【新元号】「令和」で炎上する中国ネット ★3

1名前:みつを ★2019/04/04(木)23:37:58.83ID:jcWwCjAr9
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-11928.php

Newsweek Japan
2019/04/04

【新元号】「令和」で炎上する中国ネット

リンク先に本文あり

★1のたった時間
2019/04/04(木) 16:57:38.38

前スレ
【新元号】「令和」で炎上する中国ネット ★2
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554371290/

17名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
これも遠藤誉さんの記事だぞ。

https://blog.goo.ne.jp/baileng/e/511baaad9aa3364c9be6f2e501896f55

>私が中国の「言論の自由」にこだわるのは、私自身が経験した革命戦争における惨事を、65年経った今も中国政府が認めようとしないからだ。

>しかし、この犠牲者の中には「長春で中国共産党軍が餓死に追いやった数十万の一般人民」は入っていない。
>なぜなら丸腰の人民の命を奪ったのが「人民の味方」であるはずの中国人民解放軍だからである。

>9月20日、私たちはいよいよ長春脱出を決行することになった。その前夜、末の弟が餓死した。
>「卡口」には国民党の兵隊が立ち、一人ひとりの身分を確認しながら「ひとたびこの門をくぐったならば、二度と再び長春市内に戻ることは許されない」と言い渡していた。
>戻るはずがない。餓死体が街路に転がり、人肉市場まで立ったという所には二度と戻りたくない。この門をくぐりさえすれば、「解放区」がある。「解放区」とは八路軍(中国人民解放軍)によって解放された地域のことだ。

>しかし、その門は「出口」ではなかった。
>真の地獄への「入口」だったのである。

43名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
日本の元号が羨ましいくせに
正直に言えよチャンコロ
54名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:14:16.24ID:4Hb/zveL0
散々言われてるけど、炎上なんかしてません

中国ウォッチャーwの中でネット炎上とか言ってるのは>>1だけだから

59名前:名無しさん@1周年ID:
>>1のリンク先の記事を最後まで読んだ

中国人が日本の元号にこだわるのは
文化が育たない現代中国人の哀しさが滲み出ているっていう結論だった

たしかに日本文化に影響されまくっている現代中国人たち
一方で日本に文化的影響を与えた古代中国の人々
まあ中国人にもプライドがあるんだろうな
ただ古代中国人と現代中国人を同一民族だと思ってる日本人って少ないと思う

84名前:名無しさん@1周年ID:
>>59
今の中国人が日本の文化が好きなのはあるかもな

日本文学も中国で人気あるし、
日本のアニメも中国で人気ある

88名前:名無しさん@1周年ID:
>>59
ほんともったいない国だよな
つくづく思うわ
732名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:31:34.54ID:WZ6IeKI+0
>>59
まぁ一部重複してるから
90名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
台湾人ら、中国へ山梨拠点に“詐欺電話” か
http://www.news24.jp/articles/2019/03/29/07424902.html
133名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
こっち見んな。こっち来るな。
134名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
元ネタ帰田賦との関係を隠そうとしたのがいけなかった
それにメディアも同調していたフシがある
きっちり説明していればもっと価値が上がった
さすが日本と評価されていた
138名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:00:07.54ID:dQnlMSRD0
>>134
いや、ないわ
会見でそのまま並べたらそれこそ日本の恥

醜態には違いないが政府自らやったらあかんよ

まあよりによってこんな序文から選んだのが間違いではあるが

484名前:名無しさん@1周年ID:
>>138
こう思う人がいるからきちんと説明すべきだった
万葉集の句は張衡という人物の才能をリスペクトしオマージュした非常に優れたものなんだよ
パクリとかそんなチンケな話じゃないんだよ
擁護する方もよく分かってなくてこんな状態だから駄目
826名前:名無しさん@1周年ID:
>>484

まぁ今みたく、知的所有権云々が存在しちょったら
正直引っ掛かったのかなとは思うが、
そんなものは存在していない時代とて、
まぁ当時は、今の感覚で言えば、
オマージュ、というのが相応しいやろね。

出典及び該当箇所は、ナイスチョイスじゃないかな、
とは正直思ったが、「令」という字を使こうとるし、
何分漢字というのは表意文字の趣があって、それ自体の解釈で色々
異論が出てくるのかな、と思ったのが第一印象やね。
それよりもTV出演した首相が、ああいう風に情景を読みんだようなものは
中国には無い云々みたいな
事を言っとったような記憶がるが、あっちの方がちとマズイなとは正直思ったね。
舞台や題材的には、あちらのものが典拠であろうというのは
無論あるが、抒情と叙景が上手く散りばめられているような漢詩なりも
そりゃ、存在しとるだろうしね。
「国書」を強調したいからといって、そういう所で大陸の影響を
ムリに否定しない方がエエだろうなとは思ったね。
どうしても国風を強調したいのなら、音(漢語)を一切止めて
「ナントカのとしつき」みたく、思いっきり訓(和語)にして
カナ表記にちゃった方が良さそうなワケでさ。

310名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
中国に全く関係のない日本の文化に、チャチャを入れるとは大人気ない国だな
325名前:名無しさん@1周年ID:
>>310
ドラえもんのコピー商品は、日本に関係ない中国文化ですか。そうですか。
368名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:20:22.53ID:5wzEYM3M0
>>1
他国のことをどうたら言うより、チベット問題を何とかした方がいいと思うの
421名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
日本が超絶大人気だな
世界中から 日本の起源は半島にだ!!いや中国ある!いやいやユダヤにだ!
いやいやイスラエルだ!エジプトだ!とひっぱりだこ。

これって逆に日本がすべての文化の大元だったりするのでは?
縄文時代って実は史実とは違うのでは?

436名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:46:54.77ID:CqkhmrTM0
>>421
少なくとも世界にとって大切な国であることには違いないね
466名前:名無しさん@1周年ID:
>>436
あんまりそうやって傲るな
それはお前のそれではないぞ
446名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:48:44.67ID:KU9sEh5s0
>>421
オカルトになるけど、hiroshi hayashiのyoutubeを見ると面白いよ。
479名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
お前らに関係ないだろw
ほっとけよw
526名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:13:03.86ID:SNMNMtpe0
>>1
もっとも、中国のネットユーザーのコメントを、かなり時間をかけて考察したのだが、
どうやら、清王朝以来「年号」を失ってしまった民の喪失感が、逆に、
まだ元号を持っている日本への羨望として暗く渦巻いているのを感じないでもない。
「令和」に対する中国のネットユーザーによる膨大なコメントの中に、その「哀しさ」が滲み出ているようにも感ぜられた。
530名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:13:57.04ID:ifsRfoLi0
>>526
なら中国も元号復活させりゃいいだろ
可能だろ?
563名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:27:15.08ID:3gIZ3sQA0
>>530
習近平さん皇帝になりたそうだしなw
575名前:名無しさん@1周年ID:
>>563
去年安倍が訪中したとき相手したのは首相の李克強だったな
習近平はなかなか姿を見せなかった
無礼なのと傲慢さが出てた 
579名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:32:34.21ID:6Nz711mg0
>>575
首相だからそれでいいんじゃないの?
598名前:名無しさん@1周年ID:
>>579
何を言ってる お互い行政府の長で対等だよ
李克強は二番手だ 
584名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:34:03.16ID:ifsRfoLi0
>>575
それは別にえんやないの?
イギリスとの首脳会談でエリザベス女王が出てくるみたいなもんだろ
609名前:名無しさん@1周年ID:
>>584
何を言ってる ロシアでプーチンと安倍が会わなければおかしいだろ
606名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:38:45.63ID:CqkhmrTM0
>>575
安部ちゃんが平じゃないから出てこられなかったのかなあ
536名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:16:28.50ID:CqkhmrTM0
>>526
皇帝制度も元号もそもそも中国の方から来たからねえ
簡単に自国の歴史を捨てることがいかに愚かなことか
まあ捨てたのは中国人ではなく中国の体制だけど
545名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:19:22.22ID:ifsRfoLi0
>>536
中国は国名が変わると他国の認識だから
例えば韓国が日本を侵略して日本の歴史を受け継ぐと思う?
それが中国と古代中国
547名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:19:37.88ID:p/ZngJlKO
>>1
リンク先にって怠慢だな
642名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
令と和が離れているけど、google様ならそのまま令和が使われている出典が出て来るぞ。

東洋医学古典 鍼灸甲乙経 469頁
https://books.google.co.jp/books?id=E0S0DAAAQBAJ&lpg=PA469&ots=pDkPO8L01B&dq=%E6%B0%97%E5%92%8C%E3%80%80%E8%BF%8E%E9%9A%8F&hl=ja&pg=PA469#v=onepage&q&f=false
知迎知隨、氣可令和
補瀉迎随を理解できれば、気を調「和」「させる(=令)」事ができるという文の一部。

738名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
中国人が怒る理由ないだろ
鼻で笑うならわかるが

漢字文化だし詠んでる本人は中国のオマージュした感じで詠んでんのかもしれんが
現代人の今回の選定が悪いのよ

大体元号にするほど中身のある歌でもないのに

837名前:名無しさん@1周年ID:
>>738
同意

中国のサイトでコメント読んでも
中国人のが合理的で冷めてる感じだし

845名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:39:35.85ID:mpO74m200
>>738
そう、違和感はそこだよ!
大した詩ではない
878名前:名無しさん@1周年ID:
>>822
まぁ正直、元号が生活に与える影響は
現実には、ごく限られた場面なんで、皆さんそれほど
深くは考えないのじゃないかね。(そういう意味では、
今が旬というか、商魂逞しく活況を呈するしかないという)
あえて言えば、代替わりのセレモニーの一幕みたいな感じで、
それにケチをつける必要はなかろう、まぁご祝儀やな、というのが
多くの感想ちゃうかな。

>>845
まぁそういう事を言えば「万葉集」自体、「わが誇るべき国書である」と
肩をいからせるような趣ではなくて、どちらかといえばソフトな感じなのじゃあるまいか。
極端に言えば、元号「鼻穿」とか「腋草」とか、そういうモノもあり得ないことでは無い
かもわからんしね。

881名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:54:18.25ID:mpO74m200
>>878
同意
885名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:55:38.11ID:0GXds1QU0
>>878
ところが
令って文字は毎日使うと

心がすさんでくると思う
それ狙いの可能性も十分ある

試しにお前書道で令和って書いてみろ

負の印象が強くて確実にジワルぞ

919名前:名無しさん@1周年ID:
>>885
例えば役所絡みの、何かの書式を書き込む時には、あるいは必要とされるかも
わからんが、それ以外のところでは、どんどん西暦になっちゃってる観はあるし、
残念ながらグローバル化も進みつつある今日のこととて、
これを機にというわけでもないが(尤もマジで元号を使わせるのなら、もうちょっと
準備期間を設けた方が良さそうなワケだしね)
更に「西暦化」がより進むということになるんじゃないかね。
だからといって個人的には、元号は絶対に使わんぞ、という事では無いんだけどね。
拒否ってて、時間とか浪費するようなら、まぁさらっと「令和」云々などと
買いたりしてしまった方がエエのかな、というのが一般の認識ちゃうかな。

>>892
まぁ民国成立で王朝を止めてしまったので、
元号も廃止したということなんだろうね。その証拠に袁世凱が即位した際には
「洪憲」という元号を定めたワケやね。袁の即位は不評だったために、
ごく短期間に終わったが、その御蔭で「洪憲」の銘が入った物には、
希少価値があるかもわからんがね。
まぁ何れにせよ、元号をあえて復活させるには、袁みたいな行為が必要という
ことやもな。

923名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:15:56.93ID:0GXds1QU0
>>919
精神衛生上避けたいってのはあるな
757名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:51:44.60ID:ms9wOMd60
>>1
阿呆らしくて途中で読むのやめた
ただの妄想じゃねえか
841名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:38:25.55ID:57pNJDLOO
>>1
炎上するような事ではないと思うが…特亜って本当に頭やられてんのな。
まぁ中共が有る限り、人材育成は諦めろ。
文革やウイグル等の虐待で業が深まるばかりだしな。
850名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
>他国の元号なのに。
>ヒマなの?

>>1 の元記事を書いた
バカウヨが騒いでるだけだよ

856名前:名無しさん@1周年ID:
>>852
参照数を見れば分かるが大して読まれてない
>>1 の元記事経由でしか情報に触れられない
日本の知的底辺が騒いでるだけ
867名前:名無しさん@1周年ID:
>>856
中国のローカルなニュースでの報道とか探せば人口多いから令和ニュースは相当な数になるぞ
静かな人口と比例して騒がしい人数も恐ろしく多いのが中国
869名前:名無しさん@1周年ID:
>>867
同一レベルで表示される記事と比較すると
参照数は圧倒的に少ないよ
コメント付いてない記事のが多い
889名前:名無しさん@1周年ID:
>>869
ソース元だけ見て全体は語れないでしょ
レコチャや親元の新華社に各地方の報道考えると物凄い数の中国人が日本の新元号に感想もったのは明らか何だし
炎上だ~とか釣る為の馬鹿に付き合う気は無いけど総数が違うから否定的な数が少数でもその少数層が他国から見たら相対的に多いのは事実
950名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
記事ちゃんと書けよバカ記者
5名前:名無しさん@1周年2019/04/04(木)23:41:05.87ID:tvEkjwGl0
元号のない国の劣等感
430名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:45:16.08ID:CqkhmrTM0
>>5
なんで元号捨てたんだろなあ
435名前:名無しさん@1周年ID:
>>430
皇帝がいなくなったからでしょ
共産主義に元号は合わない
442名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:48:16.63ID:CqkhmrTM0
>>435
なんで共産主義になっちまったんだろなあ
残念だねえ(´・ω・`)
457名前:名無しさん@1周年ID:
>>442
アメリカの責任が大きいよ、蒋介石に武器供与約束してたのに反故、一方コミンテルンは中共に武器供与
民主党アメリカは国民党よりも中共を信じた
元々ルーズベルト政権が親左翼だったからね
461名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:53:09.84ID:CqkhmrTM0
>>457
なるほどね
共産主義にしたのはアメリカのせいで
そのアメリカのせいでアメリカは中国に手を焼いているのか
490名前:名無しさん@1周年ID:
>>461
「せい」といえばソ連とアメリカと中国国民のせいだけどね
南北朝鮮も似た構図
494名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:03:12.82ID:CqkhmrTM0
>>490
日本は本当に分断されなくて良かったなあ
下手したら北日本南日本とか
東日本西日本とかで分断されてたんだよなあ
恐ろしいねえ
566名前:名無しさん@1周年ID:
>>494
それはほんと言える、マッカーサーが昭和天皇と共感出来たことも大きいと思う
昭和天皇はマッカーサーで良かったと言われたからね
一方、中国担当?のマーシャルだったと思うけど親左翼って感じだった、デュープス
588名前:名無しさん@1周年ID:
>>566
マッカーサー元帥はわりとアメリカ人でも稀有な方だったのではないかね?
イギリス出身だから、王室があって、デリケートだったんでしょう
677名前:名無しさん@1周年ID:
>>588
なるほど、それは知らんかった 
662名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:57:38.26ID:BgxvaN0H0
>>494
3.11で外国の軍隊
たとえばロシア軍や人民解放軍を受け入れていたら
東西で分断されることになったと思います
治安維持を名目にね
やはり首相には見識のない人を立ててはいけない
685名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:06:00.63ID:CqkhmrTM0
>>662
追い出すから大丈夫今は
477名前:名無しさん@1周年ID:
>>457
デュープスやなー
500名前:名無しさん@1周年ID:
>>477
それだね・・・ベノナ文書もあり現代中国の弾人権圧侵略路線の露骨さもあって
今やっとそれに気が付いてきたというところ
681名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:04:09.94ID:BMVn3S880
>>457

586名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:34:24.37ID:wy1iXEqy0
>>442 民主主義になっても専制君主制になっても日本にとってはやっかいよ。
どっちにしろ基本的に隣国は敵だから、今がましと思うしかない。
624名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:44:19.59ID:CqkhmrTM0
>>586
個人的にはそこまで敵な感じはないんだよねえ
味方ではないにしても敵ではないと思ってるよ
仲良くとかそういうんじゃなくて
(´・ω・`)
660名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:56:24.51ID:wy1iXEqy0
>>624 日本にやってきて、日本のルールを順守せず中国では中国ではとやって其れがだめなら日本語判らない、敵じゃなくて何なんですか?
あとはキンペーさんが毛沢東先生にならって第二次文化大革命がおこることを願うのみです^^
694名前:名無しさん@1周年ID:
>>586
南京事件時に出てくる紅卍会って宗教団体は良かったよ
関東大震災ときも義援金送ってくれたし
南京攻略戦の死者の数も盛ってない正確な報告してたし、今の中国じゃ考えられないほど
455名前:名無しさん@1周年ID:
>>435
毛沢東とか事実上の皇帝じゃんw
6名前:名無しさん@1周年ID:
すんすけ@tyuusyo

まとめます。
1,令和の出典は万葉集の梅花の歌だが、梅花の歌に影響を与えたものとして先学は王羲之・張衡・杜審言などをあげていた。(契沖『万葉代匠記』)
2,ところがMr.ナイフなる者が「張衡」だと言いはった。
3、その理由は「張衡は安帝を批判したアベガーの大先輩だ」と思い込んだから
4,これにころっと騙されたのが左派の皆さん(誰も裏とりをしなかった)
5,実は張衡が帰田賦で批判したのは「順帝」
6,更に張衡は実は法律を制定して野党的な反政府人士(奸党)を取り締まった人

39名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:04:53.53ID:wycEuR6p0
>>6
>3、その理由は「張衡は安帝を批判したアベガーの大先輩だ」と思い込んだから
>4,これにころっと騙されたのが左派の皆さん(誰も裏とりをしなかった)
>5,実は張衡が帰田賦で批判したのは「順帝」

これホント?
左翼の人たち恥ずかしいなw

347名前:名無しさん@1周年ID:
>>39
しかもそれがパクりになるなら
色々当てはまりすぎて全部パクりになるわって
馬鹿丸出しの批判を称賛し鬼の首を取ったように
ドヤるパヨク達は見ていて哀れだったわ。
しかもインテリぶって学のないネトウヨ達とか草はやしていたし。
120名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:49:26.56ID:dQnlMSRD0
>>6
1のリンク先と全く無関係でわらた
269名前:名無しさん@1周年ID:
>>6
俺が嫌儲まで行ってアイツラに忠告してやったのに、聞く耳持たなかったw
358名前:名無しさん@1周年ID:
>>6
まとまってないよね、これ。
364名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:18:55.37ID:+xYpFlYY0
>>358
まとまってるかどうかは知らんが
パヨクの主張が完全に破綻してるってのはわかる
397名前:名無しさん@1周年ID:
>>6
パヨクっていつもバカだな
904名前:名無しさん@1周年ID:
>>6
偏差値28釣りって簡単すぎて嗤う
知性が朝鮮ヒトモドキ並
10名前:名無しさん@1周年2019/04/04(木)23:45:38.55ID:hoja2XA80
元号の本家

