【研究】東大教授「脳を半分切って機械に繋げ、機械に意識が宿ると証明する。自分が最初の被験者になる」★2

1名前:アンドロメダ ★ID:
▼「20年後までに、人間の意識を機械にアップロードせよ」 東大発スタートアップは「不死」の世界を目指す

2019年3月に設立された「MinD in a Device」は「20年後までに人間の意識を機械にアップロードする」というヴィジョンを掲げるスタートアップだ。
その共同創業者である渡辺正峰(東京大学大学院准教授)は「機械に意識が宿る」と証明すべく、ラディカルな理論を打ち立てようとしている。

「20年後までに人間の意識を機械にアップロードする」

そんな壮大な野望を掲げるスタートアップが、ここ日本に登場した。
2018年12月に立ち上がったMinD in a Deviceは、そのような壮大なヴィジョンを掲げる。

このスタートアップは東京大学大学院准教授の渡辺正峰が、共同創業者兼技術顧問という肩書きで中心となって立ち上げ、この3月にはエンジェル投資家からの資金調達も行なわれた。
AI研究の第一人者で知られる東京大学教授の松尾豊が出資していることも注目を集めている。

荒唐無稽にも思える計画だが、2040年の世界を見据えるヴィジョンを訊くべく、わたしたちは東京大学にある渡辺の研究室を訪ねた。
工学系研究科に所属する渡辺だが、その研究室は驚くほど質素だ。

会議用のデスクだけが置いてあり、そこで研究している様子はうかがえない。
渡辺は東京大学に所属しつつも「いまのところはドイツで研究しているんです。
ドイツのほうが意識に関してはラディカルな研究ができるんです」と、実情を明かしてくれた。

▼自らの脳を機械と接続し、「機械に意識が宿る」と証明する

MinD in a Deviceの事業内容に入る前に、まずは渡辺の理論を紹介したい。
渡辺は著書『脳の意識 機械の意識 ? 脳神経科学の挑戦』で、意識の謎を解き明かすための大胆極まりない理論を提唱する。
それは「人工意識の機械・脳半球接続テスト」と呼ばれるもので、人間の脳を半分切り、残りの半分に意識の自然則に則ってつくった意識が生まれるはずの機械をつなぎ、意識が統合されるかを検証するという驚きの方法論だ。

まず、あらゆる科学には「自然則」と呼ばれる自然界の根幹をなすルールがある。
たとえば、光の速さが常に一定であるとする「光速度不変の法則」のようなものだ。

渡辺は「意識」の研究においても、その自然則を導入しようと考える。
そのルールとは、「すべての情報に意識は宿る」というデヴィッド・チャーマーズの仮説である。

その検証実験はどのように行えばいいのか? チャーマーズの「情報の二相理論」に従えば、ニューロンの発火・非発火といった側面だけを脳から抽出する必要があるが、それは簡単ではない。
だからこそ渡辺は、チャーマーズや米国の神経科学者であるジュリオ・トノーニの考えに反して、「意識は情報ではなく、アルゴリズムである」と考える。

渡辺が注目するのは「人工意識」を用いて、それを創りながら仕組みを明らかにしようというアプローチだ。
そこで参照されるのが、チャーマーズの「フェーディング・クオリア」の思考実験となる。

これは人間のニューロンをひとつずつ、ニューロンとまったく同じ働きをする人工ニューロンへと置き換えていくという実験だ。
ニューロンの一つひとつの機能は解き明かされているので理論的には可能としつつ、ニューロンがすべて人工物に置き換わったとしても感覚意識体験は残るのではないか、とチャーマーズは考えている。
その理論を発展させ、ニューロンをコンピューター・シミュレーションに置き換えていく「デジタル・フェーディング・クオリア」を考案することで、コンピューターでも意識をもたせることができるのでは、と渡辺は考える。

ここでひとつ問題が生じる。機械に意識を宿すことが可能になったとしても、それをテストする手法が存在しないことだ。
それはチャーマーズが提唱した、外面的には人間とまったく同じように振る舞うが、内面的な経験である現象的意識やクオリアをまったくもっていない人間を指す「哲学的ゾンビ」と呼ばれる状態になってしまう。
そこで渡辺は自らの主観を用いる、つまりは自らの脳を機械の脳に接続し、自らの意識をもって機械の意識を見極めようというのだ。

▽続きは下記のソースでご覧ください
https://wired.jp/series/away-from-animals-and-machines/chapter8-2/

★1が立った日時:2019/08/02(金) 09:31:54.83
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564705914/

33名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:18:47.20ID:0H9Q07u10
>>1
何年か前の人工知能学会の学会誌に載った小説に全く同じ話が載ってたな
何回もの手術で、脳を少しづつ機械に置き換えていくってストーリーだった
87名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
まるでバルニバービの医者だな
88名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
てっとり早いサイボーグ化?何がしたいの?
機械に意識が宿っても入れ物の中で意思の疎通も取れずじっとしてるしかなくなったら地獄じゃね
89名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:26:25.72ID:7A3Zqb690
>>1
死者が減れば人口が爆発的に増えるけど
食料危機や温暖化の影響で死者が増えそう。
126名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
> そこで渡辺は自らの主観を用いる、つまりは自らの脳を機械の脳に接続し、自らの意識をもって機械の意識を見極めようというのだ。

それ、渡辺さん以外の人にはわからない、客観的に証明できないよね…。

180名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
自分が犠牲者になるって言ってるみたいだけどこの手の人物はいざとなると絶対に日和るから。
見ててみ。
211名前:辻レス ◆NEW70RMEkM ID:
>>1

銀河鉄道999で
全部、機械の体にしたって人が出てくるけど
それって本人なのか

機械の体と総とっかえした時点で肉体は全て死んでいて
データを引き継いだ機械だけが空しく本人のふりして動いている

でも半分だけならどっちかわからんのやで

253名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
ただのキチガイ

叩きのめせ

268名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
先ずは、有機物である脳細胞と無機物である機械を直接接続する方法を開発しないと無理だろう。開発できるとは思えないけど
291名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:24:10.03ID:bHPZ0nmP0
>>268
もう研究開発されてていろいろ実験もされてる

ニューロンは、結局、電気信号のパルスの密度で
信号強度を表現してるので
その信号表現を真似た電子回路でニューラルネットを作れば模倣は出来る
それがニューロモーフィック回路

電極を突っ込んで脳からニューロモーフィック回路につなぐのも既にある

277名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:12:54.83ID:q9v5ftWw0
>>1をちゃんと理解するのに
かなりの前提知識いるだろ

何回読んでもよくわからん

293名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:24:52.69ID:UCwEX4bJ0
>>1
現代のロボトミーですか?
340名前:名無しさん@1周年ID:
あ、>>307は、別に、>>1にでてくる奴の悪口を言っているわけじゃないぞ。俺が訴えられても困るからな。
そもそも>>1にでてくる奴が誰だか知らないし。
340名前:名無しさん@1周年ID:
あ、>>307は、別に、>>1にでてくる奴の悪口を言っているわけじゃないぞ。俺が訴えられても困るからな。
そもそも>>1にでてくる奴が誰だか知らないし。
349名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
声上げてワロタwww
ガチキチマッドサイティストがトーダイに居たwwwwwwww
395名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)14:42:01.48ID:+OV9Mgik0
>>1
MinD in a Device
ジョジョのスタンド名みたいだなw
427名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
ウエストワールドの世界
428名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
攻殻機動隊やん
430名前:名無しさん@1周年ID:
>>428
ゴーストがの世界やね
クビの後ろのコンセプトにキュっと
436名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:06:51.70ID:V9G117xn0
>>1
ゴーストもねえ人形がえらそうなことをほざくんじゃねえ
447名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:16:16.74ID:t8uyYQ7E0
>>436
そうしろとささやくのよ
>>1のゴーストが
447名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:16:16.74ID:t8uyYQ7E0
>>436
そうしろとささやくのよ
>>1のゴーストが
471名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:46:02.18ID:yrjJVbhy0
>>457
それだけでは、それっぽい反応をしているだけ(意識も知性もない)と区別がつかない
だから>>1の実験をする、と言っているのだし
504名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
口だけでデタラメ言うのは誰でも出来る
ペンローズは量子重力を完成しない限りそんなの無理と言ってる
578名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:29:52.79ID:4pnUDd2e0
>>1
「移動」じゃなくて「コピー」なんだろ?嫌だぞもう一人の俺なんて
ぜったい罵り合う
581名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:31:02.49ID:awNaRaHO0
>>578
元を削除したらいいじゃない
603名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
結果が出なきゃ狂人の戯言と変わらないから、ニュースにしなくていいぞ。
605名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:48:57.58ID:+9qrt/8L0
>>1
敵とかではなくて汚物
609名前:名無しさん@1周年ID:
>>1

