以上の速さで広がることは可能(爆薬起動時の衝撃波)
光の媒体は空間(エーテルではない)なので光速よりも早く広がってもよいのだ
309名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>305
仮に銀河が光速でぶっ飛んで行ったらその先端から出た光は
光速度不変の原理でその先に突き進んでくカモしれないが
神様は宇宙にある銀河が光速を超えて飛散って逝くことを
ココロヨク思わないんじゃないのか
311名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>305
音波は疎密波だろ、媒体は密度を持ってる
光は電磁場をつくって進むんだろ、媒体はない
空間が間延びしたら物質だって隙間が増えるんじゃないか
場所場所で物理定数が変わるんじゃないのか
いい加減なことを云わんでくれ
312名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
全文をしっかり読んだので要約します。

問.       宇宙の果てには何があるの?

専門家の答え   わからん

314名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/01(金)00:32:45.29ID:EDceZ6iB
>>312
要約上手いな
その通りだわ
329名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/01(金)14:51:38.23ID:IA9tUYgR
>>312
そう。なのに専門家でない人たちが、自説を飛ばしまくっているのがこのスレ
338名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/02(土)04:16:27.72ID:pmpFCoor
ブラックホールとかで時空が歪むってことは、時間、空間もなにかの存在ってことで、
宇宙の果ての向こうには時間も空間もない無があるってことだよね?
この無がよくわからない 時間がないなら止まった世界なんだろうけど、
空間がないとなるとイメージができない
340名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>338
素粒子には自己同一性がなく、空間や物質は、電光掲示板とその上で明滅する点に例えられる。
我々が認識している世界は、
粒子単位で表示する立体シミュレーター上に展開するライフゲームみたいなもので、
宇宙の果てのその先=立体シミュレーターの途切れた先 に、何らかの世界があるのかも知れないけど、
シミュレーターの中の存在である我々には認識することが出来ない世界。
369名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/04(月)02:00:28.21ID:eHoN+bc9
>>338無も人間の想像力の産物にすぎない
有の反対が無、みたいな
353名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/03(日)09:13:19.38ID:4BfCbV+Q
観察して初めて実体が現れる

誰も見ていない場所には実体がない。あるのは確率だけ。

だから、誰も観察することのできない(物理的に不可能)な場所ってのは、実体がない。
宇宙の果てや、ブラックホール内部

そこにあるのは存在確率だけ。

354名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/03(日)10:19:39.07ID:TG3tgeQh
>>353
情報とロジックもある

観測とはその射影

355名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>353
原子核の周りに確率的な場として存在する電子を観測すると
粒子の様に振る舞う、、そんな話を思うに
電子は三次元以上の空間に渡って存在していて
人間は三次元でしか観測できないから粒子のように見えるのではないか
光子の二重スリット実験で光子を粒子として扱うとランダムな動きに見えるが
三次元以上の空間で眺めれば整然とした規則を持って動いているのではと
放射性物質の崩壊はランダムに壊れているように見えるが
三次元以上の空間から見れば整然とした規則のもとに行儀正しく崩壊している
のではないかと
人間の観測は三次元でしかできないので摩訶不思議な確率的現象として
捉える事しかできないのではとモウソウする
356名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/03(日)13:04:16.01ID:TG3tgeQh
>>355
二重スリットの実験は実験自体に電子に作用してしまっているという欠陥があって今時誰も見向きもしてないが
432名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
そんなこと言えば、素粒子だって分かっていない
「他の物質からは構成されていない、物質を構成する最小単位」
ってことだが、人類が今認知出来るクォークとレプトンが真の素粒子なのかは全く分からない
433名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>432
手塚治虫の漫画だと素粒子も宇宙で出来てたな
435名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>432
なるほど、
レプトンが真に最小かわからないのと同様に、宇宙の果てを知りようもないということか

それでいうと、観測範囲(観測深度)以上はそもそも観測できないんだからホログラフィック原理って成立しちゃうんじゃね
ってこと?