中国から指摘されるってことは
なにか不備があるんだろう

素直に聞くべき

69名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:24:05.70ID:QZ5C1OUb0
>>10
中国の古典の研究では日本の方が進んでるいる
78名前:名無しさん@1周年ID:
>>10
使いこなせてない奴に聞いてどうする
301名前:名無しさん@1周年ID:
>>10
中国は元号捨てたんだからもう本家では無いよ
329名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:08:33.33ID:5bhSEqQS0
>>10
おれさまたちの先祖はすげーんだぞっていばってるバカが騒いでいるだけ
334名前:名無しさん@1周年ID:
>>329
まあなんかあなたは北の将軍様でも大事にしていれば宜しいのよ
391名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:30:49.08ID:3nVQpF8R0
>>10
あいつらに当時の記憶はない
924名前:名無しさん@1周年ID:
>>10
支那って有り余る古典がありながら、それを自由に研究することができない
んだよねww
934名前:名無しさん@1周年ID:
>>10
中国では国の書籍に関して連続した研究がなされていないのよ
みなさん誰もがご存知のように、壊して作り直す文明だったから
だからあなたのように中国からの声もとんちんかんなのが多い
936名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:21:59.15ID:0GXds1QU0
>>934
台湾が保管してんじゃねえの?
946名前:名無しさん@1周年ID:
>>936
大陸の共産中国が文革で失ったモノに関してはそうだろう。
それ以前に喪失したモノは日本にが残ってる(大半は写しや、日本人の書いた当時の記録)
953名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:30:20.41ID:0GXds1QU0
>>946
今の中共みたら
歴史的なものは残しつつあるようには感じるけどね

発掘作業とかは認可してる部分もあるわけで
ただ価値のない像とかは爆破しまくって壊してるけどなw

941名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:25:34.48ID:BgxvaN0H0
>>934
互換性をなくして
作り直す
マックOSみたいな中国
990名前:名無しさん@1周年ID:
>>10
今の支那は文化大革命でリセットされているから、元号があった頃の古代国家とは人種的にも無関係
993名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:49:49.23ID:0GXds1QU0
>>990
それは飛躍しすぎるな
中国のことを勉強してない
13名前:名無しさん@1周年ID:
日本の古典は中国のパクリだらけ
記紀も中国の古典のパクリだらけ
天皇は世界最古の王室とか嘘
実際は中国の歴史をコピペしたから古いだけ
26名前:名無しさん@1周年2019/04/04(木)23:54:33.71ID:iDuKCvkB0
>>13
世界最古であるわけはない
しかし世界最寿命ではある
29名前:名無しさん@1周年ID:
>>26
エジプトのほうが長い
32名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:02:04.23ID:wycEuR6p0
>>29
エジプトの王室って今もあるの?
41名前:名無しさん@1周年ID:
>>32
現代のエジプト人は4000年前にピラミッドを作ったエジプト人の末裔だけど
文字はとっくに失われて、ロゼッタ石が無ければ解読されることは無かった

まあ、あの当たりはローマ帝国を初めとして ヨーロッパ人がやりたい放題やった
地域だからね 今の混乱もヨーロッパ人が原因なんだから 日本はPKOも送るべきではない

75名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:29:48.97ID:tMSilAMo0
>>41
末裔じゃないぞ
その廃墟に住み着いた土人に過ぎない
61名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:17:56.83ID:hif72xbY0
>>29

とっくに滅びてるじゃん馬鹿ですか?w

462名前:名無しさん@1周年ID:
>>29
国境が直線の国って威厳ないよな
30名前:名無しさん@1周年ID:
>>26
ほとんどの王室がなくなってるんだから、日本最古だろ?
少しは歴史を勉強しろ
102名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:41:38.60ID:KWimuEuB0
>>30
そういう意味で最古と言ってるのではない
「いつ存在していたことがあったか
(今続いてるかどうかは別として、いつあったのか、いつからあったのか)」
という意味で言ってる

最古と言ったらふつうそういう意味じゃないか?

115名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:46:33.07ID:n74Clswd0
>>102
たぶん(現存する中では)最古と言いたかったのだろうと思う
24名前:名無しさん@1周年2019/04/04(木)23:53:35.32ID:iDuKCvkB0
不思議なのはなんで
たまたま自民党政権のときに改元になったのか?ということ。
必然なのか?偶然なのか

安倍総理が元号への思いを説明したことで
やはり日本は自民党が担うのだというイメージが強化された。
令和が続くあいだずっと安倍総理を意識せざるを得ない

しかし歴史の巡り合わせによっては
民主党政権の時に改元される展開もあったはず

99名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:40:07.39ID:y6ikArcX0
>>24
その代わりに社会党や民主党の時に
阪神大震災や東日本大震災があったじゃん
震災の話題になるたびに村山や管を意識せざるを得ない
146名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:02:55.40ID:/od88ihk0
>>24
鳩山政権だったらきっと友愛元年だったぞ
199名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:23:56.98ID:0dmIoUcP0
>>24
民主の時じゃ無くて本当に良かった
鳩管の主導の元、蓮舫みずほ辻元福山辺りのエセ日本人に日本が汚される所だった
友愛とか反省とか謝罪とかいう元号になったら生きていられない
40名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:06:01.51ID:HBYc4In60
中国人さぁ、生きてて恥ずかしくないの?
44名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:08:21.03ID:2X9x3F6E0
>>40
恥ずかしいどころか自信つけてるだろ。経済力に比例するんだよ。
一方生きてて恥ずかしいのは日本人。B層の頭が悪くて悪くて。
73名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:29:04.79ID:HBYc4In60
>>44
クッソ下品な上に自信満々って死んだ方がいいんじゃないですかね
66名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:23:01.21ID:IqnFmF5q0
万葉集 うらやましそす (´・ω・`)
174名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:16:44.48ID:h+xkaEQf0
>>66
紀元前からの文書が沢山残ってる中国相手にやっと8世紀に成立の古事記を自慢するのって恥ずかしくね?
178名前:名無しさん@1周年ID:
>>174
それって、北京原人を自慢するようなもんだぞ。
211名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:27:01.77ID:h+xkaEQf0
>>178
原人と現人類は繋がってないが、中国文化は繋がってるだろ。
ソース記事にある様な「これって張衡の帰田賦じゃない?」った言える知識が根付いてることこそが文化の繋がりよ。
183名前:名無しさん@1周年ID:
>>174
古事記を自慢するのは単に古いからではない
万世一系の皇統の成り立ちを自慢してるんだよ
184名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:19:23.53ID:mpO74m200
>>66
中国人が万葉集を読むと、漢の詩歌には存在しないエロに圧倒されるという。うらやましかろう
196名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:23:29.63ID:gy+7zYT/0
>>184
日本神話もエロいし愛もエロだし、人がエロって初めて子孫繁栄するし、春画とか海外でも人気らしいし
207名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:25:37.66ID:mpO74m200
>>196
俺の古代倭人伝エロ中国語訳は人気が出てきたところだ
205名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:25:10.63ID:OpsxOIdV0
>>184
漢詩はふんわり婉曲的なエロさ
229名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:32:39.48ID:mpO74m200
>>205
中華は、書き言葉の公開恋文の限界があるな。
72名前:名無しさん@1周年ID:
例えて言うなら、お茶碗は陶器で出来てるから、
陶器の由来は中国だからお茶碗も中国が起源って言ってるようなもん。
116名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:46:51.45ID:OpsxOIdV0
>>72
お茶椀はお茶と一緒に大陸から伝わったような気がするな
124名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:51:00.78ID:mpO74m200
>>72
茶碗は中国起源で間違いなと思う。
高温の炉を使う陶磁器製作技法そのものは、メソポタミアかもしれないが。
117名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:47:21.00ID:ODx6h8Gr0
平成の時はここまで騒がれなかったしネットって凄いんだなぁ
125名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:51:26.10ID:fLr/6Ac/0
>>117
喪中に馬鹿騒ぎする奴はいないだろ
148名前:名無しさん@1周年ID:
>>117
当時も一応パソコン通信というネットがありまして、当時はこんな感じでした
#12 Article 3592 Posted at 1989/01/07 08:09:54 by BOSS (MAP386) [XDAY]
Subject: 本日午前6時33分天皇陛下崩御
本日午前6時33分天皇陛下崩御
吹上御所で88才の生涯を閉じました
#12 Article 3593 Posted at 1989/01/07 08:15:51 by DATTYA (MAP519) [XDAY]
Subject: X-Day
4:00 天皇陛下、危篤状態に
5:00 侍医長、皇居入り
5:40 皇太子、皇居入り
6:10 総理、皇居へ向かう
6:30 総理、皇居入り
6:35 宮内庁、官房長官、緊急記者会見
政府と宮内庁に緊急連絡室設置
総理、官邸にもどり会見
7:55 宮内庁長官、官房長官発表。天皇陛下におかれましては本日午前6時33分吹上御所において崩御あらせられました

#12 Article 3594 Posted at 1989/01/07 08:32:28 by SS-20 (MAP698) [XDAY]
Subject: Re: X-Day /3593
BOSSさん、88歳じゃないよ。87歳だってばぁ!こんな時に間違ってたら、
全国の恥ですよ!
ビデオ・OVAのボード#478は果たして実際に発動するんでしょ~かねぇ・・・。
朝5時過ぎに、ようやく溜っていた「年賀状」を書き終えて、
さあ寝る前にTVでも・・・と思ってつけたテレビが、
一気(!)に、私の眼をさましてしまったのであった。
年賀状どうしよう・・・折角書いたのに・・・。

#12 Article 3595 Posted at 1989/01/07 09:22:55 by DATTYA (MAP519) [CAKE]
Subject: 緊急連絡
本日予定していましたケーキツアーは、予定通り行われます。
なお、ケーキビュッフェは自粛しないことを、いま電話で確認
しました。明るく楽しくいきましょう。

126名前:名無しさん@1周年ID:
なにもかも捨てた中共にゃ
もう何も言う資格はない
128名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:52:52.22ID:mpO74m200
>>126
元号以外に捨てたのって何?
130名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:54:30.86ID:ODx6h8Gr0
>>128
まともな国民
132名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:55:30.86ID:mpO74m200
>>130
質問して悪かった、すまん
131名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)00:55:23.00ID:OpsxOIdV0
>>128
縦書きを横書きにした
しかも欧米に合わせて左から右に書くように変えた
漢字を簡略化した
あとは、、度量衡をメートル法にした
139名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:01:02.81ID:mpO74m200
>>131
甲骨文字から隷書への大改造以来の簡略化だったね。度量衡をフランスに合わせたのは意外だった。
144名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:02:33.67ID:OpsxOIdV0
>>139
草書っぽい簡略化なのに活字が明朝体ぽくてちょっと違和感がある
でも仕方ないんだろうな近代化のためには
153名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:07:41.54ID:mpO74m200
>>144
毛筆仕様から活版印刷仕様へ、
そしてqwerty キーボード打ち仕様へ
便利だが、芸術面が損なわれて寂しさもある
150名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:05:32.56ID:gy+7zYT/0
たぶん中国本土にあった古来の中国らしい中国の伝統や文化や良さは台湾へ移動したと思うよ、中国本土は共産ファーストで脱精神化ロシア化したように見える
206名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:25:17.88ID:TCcWMlMt0
>>150
故宮博物館は台湾のもののほうが優れた宝物を所蔵してるんだよね?
231名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:33:00.11ID:gy+7zYT/0
>>206
中国本土が共産統一されて政治的に住みにくくなったため代々様々な中国文化の先人が台湾に避難し、古代の中国文化本物の多くは台湾で秘かに伝承されてるはずと推測してます
246名前:名無しさん@1周年ID:
>>206
茶の文化も台湾の方が良いものがある
鉄観音茶は中国本土ではロストテクノロジーになってる
151名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:06:33.48ID:IgdYzyc/0
テレ朝モーニングショー

玉川徹「菅原道真の『東風吹かば~』はなんで万葉集に入らなかったの?」

万葉集 759~780年に成立
菅原道真 845~903年

156名前:名無しさん@1周年ID:
>>151
玉皮w
191名前:名無しさん@1周年ID:
>>151
154名前:名無しさん@1周年ID:
中国は元号ないんだっけ。皇帝途絶えたから
159名前:名無しさん@1周年ID:
>>154
何故かご子息の方が日本へ来られていなかった?
テレビでやっていたけれども、とてもエレガントで味のある女性だったわよ
172名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:15:35.46ID:zLUqfZPY0
>>154
共和制でも元号は制定できるけどね
173名前:名無しさん@1周年ID:
中国と言うのは大きすぎるし、人口が多すぎるのよ
ものすごく教養のある人もいれば、全くの方もいたりして、暴動とかが起こって
文化がああなるんじゃないかしらね?

日本でもちょっと一部のブサヨの方らが常に怪しいでしょう?ああいうのが沢山いるんだから
そりゃ大変でしょうよ

181名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:18:51.98ID:gy+7zYT/0
>>173
日本の左翼って中国系とか韓国系とか大陸絡みの人が多くない?
純粋に日本人で左翼って少ないと思うよ
187名前:名無しさん@1周年ID:
>>181
血なのかも知れないわね
228名前:名無しさん@1周年ID:
>>181
大陸は貧乏だからどうしても左派的思想になるんだよ
175名前:名無しさん@1周年ID:
あいつら歴史は古いのに大事にしないよな。全部時の権力者がぶち壊してしまう
177名前:名無しさん@1周年ID:
>>175
それさえしなければ良いのにね・・
179名前:名無しさん@1周年ID:
>>175
万里の長城は市民が壊してるけどね
182名前:名無しさん@1周年ID:
これ系のスレで気になってる事があるんだけど脱中国したいって誰が言ってるの?
万葉集から取ったくらいで決め付けてるの?
200名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:23:57.01ID:OpsxOIdV0
>>182
学校で漢文を教えるのは自虐的だと言ってる人がいるってのを何処かのスレで読んだ
中国憎くて漢字まで憎いひとたちがいるのかも
214名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:27:39.32ID:TCcWMlMt0
>>200
中華人民共和国と古代中国の各王朝は連続していないのだから、気にしなくていいのに。
大陸では王朝が変わるたびにそれ以前のものをぶっ壊してきたでしょ。
218名前:名無しさん@1周年ID:
>>200
そんな人本当にいるの?
日本の保守ってむしろ昔の中国の文化は尊重してる人の方が多いと思うし
嫌ってるのは共産党の事じゃなくて?
ネットの書き込み見てても左の人が脱中国を狙ってる!って決め付けてるように見えるんだけど
そうじゃないならもしかしたら政府が脱中国したいみたいな事言ったのかなと
232名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:33:04.73ID:OpsxOIdV0
>>218
日本人の方が漢字を使いこなしてるから漢字は日本人のものだ
みたいな
236名前:名無しさん@1周年ID:
>>232
それが何?
253名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:38:40.83ID:OpsxOIdV0
>>236
そういうひとがいるらしいので、その周辺には中国の古典嫌いの人が集まっているのだろう
244名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:36:25.10ID:mpO74m200
>>232
ただのバカの希望的意見だろう。
251名前:名無しさん@1周年ID:
>>200,>>218
百田尚樹氏「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を」
昔の司馬遼太郎のような位置にいるのに、漢文が本当に嫌いみたい。
258名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:39:46.58ID:mpO74m200
>>251
百田はとりあえず漢字を使うのをやめたらいいな
264名前:名無しさん@1周年ID:
>>251>>253
そういう保守の中でも一部の極端な人の声を政府の声と同一視するのはおかしいと思うし
それと中国は自分の国の文化を破壊したり粗末に扱って来たんだから
日本にあれこれ文句言う筋合いないですよね?
って言われたら黙るしかないんじゃない?って思うけど
280名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:46:56.87ID:4Hb/zveL0
>>264
>中国は自分の国の文化を破壊したり粗末に扱って来た

それは確かだけど、近年はすごい勢いで自国の古美術とか文化財を買い集めてる
富裕層は自国の古典をみっちり家庭で教育してるらしいし、バカに出来ないな

292名前:名無しさん@1周年ID:
>>280
過去に破壊した事や粗末にして来た事を反省してこれから大事にしようって姿勢は
いいと思うけど
それなら尚更日本にあれこれ文句言えないと思うな
もしかしたら富裕層の人達は十分自覚してるし言ってないのかもしれないけど

>>283
そんな書き込み無知でなければ出来ないよね

300名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:58:32.46ID:mpO74m200
>>292
夏華人らは、いつ何を粗末にしたのだろう。具体的にさ。中国に行く機会が多く中国人の友人も多い俺には、彼らが自分たちの先祖の生み出した文化や文物をないがしろにしているようには見えない。その代表は、漢字であり、漢字で表現された各時代の世界観だ
313名前:名無しさん@1周年ID:
>>300
中国が自分達の文化を破壊して来た歴史を否定するの?
そんな書き込みには悪いけど付き合えない
337名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:09:55.65ID:mpO74m200
>>313
具体的にいつ何を破壊したのか言えないままに自分が正しいと主張するなら、それは事実の指摘ではなく、信仰の表明なんだよ‥信仰が悪いとは決して思わないが、信仰がを共有しない相手には意見は通じない
341名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:11:52.37ID:5bhSEqQS0
>>337
人間の品性を捨てたんでないかな
まだ生きている人間がいたのに新幹線を埋めたの知ってるだろ
全世界にライブ中継されてたよw
359名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:17:56.03ID:mpO74m200
>>341
なるほど品性ね。具体例は新幹線事故の非人間的な処理方法
373名前:名無しさん@1周年ID:
>>341
共産主義は宗教を認めなかったから影響が大きかったからな
そりゃ品性にも影響あるだろ
375名前:名無しさん@1周年ID:
>>373
まあなんか無宗教も害があり過ぎたというのは証明されたよね
407名前:名無しさん@1周年ID:
>>375
無宗教も害?
詳しく聞かせて
384名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:26:30.60ID:5wzEYM3M0
>>373
道教があるよ
320名前:名無しさん@1周年ID:
>>300
文化革命で過去を全部捨てたじゃない
340名前:名無しさん@1周年ID:
>>320
文化大革命をなかった事にしようとする人が5chにまでいてちょっと驚いちゃった
351名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:14:50.90ID:mpO74m200
>>320
殷から続く各世代が漢字で表現した世界観を文章で引き継いで現在に至るが、過去を全部捨てたとは、何を指すのかがわからない。
355名前:名無しさん@1周年ID:
>>351
・・それなのになぜ「命令」とかそういう単純な思考に陥るのかしらん?
382名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:25:16.91ID:mpO74m200
>>355
さあ、中国史において革命なら何度か起きているが、文化伝統的蓄積(哲学、歴史、科学技術など)は引き継がれたとしか……。ひょっとして、革命イコール過去の全てを破壊する行為だと思っているとか?
406名前:名無しさん@1周年ID:
>>382
共産革命はちょい破壊力凄いけどね、とくに宗教とか道徳的価値観
408名前:名無しさん@1周年ID:
>>406
追加。あと歴史観もね
363名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:18:50.71ID:5bhSEqQS0
>>351
文化は伝わるものと言われるが
実際は伝えたのではなくその文化を持った種族がそこに定住したから
中国は王朝が変わるたびに為政者が変わっていて
まったく連続性がありません
393名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:31:37.89ID:mpO74m200
>>363
文化的連続性の定義を「支配層の出身地民族構成が同一であること」に置くならば、あなたの言うとおり、中国の歴史に文化的連続性はないね。
438名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:47:39.57ID:mpO74m200
>>363
あなたの定義だとローマ帝国にも文化的連続性がまったくなくなるが、それも面白い考えだと思う
472名前:名無しさん@1周年ID:
>>438
イタリア人やエジプト人はローマ2千年の歴史とか、エジプト5千年の歴史みたいな
言い方はしないね、イタリアとは古代ローマが同じじゃないことははっきり答える
古代中華と中国には連続性は無い。中国人も古代中華と言うべき
493名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:03:09.13ID:mpO74m200
>>472
古代中国という言い方はあるよ。文化的連続性を言うときは商から数え、体制の連続性は共産革命から数える。
ところで日本の文化的連続性や体制的連続性は何年というべき?
499名前:名無しさん@1周年ID:
>>493
2679年だよ
502名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:04:29.41ID:CqkhmrTM0
>>493
古来から和の国でそれが日本だから
いつだ?
514名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:09:11.17ID:mpO74m200
>>502
文化的な連続性は日本語の発生から数えたいね。政治体制の連続性は明治維新から数えるか戦後民主主義から数えるか意見が分かれるかな
524名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:12:23.04ID:CqkhmrTM0
>>514
日本語は昔からあったんだけど
それこそ漢字が入ってくる前から
(^_^;)
531名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:14:01.07ID:mpO74m200
>>524
いつごろだろうねえ
525名前:名無しさん@1周年ID:
>>514
日本の連続性は天皇が担保してるんだよ
627名前:名無しさん@1周年ID:
>>525
それは言える、文化伝統の象徴的御存在でもあるしね、国民統合の象徴でも
630名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:45:57.27ID:BgxvaN0H0
>>525
かたちは変われど形式的でも
ずっと同じ王朝が存在してるからねー
523名前:名無しさん@1周年ID:
>>493
着物のような漢服から、ピチピチの清のチャイナドレス服に変わってるし、文化は連続してないじゃない?
漢族から蒙古、満州族と次々と統治民族が入れ替わって、清朝のときは満州語と漢字と併記してたんだから。
連続してないよ
549名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:20:18.67ID:mpO74m200
>>523
日本が、貫頭衣、唐装、十二単、呉服、洋装に変化し、公文書が漢文のみの時代から明治期の漢文・和文併用を経て現代の和文のみに変化したのと同じでおもしろいよね
559名前:名無しさん@1周年ID:
>>549
日本は同じ民族による統治が続いてる
中華の歴代国は民族も文化も同時に入れ替わってる、しかも何度も。
統治民族が入れ替わってるのは、決定的に連続性が途絶えた証拠
614名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:40:35.39ID:mpO74m200
>>559
降参しますw