シンギュラリティの5年程前に実現かな?あり得そうだね、そこがスタートなのかもしれない

614名前:名無しさん@1周年ID:
>>1

ヒトラーの予言した超人はもう居るとして、それらのいちぶが神人になるらしいが、、、、

659名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:30:42.23ID:I0CFBF7G0
>>1
えぇぇマモーとかそういう話?
733名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)19:54:16.83ID:txKmU1an0
>>1
怖いわw
775名前:名無しさん@1周年ID:
>>1
研究費を稼ぐ新手の詐欺のような匂いがする
965名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)08:21:57.38ID:dUcolQwp0
>>1
こういう発想は昭和だね。
すでにAIのほうが人間の脳を超えようとしているのに
間違いを犯しやすい人間の脳を機械に接続する意味がない
969名前:名無しさん@1周年ID:
>>965
何マトはずれなこと言ってんだ?www不老不死の研究だろうがwww
972名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)08:40:31.86ID:RTPUJiv70
>>965
体という器から自由になるだろ
惑星間航行が可能になる
974名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)08:41:59.03ID:5XMVYrWx0
>>1
不死になると生命としての発展がなくなる。
986名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)09:10:02.28ID:B9ixhuC40
>>974
脳と違って機械は増やしたり高性能化できる
AIの進化の方が怖い
2名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:13:57.56ID:rATYg9Rd0
カレンデバイスはよ
215名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:53:37.44ID:7hckZxMJ0
>>2
思い出せんなよ…
234名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:57:27.40ID:YfwR5yXc0
>>2
フロントミッション新作出ないのかな
494名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)16:16:28.02ID:hE8FrFAL0
>>234
西アジアと南アジア(バングラデシュ除く)はどうなってるか不明だから、
そこら辺舞台にしたのが欲しかったな

飽きたら「機能停止」出来たり、更に精神的に高度化し永遠に耐えられるようになるなら
電子生命体化や遺伝子操作等による不老不死や人体大幅強化はやりたいね
知りたいことが多いけど、能力や寿命的に人間のままじゃ足りなすぎる

287名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:23:11.60ID:Pv8Ifyh30
>>2
あれはショックやった
更に補給出来ないのに次の面のなんちゃらの壁でまたショック
後半グダグダでまたまたショック
ツァーゲライフルは強すぎ
(・ω・)
423名前:名無しさん@1周年ID:
>>2
エンジェルパックとチームRTypeはよ
854名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)21:30:07.47ID:d9Zjmh5J0
>>2
マテリアルの積み込みを急げ!
3名前:名無しさん@1周年ID:
すげぇええええ
5名前:名無しさん@1周年ID:
半分切るのは嫌だけど、USB端子付けるくらいならやって欲しい
60名前:名無しさん@1周年ID:
>>5 それってフロッピードライブぐらいだったらいいって言ってるようなもんだよw
181名前:名無しさん@1周年ID:
>>60
1000KBでいいから頭に英和辞典付けたいわ
205名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:50:53.31ID:cM/vYOdX0
>>60
JOJOで頭からCDって無かった?
824名前:名無しさん@1周年ID:
>>205
白蛇な
121名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:32:18.66ID:iYaYtiUz0
>>5
ドーパント?
212名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:53:01.83ID:vcA4uvXx0
>>121
さぁ、お前の罪を数えろ
877名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)21:43:45.76ID:BZxYCu880
>>5
スマホの充電用に活用させてもらうわ
6名前:名無しさん@1周年ID:
忍者タートルズにいたな
こういう奴
8名前:名無しさん@1周年ID:
俺の名は~ 俺の名は~ ハカイダ~♪
94名前:名無しさん@1周年ID:
>>8

石ノ森章太郎先生は偉大

脳みそだけ生身ってのは状態維持するの大変だろ
全部機械に置き換えるべき

244名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:59:32.34ID:YKkufd0Q0
>>8
ハカイダーの脳は光明寺博士の脳で間違いないけど
あれ、キカイダーに倒されない様に
人質で積んでるだけで
あの脳で動いてるんじゃないんだぜー01!
313名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:40:00.92ID:qYbUzFZ+0
>>244
君はすごいな
867名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)21:38:48.87ID:cdqNd+vx0
>>244
人質だけど回路としても使ってるから
脳が死んだり取り外されたりしたら雑魚戦闘員以下になる
809名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)20:51:11.03ID:7hT42ezR0
>>8
長渕の奥さん呼んでくるね
11名前:名無しさん@1周年ID:
カロッゾみたいな感じになろの?
681名前:名無しさん@1周年ID:
>>11
「フハハハ!怖かろう!」
12名前:名無しさん@1周年ID:
もとこー
15名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:15:54.25ID:m06+CWQ50
東大教授76歳「20年後、自ら被験者になるで」
47名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:20:44.74ID:hBtsD6hI0
>>15
痴呆が進んで実験にならないかもな
296名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:26:01.67ID:vJIPzTpqO
>>15
でもこの先生、御自分の研究テーマにばかり没入し
そもそも生物や自然科学に応用するにしては
まだまだ研究段階な遺伝子にも素粒子にも疎そうなんだけど
まあ得てしてこういうのってよく科学者に有りがちな功名心と手前味噌に急ぐ
フランケンシュタイン博士にしかならないだろうね
16名前:名無しさん@1周年ID:
これが後のスイカネットになるとは誰も想像すら出来なかった…
62名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:22:22.60ID:RcS8oU4s0
>>16
JRかよ
383名前:名無しさん@1周年ID:
>>16
すいかみたくざっくりわれた頭
ネットで覆って割れるの防ぐ方法ですね。
17名前:名無しさん@1周年ID:
うちの祖父
終戦生まれの工業高校卒
高度成長期で大手メーカー就職

初任給1万円だったけど物価も現在の1/15なので一戸建てを200万円で購入
年平均10%以上の経済成長で賃金も昭和50年頃には既に現在と同じ水準の月給35万円
200万円で買った一戸建てを月給35万円で支払うのだから、もはやタダ同然
さらに平成元年からの平成バブル景気で資産を株投資で10倍に増やす
そして現在、逃げ切り世代として年間400万円台の年金を受給すること20年

今の若者は努力と根性が足りないと嘆いていた

42名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:19:26.48ID:1QTu86LV0
>>17
努力と根性は明らかに足りないだろ
俺の親父は毎日11時帰宅、仕事持って帰ってきて土日も仕事。家の本棚には仕事の本がズラッとあった。
128名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:33:58.24ID:Eq8NFK7H0
>>42
努力が足りない奴も努力した奴もいつの時代にもいた
問題は今の若者が努力しても抜け出せない低収入状態に陥る可能性が高いという事だ
167名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:42:04.36ID:z2MeCbBi0
>>128

もうね、脳を電脳化することによって、努力して勉強せずとも賢くなれるだろうw

959名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)07:26:13.90ID:dBW7MqkE0
>>42
そんなん今のブラック会社なら珍しくもないわ
得られる対価が高度成長期とは比較にならんぐらいショボいけどな
414名前:名無しさん@1周年ID:
>>17
終戦の年に出生なら今年74歳か。
20年前から年金を貰ってるって?
54歳から年400万円の年金を貰い続けてるって?

やりなおし。つまんない。

626名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:59:40.87ID:DQSqPT8n0
>>414
孫が算数出来ないんだからそりゃ嘆きたくもなる
429名前:名無しさん@1周年ID:
>>17
絞め殺してイイゾ
455名前:名無しさん@1周年ID:
>>17
今の若者に足りないのは金だろ
希望と時間も足りないけどこの場合はお金があれば解決する類いの不足だからな
684名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:43:08.89ID:jTVE/81E0
>>17
コピペのようだけど、高度経済成長期に就労していた人は今と違って相当なイージーモードだったと思うよ。
取り敢えず努力すれば報われる時代だった。
今は努力しても報われない時代となってしまった。
912名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)23:52:25.25ID:bgvZVckA0
>>17
じじいに殺意わくな
915名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)23:56:22.34ID:4Ixjnvx80
>>17
ブラックバリバリサビ残ありパワハラありの週休一日やぞw
918名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)23:57:49.44ID:4vZ83NYW0
>>17
死に去らせ
18名前:名無しさん@1周年ID:
リアルDr.ゲロだな
19名前:名無しさん@1周年ID:
マモーか
20名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:16:50.02ID:k4mjinOr0
眼球を高性能のカメラデバイスにしたい
224名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:56:23.47ID:BYvwlo5y0
>>20
お巡りさんこの人です
362名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)14:24:30.06ID:gCZ+IaiE0
>>20
デバカメか
576名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:29:37.68ID:FIRGqS4G0
>>20
バトーどこを見てるの
750名前:名無しさん@1周年ID:
>>20
見えなくてもいいものを見てしまう
21名前:名無しさん@1周年ID:
SFで体が死んで意識だけ機械に閉じ込められた人が、すでにない体の痛みだけ感じて苦しんでる話があったな
341名前:名無しさん@1周年ID:
>>21
痛みはないが、エイトマンがそのタイプだよな
372名前:名無しさん@1周年ID:
>>341
セックスについて悩むんだっけ?
720名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)19:23:17.87ID:APS89Xk70
>>21
まるで事故で片足無くした人が無くなった側の足が痛いとか痒いとかいうのと同じ?
855名前:名無しさん@1周年ID:
>>21
筒井康隆のでそんなハナシがあった様な…

永遠の命を得ようと脳みそを培養液に浮かべたはいいが、剥き出しとなった全ての神経が激痛を感じたが、身体を失った以上、その痛みを取り除くことも出来ない、痛みを訴えることも出来ないという無間地獄…

というSF恐怖小説。

22名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:17:03.09ID:WxGnqdoS0
ノイマン型コンピューターは1か0の二進法
神経はお手手がいっぱい百進法