436名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
太陽系外に人工物を出したことすら無いのが人類の実力
437名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/08(金)02:24:09.23ID:Xyq19Qz6
>>436
こないだボイジャーが太陽系圏外へ出たんだが
439名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>437
ボイジャーが出たのは太陽圏
太陽系脱出は3万年後の予定
444名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/09(土)12:21:37.08ID:tuBFw3GN
まずは不老不死の人間の誕生を待つ
そして不老不死人間に宇宙の果まで移動してもらう
果てがあるならいつか辿り着くはず
447名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>444
光の速度で移動しても果てに辿りつくのは無理
宇宙空間は光速以上のスピードで膨張してるから
458名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>444
果てが無かったら
果てにまだたどり着けないかと果てが無いかの見分けがつかないので、永遠に分からない。
450名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
こういうんに興味ないってやつが羨ましいわ
わしなんか興味ありすぎて、
キチガイみたいに考えて考えて夜も寝られんようになってもうて
とうとうほんまもんのキチガイになってもうた
宇宙の謎はほんまにキチガイ生産装置やわ
459名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/12(火)10:58:19.08ID:deH2375N
>>450
まぁ女性なんか特に宇宙にそんな興味なんか無いからね、リアル目の前の現実に目を向けているから
でもこの世の不思議知りたいと思うでしょ?
470名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>450
分かるw
因みにあなたはいま何歳?
464名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
ビッグバンの勢いで広がってるとしたら
どんなエネルギーなんだよそれ
そもそもビッグバンってわけ分かんねーよ
466名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>464
何が原因で、何が根本でって教えて貰えるのは小学校までだよ。
社会でも、学問でも同じだけど、いまある材料から考えなきゃいえない。
例えそれが無駄な施策になったとしても、有用なしさくになるヒントを得ることも考えて進んで行かなきゃいけない。
468名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>466
今は宇宙の話せてるから
関係ない話は辞めて
467名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/15(金)19:58:20.62ID:4MtC2NDl
ビッグバンの影響で宇宙が膨張してるってことだけど、それが間違ってるってことはないんだろうか。
赤方偏移の観測が間違いってわけじゃなく銀河が遠ざかっているように見えてるだけで実はそうではないとか。
物理学者みんなが間違っているってことはないんだろうか。
469名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/15(金)20:07:50.15ID:w4Sh9LJm
>>467
ない
471名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/15(金)20:15:17.62ID:4MtC2NDl
>>469
そうか?ついこの前までは宇宙は膨張してないっていうことになってて膨張が確認されるまで
全員間違ってたんだぞ。
476名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>471
あんたのついこの前って結構長いんだなw
499名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
宇宙の果てまで行くと反対側から戻って来るのかな?
宇宙一周してまた地球までたどり着いてみたい。
宇宙のコロンブスやマゼランになってみたいなあ。
500名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/19(火)23:52:03.08ID:9slJwAot
>>499
ビッグバン影響下の宇宙が膨張しているということは閉じてないということ。
501名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/20(水)00:14:45.62ID:68GpZUUB
>>500
しかし物事は何でも有限だと思うんだ。
無限に続くものなんてあるのだろうか…
宇宙の大きさも例外とは思えないんだがな?
502名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>501
逆に有限なものって何なの?
数字も無限に続くものだし
508名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>499
遠い未来に宇宙の果てを目指そうとしたら太陽系並びに地球そっくりの惑星があってその星を地球と間違え
その宇宙探検家は宇宙一周して地球に戻ってきたと勘違いしてしまう。
そいつは死ぬまでその惑星が地球だと主張する。
(ちょうどコロンブスがアメリカ大陸に来てインドと勘違いしたようにね)
そしてそれから数百年先、もっと高性能なワープ機能を持ったロケットが開発され、さらに宇宙の果てを目指し
今度は本当に宇宙一周して地球に帰還することに成功する。
(ちょうどマゼラン一行が世界一周を果たしたのと同じように)
510名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/20(水)14:56:26.38ID:yC+XPDK6
>>508
盗んだワイングラスに指紋ついてなくて偽の地球だって気づくんだろ
518名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/22(金)19:01:28.14ID:50AyLjyS
>>508>>510
科学雑誌ニュートンだったかな?なんかの科学の本で見たことあるけど
宇宙の果てには地球並びに日本そっくりのパラレルワールドがあって俺そっくりさんがいるかもしれない。
そんな説もあるらしいね。
だから遠い未来に宇宙の果てまでいったらそこで地球そっくりな星を見つけて宇宙一周して地球に戻ってきたと勘違いする
…なんてこともないとは必ずしもないとは言い切れまい。
509名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/20(水)13:06:11.55ID:68GpZUUB
藤子F不二雄の短編集「旅人還る」
主人公の青年は宇宙一周して再び地球に帰ってきたという話だった。
531名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/24(日)13:42:12.54ID:K1Y1DyRd
そういえば宇宙の果ての描写ってあまりSFものでも描かれないような…
宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999、ドラえもんetc
想像し難い世界だからかな?何か描かれた作品知ってる人いますか?
>>509の旅人還るで宇宙一周してまた地球に戻ってきたくらいしか俺は知らないけど…
532名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/24(日)17:18:06.08ID:b9nPGNPy
>>531
主人公が到達することに意味のない場所だからだろ。宇宙とその外との間に境界なんてなくて
星も何もない真っ暗な空間がずっと続いてると仮定してもそれを漫画で描いても意味ないし。
533名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/24(日)17:48:25.08ID:e48khzsQ
>>532
地球そっくりのパラレルワールドみたいな惑星ならばドラえもんであったけどな。
全てがあべこべの星で天才ののびたそっくりの女の子がいたり
後は地球そっくりだが超ゆとり教育が行われていて小学5年で1年生の問題しかしていない。
あとは天の川鉄道の夜という話で宇宙の果てまでいき
「こっち側には全く星がない」
みたいな星にはたどり着いたがその名にもない先に行くとどうなっているかまではなぞだった。
549名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/25(月)20:13:22.65ID:VWrFbMpS
BBHの出口BHW(ビッグホワイトホール)
どこに繋がってんだろ?