中国は革命ですべての歴史を破壊し70年の歴史しかない国であるのに対し、
日本は皇紀2600の歴史を誇る国です。

中国に殷からの文化的連続性は皆無ですが、
日本は縄文時代からの文化的連続性が確実にあります。

漢籍文化は中国に残っておらず、漢籍文化の正当な後継国は日本です。

令和の出典は日本のオリジナル歌集の万葉集であって文選は全く関係ありません。

あってますか?

634名前:名無しさん@1周年ID:
>>614
皇紀の最初のほうは神話らしいから、そこは知らない。一つの説。
それから縄文時代は国家の単位ではないので横に並べて比べるのはおかしい
文字の正当な後継国なんてのもおかしい概念。イタリアにローマ字の権限があるかのような言い方。
万葉集が大陸から影響を受けたことは間違いない。
657名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:55:09.81ID:mpO74m200
>>634
オッケーやり直しますw

中国は王朝の交代ごとにすべての歴史文化を破壊する国で現在70年の歴史しかないのに対し、日本の歴史は2600年にもわたるとの説が有力です。

あってますか?

692名前:名無しさん@1周年ID:
>>634
万葉集が大陸から影響を受けたのはそのモチーフの枠組みだけ
283名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:49:05.49ID:mpO74m200
>>264
粗末になどしてないよ
292名前:名無しさん@1周年ID:
>>280
過去に破壊した事や粗末にして来た事を反省してこれから大事にしようって姿勢は
いいと思うけど
それなら尚更日本にあれこれ文句言えないと思うな
もしかしたら富裕層の人達は十分自覚してるし言ってないのかもしれないけど

>>283
そんな書き込み無知でなければ出来ないよね

300名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:58:32.46ID:mpO74m200
>>292
夏華人らは、いつ何を粗末にしたのだろう。具体的にさ。中国に行く機会が多く中国人の友人も多い俺には、彼らが自分たちの先祖の生み出した文化や文物をないがしろにしているようには見えない。その代表は、漢字であり、漢字で表現された各時代の世界観だ
313名前:名無しさん@1周年ID:
>>300
中国が自分達の文化を破壊して来た歴史を否定するの?
そんな書き込みには悪いけど付き合えない
337名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:09:55.65ID:mpO74m200
>>313
具体的にいつ何を破壊したのか言えないままに自分が正しいと主張するなら、それは事実の指摘ではなく、信仰の表明なんだよ‥信仰が悪いとは決して思わないが、信仰がを共有しない相手には意見は通じない
341名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:11:52.37ID:5bhSEqQS0
>>337
人間の品性を捨てたんでないかな
まだ生きている人間がいたのに新幹線を埋めたの知ってるだろ
全世界にライブ中継されてたよw
359名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:17:56.03ID:mpO74m200
>>341
なるほど品性ね。具体例は新幹線事故の非人間的な処理方法
373名前:名無しさん@1周年ID:
>>341
共産主義は宗教を認めなかったから影響が大きかったからな
そりゃ品性にも影響あるだろ
375名前:名無しさん@1周年ID:
>>373
まあなんか無宗教も害があり過ぎたというのは証明されたよね
407名前:名無しさん@1周年ID:
>>375
無宗教も害?
詳しく聞かせて
384名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:26:30.60ID:5wzEYM3M0
>>373
道教があるよ
320名前:名無しさん@1周年ID:
>>300
文化革命で過去を全部捨てたじゃない
340名前:名無しさん@1周年ID:
>>320
文化大革命をなかった事にしようとする人が5chにまでいてちょっと驚いちゃった
351名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:14:50.90ID:mpO74m200
>>320
殷から続く各世代が漢字で表現した世界観を文章で引き継いで現在に至るが、過去を全部捨てたとは、何を指すのかがわからない。
355名前:名無しさん@1周年ID:
>>351
・・それなのになぜ「命令」とかそういう単純な思考に陥るのかしらん?
382名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:25:16.91ID:mpO74m200
>>355
さあ、中国史において革命なら何度か起きているが、文化伝統的蓄積(哲学、歴史、科学技術など)は引き継がれたとしか……。ひょっとして、革命イコール過去の全てを破壊する行為だと思っているとか?
406名前:名無しさん@1周年ID:
>>382
共産革命はちょい破壊力凄いけどね、とくに宗教とか道徳的価値観
408名前:名無しさん@1周年ID:
>>406
追加。あと歴史観もね
363名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:18:50.71ID:5bhSEqQS0
>>351
文化は伝わるものと言われるが
実際は伝えたのではなくその文化を持った種族がそこに定住したから
中国は王朝が変わるたびに為政者が変わっていて
まったく連続性がありません
393名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:31:37.89ID:mpO74m200
>>363
文化的連続性の定義を「支配層の出身地民族構成が同一であること」に置くならば、あなたの言うとおり、中国の歴史に文化的連続性はないね。
438名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:47:39.57ID:mpO74m200
>>363
あなたの定義だとローマ帝国にも文化的連続性がまったくなくなるが、それも面白い考えだと思う
472名前:名無しさん@1周年ID:
>>438
イタリア人やエジプト人はローマ2千年の歴史とか、エジプト5千年の歴史みたいな
言い方はしないね、イタリアとは古代ローマが同じじゃないことははっきり答える
古代中華と中国には連続性は無い。中国人も古代中華と言うべき
493名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:03:09.13ID:mpO74m200
>>472
古代中国という言い方はあるよ。文化的連続性を言うときは商から数え、体制の連続性は共産革命から数える。
ところで日本の文化的連続性や体制的連続性は何年というべき?
499名前:名無しさん@1周年ID:
>>493
2679年だよ
502名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:04:29.41ID:CqkhmrTM0
>>493
古来から和の国でそれが日本だから
いつだ?
514名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:09:11.17ID:mpO74m200
>>502
文化的な連続性は日本語の発生から数えたいね。政治体制の連続性は明治維新から数えるか戦後民主主義から数えるか意見が分かれるかな
524名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:12:23.04ID:CqkhmrTM0
>>514
日本語は昔からあったんだけど
それこそ漢字が入ってくる前から
(^_^;)
531名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:14:01.07ID:mpO74m200
>>524
いつごろだろうねえ
525名前:名無しさん@1周年ID:
>>514
日本の連続性は天皇が担保してるんだよ
627名前:名無しさん@1周年ID:
>>525
それは言える、文化伝統の象徴的御存在でもあるしね、国民統合の象徴でも
630名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:45:57.27ID:BgxvaN0H0
>>525
かたちは変われど形式的でも
ずっと同じ王朝が存在してるからねー
523名前:名無しさん@1周年ID:
>>493
着物のような漢服から、ピチピチの清のチャイナドレス服に変わってるし、文化は連続してないじゃない?
漢族から蒙古、満州族と次々と統治民族が入れ替わって、清朝のときは満州語と漢字と併記してたんだから。
連続してないよ
549名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:20:18.67ID:mpO74m200
>>523
日本が、貫頭衣、唐装、十二単、呉服、洋装に変化し、公文書が漢文のみの時代から明治期の漢文・和文併用を経て現代の和文のみに変化したのと同じでおもしろいよね
559名前:名無しさん@1周年ID:
>>549
日本は同じ民族による統治が続いてる
中華の歴代国は民族も文化も同時に入れ替わってる、しかも何度も。
統治民族が入れ替わってるのは、決定的に連続性が途絶えた証拠
614名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:40:35.39ID:mpO74m200
>>559
降参しますw

中国は革命ですべての歴史を破壊し70年の歴史しかない国であるのに対し、
日本は皇紀2600の歴史を誇る国です。

中国に殷からの文化的連続性は皆無ですが、
日本は縄文時代からの文化的連続性が確実にあります。

漢籍文化は中国に残っておらず、漢籍文化の正当な後継国は日本です。

令和の出典は日本のオリジナル歌集の万葉集であって文選は全く関係ありません。

あってますか?

634名前:名無しさん@1周年ID:
>>614
皇紀の最初のほうは神話らしいから、そこは知らない。一つの説。
それから縄文時代は国家の単位ではないので横に並べて比べるのはおかしい
文字の正当な後継国なんてのもおかしい概念。イタリアにローマ字の権限があるかのような言い方。
万葉集が大陸から影響を受けたことは間違いない。
657名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:55:09.81ID:mpO74m200
>>634
オッケーやり直しますw

中国は王朝の交代ごとにすべての歴史文化を破壊する国で現在70年の歴史しかないのに対し、日本の歴史は2600年にもわたるとの説が有力です。

あってますか?

692名前:名無しさん@1周年ID:
>>634
万葉集が大陸から影響を受けたのはそのモチーフの枠組みだけ
265名前:名無しさん@1周年ID:
>>251
百田は国賊だな。漢文廃止しろとかは(日本)文化の連続性をたちきろうとしてる
277名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:46:35.52ID:kXq02nI60
>>265
たしか漢文の授業って高校の授業から既に無くなったんじゃ?
281名前:名無しさん@1周年ID:
>>277
わりと良かったんだけれどもね。断腸の思いとか学ぶでしょう
289名前:名無しさん@1周年ID:
>>277
無くなって残念です。
251名前:名無しさん@1周年ID:
>>200,>>218
百田尚樹氏「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を」
昔の司馬遼太郎のような位置にいるのに、漢文が本当に嫌いみたい。
258名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:39:46.58ID:mpO74m200
>>251
百田はとりあえず漢字を使うのをやめたらいいな
264名前:名無しさん@1周年ID:
>>251>>253
そういう保守の中でも一部の極端な人の声を政府の声と同一視するのはおかしいと思うし
それと中国は自分の国の文化を破壊したり粗末に扱って来たんだから
日本にあれこれ文句言う筋合いないですよね?
って言われたら黙るしかないんじゃない?って思うけど
280名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:46:56.87ID:4Hb/zveL0
>>264
>中国は自分の国の文化を破壊したり粗末に扱って来た

それは確かだけど、近年はすごい勢いで自国の古美術とか文化財を買い集めてる
富裕層は自国の古典をみっちり家庭で教育してるらしいし、バカに出来ないな

292名前:名無しさん@1周年ID:
>>280
過去に破壊した事や粗末にして来た事を反省してこれから大事にしようって姿勢は
いいと思うけど
それなら尚更日本にあれこれ文句言えないと思うな
もしかしたら富裕層の人達は十分自覚してるし言ってないのかもしれないけど

>>283
そんな書き込み無知でなければ出来ないよね

300名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:58:32.46ID:mpO74m200
>>292
夏華人らは、いつ何を粗末にしたのだろう。具体的にさ。中国に行く機会が多く中国人の友人も多い俺には、彼らが自分たちの先祖の生み出した文化や文物をないがしろにしているようには見えない。その代表は、漢字であり、漢字で表現された各時代の世界観だ
313名前:名無しさん@1周年ID:
>>300
中国が自分達の文化を破壊して来た歴史を否定するの?
そんな書き込みには悪いけど付き合えない
337名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:09:55.65ID:mpO74m200
>>313
具体的にいつ何を破壊したのか言えないままに自分が正しいと主張するなら、それは事実の指摘ではなく、信仰の表明なんだよ‥信仰が悪いとは決して思わないが、信仰がを共有しない相手には意見は通じない
341名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:11:52.37ID:5bhSEqQS0
>>337
人間の品性を捨てたんでないかな
まだ生きている人間がいたのに新幹線を埋めたの知ってるだろ
全世界にライブ中継されてたよw
359名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:17:56.03ID:mpO74m200
>>341
なるほど品性ね。具体例は新幹線事故の非人間的な処理方法
373名前:名無しさん@1周年ID:
>>341
共産主義は宗教を認めなかったから影響が大きかったからな
そりゃ品性にも影響あるだろ
375名前:名無しさん@1周年ID:
>>373
まあなんか無宗教も害があり過ぎたというのは証明されたよね
407名前:名無しさん@1周年ID:
>>375
無宗教も害?
詳しく聞かせて
384名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:26:30.60ID:5wzEYM3M0
>>373
道教があるよ
320名前:名無しさん@1周年ID:
>>300
文化革命で過去を全部捨てたじゃない
340名前:名無しさん@1周年ID:
>>320
文化大革命をなかった事にしようとする人が5chにまでいてちょっと驚いちゃった
351名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:14:50.90ID:mpO74m200
>>320
殷から続く各世代が漢字で表現した世界観を文章で引き継いで現在に至るが、過去を全部捨てたとは、何を指すのかがわからない。
355名前:名無しさん@1周年ID:
>>351
・・それなのになぜ「命令」とかそういう単純な思考に陥るのかしらん?
382名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:25:16.91ID:mpO74m200
>>355
さあ、中国史において革命なら何度か起きているが、文化伝統的蓄積(哲学、歴史、科学技術など)は引き継がれたとしか……。ひょっとして、革命イコール過去の全てを破壊する行為だと思っているとか?
406名前:名無しさん@1周年ID:
>>382
共産革命はちょい破壊力凄いけどね、とくに宗教とか道徳的価値観
408名前:名無しさん@1周年ID:
>>406
追加。あと歴史観もね
363名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:18:50.71ID:5bhSEqQS0
>>351
文化は伝わるものと言われるが
実際は伝えたのではなくその文化を持った種族がそこに定住したから
中国は王朝が変わるたびに為政者が変わっていて
まったく連続性がありません
393名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:31:37.89ID:mpO74m200
>>363
文化的連続性の定義を「支配層の出身地民族構成が同一であること」に置くならば、あなたの言うとおり、中国の歴史に文化的連続性はないね。
438名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:47:39.57ID:mpO74m200
>>363
あなたの定義だとローマ帝国にも文化的連続性がまったくなくなるが、それも面白い考えだと思う
472名前:名無しさん@1周年ID:
>>438
イタリア人やエジプト人はローマ2千年の歴史とか、エジプト5千年の歴史みたいな
言い方はしないね、イタリアとは古代ローマが同じじゃないことははっきり答える
古代中華と中国には連続性は無い。中国人も古代中華と言うべき
493名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:03:09.13ID:mpO74m200
>>472
古代中国という言い方はあるよ。文化的連続性を言うときは商から数え、体制の連続性は共産革命から数える。
ところで日本の文化的連続性や体制的連続性は何年というべき?
499名前:名無しさん@1周年ID:
>>493
2679年だよ
502名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:04:29.41ID:CqkhmrTM0
>>493
古来から和の国でそれが日本だから
いつだ?
514名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:09:11.17ID:mpO74m200
>>502
文化的な連続性は日本語の発生から数えたいね。政治体制の連続性は明治維新から数えるか戦後民主主義から数えるか意見が分かれるかな
524名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:12:23.04ID:CqkhmrTM0
>>514
日本語は昔からあったんだけど
それこそ漢字が入ってくる前から
(^_^;)
531名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:14:01.07ID:mpO74m200
>>524
いつごろだろうねえ
525名前:名無しさん@1周年ID:
>>514
日本の連続性は天皇が担保してるんだよ
627名前:名無しさん@1周年ID:
>>525
それは言える、文化伝統の象徴的御存在でもあるしね、国民統合の象徴でも
630名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:45:57.27ID:BgxvaN0H0
>>525
かたちは変われど形式的でも
ずっと同じ王朝が存在してるからねー
523名前:名無しさん@1周年ID:
>>493
着物のような漢服から、ピチピチの清のチャイナドレス服に変わってるし、文化は連続してないじゃない?
漢族から蒙古、満州族と次々と統治民族が入れ替わって、清朝のときは満州語と漢字と併記してたんだから。
連続してないよ
549名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:20:18.67ID:mpO74m200
>>523
日本が、貫頭衣、唐装、十二単、呉服、洋装に変化し、公文書が漢文のみの時代から明治期の漢文・和文併用を経て現代の和文のみに変化したのと同じでおもしろいよね
559名前:名無しさん@1周年ID:
>>549
日本は同じ民族による統治が続いてる
中華の歴代国は民族も文化も同時に入れ替わってる、しかも何度も。
統治民族が入れ替わってるのは、決定的に連続性が途絶えた証拠
614名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:40:35.39ID:mpO74m200
>>559
降参しますw

中国は革命ですべての歴史を破壊し70年の歴史しかない国であるのに対し、
日本は皇紀2600の歴史を誇る国です。

中国に殷からの文化的連続性は皆無ですが、
日本は縄文時代からの文化的連続性が確実にあります。

漢籍文化は中国に残っておらず、漢籍文化の正当な後継国は日本です。

令和の出典は日本のオリジナル歌集の万葉集であって文選は全く関係ありません。

あってますか?

634名前:名無しさん@1周年ID:
>>614
皇紀の最初のほうは神話らしいから、そこは知らない。一つの説。
それから縄文時代は国家の単位ではないので横に並べて比べるのはおかしい
文字の正当な後継国なんてのもおかしい概念。イタリアにローマ字の権限があるかのような言い方。
万葉集が大陸から影響を受けたことは間違いない。
657名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:55:09.81ID:mpO74m200
>>634
オッケーやり直しますw

中国は王朝の交代ごとにすべての歴史文化を破壊する国で現在70年の歴史しかないのに対し、日本の歴史は2600年にもわたるとの説が有力です。

あってますか?