種類が違う。

481名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)16:00:38.65ID:vccLolVh0
>>22
疑似ニューロンて書いてあるやん
ノイマン型コンピュータ上でエミュレートする、ではないと思うぞ
952名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)06:13:03.14ID:eGGZGz/W0
>>22
神経を進化させて1000進法にできたら脳の性能飛躍的に上がるのかな
29名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:18:04.18ID:8OsqBKIP0
マッドサイエンティストの臭いがする
493名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)16:16:04.47ID:PRRr8WLy0
>>29
それしかしないw
495名前:名無しさん@1周年ID:
>>29
世界線超えるんでしょうか…w
30名前:名無しさん@1周年ID:
意識がアップロードされるかは置いておいて生命活動の維持は絶望的
32名前:名無しさん@1周年ID:
これで作った人格のある機械を100個コピーしたらそれ全部に人権を認めないといけないのかな
35名前:名無しさん@1周年ID:
電脳化きたー(´・ω・`)
38名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:19:08.36ID:qAeEeFst0
舞浜サーバー
297名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:26:12.26ID:Pv8Ifyh30
>>38
(・ω・)「エンタングル!!」
512名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)16:42:07.42ID:stOha5lJ0
>>38
色即是空
41名前:名無しさん@1周年ID:
マッドサイエンティスト現る現る
44名前:名無しさん@1周年ID:
OSはMeでお願いします。
48名前:名無しさん@1周年ID:
>>44
何もしていないのにブルーバックしちゃう(´・ω・`)
45名前:名無しさん@1周年ID:
電脳にゴーストが宿るのか否か、という事か(´・ω・`)
353名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)14:20:28.61ID:unibfGGw0
>>45
ゴーストの話とはまた違う感じがする。その一歩前かな
46名前:名無しさん@1周年ID:
とりあえず主演はミキプルーンか真田広之か豊川悦司かで揉めて
福山雅治に決まりかけたが断られて柳沢慎吾にするかという
カオスな状態からゴリ押しで星野源になりかけたとこへ
それならまだこいつがと菅田将暉になりかけたが断られ
似たようなもんだとやけくそで氷川きよし主演のホモ映画に
49名前:名無しさん@1周年ID:
この分野の研究の最先端はどの位進んでるんだろうか
何年か前に脳にチップを埋め込んで記憶をクラウドに保存する実験やってたけど成功したのかどうかも知らん
53名前:名無しさん@1周年ID:
マッディ教授

いるんだなあマジで

54名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:21:19.46ID:8cETM+/U0
投資目当てだろこんなん
65名前:名無しさん@1周年ID:
>>54
ゴールドスリープとかもそんなんで金集めてる人がいたよね
56名前:名無しさん@1周年ID:
これ、成功したとして、記録デバイスをぶっ壊しても殺人にはならないんだよなー
58名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:21:51.54ID:Q9/eUXCZ0
俺の意識をコンピューターにいれたあとはエロゲーも一緒にいれておいてくれ
69名前:名無しさん@1周年ID:
>>58
MSXとかPC88時代のエロゲをいれてあげよう(´・ω・`)
143名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:36:50.20ID:CCEAoJVy0
>>58
じゃあ「さよならを教えて」と「沙耶の唄」をパックで
651名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:27:23.49ID:kfv0LRKx0
>>58
エロゲーインストールしてもお前は背景に映る名も無きモブ役だぞ?
いつから主役やれると思っていた?
エッチしまくりのエロゲーの世界の中でもお前は現実と同じ童貞なんだよ
諦めろ、お前はどういう姿になっても童貞の魔法使いなんだよ
59名前:名無しさん@1周年ID:
マトリックスのプラグ刺すみたいな感じ?
68名前:名無しさん@1周年ID:
忘却の記憶媒体www
74名前:名無しさん@1周年ID:
トチロー
711名前:名無しさん@1周年ID:
>>74
書かれてたw
75名前:名無しさん@1周年ID:
半分切っても全然生きてられるしな
76名前:名無しさん@1周年ID:
さすが教授になれない人は考えがおかしいな
77名前:名無しさん@1周年ID:
死ぬって前提が無いみたいだけど、どうなってんの?
81名前:名無しさん@1周年ID:
脳をアプデしまくった先にあるのがリトルグレイだな!
105名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:29:19.42ID:TTv0ZIHD0
>>81
それな
あれは宇宙人じゃなくて僕らの未来が
時間超えてきただけで
84名前:名無しさん@1周年ID:
脳科学や神経科学の分野は動物実験がエグいからなぁ
実験マウスが悲惨すぎてちょっとどうなのって思っちまうわ
医学の発展には必要なんだろうけども
85名前:名無しさん@1周年ID:
電脳が出来たとして接続方法はどうする
97名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:27:37.27ID:7A3Zqb690
>>85
Wi-FiやBluetoothだろ?
有線は持ち歩いたり、断線したり面倒。
92名前:名無しさん@1周年ID:
不死を目指す奴は皆クズ
93名前:名無しさん@1周年ID:
ブレインヴァレーですね!
98名前:名無しさん@1周年ID:
これは凄い
俺も機械に宿りたいぜ
100名前:名無しさん@1周年ID:
意識って
純然たる主観と、考察の対象として、とでは、
別物になっちゃうような気がする
117名前:名無しさん@1周年ID:
これは戦闘機に乗せて無人機にするやつですねぇ
Gに影響受けないから高機動できる
119名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:32:03.78ID:tF2k9FJx0
脳にチップをインプラントするのが当たり前になったら記憶泥棒や思考泥棒も横行する
そうなったら「俺のアイデアをパクリやがって!」と言い出す奴が沢山出てくるんだけど統合失調症患者とどう区別すればいいのか難しいな
129名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:34:08.11ID:0H9Q07u10
>>119
いきなり殴られて
「何すんだ!」って言ったら

「誰かに体をハックされらんだ」
と言われるんですね

138名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:35:45.48ID:TyrbyrRwO
>>129
今はいきなりガソリンだよ
120名前:名無しさん@1周年ID:
一つ一つ置き換えていくというのは出来そうな気がしてくるな
127名前:名無しさん@1周年ID:
こないだ死んだホーキンズ博士に頼めば良かったのに
131名前:名無しさん@1周年ID:
人間の脳の容量ってどれくらいなんだけ?
135名前:名無しさん@1周年ID:
コピーして複製を作った時、自分という意識はどっちに行くんだろ。
160名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:40:40.11ID:AtGZITJu0
>>135
一卵性双双生児の弟みたいなもんだよ
他人からみたら同じに見えても本人からしたらそいつは自分ではない
136名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:35:12.94ID:dtUCapnT0
マジレスすると、人体は同じ形の肉体と霊体が重なりあって
構成されてる。
肉体だけ弄ったところで霊体が追随しなければ唯の物質でしかないんだよ。
おそらく記憶を司どってるのは霊体側だし。
169名前:名無しさん@1周年ID:
>>136
マジレスなのか
358名前:名無しさん@1周年ID:
>>169
136の意見に同意するつもりは全くないが
臨死体験では霊魂や死後の世界の存在を肯定しないと
説明がつかないような怪現象も起きているので
この辺のところは、少なくても現代医学では
まるで解明ができてない領域
377名前:名無しさん@1周年ID:
>>358
霊魂って情報伝達物質の塊かなんかかと思ってたりする
402名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)14:46:49.94ID:2az1CMIf0
>>358 臨死体験はいわゆる瀕死の状態での譫妄状態だよ
割と類似する傾向があるので、それで臨死体験によって、あの世が存在するなどと言う者もいるようだが

肉体と魂の二元論は、実用的には便利でもあり
また道徳性や倫理も導けて、有益ではあるので
科学的根拠は別として、それを完全否定はしたくはないけどね

魂を失えば人間は堕落して、それでお終いです
というのは、人生論などの「実用性」においては、なかなか有益ですよ
それは否定はしません

434名前:名無しさん@1周年ID:
>>402
人体の電脳化と、臨死体験どうのと関係ないと思うよ
そもそも、臨死体験や死後の世界には様々な見解がある。
440名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:09:12.43ID:2az1CMIf0
>>434 >臨死体験や死後の世界には様々な見解がある

臨死体験は、瀕死状態の譫妄ということで。科学的解釈が可能
死後の世界については、科学的データ皆無でしかなく科学解釈は、不可能

と、現状ではなっているようだね

444名前:名無しさん@1周年ID:
>>440
>死後の世界については、科学的データ皆無
なにしろ死者は証明が出来ないから仕方がない
691名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:56:04.08ID:jRSHf6wC0
>>358
こういう馬鹿は化学で解明してる事も
調べないよな
693名前:名無しさん@1周年ID:
>>136←の言ってることは多分当たってる
現代的に言い換えるとそれは量子もつれになるんだと思う
139名前:名無しさん@1周年ID:
東大に所属して日本の税金貰ってドイツで研究?
140名前:名無しさん@1周年ID:
ザレムチップ計画
141名前:名無しさん@1周年ID:
脳が必要なんじゃダメだろ。
意識なんてものは副目標を自覚したに過ぎない。
そんな特別な働きではないよ。
142名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:36:47.11ID:4sSC87vD0
死の概念があやふやになるね
146名前:名無しさん@1周年ID:
>>142
今もあやふやだからな
生きてる状態がなんなのかも
150名前:名無しさん@1周年ID:
徒労に終わる気がするなあ
意識というのはそうやって生まれるものではない
154名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:39:03.85ID:WXaQ9R9b0
脳は受信機であって本体はマトリックスみたいに他にある
158名前:名無しさん@1周年ID:
>>154
NHK「受信料いただけます?」
326名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:57:33.57ID:5i5pyDzF0
>>154
トリニティがヘリコプターの操縦方法をアップロードしてたな
328名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:57:53.54ID:5i5pyDzF0
>>326
ダウンロードでした
157名前:名無しさん@1周年ID:
お前はジョニーデップか
162名前:名無しさん@1周年ID:
後の ドノヴァンの脳髄であった・・・