BWH(ビッグワームホール)を通ってしまったら
数億年単位のタイムスリップしそう

全てがBNH(ビッグな話)だぜ

551名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>549
繋がる先があるならどうなるの?
ブラックホールの質量が激減する現象の例は知ってるよね?

>>550
行くのにどんな時間が掛かるかは試算は出てるけど知ってる?

552名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/26(火)00:01:06.05ID:+8gsafMQ
>>551
無意味の挑戦的な池沼だな
自分ではナニも語らない雰囲気勝負

実にみっともない野郎だぜw

561名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>552
お前も「宇宙の果て」について何か語れや

てか その語り口どっかで聞き覚えがあるな,真似てるのか本人かw

550名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
1無量大数メートル先
1グーゴルプレックスメートル先
1不可説不可説転メートル先

これだけいけば宇宙の果てにたどり着く?

551名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>549
繋がる先があるならどうなるの?
ブラックホールの質量が激減する現象の例は知ってるよね?

>>550
行くのにどんな時間が掛かるかは試算は出てるけど知ってる?

552名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/03/26(火)00:01:06.05ID:+8gsafMQ
>>551
無意味の挑戦的な池沼だな
自分ではナニも語らない雰囲気勝負

実にみっともない野郎だぜw

561名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>552
お前も「宇宙の果て」について何か語れや

てか その語り口どっかで聞き覚えがあるな,真似てるのか本人かw

554名前:ニュースソース検討中@自治議論スレID:
>>550
不可説不可説転って本当に途方もない巨大な数で普通こんな数使わないからな。
1不可説不可説転光年先まで行けば宇宙何周もできるかな?
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%AA%AC%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%AA%AC%E8%BB%A2

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。