692名前:名無しさん@1周年ID:
>>634
万葉集が大陸から影響を受けたのはそのモチーフの枠組みだけ
283名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:49:05.49ID:mpO74m200
>>264
粗末になどしてないよ
292名前:名無しさん@1周年ID:
>>280
過去に破壊した事や粗末にして来た事を反省してこれから大事にしようって姿勢は
いいと思うけど
それなら尚更日本にあれこれ文句言えないと思うな
もしかしたら富裕層の人達は十分自覚してるし言ってないのかもしれないけど

>>283
そんな書き込み無知でなければ出来ないよね

300名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:58:32.46ID:mpO74m200
>>292
夏華人らは、いつ何を粗末にしたのだろう。具体的にさ。中国に行く機会が多く中国人の友人も多い俺には、彼らが自分たちの先祖の生み出した文化や文物をないがしろにしているようには見えない。その代表は、漢字であり、漢字で表現された各時代の世界観だ
313名前:名無しさん@1周年ID:
>>300
中国が自分達の文化を破壊して来た歴史を否定するの?
そんな書き込みには悪いけど付き合えない
337名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:09:55.65ID:mpO74m200
>>313
具体的にいつ何を破壊したのか言えないままに自分が正しいと主張するなら、それは事実の指摘ではなく、信仰の表明なんだよ‥信仰が悪いとは決して思わないが、信仰がを共有しない相手には意見は通じない
341名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:11:52.37ID:5bhSEqQS0
>>337
人間の品性を捨てたんでないかな
まだ生きている人間がいたのに新幹線を埋めたの知ってるだろ
全世界にライブ中継されてたよw
359名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:17:56.03ID:mpO74m200
>>341
なるほど品性ね。具体例は新幹線事故の非人間的な処理方法
373名前:名無しさん@1周年ID:
>>341
共産主義は宗教を認めなかったから影響が大きかったからな
そりゃ品性にも影響あるだろ
375名前:名無しさん@1周年ID:
>>373
まあなんか無宗教も害があり過ぎたというのは証明されたよね
407名前:名無しさん@1周年ID:
>>375
無宗教も害?
詳しく聞かせて
384名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:26:30.60ID:5wzEYM3M0
>>373
道教があるよ
320名前:名無しさん@1周年ID:
>>300
文化革命で過去を全部捨てたじゃない
340名前:名無しさん@1周年ID:
>>320
文化大革命をなかった事にしようとする人が5chにまでいてちょっと驚いちゃった
351名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:14:50.90ID:mpO74m200
>>320
殷から続く各世代が漢字で表現した世界観を文章で引き継いで現在に至るが、過去を全部捨てたとは、何を指すのかがわからない。
355名前:名無しさん@1周年ID:
>>351
・・それなのになぜ「命令」とかそういう単純な思考に陥るのかしらん?
382名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:25:16.91ID:mpO74m200
>>355
さあ、中国史において革命なら何度か起きているが、文化伝統的蓄積(哲学、歴史、科学技術など)は引き継がれたとしか……。ひょっとして、革命イコール過去の全てを破壊する行為だと思っているとか?
406名前:名無しさん@1周年ID:
>>382
共産革命はちょい破壊力凄いけどね、とくに宗教とか道徳的価値観
408名前:名無しさん@1周年ID:
>>406
追加。あと歴史観もね
363名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:18:50.71ID:5bhSEqQS0
>>351
文化は伝わるものと言われるが
実際は伝えたのではなくその文化を持った種族がそこに定住したから
中国は王朝が変わるたびに為政者が変わっていて
まったく連続性がありません
393名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:31:37.89ID:mpO74m200
>>363
文化的連続性の定義を「支配層の出身地民族構成が同一であること」に置くならば、あなたの言うとおり、中国の歴史に文化的連続性はないね。
438名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:47:39.57ID:mpO74m200
>>363
あなたの定義だとローマ帝国にも文化的連続性がまったくなくなるが、それも面白い考えだと思う
472名前:名無しさん@1周年ID:
>>438
イタリア人やエジプト人はローマ2千年の歴史とか、エジプト5千年の歴史みたいな
言い方はしないね、イタリアとは古代ローマが同じじゃないことははっきり答える
古代中華と中国には連続性は無い。中国人も古代中華と言うべき
493名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:03:09.13ID:mpO74m200
>>472
古代中国という言い方はあるよ。文化的連続性を言うときは商から数え、体制の連続性は共産革命から数える。
ところで日本の文化的連続性や体制的連続性は何年というべき?
499名前:名無しさん@1周年ID:
>>493
2679年だよ
502名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:04:29.41ID:CqkhmrTM0
>>493
古来から和の国でそれが日本だから
いつだ?
514名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:09:11.17ID:mpO74m200
>>502
文化的な連続性は日本語の発生から数えたいね。政治体制の連続性は明治維新から数えるか戦後民主主義から数えるか意見が分かれるかな
524名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:12:23.04ID:CqkhmrTM0
>>514
日本語は昔からあったんだけど
それこそ漢字が入ってくる前から
(^_^;)
531名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:14:01.07ID:mpO74m200
>>524
いつごろだろうねえ
525名前:名無しさん@1周年ID:
>>514
日本の連続性は天皇が担保してるんだよ
627名前:名無しさん@1周年ID:
>>525
それは言える、文化伝統の象徴的御存在でもあるしね、国民統合の象徴でも
630名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:45:57.27ID:BgxvaN0H0
>>525
かたちは変われど形式的でも
ずっと同じ王朝が存在してるからねー
523名前:名無しさん@1周年ID:
>>493
着物のような漢服から、ピチピチの清のチャイナドレス服に変わってるし、文化は連続してないじゃない?
漢族から蒙古、満州族と次々と統治民族が入れ替わって、清朝のときは満州語と漢字と併記してたんだから。
連続してないよ
549名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:20:18.67ID:mpO74m200
>>523
日本が、貫頭衣、唐装、十二単、呉服、洋装に変化し、公文書が漢文のみの時代から明治期の漢文・和文併用を経て現代の和文のみに変化したのと同じでおもしろいよね
559名前:名無しさん@1周年ID:
>>549
日本は同じ民族による統治が続いてる
中華の歴代国は民族も文化も同時に入れ替わってる、しかも何度も。
統治民族が入れ替わってるのは、決定的に連続性が途絶えた証拠
614名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:40:35.39ID:mpO74m200
>>559
降参しますw

中国は革命ですべての歴史を破壊し70年の歴史しかない国であるのに対し、
日本は皇紀2600の歴史を誇る国です。

中国に殷からの文化的連続性は皆無ですが、
日本は縄文時代からの文化的連続性が確実にあります。

漢籍文化は中国に残っておらず、漢籍文化の正当な後継国は日本です。

令和の出典は日本のオリジナル歌集の万葉集であって文選は全く関係ありません。

あってますか?

634名前:名無しさん@1周年ID:
>>614
皇紀の最初のほうは神話らしいから、そこは知らない。一つの説。
それから縄文時代は国家の単位ではないので横に並べて比べるのはおかしい
文字の正当な後継国なんてのもおかしい概念。イタリアにローマ字の権限があるかのような言い方。
万葉集が大陸から影響を受けたことは間違いない。
657名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:55:09.81ID:mpO74m200
>>634
オッケーやり直しますw

中国は王朝の交代ごとにすべての歴史文化を破壊する国で現在70年の歴史しかないのに対し、日本の歴史は2600年にもわたるとの説が有力です。

あってますか?

692名前:名無しさん@1周年ID:
>>634
万葉集が大陸から影響を受けたのはそのモチーフの枠組みだけ
265名前:名無しさん@1周年ID:
>>251
百田は国賊だな。漢文廃止しろとかは(日本)文化の連続性をたちきろうとしてる
277名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:46:35.52ID:kXq02nI60
>>265
たしか漢文の授業って高校の授業から既に無くなったんじゃ?
281名前:名無しさん@1周年ID:
>>277
わりと良かったんだけれどもね。断腸の思いとか学ぶでしょう
289名前:名無しさん@1周年ID:
>>277
無くなって残念です。
215名前:名無しさん@1周年ID:
4000年の歴史
文革で捨て去ったくせにほざくな
中華人民共和国建国は1949年10月1日だろがw
223名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:31:32.43ID:OpsxOIdV0
>>215
潔くていいと思うよ
明治政府は徳川毛利島津から天下を掠め取ったのを誤魔化すために平安時代まで遡って正統性を主張した
本来なら明治日本という新国家であったのに
237名前:名無しさん@1周年ID:
>>223
それまでの文化捨ててるやん中華
もっと言えば、論語の完全なテキストというのは現在に至るまで残ってない
なぜかというと秦の時代に焚書坑儒をやったから
それに引きかえ日本は十七条憲法で和を以て貴しと為すという論語の文言を取り入れる等ずっと論語を大切にしてきた
大分差があると言わざるを得ない
259名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:40:01.32ID:OpsxOIdV0
>>237
日本に論語が伝わったのは始皇帝の時代のずーっと後やで
273名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:45:15.43ID:mpO74m200
>>237
推古帝の御代に論語を引用できたのは、論語が焚書を生き延びたからだぜ。生き延びさせ後世に伝えたのは当時の中国人
233名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:33:46.30ID:h+xkaEQf0
>>215
まあ日本だって、あれ程までに守ろうとした国体を守れなかった。
象徴天皇制になった時点で途絶したんじゃないかと思うけどな。
243名前:名無しさん@1周年ID:
>>233
そうかしらね?皇室を残すために実に大きな犠牲があったけれども、
残ったから良かったんじゃないかしらね。東洋の伝統が壊れるところだったね
こんなメデタイ日を迎えられる事が出来て、ご先祖様も良かったと思ってくださるでしょうからね
変な秋篠宮家が目障りだけれども・・
249名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:37:15.38ID:OpsxOIdV0
>>233
国体とは天皇を頂点とした儒教国家の姿なので
天皇を立憲君主とし儒教道徳がかなりの程度浸透している日本はその国体を維持していると私は考える
271名前:名無しさん@1周年ID:
>>249
そうだな 戦前の教育勅語なんて儒教そのものだ
なぜなら勤皇の志士たちは江戸時代孔子儒教は必修科目だったからな
255名前:名無しさん@1周年ID:
>>233
日本以外の王室も今は象徴だよ
266名前:名無しさん@1周年ID:
>>255
そうだろうね。大きな犠牲をかいくぐって現在にまで残り、魂そのものでもあるだろうからね
268名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:43:39.35ID:OpsxOIdV0
>>255
金氏朝鮮
239名前:名無しさん@1周年ID:
>>215
20年以上昔は、中国は3000年の歴史って自称してたんだよ
確かに2千数百年は間違いないけど、3千年以上先は証拠が少ない
シルクロードも昔はそんな名称なくて、最初はNHKの特集の番組名がシルクロードだった
ことがきっかけ。
219名前:名無しさん@1周年ID:
チベットとかウイグルもまた文化的価値が多分にあるように思うでしょう
また壊されてしまうのかしらね?
225名前:名無しさん@1周年ID:
>>219
もう風前の灯だろ
234名前:名無しさん@1周年ID:
>>225
まあ・・なんかね・・
248名前:名無しさん@1周年ID:
>>234
しかしトランプやアメリカがね結構マジで中国の現体制ぶっ壊すつもりかもしれん、北朝鮮とともに
そこに一縷の望み・・・っていうか日本の意識改革・協力も必要だけど
262名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:41:42.31ID:OpsxOIdV0
>>248
米は中国の太平洋進出を断念させればそれ以上は求めないと思う
291名前:名無しさん@1周年ID:
>>262
それじゃあ未来への軍事的脅威を無視してることにしかならないんじゃないか?
222名前:名無しさん@1周年ID:
石平氏は孔子の教えを理解し実行してるのは論語を大切にしてきた日本と言ってたな
これから論語を中国に教えよう!とか
263名前:名無しさん@1周年ID:
>>222
そう 日本は中国より儒教を実践してきた国民だ
今でこそ廃れたが立身出世主義は儒教だし日本人の身を律してきたのは
儒教的価値観だった浪花節も儒教だし ここ何十年でそれは急速に廃れた
298名前:名無しさん@1周年ID:
>>263
石平氏は孔子の教えは儒教というより論語だって感じだったと思うけどね
それに日本の価値観は神道・仏教・儒教
17条憲法の三宝ってのは本来はこれだと思う、仏法僧じゃなく・・・先代旧事本紀ではそうなってるらしいし
302名前:名無しさん@1周年ID:
>>298
日本人の道徳観を支えてきたのは、まさにそれだと思う
神道、仏教、儒教なんだよね

武家ともなると美意識というのがエリート精神に結びついたわけね

235名前:名無しさん@1周年ID:
日本は外来の文化を拒むことなく取り込んできた
それこそ日本文化の本質かもしれない 江戸時代までは中国を徹底的に
取り込んできたし明治からは欧米文化を取り込み戦後は徹底したアメリカナイズ
だしアニメと言えど西洋だ 今も西洋化は現在形で進んでる 
241名前:名無しさん@1周年ID:
>>235
福沢諭吉は先進的だったけど、その見境なく西洋文明の流入には反対してたよな。
260名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:41:05.82ID:gy+7zYT/0
>>235
世界中を探しても日本語ほど複雑な表記の言語は他に無いそうだ
漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字、それらを上手く混ぜて一つの文章として表現してる
日本語そのままでアートだし万物を差別無く取り込む自然体の精神が生きている
274名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:45:18.31ID:OpsxOIdV0
>>260
話すのはクソ簡単なのに読むのは地獄だって外人さんは言うとるね
287名前:名無しさん@1周年ID:
>>274
複雑な意味がコンパクトな中に込められる、ある意味効率的かもしれないけどね
習得の難解さは別にしても
252名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:38:33.35ID:VcFVYzwK0
令和に怒ってるんじゃなくて中国の古典じゃなくて日本の古典から元号を作成した事に怒ってるんでしょ?
278名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:46:42.67ID:h+xkaEQf0
>>252
日本独自であるかの様に見栄を切ったのに結局中国文化の孫参照でしたって、そらツッコミ入れるでしょ…。
314名前:名無しさん@1周年ID:
>>278
そこまで見え切ってないでしょw 国書が出典ってこと自体が画期的ってだけで
321名前:名無しさん@1周年ID:
>>314
首相の記者会見見なかったの?
366名前:名無しさん@1周年ID:
>>321
全部はねw まあ万葉集のオリジナリティの部分はるんじゃないか全部じゃなくとも
256名前:名無しさん@1周年ID:
中国語や日本語がわからない日本人と中国人で筆談ができることの驚き。
これって、欧米人には理解できないだろうな。
276名前:名無しさん@1周年ID:
>>256
昔から東アジアの共通語みたいな意義があったのかもね
282名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:47:53.00ID:OpsxOIdV0
>>276
西洋で言うとラテン語にあたる
307名前:名無しさん@1周年ID:
>>282
そうだね、文化的意義は大きいね
279名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:46:48.92ID:zLUqfZPY0
>>256
そうでもない
ヨーロッパの言語は専門用語になればなるほど、英語でもフランス語でもスペイン語でも似た綴りになるので
文字で書いていれば、だいたい通じる
309名前:名無しさん@1周年ID:
>>256
無くは無いよ。欧米人がお互いの文を見て単語の何割かは理解、予測できる
381名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:24:57.92ID:vpOZL3ka0
>>256
あいつらにはラテン語があり英語が有る
この2つはそれなりに理解できている
286名前:名無しさん@1周年ID:
漢文は簡潔で明晰なんだが日本語に比べれば微妙な表現はどうかな
中国人の大雑把は漢文に由来してるんじゃないか
293名前:名無しさん@1周年ID:
>>286
そうか。ひらがなで微妙なニュアンスを表現するように変化したのか。
「ひらひら」とか。これって漢字である?
297名前:名無しさん@1周年ID:
>>293
飄飄だね。
カタカナの威力もすごいと思う。カタカナ+する→何でも動詞にできる。
296名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)01:57:01.89ID:5mvuwxpO0
本当は安部さんの談話のなかで帰田賦を触れるべきだったんだろな
知ってたのかは不明だけど
303名前:名無しさん@1周年ID:
>>296
知ってたら
あんなに国書国書と強調してないでしょ
312名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:03:34.98ID:5mvuwxpO0
>>303
だよねぇ
発案者ですらパクリに気づいてなかったんだろなぁ
316名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:04:14.78ID:mpO74m200
>>296
無知ゆえの起源主張のようでいたたまれなかった。役人たちはなぜ国書宣言を止めなかったんだろうな
331名前:名無しさん@1周年ID:
>>316
役人たちが皆無能。
官邸が経産省に占領されてるからな。
あいつら頭の中筋肉しか詰まってないぞ。
377名前:名無しさん@1周年ID:
>>316
起源主張とか大げさなこと言ってないんじゃね?引用って言っただけじゃね?
違ってたら具体的に指摘してくれ
413名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:37:49.67ID:mpO74m200
>>377
「のようで」といったのだ。
初の国書からとの説明を張衛を知る日本人や中国人の前で行った姿が、無知ゆえの起源主張のように見えた。出典を知っているはずの役人が止めるべきだったと思った。
305名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:00:45.08ID:4t3pReK10
お前らも皇帝を抱いてみろよ
ふさわしい人物がいるならな
317名前:名無しさん@1周年ID:
>>305
一朝一夕にして出て来るわけじゃないから大変なんでしょう・・
長い生臭い歴史を経て、昭和天皇のような佇まいになるんでしょうからね
人かと思いますか?人なんだろうけれども、草花に囲まれたお写真を見ていると
この世の人のようには見えなかったでしょう