★防衛】 高高度迎撃用ミサイルは
 東風/DFやテポドンの防御の要となるか!?
http://yamatotakeru999.jp/dando1.html

166名前:名無しさん@1周年ID:
頭のいい奴は、自分の知識とか、研究の継続とかそういう欲があって不死とか脳の保存とかに
興味があるだろうけど、俺みたいに下半身で生きているようなタイプは意識だけ残されても
悶々とするだけだろうな
170名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:42:29.11ID:8XjgGv5f0
倫理が科学に追いつかないね
195名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:47:12.71ID:0A9MqLNd0
>>170
倫理かぁ。社会規範に最も力を持っているのは倫理ではなく慣行だから、時間をかけて置き換わって行くんだと思う。
19世紀とか20世紀初頭も凄かったじゃん。進化論とか無意識や恐竜の発見とか階級闘争とか。
202名前:名無しさん@1周年ID:
>>170
でもまあ文明が始まって以来倫理が追いついた試しは無いと思う

倫理と言う概念ていつ頃生まれたんだろうね
これほど難しい学問て無いと思う

177名前:名無しさん@1周年ID:
いいなぁ
アレルギー体質だから義体が欲しい
189名前:名無しさん@1周年ID:
マモーになるの?
190名前:名無しさん@1周年ID:
まず殺人者の脳で実験してみたらどうだ生きたまますりゃあ良い
197名前:名無しさん@1周年ID:
>>190
なにそれ、サタノファニ ?
191名前:名無しさん@1周年ID:
はよやれや
口先だけか
192名前:名無しさん@1周年ID:
攻殻の電脳になるまで足りないものが多すぎるよな
ハッキング対策とか電源どうするかとか
218名前:名無しさん@1周年ID:
>>192
この実験ってその先の話だよ
押井守の攻殻機動隊(映画)のラスト若しくは神谷版(SAC)なら
SSSの草薙素子状態になるってこと

電脳化の向こう側、ゴーストを脳核から外に出すって状態ね

193名前:名無しさん@1周年ID:
キカイダーか人造人間20号なのか
196名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:47:28.91ID:tF2k9FJx0
まあ現実的には富裕層しかインプラントできないだろうな
だから将来世界的に極限の格差社会になることは避けられない
764名前:名無しさん@1周年ID:
>>196
999のように機械の身体を貰える人とネジにされちゃう人と分かれるのか
199名前:名無しさん@1周年ID:
これどう見ても、

本人は絶対にできないと言っているに等しいんだけどw

201名前:名無しさん@1周年ID:
結局は意識の正体はわからないままなのか
204名前:名無しさん@1周年ID:
脳半分切り取る意味まったくないだろ
むしろ機械に意識が宿る検証するなら脳の接続は余分じゃねえか?
206名前:名無しさん@1周年ID:
この教授はプリンが好物に違いない
208名前:名無しさん@1周年ID:
意識だけ存在しても身体がないとな~。
長生きしてもエロイこと出来ないんじゃ意味ないじゃん。
213名前:名無しさん@1周年ID:
>残りの半分に意識の自然則に則ってつくった意識が生まれるはずの機械をつなぎ

ちょっと何言ってるか分からない

214名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:53:10.33ID:BulifX2O0
自分は右,左どっちに居るのか?
217名前:名無しさん@1周年ID:
>>214
チンコの向きによって決まる
228名前:名無しさん@1周年ID:
>>214
> 自分は右,左どっちに居るのか?

右の自分は右にいるし、左の自分は左にいる。

237名前:名無しさん@1周年ID:
>>228
いや、右の自分は左に、左の自分は右にいるんだよ
216名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:53:44.08ID:F5wDNx/10
生まれた赤ん坊にドライブレコーダーを装着して
一生死ぬまで見た風景を録画し続ける事から始めたら?

先ずはネコとか犬とかで始める

229名前:名無しさん@1周年ID:
>>216
死ぬ間際にこれまでの人生の映像が再生されるらしいよ
230名前:名無しさん@1周年ID:
>>216
渡辺浩弐の令和元年のゲームキッズにそんな話あったな
走馬灯サービスだったかな
219名前:名無しさん@1周年ID:
成る程、これがアンドロメダの始まりか

そのうち、被験者の女の子の外見と人格を持ったAIが出てきて、
最終的に人類は機械人になり、元気な小僧はネジになる、と

んで希に股間にボックスドライバーや中途半端に+か-ドライバーの身体にされたり、メガネ掛けてる奴は人差し指だけ+ドライバーになるとな

220名前:名無しさん@1周年ID:
エンジェル投資家って何?
221名前:名無しさん@1周年ID:
Present Day, Present Time!
223名前:名無しさん@1周年ID:
教授の性的嗜好や過去の性的プレイやいけない妄想も全部ビジュアル化されますが?よろしいので?
225名前:名無しさん@1周年ID:
頭良すぎて馬鹿なんだなw
231名前: 【東電 88.6 %】 ID:
>190
日本国憲法第36条(にほんこくけんぽうだい36じょう)は、日本国憲法の第3章にある条文で、公務員による拷問、残虐刑の禁止について規定している
235名前:名無しさん@1周年ID:
ぶっ壊れだな

本番一発勝負かよ

239名前:名無しさん@1周年ID:
ノヴァ教授
240名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:58:42.32ID:0A9MqLNd0
本当は自由意志なんて存在しないけど、あるってことにしないと裁けないからね。
「我」というのは他人つまり社会の要請なのだ。
246名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)12:59:38.63ID:2az1CMIf0
>>240 それ、自由意志をどう定義した場合?
 
260名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:03:36.89ID:0A9MqLNd0
>>246
難しい。○○でない、という風にしか説明できない。人はパンのみに生きるにあらず、という聖書の一節の、パン以外に人を生かしてる部分とでもいうのかな。
でもそれは要するに自由意志だから、これじゃトートロジーだな。難しい。
243名前:名無しさん@1周年ID:
まだ時期尚早
247名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:00:02.80ID:dv5cF0cSO
実験の最中にブレーカー落ちたりコンセントからプラグが抜けたりしたら最高だな
276名前:名無しさん@1周年ID:
>>247
助手がコードに足引っ掛けたりしてな
252名前:名無しさん@1周年ID:
記憶はコピーできるかも知れないけど
自我は別物だろうな
記憶だけ一緒の別人だよ
257名前:名無しさん@1周年ID:
キリコ「……」(ドカーン!)
258名前:名無しさん@1周年ID:
眉唾じゃね? まだまだテクノロジーや医療が未熟 技術的特異点までいかなくても、まずは人間並みの学習機能を備えたAI、麻酔などの薬が何故効くのかくらいは解明してる医療 それらの後にようやく構想出来る理論だと思ってる。
259名前:名無しさん@1周年ID:
YOUやっちゃいなよと喋るAIバイブ
262名前:名無しさん@1周年ID:
攻殻かよ
266名前:名無しさん@1周年ID:
つまり
魂とは記憶
267名前:名無しさん@1周年ID:
ルパンには手を出すな
269名前:名無しさん@1周年ID:
よくわからん、人工ニューロンなんて出来てないでしょ
280名前:ID:
よくわからないけどニュータイプになりたいてことか
284名前:名無しさん@1周年ID:
脳と機械をどうやって繋げるんだろうね
286名前:名無しさん@1周年ID:
コンピューター・カレンきたな
290名前:名無しさん@1周年ID:
これはトチローが一番しっくりくる
294名前:名無しさん@1周年ID:
現実にできてない理論を発展させた理論だからもはや夢みたいなもんに見えるわ
299名前:名無しさん@1周年ID:
とにかく興味と好奇心でしかないんだろうな
それが失せると人間て生きられないから
それ自体が生きるエネルギーになってるんだと思う
多分意味とかって本当は要らないんじゃないか
そんなの後からの言い訳でしかない
312名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:36:43.32ID:vJIPzTpqO
>>299
もっと自然科学に対して人間は謙虚に取り組まないと
興味と好奇心でしかないってオナニー覚えたてのガキじゃないんだから
中二病の暴走にしかならず足元掬われるだけ
301名前:名無しさん@1周年ID:
俺も女児になりたい
女児の脳とすこしずつ同化したい
えっちしたい
945名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)05:06:30.79ID:YdCWXhNt0
>>301
おまわりさんこの出歯亀ドブ虫ゴミ助平丸です!
303名前:名無しさん@1周年ID:
ロボ父ちゃんは本物の父ちゃんじゃないんだ
306名前:名無しさん@1周年ID:
どうせ実現できねーから実験台になるなんて言えるんだろ?
307名前:名無しさん@1周年ID:
日本は人権思想を全く理解していないが、世界では同議論されているのだろうか。

東大は、
731部隊を作り、エイズ血液製剤事件を起こし、B型肝炎血液製剤事件を起こし、戦艦大和を作り、ゼロ戦を作った
大学だろwww

人権とは正反対の存在だぞ。
例えば、お前らにわかりやすい例でいうと、ハーバードはB-29を作ってないし、原爆も作ってないぞ。

321名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)13:52:31.66ID:vJIPzTpqO
>>307
関東軍731部隊率いた軍医将校の石井四郎は
京大医学部長→京大総長になり陸軍に招聘されたから
新宿戸山の陸軍病院には東大を始め日本中の有能な細菌学者が
石井四郎のいた陸軍病院(後の国立感染症研究所)に集ったわけだが
石井四郎が京大総長で京大トップの京大閥だったことから
東大病院系というよりかは京大の恥ずべき問題と今も言われてるね
342名前:名無しさん@1周年ID:
>>321
では「日本の国立大学をすべて解体する」が正しいだろ。
べつに、各国立大学に自治権なんかないだろ。特に戦前には全くないだろ。

米国には国立大学はないぞ。

340名前:名無しさん@1周年ID:
あ、>>307は、別に、>>1にでてくる奴の悪口を言っているわけじゃないぞ。俺が訴えられても困るからな。
そもそも>>1にでてくる奴が誰だか知らないし。
311名前:名無しさん@1周年ID:
いずれせよ浅慮としか言いようがない
315名前:名無しさん@1周年ID:
これだな