かと言って現人神ではないけれどもね。単に自然と共に暮らす特別なお方なわけでしょう

328名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:07:47.16ID:yADY5jaO0
>>305
「皇帝を戴く」じゃないの?
「抱く」って言い回しがあるんならごめんだけど
330名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:08:33.80ID:4t3pReK10
>>328
ごめんねタイプミスです。修正しようと思ったけど、どうかと思って。
338名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:10:32.04ID:yADY5jaO0
>>330
ううん、こちらこそ
308名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:01:48.30ID:E5h8Ueas0
明治になるまで、いや明治になってもしばらくかな、日本の公式文章は中国語で書いていたから、何を言われても反論できんわ
文書博士といったら、実際には中国語博士のことだったしな
西洋の語彙の日本語訳が和製漢語といっても漢籍借用だもんな
311名前:名無しさん@1周年ID:
>>308
中国語?
323名前:名無しさん@1周年ID:
>>308
お前はかなの存在を知らんのか?!
皇朝造字や国字、同文通考も知らんのだろうな
だから、そんな乱暴な断定が出来るのだよ
332名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:09:03.36ID:E5h8Ueas0
>>323
そんな本流でない奇形の話をされてもなあ
398名前:名無しさん@1周年ID:
>>332
奇形ねえ
本音丸出しだね
345名前:名無しさん@1周年ID:
>>308
ヨーロッパ各国の言語のローマ字も元を辿れば古代エジプトのヒエログリフになるわけだけど
エジプト人はそんな何でもかんでも押し付けがましく起源ガーだの言ってないよ
それに漢字を創った漢族の帝国はすでに滅びて存在してない。中国は今はリパブリックチャイナ
チャイナも日本も漢字が起源の文字を使ってるということでしかない
352名前:名無しさん@1周年ID:
>>345
エジプトもスゴイのよねぇ・・
あんなピラミッドが出来たのって4000年前と言うからね・・
380名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:24:45.63ID:h+xkaEQf0
>>345
欧米人はヒエログリフや漢字の様な象形文字は遅れたものと考えてるフシがあるよ。
絵と変わらない表意文字が進化してアルファベットの様な表音文字が創造された。
こういう意識があれば自らのローマギリシア由来の文化を誇りエジプトを見下せる意識を持てる。
402名前:名無しさん@1周年ID:
>>380
欧米人が中国の漢字と日本のひらがなを見ると、古代エジプトの象形文字と、そこから
進化したシリアのフェニキア文字、ローマ字の関係を思い浮かべるだろうね。
「亜」→「あ」表意文字から表音文字への進化だからね
410名前:名無しさん@1周年ID:
>>402
どこかで繋がってはいるんだろうからね
日本の場合は、私は途中から他国と比べて不思議じゃあったんだけれども
漢字、ひらがな、カタカナがあるけれども、様々な民族がいたのかしらね?
315名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:03:49.53ID:Es98RIxC0
大炎上!(十億中10人ぐらいが適当に議論しているだけ)
322名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:06:32.20ID:dQnlMSRD0
>>315
1読め
万単位のコメントがついてるそうな
333名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:09:06.44ID:Es98RIxC0
>>322
人口比で言ったら数スレ飛んだぐらいか
327名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:07:45.85ID:Es98RIxC0
そもそも明治や昭和を経て、それこそ文化を革新して太陰暦や干支すら忘れた日本が伝統とか言うのがどの口だろw
336名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:09:51.65ID:5bhSEqQS0
>>327
中国では1曜日 2曜日 3曜日になってるみたいだぞw
346名前:名無しさん@1周年ID:
>>327
日本は旧暦はスパッと捨て去った 理由は給料を払えなかったからってなwww
350名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:14:39.00ID:5bhSEqQS0
>>346
捨ててないだろー
七夕が8.7でお盆がなんで8.13なんだよと
7月にお盆やってるの東京ぐらいだろ

尺貫法だって禁止されてもいまだに建築や舞台美術で健在だ

361名前:名無しさん@1周年ID:
>>350
元日は二月十一日だよ 年賀状の初春は旧暦ならしっくりくるのは
関係あるのかな 一月一日に初春と言われてもな
372名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:21:53.63ID:5bhSEqQS0
>>361
チャイコフスキーの The Seasons – Februaryとかどう聞いても3月の春の曲なんだよなー
欧米もなんかいろいろずれたりしてるわ
369名前:名無しさん@1周年ID:
>>327
明治維新は革命ではない。政権交代。しかも極めて少ない戦闘で済んだ。
387名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:27:47.38ID:vpOZL3ka0
>>327
干支を「干」を無視して「支」の12種類だと思ってるからな
還暦も丙午(ひのえうま)も甲子園も庚申塚も何故こう呼ぶ?と思わない
丑三つ時とか午前午後、明け六つ暮六つ、子の刻、、、
389名前:名無しさん@1周年ID:
>>387
響きは好きだけれども、小説で出て来たらむずかしいわ・・注がないと・・
392名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:30:57.16ID:5bhSEqQS0
>>327
この日めくりカレンダーをよく見るのだ!これで分別ゴミ出しも完璧だ
大安まで入ってる
シチズン製でもたぶん中身は中国製だが
354名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:15:57.29ID:OErc+V9A0
元号の表記が漢字である以上、完全に影響なしということもできまいよ
別にそこまでこだわることもあるまい
378名前:名無しさん@1周年ID:
>>354
米英仏露がどう大国になろうがローマ字を使ってるからイタリアが偉いみたいな理屈通じる?
385名前:名無しさん@1周年ID:
>>378
でもlatin語と言えば、別世界みたいな感じでしょう
私も英語の意味を考える時に、ラテン語を引いてみる事があるんだわ

日本の場合は、それが漢字の成り立ちとかだったりするわけだけれどもね
それでジーッと数日間くらい考えてみるわけよ

388名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:28:11.67ID:5bhSEqQS0
>>385
優雅な暮らしでいいなあ
390名前:名無しさん@1周年ID:
>>388
考えると言っても寝る前にと言う事よ
私はあまり頭が良くないから、結構時間がかかるのよ
395名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:32:01.16ID:5bhSEqQS0
>>390
中途半端に頭がいいと東大入れないって言われたわー
徹底できないから
403名前:名無しさん@1周年ID:
>>395
あれかね?途中で気になってしまって時間を取られるタイプ?
他の事はスルーとか?
405名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:34:59.68ID:5bhSEqQS0
>>403
終わったことなのでもういいです
367名前:名無しさん@1周年ID:
殷王朝というのは、中国最古の王朝であって、ユートピアとも言われているわけよ
大変に霊性のある王朝だったのよ
401名前:名無しさん@1周年ID:
>>367
殷の首都は「商」で「商人」て言葉は、ここから生まれた
「財貨」「買」「賃」などの
交易に関する字に「貝」の文字を充ててる。
殷王朝の子孫は弥生人だと思うよ
ちなみに「九州」とは中国全土て意味が元
422名前:名無しさん@1周年ID:
>>401
商人が縁起を担ぐというので納得するところがあるわ。なるほどね・・
447名前:名無しさん@1周年ID:
>>422
殷(国名)商(民族の呼称)
商人てのは殷を滅ぼした周による差別用語だったんだよ
儒教を創始した孔子は、殷を滅ぼした周の体制を理想化したから
商業への蔑視は遺伝子のように儒教を通して中国文明に受け継がれた
朱子学においても、商人は農民や大工などの職人に比べて一番身分の低い階層とされた
これがだんだん中国が世界の先端から外れていく理由のひとつになった
朱子学が庶民末端まで浸透した李氏朝鮮でも、商人は士農工商の身分制度の最下層に位置づけられたし、
物を作る仕事も賤業とされていたので、工業も発達しなかった
458名前:名無しさん@1周年ID:
>>447
カースト制ね・・
徳川家の時に士農工商があったけれども、あれは商人は余裕があるから
一番下で、あえて武家が家を捨てて商人になる事もあったでしょう。儲かるからね
488名前:名無しさん@1周年ID:
>>458
関東武装農民の自治権要求(独立)が鎌倉幕府の始まりだから兵隊と百姓を分離させたのは信長が最初ぐらいだった
399名前:名無しさん@1周年ID:
日本の場合は、運もあったんだろうけれども、土地柄も良かったみたいで
男系と言うのは知らないけれども、民族が入れ替わる事無く続いているものね
426名前:名無しさん@1周年ID:
>>399
男系ってのはかなり昔の民族的な出自もDNA的に辿れる可能性高いね
女系だとミトコンドリアであまり昔には遡れない
444名前:名無しさん@1周年ID:
>>426
昔から長男とか、言われていたのは何かしらの理由でもあったのかしらね?
これは恐らく弥生系なのよ
縄文系は跡継ぎが末っ子だからね

それで皇室の場合は渡来人でしょう。渡来人と言っても日本の風習に馴染んだわけだけれどもね
ただ時々どこからやってきたんだろう?とは思うよね

私らもわからないんだけれどもね。はるかもう大昔の何千年も昔の事だろうからね

448名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:49:34.83ID:CqkhmrTM0
>>444
で、でんでんこうしゃ!!!
409名前:名無しさん@1周年ID:
中国が元号を失ったのって日本の責任だけどな

日本が中国の皇帝制を廃止させたわけだし

415名前:名無しさん@1周年ID:
>>409
袁世凱さんを批判してなかったか中国人
423名前:名無しさん@1周年ID:
>>415
日本もそうだろ?

少数なのにやたらと世論で声が大きいやつらが居る

429名前:名無しさん@1周年ID:
>>423
中国が皇帝を廃止したのは日本が強制した訳では無いでしょ
中国人が西洋列強や日本に対抗する為の国家体制を模索した結果廃止したんじゃないの
443名前:名無しさん@1周年ID:
>>409
満州国以前に既に内乱で国民党とか共産党が争ってただろ
満州国だって溥儀を元首にしたじゃないか
450名前:名無しさん@1周年ID:
>>409
違う 満州国皇帝は溥儀だ 残してる
廃止したのは中国共産党だな
411名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:36:40.27ID:E5h8Ueas0
途上国で旧宗主国の言葉を公用語にしてるところがあるだろ
要は日本における共通語を中国語としてたようなもの
気に入ろうが気に入らまいが実質的にそうなってたんだから、否定してもカッコわりいだけだよ
418名前:名無しさん@1周年ID:
>>411
カッコ悪いとかw
425名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:42:23.75ID:E5h8Ueas0
>>418
印象として、かっこわりい、わるくないだけで、ここの低能共は歴史を必死に否定してるじゃないか
気持ち悪いんだよ
431名前:名無しさん@1周年ID:
>>425
無駄な罵倒を止めて自説の根拠を並べれば建設的だと思うけれども
441名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:47:54.03ID:E5h8Ueas0
>>431
自説じゃなくて、学校教育を受けたものの常識だし、それが理解できないのなら低能という他ない
433名前:名無しさん@1周年ID:
>>411
否定して漢字を捨て去った国があってだな
若い世代が古い文書を読めなくなってるらしい 笑わせてくれる
440名前:名無しさん@1周年ID:
>>433
韓流時代劇では古文書がハングルで書かれている
あれ、信じているんだろうね
416名前:名無しさん@1周年ID:
初期の案には、十七条憲法の「和を以て貴しとなす」からとった「貴和」というのがあったが
最終案には残らなかったという記事を新聞で読んだ

「貴和」なら中国人も文句を言わなかっただろうけど

427名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:43:11.28ID:yADY5jaO0
>>416
へ~、それも綺麗でいいね
463名前:名無しさん@1周年ID:
>>427
令和の令だって尊いの意味あるし、令和の方がいいと思うな字や音の印象も
471名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:56:57.61ID:CqkhmrTM0
>>463
漢字も議論されてるけど
自分が問題視してるのはむしろ音の方
礼ならまだましで霊とか冷とか隸とか零とか
あんまり良い意味の音じゃねえんだよなあそもそも
501名前:名無しさん@1周年ID:
>>471
そういう結論にしたいだけでしょ
礼や禮や麗なんてどうでもいいんだろうし。
527名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:13:15.89ID:h+xkaEQf0
>>501
音は日本語の弱いところだと思うんだよね。
訓読みはまだ良いとして、音読みの方、漢字輸入当時に日本語で発音出来ない音は捨ててしまった。
なので異常に読みが同じ漢字が多い。
同音異義語が物凄く多くて漢字を思い浮かべないと使えない言語になってしまったのもこのせい。
539名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:17:48.03ID:CqkhmrTM0
>>527
五十音以上あったんだろうねえ
その辺りはヘブライ語と照らし合わせるとええのかなあ
633名前:名無しさん@1周年ID:
>>527
しかし、中国は音が同じの多くてイントネーションで区別しなけらばならないのに、
日本語はそんな必要なく通じてるけどね
532名前:名無しさん@1周年ID:
>>471
その音に拘ってるのが中国なんだろ、日本はあまり拘ってないよ
個人的には令子って名前はめちゃ気に入っている、小説によく出てくるし
570名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:30:06.79ID:yADY5jaO0
>>471
霊も冷も零も、字自体に悪いイメージないよ
音にかなり引きずられてるんだね
漢字は表意文字だから、受けるイメージはむしろそっちに引きずられるなぁ
人によって視覚が優位か、聴覚が優位かで違うのかな
592名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:34:57.61ID:CqkhmrTM0
>>570
まあね
自分はわりと音も重視してるので
自分の中ではレイはゼロのイメージが強くてストレス溜まるんだよね
慣れれば良いんだけど
613名前:名無しさん@1周年ID:
>>592
0とかその概念なんて宇宙すら感じる素晴らしいものだろ。
存在してない存在なんだぜ?
622名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:43:41.21ID:BgxvaN0H0
>>592
真っ先に逮捕令状を連想して騒いでいる人よりはいいと思う
628名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:45:13.50ID:ifsRfoLi0
>>622
普通の人間は
オーダーアンドハーモニーでしょ
これが一番しっくりくる
632名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:46:29.79ID:BgxvaN0H0
>>628
なんかミッションみたいでカッコよすぎだなとは思う
644名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:50:53.81ID:KU9sEh5s0
>>622
命令 法令 律令 貴族令嬢 までは、ぽんぽんぽん、と連想できたけど、さすがに5ちゃんでみた逮捕令状は斜め上すぎてわらったわ
命令法令はまっさきに思い浮かんだ。
646名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:51:15.63ID:CqkhmrTM0
>>622
それは想像しなかったなあ
555名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:21:56.66ID:yADY5jaO0
>>463
凛としてていいよね
気が引き締まる年号がいいなと思って正がいいとか立がいいとか思ってたのよ
突っ走った昭和の後だから、一息つこうって平成がきたんだと思うけど、
そろそろシャキーンとする時期が来たのかなと
だから見た瞬間、予想を上回る年号で心躍ったわ
きちんとしつつ品があって暑苦しくない
平成の次として丁度いい
665名前:名無しさん@1周年ID:
>>555
そうだね、まさに今こそ目覚める時だしね、自分としては新鮮で清々しいと思った
478名前:名無しさん@1周年ID:
>>416
貴和は商標で沢山ありそう
428名前:名無しさん@1周年ID:
世界中で悪人に迫害された善人が
命かながら大陸の日本の飛び地に逃げ込んで
その飛び地が蛮族に攻撃され侵略されて
さらに命かながら日本本土へ逃れて
居場所を与えられて血を遺した。
もしくは、日本本土の温和な人間を襲撃してのっとろうとしたけど
逆にいなされて、神社に閉じ込められてしめ縄で封じ込めて
パンパンと拍手して神扱いして悪いことさせないようにした。
432名前:名無しさん@1周年ID:
>>428
なんだろうね?
中国大陸→朝鮮半島→日本みたいな・・
それだけに限らないんだけれども、大体亡命する感じでやって来ているよね・・
469名前:名無しさん@1周年ID:
>>432
平和主義者は生き残れなかったのが中国大陸とか言われたりしてるけどね
476名前:名無しさん@1周年ID:
>>469
そうなのよ。日本語の大元になる和邇氏も中国からも、朝鮮半島からも蹴りだされて
日本へやって来られているわけだからね

私はどことなく政治犯とか、大陸では受け入れられなかった人らの吹き溜まりだったのかしら?って
思う事もあるの

541名前:名無しさん@1周年ID:
>>476
独自の文化守るのも難しかったからね、日本では比較的寛容に受け入れてくれている
まさに調和に組み込まれていくって感じで
546名前:名無しさん@1周年ID:
>>541
そうなのかもね
556名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:21:57.82ID:CqkhmrTM0
>>541
まさに和の国だね
なんでも吸収してしまう(´・ω・`)
560名前:名無しさん@1周年ID:
>>556
まあそれだけなにかとワケアリだったのかもね
わりと真面目でコツコツと風流だけれども、大陸の環境においてはとても厳しかったのかもね
460名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:53:01.51ID:C9UiCp5R0
日本のルーツは一万五千年以上前から存在した縄文人と縄文時代
西の大陸から渡来人や文化や文字を少し取り入れたとはいえ、まったく異なる独立した文明
464名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:54:39.56ID:CqkhmrTM0
>>460
そのご大陸からの文化を受けて発展してきたわけだが
ほんと日本人どこからきたんだろね
西の方から来たのは確かだろうけど
中東辺りからきたんかなあ
470名前:名無しさん@1周年ID:
>>464
一つの民族がガーッときたというよりかは、本当に亡命のような感じで
一族がやってきたって感じはするんだよね。皇室もなんだけれども
475名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:58:02.97ID:CqkhmrTM0
>>470
そだねえ
天皇家の遺伝子調べたらわかるのかもなあ
(´・ω・`)
544名前:名無しさん@1周年ID:
>>470
秦氏は一族って感じで渡来だけどね、あれも一族の亡命っぽいけど
551名前:名無しさん@1周年ID:
>>544
そうだね。「我は秦氏であるぞ!」って感じでやってこられて、
お偉いさんたちも「山科が空いとるよ」って感じで、そのうち九州に移動されたのだろうからね
658名前:名無しさん@1周年ID:
>>551
あんな古代にすれば凄い勢力で、それを朝廷は大歓迎だからね
一年かかったらしいけど援軍送ってまで渡来させている、普通は脅威に感じるんだろうにね
なんかありそうだね
667名前:名無しさん@1周年ID:
>>658
フィーリングだったのかもよ・・
直観みたいなね
480名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)02:58:29.19ID:C9UiCp5R0
>>464
中東の古代文明の末裔は皇室や一部の貴族
古代血統の縄文人がどこから来たのかは謎だけど、もしかしたらムー大陸由来かもね
483名前:名無しさん@1周年ID:
>>480
実際に百済というのは大陸においては異端だったのかしらね?
だって貴族や技術者が丸ごとやってきているのよ
557名前:名無しさん@1周年ID:
>>480
縄文人のY染色体はチベット族に近いだろ、あとバイカル湖畔あたりからも来てるのも
467名前:名無しさん@1周年ID:
>>460
日本の場合は、縄文時代が他国よりもとっても長かったのよ
487名前:名無しさん@1周年ID:
アメリカの成り立ちと、日本って・・似てない?
491名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:01:58.55ID:CqkhmrTM0
>>487
うーん
似て、、、、、ないかな
むしろオーストラリアとかの方が似てる?
495名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:03:32.80ID:E5h8Ueas0
>>487
実際に例える人が多いよ
503名前:名無しさん@1周年ID:
>>495
それじゃ、今アメリカは神話の世界なのね
507名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:07:14.63ID:CqkhmrTM0
>>503
あいつらは超現実の国だろ
515名前:名無しさん@1周年ID:
>>507
初期の日本、弥生時代あたりなんじゃないかしら?
色々な国から人が集まって来てというね・・
528名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:13:25.03ID:CqkhmrTM0
>>515
なんか他の国の文化が入ってきてるような感あるよねえ
その頃(´・ω・`)
533名前:名無しさん@1周年ID:
>>528
京都に行った時にね、果てはペルシャまで、本当に色々な文化が入って来ていて
「えーこんなところからもー」って驚いちゃって、日本人って・・とあらためて思ったのよ
てっきり単一民族であると思ったでしょう
538名前:名無しさん@1周年ID:
>>533
単一民族だよ まあアイヌと琉球があるが
542名前:名無しさん@1周年ID:
>>538
もっと色々な血が入っていると思うよ
恐らく幕府の時に鎖国して、今のような日本人になったのだろうと言われているのね
550名前:名無しさん@1周年ID:
>>542
日本人が単一民族じゃなくてどこの国が単一民族なんだよ
553名前:名無しさん@1周年ID:
>>550
まあそうなんだけれどもね・・今はそうなのよ・・
639名前:名無しさん@1周年ID:
>>538
アイヌと琉球人こそ日本固有のY染色体遺伝子を色濃く保っている人たちだよ
492名前:名無しさん@1周年ID:
令和はひどい
中国人だって日本人だって同じ
496名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:03:32.89ID:ifsRfoLi0
>>492
でも中国の元号じゃないし
なんで炎上してんだろ?
504名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:05:09.19ID:CqkhmrTM0
>>496
日本に興味あんのかな一応
中国は漢字も読めるからね
512名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:08:18.39ID:8RlaAvE/0
>>496
記事によると、万葉集の歌からって事だけどその元ネタが中国のものなのに、って事らしい
519名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:11:20.13ID:CqkhmrTM0
>>512
元ネタというか
歌を作るときに中国故事からの引用するなんとかっていう手法があって
それから引用したもので
実は元の故事の意味をそのまま引用したわけではなく
故事の一説からとってオリジナルにしたので

元の漢文と関係あるようで関係ないともいえる

534名前:名無しさん@1周年ID:
>>519
漢文からとってるならオリジナルじゃないだろ
なんだよそのウリジナル理論
548名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:19:56.22ID:CqkhmrTM0
>>534
なんというか
ラーメンは中国にあったけれども
日本が勝手に日本オリジナルの冷やし中華や台湾ラーメンを作ったような感じです
653名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:53:57.88ID:yADY5jaO0
>>512
歌じゃなくて、歌を詠み合って楽しんでる情景の説明文から
説明文は漢文で書かれてて、良い表現を中国古典から引用していて、
勿論、当時の読む方も教養高いから元ネタ分かってるんだって
ミュージシャンなんかがリスペクトとかオマージュとして表現に組み込むみたいな感じなのかな?
568名前:名無しさん@1周年ID:
>>492
評判いいし、有識者も全員が賛成なんだけどねw
498名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:03:46.83ID:oFw2EL4x0
次の元号って、もうその頃日本ねえだろ。
505名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:06:14.38ID:CqkhmrTM0
>>498
日本が滅びることって絶対ないんだよ
国名からして
知識層が滅んだときは日本も滅ぶかもしれないけれども
587名前:名無しさん@1周年ID:
>>505
いやその意識は危ない、今が正念場、まだトランプだから希望がある
トランプじゃなけれな日本の存続マジでヤバかった、安倍首相以外でもだけど
595名前:名無しさん@1周年ID:
>>587
それはあったかもね。本当に感謝だね・・
621名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:43:18.69ID:3gIZ3sQA0
>>587
アレなところが沢山あるトランプだけど
アメリカに中国に対する危機感を持たせたってところだけで
全部チャラに出来る功績だと思ってる
ヒラリー政権になってたらアメリカですら押さえつけられないぐらいに膨張してたと思うわ
636名前:名無しさん@1周年ID:
>>621
米国での評判は悪いんだろうけれども、日本じゃ有難いもんよね
中国がヤバ過ぎたものね。アメリカ人も外の事は知らないからね
後々乗っ取られようが、外の出来事なんてねぇ・・そうは気づかないものだろうからね
659名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:56:19.94ID:3gIZ3sQA0
>>636
ヒラリー政権のままなら
5G以降の通信関係は中国が完全に支配して
どうしようもない状況に追い込まれてたかもしれん
そう考えるとほんとギリギリだった
682名前:名無しさん@1周年ID:
>>659
スゴイよね・・テクノロジーを牛耳られるところだったね
情報だものね
683名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:04:56.29ID:CqkhmrTM0
>>659
5gを中国が進めるのであれば
日本はそれこそ不可欠なんだがなあ
577名前:名無しさん@1周年ID:
>>498
まあ特亜はその魂胆だけどね、アメリカも気付いて来ているけど
601名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:37:40.36ID:CqkhmrTM0
>>577
日本は廃れることないって
国名変わらない限りホントに滅びること不可能なんよ
684名前:名無しさん@1周年ID:
>>601
それじゃ念仏左翼と同じになっちゃうじゃないか
693名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:08:59.90ID:CqkhmrTM0
>>684
でもそうなってるからなあ世界は
世界のルール知ってる人間からすると
日本抜きで5g作れないんよ
506名前:くろもん ◆IrmWJHGPjM 2019/04/05(金)03:06:25.04ID:qUnFeOsV0
中国人って、自分らが過去の文化を何度も全否定してきたって自覚ないんだなあ。

刹那的で過去のシナ人と本当に違う。

511名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:08:13.38ID:CqkhmrTM0
>>506
昔の中国人はどこいっちゃったのかなあ
世界に分散されてしまったのかねえ
522名前:名無しさん@1周年ID:
>>511
・・フビライ・ハンが大暴れした時代があったからね
万事塞翁が馬、日本に来られていた方たちの方が純粋な形で残ったのね、きっと
540名前:くろもん ◆IrmWJHGPjM 2019/04/05(金)03:17:49.14ID:qUnFeOsV0
>>511
毛沢東がやった文化大革命でトドメを刺された感。
文化人知識人皆殺し、史跡文化遺産破壊しまくりだし。
552名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:21:10.45ID:CqkhmrTM0
>>540
おそろしいねえ(´・ω・`)
583名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:33:58.10ID:KU9sEh5s0
>>511
元も清も中国人じゃないからね。
現在の中国の領土もほんらいの中国の勢力範囲ではない。
10年後か100年後か300年後かは分からないけど、いずれ分裂して元の形に戻るだろう。
最期の漢民族の領地は
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3f/Ming_Empire_cca_1580_%28ja%29.svg/250px-Ming_Empire_cca_1580_%28ja%29.svg.png
これだ。しかし昔の中国人はすごいと思う。孫子とか韓非子とか菜根譚とか六韜三略とかは愛読書だよ。
615名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:41:14.06ID:CqkhmrTM0
>>583
学があるんだねえ
韓非子とか名前は知ってるけど読んだことないわ
517名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:09:48.63ID:ifsRfoLi0
>>506
中国に過去はないぞ
まだ建国70年程度の国
中国は国名が変わると他国の認識
他国の文化を否定するのは普通でしょ
508名前:名無しさん@1周年ID:
でも日本というのは我ながらとても不思議な国ね・・
平井堅も日本人なんだって。生粋の・・
603名前:名無しさん@1周年ID:
>>508
どうみてもイラン系だよねw
607名前:名無しさん@1周年ID:
>>603
だよね。中近東だよね・・あの顔は・・
640名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:50:03.95ID:CqkhmrTM0
>>607
先祖帰り的な感じなのか
もともとあの顔が続いてるのか
どうみても中東だよね
651名前:名無しさん@1周年ID:
>>640
あそこまで濃い顔ではなくっても、わりと出雲辺りにいるといない?
「あなた日本人?」みたいなのを数人みたわよ・・堂珍系・・
671名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:59:57.21ID:CqkhmrTM0
>>651
出雲は割りと歴史古い皇室に使える人間いるからね
あそこもルーツ探ったら面白そうね
678名前:名無しさん@1周年ID:
>>671
独特な感じがするよ。天狗が出て来そうだもの
623名前:名無しさん@1周年ID:
>>508
平井堅のような顔は奄美から沖縄の縦長顔に時々いるよ
643名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:50:51.09ID:BgxvaN0H0
>>623
平井堅と照英と間寛平の違いが難しい
509名前:名無しさん@1周年ID:
百済は日本ととっても仲良しで、頭もすごくいいが弱かった。朝鮮半島で最終的に生き残ったのは新羅その後も新羅と日本は仲が良くない。
518名前:名無しさん@1周年ID:
>>509
それで亡命されてきたのね
同じような境遇の人らで助け合って知恵を絞り合ったんでしょうね
574名前:名無しさん@1周年ID:
>>518
縄文時代初期(約6000年前以前)に九州には人が住めない時期があった
1つが火山の大噴火でもう一つが縄文海進による集落の水没
火山噴火と集落の水没によって住めなくなった北部九州の縄文人の一部が
無人の(今でいう)朝鮮半島に移り住んだと思う
597名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:36:11.63ID:CqkhmrTM0
>>574
うーん
そしたら朝鮮人の一部は日本人か
まああそこも一つの国ではなかったからおかしくないか
604名前:名無しさん@1周年ID:
>>597
今でいう朝鮮人はあとからきた人だからね。
529名前:名無しさん@1周年ID:
リアル中国人が共産党の呪縛から解き放たれる日は来るのかな?
535名前:名無しさん@1周年ID:
>>529
ない、というかリアル中国人は台湾人
今こそ日米台で同盟を結ぶべき。
朝鮮は断交でいい
581名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:32:49.36ID:FybRM25yO
>>529
ないだろうね
たいていは国外脱出してる
537名前:名無しさん@1周年ID:
基本的にNHKが広めようとする逆が正解のような
647名前:名無しさん@1周年ID:
>>537
それは言える、あと朝日新聞の逆w
656名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:54:59.71ID:BgxvaN0H0
>>647
まあ面白いほどの鏡になってる
709名前:名無しさん@1周年ID:
>>656
あいつらの言うこと信じてたらルーピー首相輩出しちゃうからねw国が滅びてしまうわ
554名前:くろもん ◆IrmWJHGPjM 2019/04/05(金)03:21:50.92ID:qUnFeOsV0
ポルポトがやった大虐殺をさらに数倍でかい規模でやらかしたのが文化大革命なんだけどねえ・・・
593名前:名無しさん@1周年ID:
>>554
不思議だよな、そんな国が日本を侵略国家で
残虐な国というレッテルを貼るのがなんだかんだで
世界から批判されず、ましてはガンガンお金を落として
今ではGDP第2位なんだから。
資本主義社会の敗北が見える
635名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:47:34.11ID:CqkhmrTM0
>>593
中国が独りでに大きくなったと思ってるのか
民主主義国からの恩恵で大きくなっているのだよ彼らは
652名前:名無しさん@1周年ID:
>>635
ガンガンお金を落としての部分は我々日本も
含まれる意味合いなんだけどね、拙い文だったわ。
我々日本人は、自身に飛んでくるミサイルを中国に買って上げているという
認識を持った方が良い。
561名前:名無しさん@1周年ID:
そもそもさ、大陸生まれの人間はさ、戦争や殺し合いが好きなんだよ
戦ったり、死を感じて興奮してラブラブしたり、そういう自分大好きのナルシストたちなんだよ

もうさそういうのに日本人巻き込まんでほしいわ

565名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:28:05.47ID:CqkhmrTM0
>>561
お前一人だけ勝手に巻き込まれてこい
他人を巻き込むな
569名前:名無しさん@1周年ID:
>>561

じゃ、アスパラガスにベーコン巻いて焼いたのを弁当のおかずにすれば良いじゃない。

567名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:29:14.17ID:cU033oaX0
古き良き中国さんの意見なら謙虚に拝聴もしようが、今の中国は別もんだからなあ。
576名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:31:50.02ID:CqkhmrTM0
>>567
昔の中国の体制だったならば
今の中国とは違った関係になっていただろえねえ
582名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:33:15.10ID:0Kx8jCGj0
>>567
「台湾」こそが正当な『中華の国』だと思うよ
歴史的かつ文化的に見てもね

中国は中華を乗っ取った偽者たちの国

611名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:40:15.12ID:CqkhmrTM0
>>582
昔は正当な中国だったんだけど
革命で本来の中国人は殺されてしまったんだろうなあ文化ごと
589名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:34:39.48ID:OPsCK84r0
国際的に中国の歴史って3000年までは確認が取れ認められているのに、
ここ10年ほどで、中国6000年の歴史とかウソぶくから、一気に信用を失う。
それでも韓国人よりは信用できるが。
612名前:名無しさん@1周年ID:
>>589
     
中国=中華人民共和国

毛沢東が作った国だ。
70年の歴史しかない。

    

625名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:44:28.54ID:OPsCK84r0
>>612
俺の親父より歴史無いじゃん( ^ω^)・・・
641名前:名無しさん@1周年ID:
今の日本人に残っている縄文人の遺伝子は少ないと言っても、
それは、弥生人時代に、オスマン帝国の皇帝のスルタンのように、優生学的に、
あるいは、人間という動物が本能として持っているもので、渡来人の女性から、
遺伝子を頂きました。それは、いわゆる良い子を作るためにです。
皇帝・スルタンは、后を、侵略した地から奪ってきたキリスト教徒の女性奴隷、
それを、ハーレムにしており、その女性奴隷の中から、皇帝・スルタンは妻を選びました。
つまり、オスマン・トルコ帝国では、その皇帝の母は、常に奴隷の出自なのです。
目的は、いわゆる優生学です。良いことを作るためにです。
それと、全く同じことが、日本の場合は、大きなスケールで起こりました。
三々五々、難民の形で小集団で渡来する者たちの内、男性は皆殺しにして、
女性は残して、縄文人男性は、その殺さなかった渡来人女性に子供を産ませました。
それが弥生人なのです。よって、核DNAのY染色体、男性継承の、この遺伝子は、縄文人男性のものが弥生人男性に引き継がれました。
よって、今でも、日本人男性と韓国人男性とは、Y染色体は全く別系統ですから、
男性という面では、日本人男性と韓国人男性は別の人種なのです。
669名前:名無しさん@1周年ID:
>>641
そんなに難しく説明しなくてもいいと思う。
稲作の技術を持って渡来した弥生人は縄文人に比べて農業の生産性が高かったんだよ
どんどん人口が増えてあっという間に縄文人と結婚して飲み込んでしまったんじゃないかな
688名前:名無しさん@1周年ID:
>>669

弥生人の父は縄文人であり、母は、渡来人ですから、
弥生人を渡来人と思い込むのは大きな間違いです。
そして、米作は縄文時代から行われておりましたが、縄文人は、その米作の大きなリスクを知っておりますから、
米作に頼る生活様式を採用しませんでした。
つまり、縄文時代は、多様なモノを食べておりました。よって、リスクヘッジ出来ている体制でした。
米作は、冷害のときに、多く者が餓死するリスクがあるのです。

705名前:名無しさん@1周年ID:
>>688
縄文人はピットなどに保存食を蓄える業師で灰汁抜きも天才的だったな
干物や蒸し焼き装置も持ってたからな
丸木舟に載せて遠出もしたんだろう
645名前:名無しさん@1周年ID:
日本も社会主義の実験場と言われているけれども、恐らくアメリカも中国も資本主義の実験場なんだろうけれどもね
それで中国でハッキリと資本主義の限界が見えたんだろうとは思う

一神教も色々ある昨今じゃあって、あそこがぶつかると双方が大事だし、世界的にも大事だし、かと言って無宗教も
単に秩序を乱し危険なテロリストを産みあげる可能性があるわけでしょう。モラルがないからね

663名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)03:57:38.70ID:CqkhmrTM0
>>645
英国かとも思ったけど英国もあんなんだしフランスも色々揺れてるし
ユダヤを含むグローバル多国籍企業連合かなと思ってます

まあ僕も一味ですが(´・ω・`)

673名前:名無しさん@1周年ID:
>>663
まあなんか大変な世の中だなと思うんだわ
でもここまでモラルが崩れたら、さすがに資本主義が成り立つってありえるのかしらね?
技術だけが進んで行くわけでしょう。恐怖しか感じない
689名前:名無しさん@1周年ID:
>>673
音を立てて崩れてるよ
今はどうやって逃げ切るか考えてるのが
世界市民
695名前:名無しさん@1周年ID:
>>689
あなたもそう思った?私もそう思ったりしたのね・・
一度は世界は死んでも、また新しい世代は出て来るだろうと思ったりするんだけれどもね
686名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:06:16.87ID:BgxvaN0H0
「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、
梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」

これを命令だ命令だと騒ぐセンスはいかがなものかとほんと思う

691名前:名無しさん@1周年ID:
>>686
私は戦争だの核兵器だの物騒な事ばかりだったから、これの説明を聴いた時には驚いたわね
ネトウヨは納得しないだろうと思ったけれども、AIの時代に移行するにあたって、ようやく秩序
そして文化に邁進していくんだろうと思ったのよ

ブサヨが叩きあげているのが不思議でたまらないんだよね

704名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:15:03.17ID:KU9sEh5s0
>>686
別に命令でもおかしくないよ。

初春の令月にして、気淑く風和く。梅は鏡前の粉を開き、蘭は佩後の香を薫ず。

春だわぁ。綺麗な月だなぁ
風が気持ちいいし、梅の花も美女の白い化粧のように綺麗で、蘭の香りもいい香りと

これからだんだん暖かくなる季節に月明かりで月見や花見をしている平和な情景だよ。

ここで安倍さんが
「内閣総理大臣として日本人に命令します。平和な国家を築いていきましょう」
「みなさん、美しい平和な国家を作りましょう。令和です」

と言ったところで違和感ないし別に何の問題も感じないよ。

690名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:08:26.51ID:6Nz711mg0
支配者は誰でもいいから
国民が飢えないこと
国民の雇用を守ること
これを最優先に考えてくれ
でもUSAとChinaの二択ならUSAのほうがいい
698名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:11:10.49ID:CqkhmrTM0
>>690
USAかー
そうなると自分は大金持ちにならんといけなくなるんだけど
色々めんどくさい
ちょっと金持ちくらいが心地よいんだが
707名前:名無しさん@1周年ID:
>>690
支配者をしっかり選別して
選ぶのが本来の民主主義なんだけど
形骸化してると言わざる得ないし
レントシーキングという概念が薄い日本社会の
政治の闇はまだまだ続くでしょう。
706名前:名無しさん@1周年ID:
でも中国人の切なる文化の要求は上から下まであるんでしょうね
あれだけの文明を築きあげた民族だものね

技術では決して満たされないものでしょう

710名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:17:48.32ID:6Nz711mg0
>>706
まあ中華民国のほうなんだけどな
715名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:20:29.97ID:CqkhmrTM0
>>710
革命から逃げてきた彼らが本来の中国人であるならば
なんか納得なんだよねえ
712名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:19:01.68ID:CqkhmrTM0
>>706
国は技術だけでは尊敬はされないんだけれどもねえ
それこそ文化や礼節大切だよ
中国人の振る舞いみてると上層知識人は素晴らしくても
下の方はやっと文化的生活が始まったばっかりだなあと
717名前:名無しさん@1周年ID:
>>712
まあでも中国人はあそことは違って、文明を築きあげた自負がしっかりとあるだろうからね
技術やお金では満たされないだろうね。それがこれだけの関心を元号に持たせたんだろうからね
723名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:25:28.16ID:CqkhmrTM0
>>717
中国人も現政権が壊した本当の中国文化に目を向けるようになったら
一流の国家の入り口になるけれども
その時中国の現政権は痛い目見るだろうね
なぜ壊したのかと
729名前:名無しさん@1周年ID:
>>723
そんな事言ってる連中片っ端から牢屋にぶち込か
処刑して終わりや。
そもそも中国人は愛国心は無く華僑の考えだから国にたてつくとか、
家族が何かやられた時くらいしかないでしょう。
735名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:31:55.71ID:CqkhmrTM0
>>729
その本来の優秀な華僑を殺したのは現政権じゃないか
716名前:名無しさん@1周年ID:
>>706
    
中国=中華人民共和国

毛沢東が作った国。
70年の歴史しかない。

     