思考実験(2)どこでもドア
http://noexit.jp/tn/doc/sikou2.html

323名前:名無しさん@1周年ID:
海外で渡辺正峰氏が初の人体実験 1号になれ
334名前:名無しさん@1周年ID:
やめてーwww
344名前:名無しさん@1周年ID:
そもそも日本の大学教授に生え抜きなんていないだろ。
優秀だとカネ積んで東大に集め、その後、地方の大学に天下りする、が一般的だろ。
345名前:名無しさん@1周年ID:
346名前:名無しさん@1周年ID:
命を粗末にしちゃいかん
348名前:名無しさん@1周年ID:
ルパンのマモーみたいになんの?
350名前:名無しさん@1周年ID:
プログラムで動かしてる限り無理
351名前:名無しさん@1周年ID:
プラチナエンドの米田かな?
354名前:名無しさん@1周年ID:
なんか世界征服してくれるのかw
357名前:名無しさん@1周年ID:
ジャップにしては野心があってええな
360名前:名無しさん@1周年ID:
クランゲ閣下
364名前:名無しさん@1周年ID:
科学者は自分を最初の被験者にしたがるな。
368名前:名無しさん@1周年ID:
>>364
他にいたらそいつ被験者にするよ
367名前:名無しさん@1周年ID:
スレタイトカナ余裕
371名前:名無しさん@1周年ID:
ターミ脳ネイター
373名前:名無しさん@1周年ID:
人間を左右2つに分けてどちらも生きてる意識ある場合は
どちらがその人なの?
両方?
379名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)14:31:34.24ID:a8Sn5a350
>>373
漫画でやってたな レールガンだかなんか
374名前:名無しさん@1周年ID:
半分脳、消し去る
378名前:名無しさん@1周年ID:
言ってる意味が分からない
382名前:名無しさん@1周年ID:
客観はどうとでも説明がつくけど主観は超自然現象だからなぁ
なぜこの主観視点が自分なのかの論理的説明は不可能
それこそ魂という存在を肯定しないといけなくなる
508名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)16:40:20.36ID:AP0zUPRm0
>>382
いや自然現象だよ
その論理だと神は存在することになる
そんな訳はない
384名前:名無しさん@1周年ID:
東大ってTVのクイズ番組に出るためのバカ大学のことでしょ???
388名前:名無しさん@1周年ID:
培養液のなかで脳味噌だけプカプカ浮かんでいる未来になるのか
390名前:名無しさん@1周年ID:
こんな詐欺研究に金出す余裕はない
392名前:名無しさん@1周年ID:
まんまキガイダー
てかハカイダー
396名前:名無しさん@1周年ID:
ニューロマンサーで読んだ
397名前:名無しさん@1周年ID:
脳の分離手術の時、脳の半分をトレイに受け取った助手の娘がドジっ子で
あっ、とか言って脳を豆腐みたいに床にぶちまけちゃったらどうなるのっと
548名前:名無しさん@1周年ID:
>>397
妊婦がトイレで気張ったときに胎児を産み落としてしまって
看護士を呼ぶわずかな間に入った掃除人が誤って流してしまった
ってな有り得ないような事故はついこの前どこかの病院で現実にあったんだよね
だから十分に有り得る
399名前:名無しさん@1周年ID:
すげー
挑戦し、失敗する人間が居て歴史が積み上がっていく
という真理を自身で実現しようとは。学者の鏡
あ、念のため言うけど、政治家でこういう人間はアホだからね
401名前:名無しさん@1周年ID:
これ、死んだら誰か逮捕されるの?
自分じゃ脳とりだす手術無理そうだし。
403名前:名無しさん@1周年ID:
ご冥福 人
407名前:名無しさん@1周年ID:
最初にフグとかコンニャク芋食ったやつはすげーってのと同じ。
尊い犠牲があってこそ、安全に食える旨いフグ料理やコンニャクが誕生したわけだからな。
成功するか、理論が正しいかはともかくw
408名前:名無しさん@1周年ID:
やめとけ馬鹿w
412名前:名無しさん@1周年ID:
顔見たらいかにもやりそうで草

なんかいいわ
科学ヲタクって感じで
顔に邪気がない

413名前:名無しさん@1周年ID:
機械伯爵になるつもりがネジになりますた
415名前:名無しさん@1周年ID:
マトリックスとかAKIRAみたいな感じ?
417名前:名無しさん@1周年ID:
ロボコップからひと言 ↓
418名前:名無しさん@1周年ID:
セントラルドグマか
419名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)14:57:54.44ID:PeyqyvrQ0
なんだこのキチガイは
>その研究室は驚くほど質素だ
予算が回ってこないだけじゃないかw
422名前:名無しさん@1周年ID:
>>419
マッドサイエンティスト化に拍車がかかるな

まあ金が潤沢ならそうじゃないかというと違うんだが

461名前:名無しさん@1周年ID:
>>419
予算取る為のヤケクソかとw
420名前:名無しさん@1周年ID:
ゼーレの人もこんな感じになってるのかな
424名前:名無しさん@1周年ID:
でも将来的には実現しそうだよねえ。
425名前:名無しさん@1周年ID:
ザパン
432名前:名無しさん@1周年ID:
こういうのって死刑囚とかに司法取引するんじゃないの?
観察者である本人がやったら誰が指揮するの
433名前:名無しさん@1周年ID:
ルパン三世のマモーの回を思い出す
437名前:名無しさん@1周年ID:
ついにいかれたかじじい
441名前:名無しさん@1周年ID:
このじじいそのうち体に機会をつなげたら永遠の命だとか言いそうだなw
450名前:名無しさん@1周年ID:
完全義体になることで再生機能は不必要になり脳は劣化する
それは死が近づくことになる
453名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:25:49.82ID:j8JU9WUw0
手術から何十年もかかってようやく意思疎通ができるようになったら
最初の一言が「殺してくれ」で、とても表にだせないホラーみたいな話になって生命維持止めて死亡
恐らく何千億何兆の補助金をドブに捨てるのだと思う
457名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:32:05.90ID:7lMhbYuU0
>>453
殺してくれなんてそれ人間でしかありえない反応じゃん
機械が自ら殺してくれなんて懇願しないからね
それってつまり実験が成功していたと判断する事が出来る
471名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:46:02.18ID:yrjJVbhy0
>>457
それだけでは、それっぽい反応をしているだけ(意識も知性もない)と区別がつかない
だから>>1の実験をする、と言っているのだし
454名前:名無しさん@1周年ID:
ハカイダーみたいな感じか?
あれも天才博士の脳味噌がコアでAIチップみたいなのが寄生して洗脳している感じだっけ
456名前:名無しさん@1周年ID:
麻原が古典的な方法でそれっぽいのやってたよね。インチキだけど。
信者に麻原の脳波を届けるみたいなw
458名前:名無しさん@1周年ID:
攻殻機動隊で散々出てきたネタ
もう20年以上もやってる
459名前:名無しさん@1周年ID:
体のパーツを機械などで置き換えていき
脳が学習してしまうと
脳自身が置き換えを望むようになり死ぬ
465名前:名無しさん@1周年ID:
ハード的な諸々がうまく発展すれば可能かもしれないってやつか
467名前:名無しさん@1周年ID:
マッドサイエンティストw
470名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)15:45:01.87ID:nsEeP/xX0
自身を実験台にするとこだけは評価したい
473名前:名無しさん@1周年ID:
>>470
部下を実験台にする教授がいたら怖いよな
475名前:名無しさん@1周年ID:
志希ちゃんでもやらなそうなのに
476名前:名無しさん@1周年ID:
渡辺正峰(東京大学大学院准教授)は「機械に意識が宿る」と証明すべく、人間の脳を半分切り、残りの半分に
意識の自然則に則ってつくった意識が生まれるはずの機械を繋ぐという驚きの方法論だ。
そのルールとは、「すべての情報に意識は宿る」というデヴィッド・チャーマーズの仮説である。

投稿者の意見としては、この渡辺氏やチャーマーズあるいはトノーニの、意識世界は脳活動によって発現する
という唯物的発想はその根本から間違っており、
人間が意識し感知する意識世界は “ 半現実的かつ複数の現象可能性を持って “ 既にこの世界に成立している。

夢 ・ イメージ ・ 意識の生成は物質過程か
→ https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/sci/1562416270/653
_
sssp://o.8ch.net/1ec5r.png

480名前:名無しさん@1周年ID:
死刑が決まってる人にやればいい。
482名前:名無しさん@1周年ID:
はたして彼が得るのはノーベル賞かダーウィン賞か
484名前:名無しさん@1周年ID:
マッドサイエンティストだな
486名前:名無しさん@1周年ID:
ロボットでも無い~ 人間でも無い~
489名前:名無しさん@1周年ID:
ついにリアル悪之宮博士の出現か?

チェンジ!ザボーガー!