714名前:名無しさん@1周年ID:
朝日新聞が悪いわけではないのよ。朝日新聞は民主主義に忠実に従っているだけなんだけれども
何か根本的なところからして成り立たなくなってきているような気がする時があるのね
725名前:名無しさん@1周年ID:
>>714
とんでもない、捏造歪曲のフェイクニュースは民主主義の敵そのものだよ!
728名前:名無しさん@1周年ID:
>>725
まあ確かにそれもあの出来事であるんだけれども、公文書改竄の時に唯一活躍しただけにね
でもね・・私は思うんだわ・・。資本主義のみならず、もしかしたら民主主義もキチンと機能しているのかと思って
だって民主主義が機能したハズの韓国はスゴイことになっているじゃん・・
755名前:名無しさん@1周年ID:
>>728
韓国は元から民主主義が機能してないぞ
民主主義は国民の意識と自覚が伴って初めて機能する
韓国のはせんどう者が居て国民がどのせんどう者がいいか選ぶという行為が続いてるだけで国民は過去の大統領の権威や発言などに責任など感じないしあんなのは自分達の代表ではないと本気で信じてる
中国共産党の一代限りの国家主席王朝と同じで国民の代表ではなく一代限りの朝鮮族王朝選びをやってるだけ
本質には韓国の民主主義は未熟で北の将軍様王朝と同レベル
758名前:名無しさん@1周年ID:
>>728
公文書改ざんが瓢箪から駒みたいなもんよ
あれだって大きな部分は野党が誘導したとこもあるし、
年金問題ときみたいに自爆的なとこもあるかも知れない

それよりもトランプのロシアゲート事件、あれこそ民主主義の危機一髪だよ
司法省、FBI,民主党、マスメディア結託でのクーデターだった
日本の森加計もそう、統計問題だってそういった側面もあるかもだし

719名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:22:25.44ID:6Nz711mg0
ところで中華民国の元号はどうなってるんだ
720名前:名無しさん@1周年ID:
>>719
黄熊さんとか・・
726名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:26:08.96ID:CqkhmrTM0
>>720
それディズニーのやつな
730名前:名無しさん@1周年ID:
北朝鮮もなんだけれども、それ以上に韓国は一体・・どこへ行くのだろうか?と思う事ない?
一応、韓国はものすごい民主主義があったわけよ。あの時に感動したハズが何故?というね
740名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:36:21.40ID:CqkhmrTM0
>>730
韓国も可哀想な国なんよ
中国に優秀な人材や美女をずっと献上し続け
文化がやっと発展してきたわけだが
有能な人は次月と海外に逃げ出されて
残った国民の多くは感情で動くことが多いので政権は安定しない
周りは大国の中でなんとか政権は威厳を保とうとして国民と国外への対応が真逆になったりする

ある意味凄く可哀想な国よあそこは

751名前:名無しさん@1周年ID:
>>740
今まで一時期占領や併合があったとはいえ今の時点で独立してるだけですごいと思うけどな、周りが中国ロシア日本という中で
759名前:名無しさん@1周年ID:
>>730
韓国の民主主義は早すぎたって説も有力だね
北のスパイにやられたとこも大きい、
・・・スパイ天国の日本が保ってるのも奇跡的
民意の差という他ないだろう
778名前:名無しさん@1周年ID:
>>759
韓国はおそらく北東アジアに大統領制が根付くかどうかの実験牧場なんだと思う
で5年ごとにギロチン合戦になってしまう大失敗作だから近々終うはず
731名前:名無しさん@1周年ID:
多数決が正しいなんて実は誰も思ってない。
741名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:36:41.87ID:CqkhmrTM0
>>731
それはあるね
760名前:名無しさん@1周年ID:
>>731
多数決はむしろ最後の手段、
770名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:03:58.45ID:6Nz711mg0
>>731
多数決でもいいけれど
誰が投票に参加するのかを選ぶようにしないと
衆愚政治になって危ないですよね

>>765
理想だと思いますけど
教育をすれば2割が3割4割と増えていく現実的じゃないですよね
発達に関わる職業の人々は【作業記憶の先天性】を認めていますから
これは教育で解決する問題じゃないですよ
生まれつきの能力です

775名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:05:34.00ID:mpO74m200
>>770
あなたは2割に入るのですか
それとも8割のバカに?
783名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:09:33.58ID:6Nz711mg0
>>775
恐らく8割の馬鹿に入るでしょうね
悲しいことだけど、それでも、未来の進化に繋がるのであれば
私は喜んで受け入れますよ
なにも4ぬ必要はないです【馬鹿が子供を作らなければよい】だけです
790名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:13:12.03ID:mpO74m200
>>783
判断力の弱いバカならば、教育によって人の能力は広がらぬとの判断が間違っている可能性もありますね
803名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:17:31.56ID:6Nz711mg0
>>790
>教育によって人の能力は広がらぬとの判断

いやいや
それは私の個人の感想ではなくて
発達に関わる専門職の人々が出した結論ですよ
とりわけワーキングメモリに関しては後付けでどうにかなる話じゃなくて
生まれつきの才能ですから

教育をすれば2割が3割4割と増えていくというのは
宗教的には正しいけれど科学じゃない

806名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:19:40.09ID:mpO74m200
>>803
いえいえ、人の能力がワーキングメモリで計測できるという判断を疑ったのです。
808名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:23:04.53ID:6Nz711mg0
>>806
いえいえ
その判断も含めて私の個人の感想ではありませんから
例えば、チェス盤の駒を10手先まで動かせる人と
1手先しか考えられない人では
政治や経済の分析にも差が出るんですよ
これは避けられない事実でしょう?
811名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:23:59.07ID:mpO74m200
>>803
専門家の出した結果を鵜呑みにする人が馬鹿カテゴリーで、結果を導き出した手法を自分で吟味する人が利口カテゴリーですね、私の中では。
813名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:25:46.33ID:6Nz711mg0
>>811
ぜひ吟味してみてください
同じ結論になるはずですよ
発達、ワーキングメモリ、作業記憶、先天性あたりで調べて
反証も含めて
828名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:32:21.39ID:mpO74m200
>>813
回答が予め存在する問題にスピーディーに正解するためにはワーキングメモリ量が物を言います。回答が存在しない問題に対処するにあたり、まず問いを立てて切り込むのはどうでしょうか。
818名前:名無しさん@1周年ID:
>>811
「愚者は自らの経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」っていう言葉もあるけど。
791名前:名無しさん@1周年ID:
>>770
増やすの手段は教育だけではないよ。
8割の人々に正しい選択をさせる為の手助けをする事と
2割を増やすはDNAを選別をして優秀な子供を増やす事をすればいい。
もちろん何をもって優秀かなんて時代によって変わる訳だし
多様性も必要だと思うけどね、ある程度カオスな状況じゃないと天才は生まれないと
思う。
また倫理観が破綻しすぎて、その優秀な2割が悪人になる可能性もある。
733名前:名無しさん@1周年ID:
まあ中国は清朝を最後に皇帝が途絶えるのはどうしたって避けられなかったでしょ
ほとんど漢民族なのに満州族の王朝を維持しても意味ないし
あらたに漢族の皇帝立てるようなご時世でもないしな
746名前:名無しさん@1周年ID:
>>733
天命思想だから、天子は漢族に限らないで一応良いんだよ。
まあ、清朝の仕組み壊さない方が未だ良かった気がしますよ。

満州族の皇帝だから、逆に漢族中心政策はしにくいし、少数民族地区の弾圧もね。
日本も、完全共和制なら多分内戦してたよ。

748名前:名無しさん@1周年ID:
>>733
満州族の統治から漢族の国に戻したくて中華民国を作ったんでしょ
でも結果はまたモンゴル人みたいな中華人民共和国が勝ってしまった
734名前:名無しさん@1周年ID:
民主主義と言うのは、国民全体がしっかりと考える頭を持っていないと上手く機能をしないんだよね
737名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:34:23.02ID:6Nz711mg0
>>734
ところが人々の【考える力】は綺麗な正規分布曲線を描きますから
考える頭を持つ人は2割しかいないんですよね
残りの8割は、いわゆる、馬鹿なので
どうしても衆愚政治になってしまう

民主主義には欠陥だと言わざるを得ません

742名前:名無しさん@1周年ID:
>>737
ノルウェーとか成功しているのよね
やはり賢いと思うわけ。全体的にね

だけどもやはりここら辺じゃ限界を感じるね・・

韓国に至ってはミザリーとしか言いようがないし、その2割も亡命でもしないと大変そう

750名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:44:14.83ID:6Nz711mg0
>>742
やはり一度は選民的な大量死が起きたほうが
全体の知能の底上げが起きると思うんですよ
優秀な2割だけを残して8割が亡くなる事象・・・
例えば、戦争とかジェノサイドとかですね・・・
そこで残った2割がまた綺麗な正規分布曲線を描く、と

これは乱暴な話なので架空の物語程度に留めておいてください

765名前:名無しさん@1周年ID:
>>750
私はそれではなく
優秀な2割が8割が分かるように説明してく努力をする事と
その2割を3割4割と増やしていく事が大事だと思うな。
その虐殺や戦争で残った2割がそのまま優秀でその後豊かな社会が作れるとは思えない。
770名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:03:58.45ID:6Nz711mg0
>>731
多数決でもいいけれど
誰が投票に参加するのかを選ぶようにしないと
衆愚政治になって危ないですよね

>>765
理想だと思いますけど
教育をすれば2割が3割4割と増えていく現実的じゃないですよね
発達に関わる職業の人々は【作業記憶の先天性】を認めていますから
これは教育で解決する問題じゃないですよ
生まれつきの能力です

775名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:05:34.00ID:mpO74m200
>>770
あなたは2割に入るのですか
それとも8割のバカに?
783名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:09:33.58ID:6Nz711mg0
>>775
恐らく8割の馬鹿に入るでしょうね
悲しいことだけど、それでも、未来の進化に繋がるのであれば
私は喜んで受け入れますよ
なにも4ぬ必要はないです【馬鹿が子供を作らなければよい】だけです
790名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:13:12.03ID:mpO74m200
>>783
判断力の弱いバカならば、教育によって人の能力は広がらぬとの判断が間違っている可能性もありますね
803名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:17:31.56ID:6Nz711mg0
>>790
>教育によって人の能力は広がらぬとの判断

いやいや
それは私の個人の感想ではなくて
発達に関わる専門職の人々が出した結論ですよ
とりわけワーキングメモリに関しては後付けでどうにかなる話じゃなくて
生まれつきの才能ですから

教育をすれば2割が3割4割と増えていくというのは
宗教的には正しいけれど科学じゃない

806名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:19:40.09ID:mpO74m200
>>803
いえいえ、人の能力がワーキングメモリで計測できるという判断を疑ったのです。
808名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:23:04.53ID:6Nz711mg0
>>806
いえいえ
その判断も含めて私の個人の感想ではありませんから
例えば、チェス盤の駒を10手先まで動かせる人と
1手先しか考えられない人では
政治や経済の分析にも差が出るんですよ
これは避けられない事実でしょう?
811名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:23:59.07ID:mpO74m200
>>803
専門家の出した結果を鵜呑みにする人が馬鹿カテゴリーで、結果を導き出した手法を自分で吟味する人が利口カテゴリーですね、私の中では。
813名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:25:46.33ID:6Nz711mg0
>>811
ぜひ吟味してみてください
同じ結論になるはずですよ
発達、ワーキングメモリ、作業記憶、先天性あたりで調べて
反証も含めて
828名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:32:21.39ID:mpO74m200
>>813
回答が予め存在する問題にスピーディーに正解するためにはワーキングメモリ量が物を言います。回答が存在しない問題に対処するにあたり、まず問いを立てて切り込むのはどうでしょうか。
818名前:名無しさん@1周年ID:
>>811
「愚者は自らの経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」っていう言葉もあるけど。
791名前:名無しさん@1周年ID:
>>770
増やすの手段は教育だけではないよ。
8割の人々に正しい選択をさせる為の手助けをする事と
2割を増やすはDNAを選別をして優秀な子供を増やす事をすればいい。
もちろん何をもって優秀かなんて時代によって変わる訳だし
多様性も必要だと思うけどね、ある程度カオスな状況じゃないと天才は生まれないと
思う。
また倫理観が破綻しすぎて、その優秀な2割が悪人になる可能性もある。
769名前:名無しさん@1周年ID:
>>750
それよりも正しい情報! それとある程度の民度があればそんな馬鹿な判断はそうしないよ
753名前:名無しさん@1周年ID:
>>737
それはもう優秀な2パーセントを伸ばすして後ろをスライドさせるしか無いね。
762名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)04:58:26.42ID:6Nz711mg0
>>753
そうですね
統計的に分布が変わらないとなると

1.2%を伸ばす
2.2%だけを連れて移住する
3.80%を虐殺して20%を残す

この3つに絞られると思います
3はファンタジーです

739名前:名無しさん@1周年ID:
>>734
自由民主主義はバランスがとれてないと逆に脆弱な体制だよね
744名前:名無しさん@1周年ID:
>>734
まさにそう。
本当はアホな政治は私達の責任、国民が怒り考え立候補するのが
民主主義。
投票率を見ても分かるように日本の政治はクソで国民の意識も低い。
776名前:名無しさん@1周年ID:
ほんと外国人ってイジメやマウンティングが大好きだよね、趣味とか性癖に近い。
その国の映画とかみると本性がわかるよね。
好戦的で暴力大好きなのに超ナルシストで、平和を叫びながら武器は手放せない。
世界を混沌とさせておいて、救世主になりたがってる。
777名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:06:46.83ID:0GXds1QU0
>>776
令和お前がだよ
令による思想は列強と基本競争力をなくす作用がある
799名前:名無しさん@1周年ID:
>>777
お前の脳内ではね。
801名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:17:10.49ID:0GXds1QU0
>>799
令和かおまえは
815名前:名無しさん@1周年ID:
>>801
共同通信調べで
国民73%が好感を持って
好感を持てないが15%
つまり君は15%
819名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:27:45.65ID:0GXds1QU0
>>815
令和の精神安定か?
820名前:名無しさん@1周年ID:
>>819
1割弱の変な奴には厳しい事実だよな
目を背けず少数派という自覚を持つことだ。
822名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:30:51.38ID:0GXds1QU0
>>820
さすが令和だな
なるほど君が少数派か

大多数は我慢していい元号だっていってるんだよ?

835名前:名無しさん@1周年ID:
>>822
現実逃避しすぎてみんな我慢して答えてるとか
言い出す始末か、本来はあんまり相手しないけど
そこまでいくと犯罪者予備軍だからちゃんと通院した方がいいよ。
煽り抜きで。
>>827
それを同調圧力と感じるのはあなたに不都合な結果なだけで
多くの人はそれを押しつけがましい圧力なんて誰も感じてない。
838名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:37:30.18ID:0GXds1QU0
>>835
通院の強制か?
お前令和確定だな
859名前:名無しさん@1周年ID:
パヨクの朝は早いな
作業がてら議論するのは楽しかったが暇人ご老体パヨクが沸いたから去るわ。
>>838
>>839
>>842
>>847
866名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:47:51.81ID:0GXds1QU0
>>859
ではない
陛下のことを第一に考えている者だ

令和は元皇太子殿下に失礼だ

皇太子殿下が陛下になられたら
令和となるわけだから

失礼極まりない

839名前:名無しさん@1周年ID:
>>835
同調圧力以外の何物でもないよ
859名前:名無しさん@1周年ID:
パヨクの朝は早いな
作業がてら議論するのは楽しかったが暇人ご老体パヨクが沸いたから去るわ。
>>838
>>839
>>842
>>847
866名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:47:51.81ID:0GXds1QU0
>>859
ではない
陛下のことを第一に考えている者だ

令和は元皇太子殿下に失礼だ

皇太子殿下が陛下になられたら
令和となるわけだから

失礼極まりない

878名前:名無しさん@1周年ID:
>>822
まぁ正直、元号が生活に与える影響は
現実には、ごく限られた場面なんで、皆さんそれほど
深くは考えないのじゃないかね。(そういう意味では、
今が旬というか、商魂逞しく活況を呈するしかないという)
あえて言えば、代替わりのセレモニーの一幕みたいな感じで、
それにケチをつける必要はなかろう、まぁご祝儀やな、というのが
多くの感想ちゃうかな。

>>845
まぁそういう事を言えば「万葉集」自体、「わが誇るべき国書である」と
肩をいからせるような趣ではなくて、どちらかといえばソフトな感じなのじゃあるまいか。
極端に言えば、元号「鼻穿」とか「腋草」とか、そういうモノもあり得ないことでは無い
かもわからんしね。

881名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:54:18.25ID:mpO74m200
>>878
同意
885名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:55:38.11ID:0GXds1QU0
>>878
ところが
令って文字は毎日使うと

心がすさんでくると思う
それ狙いの可能性も十分ある

試しにお前書道で令和って書いてみろ

負の印象が強くて確実にジワルぞ

919名前:名無しさん@1周年ID:
>>885
例えば役所絡みの、何かの書式を書き込む時には、あるいは必要とされるかも
わからんが、それ以外のところでは、どんどん西暦になっちゃってる観はあるし、
残念ながらグローバル化も進みつつある今日のこととて、
これを機にというわけでもないが(尤もマジで元号を使わせるのなら、もうちょっと
準備期間を設けた方が良さそうなワケだしね)
更に「西暦化」がより進むということになるんじゃないかね。
だからといって個人的には、元号は絶対に使わんぞ、という事では無いんだけどね。
拒否ってて、時間とか浪費するようなら、まぁさらっと「令和」云々などと
買いたりしてしまった方がエエのかな、というのが一般の認識ちゃうかな。

>>892
まぁ民国成立で王朝を止めてしまったので、
元号も廃止したということなんだろうね。その証拠に袁世凱が即位した際には
「洪憲」という元号を定めたワケやね。袁の即位は不評だったために、
ごく短期間に終わったが、その御蔭で「洪憲」の銘が入った物には、
希少価値があるかもわからんがね。
まぁ何れにせよ、元号をあえて復活させるには、袁みたいな行為が必要という
ことやもな。

923名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:15:56.93ID:0GXds1QU0
>>919
精神衛生上避けたいってのはあるな
827名前:名無しさん@1周年ID:
>>815
日本お得意の同調圧力だよ
835名前:名無しさん@1周年ID:
>>822
現実逃避しすぎてみんな我慢して答えてるとか
言い出す始末か、本来はあんまり相手しないけど
そこまでいくと犯罪者予備軍だからちゃんと通院した方がいいよ。
煽り抜きで。
>>827
それを同調圧力と感じるのはあなたに不都合な結果なだけで
多くの人はそれを押しつけがましい圧力なんて誰も感じてない。
838名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:37:30.18ID:0GXds1QU0
>>835
通院の強制か?
お前令和確定だな
859名前:名無しさん@1周年ID:
パヨクの朝は早いな
作業がてら議論するのは楽しかったが暇人ご老体パヨクが沸いたから去るわ。
>>838
>>839
>>842
>>847
866名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:47:51.81ID:0GXds1QU0
>>859
ではない
陛下のことを第一に考えている者だ

令和は元皇太子殿下に失礼だ

皇太子殿下が陛下になられたら
令和となるわけだから

失礼極まりない

839名前:名無しさん@1周年ID:
>>835
同調圧力以外の何物でもないよ
859名前:名無しさん@1周年ID:
パヨクの朝は早いな
作業がてら議論するのは楽しかったが暇人ご老体パヨクが沸いたから去るわ。
>>838
>>839
>>842
>>847
866名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:47:51.81ID:0GXds1QU0
>>859
ではない
陛下のことを第一に考えている者だ

令和は元皇太子殿下に失礼だ

皇太子殿下が陛下になられたら
令和となるわけだから

失礼極まりない

842名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:38:29.36ID:0GXds1QU0
日本人は令和思想なので

とにかくこの言葉にすべての精神性が凝縮されていて
非常に使いやすい

859名前:名無しさん@1周年ID:
パヨクの朝は早いな
作業がてら議論するのは楽しかったが暇人ご老体パヨクが沸いたから去るわ。
>>838
>>839
>>842
>>847
866名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:47:51.81ID:0GXds1QU0
>>859
ではない
陛下のことを第一に考えている者だ

令和は元皇太子殿下に失礼だ

皇太子殿下が陛下になられたら
令和となるわけだから

失礼極まりない

843名前:名無しさん@1周年ID:
他国の元号なのに。
ヒマなの?
850名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
>他国の元号なのに。
>ヒマなの?

>>1 の元記事を書いた
バカウヨが騒いでるだけだよ

852名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
自分達発祥の文化が他国に残ってるから気になるんだよ
出典が自国ではなくなったと見出し見たら意図は?とニュース記事読みたくなるだろ
856名前:名無しさん@1周年ID:
>>852
参照数を見れば分かるが大して読まれてない
>>1 の元記事経由でしか情報に触れられない
日本の知的底辺が騒いでるだけ
867名前:名無しさん@1周年ID:
>>856
中国のローカルなニュースでの報道とか探せば人口多いから令和ニュースは相当な数になるぞ
静かな人口と比例して騒がしい人数も恐ろしく多いのが中国
869名前:名無しさん@1周年ID:
>>867
同一レベルで表示される記事と比較すると
参照数は圧倒的に少ないよ
コメント付いてない記事のが多い
889名前:名無しさん@1周年ID:
>>869
ソース元だけ見て全体は語れないでしょ
レコチャや親元の新華社に各地方の報道考えると物凄い数の中国人が日本の新元号に感想もったのは明らか何だし
炎上だ~とか釣る為の馬鹿に付き合う気は無いけど総数が違うから否定的な数が少数でもその少数層が他国から見たら相対的に多いのは事実
846名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:39:50.29ID:0GXds1QU0
もっと喜ばんか
847名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:40:50.73ID:mpO74m200
>>846
不快な元号なんでw
849名前:名無しさん@1周年ID:
>>847
よう15%
853名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:42:31.26ID:mpO74m200
>>849
私は15%ですよ
854名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:42:41.74ID:0GXds1QU0
>>847
そう思ってるんだろうな多分w
859名前:名無しさん@1周年ID:
パヨクの朝は早いな
作業がてら議論するのは楽しかったが暇人ご老体パヨクが沸いたから去るわ。
>>838
>>839
>>842
>>847
866名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:47:51.81ID:0GXds1QU0
>>859
ではない
陛下のことを第一に考えている者だ

令和は元皇太子殿下に失礼だ

皇太子殿下が陛下になられたら
令和となるわけだから

失礼極まりない

870名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:50:21.51ID:0GXds1QU0
皇太子殿下も陛下にランクアップされて
今だ令という身分は嫌やろ
886名前:名無しさん@1周年ID:
>>870
天皇陛下の令息の皇太子が
天皇陛下になったのに令のままw
888名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:57:01.83ID:0GXds1QU0
>>886
もうね・・・

最悪w

875名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:51:24.09ID:0GXds1QU0
普通は令は不適なので
「勅」という特別な文字をあてがうもんだ
891名前:名無しさん@1周年ID:
>>875
勅を令に格下げして
相対的にマウント取りに行った
安倍ちょん策士だねw
893名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)05:59:27.37ID:0GXds1QU0
>>891
信じられんで
マジで失礼極まりないと思う
876名前:名無しさん@1周年ID:
だいたい一月の十三夜の月を「令月」なんて言うのがおかしい。

本家取りした文選の文章は、仲春の名月の宴を詠んだもの。
仲春というのは春分の日の前の十日間ぐらいを言うんだな。
仲秋というのが秋分の日の前の十日間ぐらい。
今は仲秋の」名月といって、お月見は秋だけになったけど、
本来は春分の日と秋分の日に関連したものなので
仲春の名月もお月見の対象になっていたのだ。

そういう月だから令月というのであって、十三夜の月なんか令月とは言わない。
もし令月なんて言ったら、毎月一回・年に十二回令月があることになってしまう
じゃないか。そんなに有っても困るよw

十三夜の月を令月にしてしまっても、本家どりだから許されたのだ。
うまく持ってきたな・・・という程度に受け取ってもらえるから。
しかし、そうした文章を元号の典拠にしてしまうというのはマズイ。
本来そんなつもりで書いた文章じゃないのだ。
宴会の場の戯れ言に過ぎない。
十三夜だっていいや、令月ということでいったれー、さあ、みんな呑むぞー、
てな調子の軽いノリで書かれたものなんだ。

書いた大伴旅人も、元号の典拠にされてビックリしていると思うぞ

884名前:名無しさん@1周年ID:
>>876
おまえ序文を読んでないだろw
894名前:名無しさん@1周年ID:
>>884
おっ、出たな池沼

馬鹿のテクニック。自分は何も分かってないのに曖昧な言葉で
深淵なことを言っているように見せかける。
しかし、序文を読んでないだろ、は駄目だなw
程度が低すぎるわ、おまえ

892名前:名無しさん@1周年ID:
元号廃止した中国に口出しされたくないんだがな。
悔しいなら復活してみせろってのがこっちの言い分。
令和はいい元号だよな。もう違和感なく馴染んでるし。
なんといっても国民の大多数が賛成してるんだからこれ以上のことはないだろう
897名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:03:05.30ID:mpO74m200
>>892
中国政府関係者も学者も文句は言ってない。
905名前:名無しさん@1周年ID:
>>897
おい中国に学者が何万人いると思ってんだよw断言するのは無理があるだろw
906名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:07:39.28ID:mpO74m200
>>905
学者も文句は言ってない
919名前:名無しさん@1周年ID:
>>885
例えば役所絡みの、何かの書式を書き込む時には、あるいは必要とされるかも
わからんが、それ以外のところでは、どんどん西暦になっちゃってる観はあるし、
残念ながらグローバル化も進みつつある今日のこととて、
これを機にというわけでもないが(尤もマジで元号を使わせるのなら、もうちょっと
準備期間を設けた方が良さそうなワケだしね)
更に「西暦化」がより進むということになるんじゃないかね。
だからといって個人的には、元号は絶対に使わんぞ、という事では無いんだけどね。
拒否ってて、時間とか浪費するようなら、まぁさらっと「令和」云々などと
買いたりしてしまった方がエエのかな、というのが一般の認識ちゃうかな。

>>892
まぁ民国成立で王朝を止めてしまったので、
元号も廃止したということなんだろうね。その証拠に袁世凱が即位した際には
「洪憲」という元号を定めたワケやね。袁の即位は不評だったために、
ごく短期間に終わったが、その御蔭で「洪憲」の銘が入った物には、
希少価値があるかもわからんがね。
まぁ何れにせよ、元号をあえて復活させるには、袁みたいな行為が必要という
ことやもな。

923名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:15:56.93ID:0GXds1QU0
>>919
精神衛生上避けたいってのはあるな
895名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:02:21.54ID:0GXds1QU0
国民も令和天皇って言うの
普通は憚るだろ

失礼と思う心があれば

898名前:名無しさん@1周年ID:
>>895
平成も十分失礼だから今更のような…
900名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:04:01.76ID:0GXds1QU0
>>898
今回は
レベルが違う
915名前:名無しさん@1周年ID:
>>895
在命中は今上天皇だろーが。
918名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:14:21.80ID:0GXds1QU0
>>915
2種類呼び方がある

今上天皇と
令和天皇だ

920名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:14:57.58ID:mpO74m200
>>918
いやいやいやいや
926名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:17:33.09ID:gFxpOEes0
>>918
元号をつけると故人となる
あ、でも生存している場合の交代後の呼び方は知らん
930名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:19:14.64ID:0GXds1QU0
>>926
故人になられてもこの場合失礼じゃね?
983名前:名無しさん@1周年ID:
>>926
今上上皇だろ
938名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:23:57.65ID:BgxvaN0H0
>>918
生前にそう呼ぶの失礼でしょう
今上天皇のみ許される
通常は天皇陛下で
939名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:24:45.83ID:0GXds1QU0
>>938
呼び方のルールは分かったが
令和は十分失礼と思うで
949名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:27:06.77ID:BgxvaN0H0
>>939
専門家じゃないから
正直、殿下にお聞きしないとわからないなー
951名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:28:42.71ID:0GXds1QU0
>>949
せやな
お気になされないとは思うけど

それでも令は
も少し気を利かせてくれたらなと思うでさすがに

954名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:31:19.97ID:BgxvaN0H0
>>951,952
決まったことにあれこれ仰られることもなさそうだし
わからないままかなあ
959名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:33:33.21ID:0GXds1QU0
>>954
何か提言すれば政治的主張いわれるし
周りがしっかりせな皇太子殿下のご負担となられる

それがよくない

955名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:32:06.97ID:JqH2Mb570
>>951
あー

逮捕令状が真っ先に思い浮かぶ人かw

969名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:36:28.58ID:0GXds1QU0
>>955
良いという意味だっけ
美しという意味

知ってるべ

それはただ一般的に令といえば命令の令って普通説明するで

952名前:名無しさん@1周年ID:
>>949
皇居から帰るときの安倍ちょんの顔を見ると
相当な反発を受けたであろうことは
想像に難くない

だからこその「批判もあるだろうが」発言

903名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:05:34.25ID:0GXds1QU0
格上げした陛下に対し

元皇太子殿下が
令和令和言われてみいよ

令ちゃうし国民なんやねん舐めてんのかってなるわけで嫌やろ

和どころじゃないw

911名前:名無しさん@1周年ID:
>>903
御健勝で有らせられるうちから令和言われる訳ないだろどアホ
本物の不敬だわくたばれボケが
914名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:13:16.25ID:0GXds1QU0
>>911
令和か?朝から勢いがあるな

失礼と考えんお前がとんでもない不敬じゃどアホ
氏んどけバカタレが

931名前:名無しさん@1周年ID:
>>914
事の重大さが理解出来んようだな
陛下云々以前にお前人間として最低だよ
933名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:20:20.31ID:0GXds1QU0
>>931
お前が最低だよ
令を陛下に持っていくとかありえねえわ

氏ねアホ

940名前:名無しさん@1周年ID:
>>933
元号が失礼だって話しに陛下の御健勝なうちに死後の扱いする必要性がどこあるんだよドアホ どんだけ不敬なんだお前は
マジでアホかお前は
948名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:26:54.46ID:0GXds1QU0
>>940
確かに生きてる間は言われることはないかもしれないが

令和だな

歴史記録的に
令和天皇と呼ばれるのは間違いない

感情的になるなドアホ

958名前:名無しさん@1周年ID:
>>948
お前自分がどれだけ不敬な事書いてたか判って無かったのなww
こんな馬鹿が知ったか振りして書いてるのかw
962名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:34:10.18ID:0GXds1QU0
>>958
おまえ令和か
黙ってろ
970名前:名無しさん@1周年ID:
>>962
よう知ったか振りw
基本的な事も知らないあたりお里が知れますなw
974名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:39:17.51ID:0GXds1QU0
>>970
よう令和

何でも知ってるようだから試してやる
漢字ができた時期言ってみw

981名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:44:27.59ID:0GXds1QU0
結局漢籍だったって話だろ
万葉集だが漢籍の影響を受けたって正しく説明してくれよな

でないと大本営だべ

>>970
おいおせえぞ
まだか令和人間

985名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:47:37.57ID:Ba5S/KfA0
>>981
大本営って何さ?爺さん。
989名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:48:19.98ID:0GXds1QU0
>>985
真実を教えないこと
戦争で懲りてねえのかお前
998名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:52:47.99ID:Ba5S/KfA0
>>989
万葉集の知識って国家機密だったっけ?爺さん。
本屋や図書館やwiki調べればいくらでも分かる事が大本営発表か?爺さん。
戦後ちゃんと勉強したんか?爺さん。
黒塗り教科書だから分からなかったというのは戦前だぞ。爺さん。
999名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:53:20.85ID:0GXds1QU0
>>998
めんどいので次こいアホ
991名前:名無しさん@1周年ID:
>>985
メルトダウンしてません、みたいな発表だよ
1000名前:名無しさん@1周年ID:
>>981
表語文字がいつ漢字になったかなんて知るかボケ
だいたいシナの支配者が変わる度に文化が変わってたのに「(漢)字」なんて定義づけは所詮はそうじゃないかという推定だろうがよ
907名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:08:20.50ID:NprC8gys0
結局これはなんだったんだよと…

新元号「令和」に中国から批判の声「平和ゼロに通じる…」
4/1(月) 15:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190401-00010005-flash-peo

>まず、『令』という字は、中国人からすると『零』と音が同じで、どちらも中国語では『リン』と発音するため
>『令和』すなわち『零和』(平和ゼロ、平和な日はない)という極めて縁起のよくない元号ととらえられます。

>これは「諧音(シエイン)」という同音異義語のことで、避けるべき用法です。
>中国人であれば常識中の常識、安倍はそんなことも頭が回らないのか、というわけです」(中国在住ジャーナリスト)

913名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:12:04.99ID:mpO74m200
>>907
その記事を書いた日本人ジャーナリストは実在するんじゃないかな。だが平和ゼロだと騒いだネット民は、私は気づかなかった。ウェイボでもツイッターでもないどこか、どこだ?
927名前:名無しさん@1周年ID:
>>907

令和は零和、つまり和な無いということ。
平和がない、平和な日がないということ。

中国人の言うとおりだ。
日本にも
音(おん)は意(い)に通ずる、という言葉がありますよ。
同じ音だと意味も同じ意味になりかねないぞ、ということなんだな。

例えば、女の子に「志仁子」なんて名前付けないだろ。
意味としては、仁を志すということで極上なんだが、
音が「死に」だから不吉。

まあ、日本はこれから元号どおりになるでしょうな。
外国人労働者もとりあえず36万人も入ってくるし、貧富の差まますます増大する。
家庭を持つ人は減っていって、独身者ばかりのギスギスした社会になるでしょう。

「令」には美しいとか清らかなという意味がある、とか言っても駄目ですよ。
令というのは令夫人、令嬢、令息などにも使われるが、身分が高くて畏まる必要が
ある人というような意味で用いられる。
令という字は、天のお告げを押し頂いて畏まっている姿から出来た字なのだ。
人がへへー、と畏まっている姿から出来た字を名前に付けるなんてどうかしている。
「頭が高い、控えおろう」と言っているようなものだ。

「令」がもし美しいだの清いだのという意味なら、
令嬢と令息で意味が違ってきてしまうじゃないか。

令息って、美しいお坊ちゃまという意味か?
清らかなお坊ちゃまという意味か?

957名前:名無しさん@1周年ID:
>>927
甲骨とか見ると、アンタの云う事も当たっているとは思うんだがね。
ただ、「△」みたいたのに、跪いた図を見たからといって、
古の人々が、アンタのように感じたかと言うと、そうとは言い切れんのじゃないかね。
まぁ何れにせよ「令」が経てきた年月は、それこそ民主主義なんぞ無かった方が
余程長かったように思えるんで、
その「お高く」止まっているのが、文字通りエエ事と解釈されとったのやもな。
例えば、「令子」さんだったら、今時だと当人や名づけ者がどこまで
意識するか分からんけれども、本来なら
「皆に仰ぎ見られるような子になーれ」という部分があるんかも分からんね。
そして、それが強ち悪いことであるとは言い切れんワケでね。
因みに「民」という字なんかも、辞書なんかをひくとわかると思うが、
象形的に言えば、目玉に貼りを刺した姿、つまり盲目の奴隷を刺している
というんだね。ところが今時、そういう事を意識して「民」を用いている人は
左程おらんということではあるんだろうね。
935名前:名無しさん@1周年ID:
>>907

その手の批判の是非は別にして
音に反応するというのは、中国にはまま、あるんだろうね。
それが、昂じると縁起でもないでは済まされず、
文字の獄のような、モノスゲー事が起きるっちゅうワケやね。
例えば、朱元璋だと、
「取法」という語に反応して、それを書いたヤツを粛清しちゃったワケやね。
「取法」は「去髪」だ、というんだね。
朱元璋は托鉢僧(乞食坊主)だったことにコンプレックスがあって、
「このヤロー」となっちまったという。
朱元璋も場合は被害妄想かなとは思うんだがね。

908名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:09:10.70ID:0GXds1QU0
宮内省とか
これあかんやつとか思わんのかな

何のために税金投資してんのよ

置物か?

922名前:名無しさん@1周年ID:
>>908
機を見るに敏な連中の末裔だから
長いものに巻かれるのを習わしとするんだろ

今は長州の田舎侍が天下だしな

925名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:17:22.43ID:0GXds1QU0
>>922
適当なんだろうな

本家中国が怒る理由は
ちゃんとあると思うで

964名前:名無しさん@1周年ID:
>>925
中国なんか関係ないやろ

アホかお前
ここは日本

966名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:34:53.62ID:0GXds1QU0
>>964
令和病が発症したか・・
910名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:11:05.91ID:0GXds1QU0
公務員どないなってんねん
最近のレベル下がり過ぎちゃうけ?

昭和じゃこんなんなかったでおい

921名前:名無しさん@1周年ID:
>>910
試験に出ない事は勉強しなかったんだろうね。
928名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:18:19.42ID:0GXds1QU0
>>921
日本のプライドがない連中なんだろうなw
961名前:名無しさん@1周年ID:
>>910
じいさん、昭和にかわる時から生きてんの?
942名前:名無しさん@1周年ID:
元号の孫引きの件にしても、佐野の五輪エンブレムの件や銭湯絵師に件にしても、日本人は人の物を黙ってパクる事に抵抗がなくなったんだよね。
945名前:名無しさん@1周年ID:
>>942
零戦の頃からそうだし
971名前:名無しさん@1周年ID:
>>942
現代人も当たり前にジーンズやとシャツを着てマックやピザを食い、iPhoneで英語の歌を聞く生活の奴なんて珍しくないだろ

じゃお前もアメリカをパクるのやめなよ(爆笑)
当時の中国は世界の先進国だったんだよ
お前、バカだろ

982名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:44:40.07ID:wak7Z8ak0
元号も持たない国が何を言ってもなあ
987名前:名無しさん@1周年ID:
>>982
これな。
しかし令和に噛みついてるやつって
一体なんなんだろうな?
言ってる内容が浅くてだからどうした程度なんだが
988名前:名無しさん@1周年ID:
>>982
先進国は元号とか使わない
リソースの無駄遣いだから
992名前:名無しさん@1周年ID:
中国の人から「日本の漢字は難しい、昔の漢字ね」と言われたこともあるよ。
漢字文化圏なんだな
994名前:名無しさん@1周年ID:
>>992
底辺としか付き合ってないからだろ
996名前:名無しさん@1周年2019/04/05(金)06:50:46.15ID:FAVl2idF0
>>992
うっそだー
中国の漢字の方が画数多くて書きづらそうだ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。