490名前:名無しさん@1周年ID:
ターミナル・エクスペリメントは面白かったな…電子書籍で出してほしい
549名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:17:30.26ID:YrrEGbeA0
>>490
痒みが消えるってのはいいよな。
491名前:名無しさん@1周年ID:
何でそんな事するん?
497名前:名無しさん@1周年ID:
これが可能か否かは、脳という物質とは別に魂というものが存在するか否かで決まる。

もし、魂が存在しないなら、人間が意識と呼んでるものは、脳内の個々の脳神経や
脳内物質が物理法則に従い反応しただけである。
脳神経や脳内物質は、それ自体が複雑な有機体で、さらに複雑にからみあっているから、
等速直線運動などの単純な物理現象とは異なってみえるが、個々の物質を細かく追っていくと、
最後は単純な物理法則に従って動いてるだけのはずである。

しかし、その場合、勤勉な人が怠け者を道義的に責めるなどの行為は、全くナンセンス
ということになる。

その人が怠けたのは、その人の脳神経や脳内物質が怠けざるを得ないような配置にあったから、
怠けただけのことであり、そこに何らの道義的な責任はない。

通り魔殺人を恨んだりするのも、全くナンセンスということになる。
その通り魔殺人犯が自分を殺すのは、ビッグバンが起こる前からすでに決まっており、
全てが物理現象に従って動いただけの結果ということになる。

機会は物理法則に従ってしか動けないので、機械に意識が宿ると信ずるということは、
世界はそういった『決定論』に従っているという世界観を信ずることになる。

しかし、上記のような世界観は明らかにおかしい。
やるべきことをやったり、怠けたりするのは、明らかにどちらの選択肢も可能だったと感じられる。

殺人で家族を失ったものと、交通事故で家族を失ったものでは、殺人で家族を失った方が
精神的打撃が大きいようだが、それはやはり殺人はしないという選択肢があるのに、
敢えてしたから怒りの対象になるのである。

498名前:名無しさん@1周年ID:
最後はただのネジ1本になる
501名前:名無しさん@1周年ID:
ドクター・ストレンジラヴやね
502名前:名無しさん@1周年ID:
ハカイダー
503名前:名無しさん@1周年ID:
くだらんスレ立てるナッ
505名前:名無しさん@1周年ID:
(-_-;)y-~
出た、お勉強ができるバカ、ライラ・ライラ
506名前:名無しさん@1周年ID:
盲人の脳と高精細カメラ直結するのはさっさとやってほしい
以前低解像度のとき実験成功して障害物の認識できるようになったのに
あれから進捗を聞かない
510名前:名無しさん@1周年ID:
1秒前の自分と今の自分は体の組成は変わっているのに、同じ自分であると認識しているのは
そのように情報処理がなされているからなのだろう。認知症になったりすると怪しくなってくるが。
つまり、自分というのは体というハードの計算によって造られた情報だから、確かにコンピュータに
移すことは理論上は可能かもしれない。
531名前:名無しさん@1周年ID:
>>510
>1秒前の自分と今の自分は体の組成は変わっているのに、同じ自分であると認識しているのは
>そのように情報処理がなされているからなのだろう。認知症になったりすると怪しくなってくるが。
>つまり、自分というのは体というハードの計算によって造られた情報だから、確かにコンピュータに
>移すことは理論上は可能かもしれない。

連続性がないだろ。

538名前:名無しさん@1周年ID:
>>531
送電線の交換みたいに徐々に置き換えていけば良いと思う。
最後は全部新品になる。
582名前:名無しさん@1周年ID:
>>538
>送電線の交換みたいに徐々に置き換えていけば良いと思う。
>最後は全部新品になる。

連続性がない事に変わりはない
もっと言えば我々の脳自体も「自我の連続性」の有無が不明

516名前:名無しさん@1周年ID:
シナ人のような無神論者だろうな。
523名前:名無しさん@1周年ID:
これ、ウルトロンだな
524名前:名無しさん@1周年ID:
さすがは東大 最先端はこうでなくては!
525名前:名無しさん@1周年ID:
グレートマジンガーに出てきた「戦闘獣」と同じじゃん。
526名前:名無しさん@1周年ID:
そもそもそんなことせんでええやろw
534名前:名無しさん@1周年ID:
生命体の本質は 思考・記憶能力 という脳のみ
つまりは脳さえ生活かせば永遠の生

今の死は、人体の他の臓器などの故障で脳まで死ぬ
カプセルに脳が浮かぶのが近未来の生命体の姿

539名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:11:00.90ID:AP0zUPRm0
>>534
いいや脳は身体の中枢器官であり、また人間の意識は脳だけで創られていない
感覚器官が何より重要
そうでなければ発達しない仕組みになってる
537名前:名無しさん@1周年ID:
生まれたら、脳以外をどんどん機械の体にしてくのが正解
故障したら即交換
540名前:名無しさん@1周年ID:
つまり、筋肉を鍛えているやつは、本質的には自分に関係ない事をやってるんだな。
542名前:名無しさん@1周年ID:
エアーズ理論とか、ボバース法とかか?
543名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:12:47.44ID:LRa84Mg00
脳だけ生きてても射精できないやろ
544名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:13:50.71ID:LDj/4Wbg0
>>543
射精したときの脳の状態はいつでも再現できるようになるかもな
547名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:16:46.12ID:LRa84Mg00
>>544
間違ってトリガーを無限ループしてイキ地獄になる未来が見える。
546名前:名無しさん@1周年ID:
マジレスすると、感覚の中には、関節位置覚とか運動覚とかあって、運動として出力してから入力が返ってくるものもある。
 
ヨチヨチ歩きの子供は、まだ運動と感覚の繋がりが悪いし、脳内の運動に関わる回路網もできてないわけよ。
 
ヨチヨチ歩きを繰り返しながら、重力とか身体の感覚入力と運動を繰り返して、運動発達する。
553名前:名無しさん@1周年ID:
>>546
生まれつき手足がない人も居るし、事故で失った人もいる。
しかし、そのような人たちも自分が他人のようには感じない。
563名前:名無しさん@1周年ID:
>>553
運動発達のはなしやで?
550名前:名無しさん@1周年ID:
あの放火犯がいるじゃん
551名前:名無しさん@1周年ID:
重度の火傷などで体が不調だと意識が無くなるからな
つーわけで体がないと脳に意識は宿らないだろ
556名前:名無しさん@1周年ID:
なんてカレンデバイス
558名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:22:25.00ID:3JkzTBP90
そういえば最近そんな話を聞いたけど理論的にはいけるらしいな
にわかには信じがたい話だったけど
565名前:名無しさん@1周年ID:
>>558
これがもしも可能なら
次は知識とか記憶って何?になるのかなぁ??
デックのSF小説みたいに記憶を作ったりできるようになるのかなと
559名前:名無しさん@1周年ID:
キカイダーに苦悩があったか無かったかの実証実験って事かな?
560名前:名無しさん@1周年ID:
やめてぇ(>д<)怖すぎ
561名前:名無しさん@1周年ID:
ちなみに、脳はもちろん中枢や。
そこに対して、入力と出力の神経があるんよ。
 
入力は、触覚、視覚、聴覚、味覚、温度覚、痛覚、その他感覚が入ってくる。
 
けどな、出力というのは、運動しかないんや。
脳にあるイメージを表現するには、必ず運動を経ないと出力できんのや。
将来的にはそこが直接マシンに置き換わるかもしれんけどな。
 
 
れいわの障害者議員の一人がALSっていう難病で、将来は眼球運動しかできなくなる。ホーキング博士の病気な。
 
ALSのホーキング博士がどうやって生きていたかというと、眼球運動によるフリック入力みたいな装置を使ってたんや。それで意思を表現していた。
569名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:27:16.69ID:YrrEGbeA0
脳の半分を機械にする

機械に意識が宿った!

残りの脳も機械にする

こっちにも意識が宿った!

脳は全部機械になったけど、これ人間なの???

人間って事にしとこう

体の方が病気でもうダメだ

機械の脳だけ脳死患者に移し替えるよ

これ誰?

やっぱ天然物の体はトラブルが多い、機械の体に機械脳を移植するよ

これ何?

人型の機械の体である必要無いな、機械の脳をジェイムスン型ボディに移植するよ

だからこれは何なんだ!?

てかボディいらないじゃん、ネットワークに機械脳だけ繋ぐよ

何なのそれ…

機械脳の中身をウィルス化してネットワーク通じてばら撒いて分散させたら単体の機械脳の故障も心配無用

素子おおおおおぉぉぉぉーーーーーー!
579名前:名無しさん@1周年ID:
>>569
それさー、たどり着くまでにパーツの陳腐化で
アイボとかペッパー君の運命じゃね?
機械の100年ってごく単純な構造物以外は例が無いんじゃ無いの
590名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:34:42.75ID:vccLolVh0
>>569
確かそれについては
生脳1のものをいきなり電脳1に置き換えるのではなく、生脳1と電脳0.5の冗長構成にする
電脳単体では活動不可
HDDみたいに表現すると、ミラーリングではなくパリティを持たせ、電脳のパリティ側情報から生脳の情報を訂正する方式
…が提案されてたと思う
571名前:名無しさん@1周年ID:
攻殻機動隊やるにはメモリーの量が足りないでそ?って気がする
一定量の記憶なら上書き可能かも知んない
580名前:名無しさん@1周年ID:
脊髄損傷で脊髄やられてる人は、(障害部位によるが)感覚を感じないし、運動もできん。脊髄のどのレベルを障害さるているかによって、それはわからんけど。
 
普通、ヒトは寝てたら、寝返りをうつんや。
なぜかというと、血流を阻害されて不快やからな。
ところが、脊髄損傷の人は、感覚があれへんから、気づかないうちにジョクソウ(床擦れ)になってしまうんや。
 
せやから、意図的に姿勢をかえなあかんねん。
介助とかでな。
585名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:31:29.20ID:jQtit3xr0
脳を半分切るんじゃなくて、どこか使ってない部分(童貞の金玉とか)にバックアップ脳を作って
そこで補助演算とか、本物脳のバックアップを格納しておくとかでええんじゃないの
587名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:33:13.62ID:awNaRaHO0
>>585
そう言った補助脳の技術の方が先にあるべきなのに、いきなり代替脳に取り組むのがこの先生のおかしいところ
588名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:33:20.41ID:4pnUDd2e0
>>585
演算負荷がかかるとキンタマが熱暴走してダレーんって伸びるのか
589名前:名無しさん@1周年ID:
老化した脳を捨てて
中身だけ新しい電脳に移すとかしたら
そこからの人生は全部バーチャルにするとかした場合
呼吸しているとかの感覚機能はどう反応すんだろ?
592名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:36:21.41ID:awNaRaHO0
>>589
自律神経じゃなく感覚機能ってよくわからない
601名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:44:32.14ID:4pnUDd2e0
>>589
それは面白い着想だ
例えば酸素受容器の信号を送る感覚神経が活動しないと脳は(必要も無いのに)息苦しさを覚え、
呼吸を促進しようとするが、そっから先の呼吸運動器(横隔膜や外肋間筋)も応答せず、
それがまたフィードバックされて…生き地獄じゃね?
591名前:名無しさん@1周年ID:
で、脊髄損傷による半身不随なんやけど、まだかろうじて動かせる身体部位を使ってリハビリを進めていくわけやけどな。
 
もちろん、身体機能が回復することはあれへん。
でも動く部分を使って、できる日常生活活動を増やす事はできるんや。
ベッドから起き上がるとかな。
 
不思議なことに、同じ障害レベルの人でも、身体の使い方の上手い人と下手な人がおるんや。
 
感覚が入ってこない身体の部分を、イメージできる能力が違うというか。こういう差異は、教科書には載ってない。
594名前:名無しさん@1周年ID:
自律神経いうてな、運動・感覚神経とは別系統の神経や。
臓器とかに接続している神経で、シリアルな神経な。
ホメオスタシスに大きく関わりがある。
595名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:40:05.54ID:ZbNi4LpZ0
学者ってキチガイだよな
600名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:44:04.22ID:awNaRaHO0
>>595
たとえば山中教授がそう見えるのか。俺はそうは思わないけど
622名前:名無しさん@1周年ID:
>>595

進化、進歩には一定数必要な要素だよ

596名前:名無しさん@1周年ID:
ロボットになった後に目から水を流して、
これが涙、コレがカンジョウ…ってやりたい。
597名前:名無しさん@1周年ID:
ハカイダーかキャプテンフューチャーのサイモン教授
602名前:名無しさん@1周年ID:
記憶の改竄の仕方もわからんやろ。
raidみたいにするとか理屈は言うても、実際はなんもできん。
 
ちなみにコンピュータサイエンスのニュートラルネットワークいうても、ごく簡単にモデルを提示しているが、実際の脳科学でわかっているニューロンの仕組みはもう少し複雑。
604名前:名無しさん@1周年ID:
酸素受容器とかは感覚神経ちゃうやろ。
616名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)17:54:39.28ID:4pnUDd2e0
>>604
自律神経と感覚神経は対立軸じゃないぞ

自律神経←→体性神経
感覚神経←→運動神経

感覚を伝える自律神経も筋肉(内臓筋)を運動支配する自律神経もある

608名前:名無しさん@1周年ID:
ハチャメチャが押し寄せて来る
611名前:名無しさん@1周年ID:
三叉神経とか迷走神経とかの「脳神経」は、他の末梢神経系と一括りにしにくいやろ。
613名前:名無しさん@1周年ID:
サラダ油取るなよ認知症で実験出来なくなるからな
618名前:名無しさん@1周年ID:
脳はデジタル処理してないし
指数関数的にとてつもないシロモノ
619名前:名無しさん@1周年ID:
B級ホラー映画でマッドサイエンティストがナチと共産主義者の死体から脳を取り出して半分ずつ合体させるやつがあったけどタイトルが思い出せん
635名前:名無しさん@1周年ID:
>>619
ナチと共産主義の掛け算なんてマジで勘弁してくれよ!!
621名前:名無しさん@1周年ID:
SFだと逆に機械に意識を乗っ取られる展開に
628名前:名無しさん@1周年ID:
>>621
機械に意識が無いなんて誰が確認した?

なやつだな。出力の仕方が違うので人間が観測できてないだけとかな。

638名前:名無しさん@1周年ID:
>>628
>機械に意識が無いなんて誰が確認した?
>なやつだな。出力の仕方が違うので人間が観測できてないだけとかな。

機械に意識はないよ
単なる計算で動いてるだけ
その計算をいくら複雑化しても意識にならない

630名前:名無しさん@1周年ID:
攻殻機動隊の世界に近づくの?
632名前:名無しさん@1周年ID:
成功したら将来VR世界でステージ変えつつ自分に都合のいい人生を何度も再体験できるかもな
機械頼りの天国が誕生して既存の宗教は死滅するな
636名前:名無しさん@1周年ID:
スレタイ教授なのに本文読んだら准教授じゃねーか
こういう所はしっかり確認しろよ
637名前:名無しさん@1周年ID:
攻殻機動隊
639名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:21:39.41ID:VP/FYjGH0
生きてるうちは死ぬのは確かに怖いけど
本当に永遠に生きるとしたらどうなるんだろう
644名前:名無しさん@1周年ID:
>>639
>生きてるうちは死ぬのは確かに怖いけど
>本当に永遠に生きるとしたらどうなるんだろう

あんたも生まれる前は永遠に死んでたんだよ
次に死んだら元の状態(生まれる前の状態)に還るだけ

687名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:46:21.74ID:X6Quwc+40
>>639
知ってる人、それも自分より若い人が死んでいくのを見るのはつらいと思う
皆が永遠に生きられるようになったら、新しい人を産む必要がなくなるので、世界は退屈になると思う
640名前:名無しさん@1周年ID:
死んだら試しにやってくれじゃなくて、生きてるうちに自分の脳で実験するなら、科学者として尊敬できる。
641名前:名無しさん@1周年ID:
2スレ・・
みんな理解してレスしてるの?私全然わからない・・・
642名前:名無しさん@1周年ID:
それより光化学迷彩はよ
646名前:名無しさん@1周年ID:
不死の意識を得た!
と思ったらマイクロソフトから降ってくるアップデートで不具合が出てアボーン。
647名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:24:38.52ID:0OYkGFPP0
仮に実験が成功しても自分が元の自分だと証明する手段が無いじゃん、心身的に何か欠落してた所で自覚出来るかも分からんし、ロボットみたいな喋り方して「ヤッター、ジッケンハ、セイコウダー」とか言われても周りはオイオイだろ
650名前:名無しさん@1周年ID:
>>647
>仮に実験が成功しても自分が元の自分だと証明する手段が無いじゃん、
>心身的に何か欠落してた所で自覚出来るかも分からんし、ロボットみたいな喋り方して
>「ヤッター、ジッケンハ、セイコウダー」とか言われても周りはオイオイだろ

あんたの脳の内部も脳細胞が絶えず死に
情報が新しい脳細胞に刻々とダウンロードされていってるので
今この瞬間のあんたは次の瞬間のあんたである保証はない

655名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:28:09.18ID:jQtit3xr0
>>650
そうだけど、脳の場合は秘伝のタレみたいに少しづつとっかえていって・・・
でも秘伝のタレは理屈上は数ヶ月?だかで完全に入れ替わってて・・・アレ?w
656名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:29:08.52ID:66Fmd+Vu0
>>655
脳細胞は新陳代謝しないんじゃなかった?
662名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:31:38.67ID:jQtit3xr0
>>656
言われてみれば脳は20代から滅びるだけ、とか脳は一度死んだら戻らないとか言われてるな
664名前:名無しさん@1周年ID:
>>656
>脳細胞は新陳代謝しないんじゃなかった?

ストック数が変わらない(と昔は言われてたが
最近はストック数も随時増える事が確認されたらしい)だけ。
脳細胞自体は一日にうん万個単位で死に、そのつどストックされていた
新しい脳細胞に情報が受け継がれる

706名前:名無しさん@1周年ID:
>>702

>>650←

709名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:14:53.43ID:PZmHotHs0
>>706
おお、ありがとう。
ただ、>>650の言ってる生理的な代謝は、あんまり同一性の
議論にはなじまない気がする。なにしろ、すべての人間に
共通の自称だもんね。
たとえば、認知症で記憶をなくして性格も豹変しても、
その人の家族はやっぱり家族だと思っているよね。
変質しても同一の個体だという認識は変わらない。
713名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:16:42.47ID:PZmHotHs0
>>709
5行目、「共通の自称」→「共通の事象」

普通は訂正するこっちゃないが、紛らわしい話題なので念のため。

718名前:名無しさん@1周年ID:
>>709
>なにしろ、すべての人間に
>共通の事象だもんね。

だからこそ
「記憶(自我)のコピー」と「記憶(自我)の移動」には
本質的な境界がないことのパラドックス

724名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:32:15.11ID:PZmHotHs0
>>718
それが>>685のテセウスの船だよね。

あと、スタートレックに出てくるアイテム「人体転送」のパラドックスもあるよな。
人体の組成を読み取って電気信号に変換、ファックスみたいに別の場所で
再構成されるんだけど、転送された場所にあった肉体は分解される。
「あなたはこの装置で転送されることに抵抗ありませんか?」というやつ。

俺は絶体イヤだがw

805名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:47:51.97ID:PZmHotHs0
>>800
たしかに言い方が悪かったけど、家族や友人があなたをあなたと認識するのは、
顔だけで判断してると言ったつもりはないよ。たとえば>>709では
記憶や性格が豹変しても家族だという認識は変わらないことを言ってるし。
813名前:名無しさん@1周年ID:
>>805
では"あなた"の魂って、どう違いを示しますか。
ちなみに、哲学は変なところに問題を見つけた変な人の興味なので、どうでもいい話といえばどうでもいい話なので。ありがとうございました。
823名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:03:23.01ID:PZmHotHs0
>>813
俺が描いた「魂」は、それこそ永井先生の「魂」のつもり(一般的に
言うところの「自我」)だけど、違うんじゃろか?

>>814
> 10GB程度

俺は6年前のスマホ以下か…orz

838名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
そう。逆にいえばコンピュータでは実現しやすいって事でもあるけどね。

人間の処理速度や記憶容量は巷で言われているよりは遥かに低い。

そもそも神経回路の伝達速度が有髄神経でも秒速50mとかそんなものだから、そこから、出来る処理速度なんてたかがしれている。

記憶容量もたいしたもんではない。

でもコンピュータよりと圧倒的に異なる優位性は、その神経束の複雑性にある。
例えば脳梁では2億本の神経回路がそれぞれ意味のある別々のところに移動させるとか、今の人間技術水準ははるかに上回っている。

コンピュータの優位性と人間の脳回路の優位性は異なっているんだよね。

843名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:17:25.31ID:PZmHotHs0
>>838
たしかに構造の複雑性によるとは思うけど、一方、もしかしたら
単にrandom関数に駆動されただけの人工無能だという疑念も払えないよなあ。
人工無能同士が会話して表面上うまく行ってるなら、
それはそれでいいじゃんという気持ちもあるw
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
ここらへんは生命の発生過程とかそういうところの前提共有をしないと話せない部分に感じた。

それでいいじゃん。というのは目的という概念が必要になると思うけれど
目的って何?どういった状態がいいのか?という視点を持つ時に土台部分である生命の発生過程共有が必要なんだよね。

生命とは何?の土台部分←こっちの方が脳の問題よりははるかに簡単だと思います。

ちなみに遺伝子DNAのデータ量は人間ならば一つ500MBです。
それを人間は30兆個もってるわけでそれ一つ一つに500MBのデータが入っている。

これは脳みそのデータとは質が異なるものなんだけれどね。

遺伝子DNAはタンパク質設計図のようなもので、各臓器の役割分担のため
ここからここまでのコードしか読んではダメだよと指定されているため各臓器は各臓器足り得る機能を果たしている。

859名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:31:44.19ID:PZmHotHs0
>>846
人間のような知的生命体というのは、別に進化の最終形態でもなんでもなく、
地球でもっとも成功している種族は菌類だ、というのがまず前提にあるよね。

まあ、それはそれとして、俺らは人間だから知的な人が偉い、
というローカルな価値観で生きてるわけで、俺もやっぱり5chで
知的な書き込みをして「婆すごい」と言われたいw。
これもまたある種の前提な気がする。

866名前:名無しさん@1周年ID:
>>859
ここの共有は短時間では困難だと思うけれど

生命が複雑になっていく過程から人間が生まれていて、
それでいて、別に繁栄することは生命の目的でもなんでもなく

というより生命に目的はそもそもないが
目的をもつように振る舞う生命の存在確率が高かったという理解になり

善悪問題や目的の構造を明らかにできてしまうんだよね

この前提に立って脳みその問題を考えると、善悪論や目的論からと一線を画すことができるようになるんだよね。

842名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
脳の記憶する部分は単純にはだいたいが脳表面上に集中している。灰白質という部位で、残りは白質(神経回路)

記憶部分よりも、その神経回路の複雑さが人間脳機能のミソだよ。
その複雑さが統合的処理に欠かせないと思われる。

一方で処理速度や記憶容量はたいしたことないから、

人間脳のような複雑な神経回路を有した上でCPUやSSDのようなものも組み合わせたものができれば、それは技術的特異点のようなものができる余地がある。

未確定な上での話だから、技術的特異点になるかどうかはその本質は未知であるけれどね。

709名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:14:53.43ID:PZmHotHs0
>>706
おお、ありがとう。
ただ、>>650の言ってる生理的な代謝は、あんまり同一性の
議論にはなじまない気がする。なにしろ、すべての人間に
共通の自称だもんね。
たとえば、認知症で記憶をなくして性格も豹変しても、
その人の家族はやっぱり家族だと思っているよね。
変質しても同一の個体だという認識は変わらない。
713名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:16:42.47ID:PZmHotHs0
>>709
5行目、「共通の自称」→「共通の事象」

普通は訂正するこっちゃないが、紛らわしい話題なので念のため。

718名前:名無しさん@1周年ID:
>>709
>なにしろ、すべての人間に
>共通の事象だもんね。

だからこそ
「記憶(自我)のコピー」と「記憶(自我)の移動」には
本質的な境界がないことのパラドックス

724名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:32:15.11ID:PZmHotHs0
>>718
それが>>685のテセウスの船だよね。

あと、スタートレックに出てくるアイテム「人体転送」のパラドックスもあるよな。
人体の組成を読み取って電気信号に変換、ファックスみたいに別の場所で
再構成されるんだけど、転送された場所にあった肉体は分解される。
「あなたはこの装置で転送されることに抵抗ありませんか?」というやつ。

俺は絶体イヤだがw

805名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:47:51.97ID:PZmHotHs0
>>800
たしかに言い方が悪かったけど、家族や友人があなたをあなたと認識するのは、
顔だけで判断してると言ったつもりはないよ。たとえば>>709では
記憶や性格が豹変しても家族だという認識は変わらないことを言ってるし。
813名前:名無しさん@1周年ID:
>>805
では"あなた"の魂って、どう違いを示しますか。
ちなみに、哲学は変なところに問題を見つけた変な人の興味なので、どうでもいい話といえばどうでもいい話なので。ありがとうございました。
823名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:03:23.01ID:PZmHotHs0
>>813
俺が描いた「魂」は、それこそ永井先生の「魂」のつもり(一般的に
言うところの「自我」)だけど、違うんじゃろか?

>>814
> 10GB程度

俺は6年前のスマホ以下か…orz

838名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
そう。逆にいえばコンピュータでは実現しやすいって事でもあるけどね。

人間の処理速度や記憶容量は巷で言われているよりは遥かに低い。

そもそも神経回路の伝達速度が有髄神経でも秒速50mとかそんなものだから、そこから、出来る処理速度なんてたかがしれている。

記憶容量もたいしたもんではない。

でもコンピュータよりと圧倒的に異なる優位性は、その神経束の複雑性にある。
例えば脳梁では2億本の神経回路がそれぞれ意味のある別々のところに移動させるとか、今の人間技術水準ははるかに上回っている。

コンピュータの優位性と人間の脳回路の優位性は異なっているんだよね。

843名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:17:25.31ID:PZmHotHs0
>>838
たしかに構造の複雑性によるとは思うけど、一方、もしかしたら
単にrandom関数に駆動されただけの人工無能だという疑念も払えないよなあ。
人工無能同士が会話して表面上うまく行ってるなら、
それはそれでいいじゃんという気持ちもあるw
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
ここらへんは生命の発生過程とかそういうところの前提共有をしないと話せない部分に感じた。

それでいいじゃん。というのは目的という概念が必要になると思うけれど
目的って何?どういった状態がいいのか?という視点を持つ時に土台部分である生命の発生過程共有が必要なんだよね。

生命とは何?の土台部分←こっちの方が脳の問題よりははるかに簡単だと思います。

ちなみに遺伝子DNAのデータ量は人間ならば一つ500MBです。
それを人間は30兆個もってるわけでそれ一つ一つに500MBのデータが入っている。

これは脳みそのデータとは質が異なるものなんだけれどね。

遺伝子DNAはタンパク質設計図のようなもので、各臓器の役割分担のため
ここからここまでのコードしか読んではダメだよと指定されているため各臓器は各臓器足り得る機能を果たしている。

859名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:31:44.19ID:PZmHotHs0
>>846
人間のような知的生命体というのは、別に進化の最終形態でもなんでもなく、
地球でもっとも成功している種族は菌類だ、というのがまず前提にあるよね。

まあ、それはそれとして、俺らは人間だから知的な人が偉い、
というローカルな価値観で生きてるわけで、俺もやっぱり5chで
知的な書き込みをして「婆すごい」と言われたいw。
これもまたある種の前提な気がする。

866名前:名無しさん@1周年ID:
>>859
ここの共有は短時間では困難だと思うけれど

生命が複雑になっていく過程から人間が生まれていて、
それでいて、別に繁栄することは生命の目的でもなんでもなく

というより生命に目的はそもそもないが
目的をもつように振る舞う生命の存在確率が高かったという理解になり

善悪問題や目的の構造を明らかにできてしまうんだよね

この前提に立って脳みその問題を考えると、善悪論や目的論からと一線を画すことができるようになるんだよね。

842名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
脳の記憶する部分は単純にはだいたいが脳表面上に集中している。灰白質という部位で、残りは白質(神経回路)

記憶部分よりも、その神経回路の複雑さが人間脳機能のミソだよ。
その複雑さが統合的処理に欠かせないと思われる。

一方で処理速度や記憶容量はたいしたことないから、

人間脳のような複雑な神経回路を有した上でCPUやSSDのようなものも組み合わせたものができれば、それは技術的特異点のようなものができる余地がある。

未確定な上での話だから、技術的特異点になるかどうかはその本質は未知であるけれどね。

648名前:名無しさん@1周年ID:
半分残すのか
649名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:25:15.21ID:jQtit3xr0
機械につないでまで、延々生き続けたり、自分の人格を残したいと思う人間がどれだけいるんだよ。
いるとしても、上級市民タイプだろうが、そういう人は次の時代の知識層形成のために適当なところで寿命なり引退で消えてもらわなきゃ困るんだよ。
652名前:名無しさん@1周年ID:
>>649
むしろ人間は、自分の愛する人間の「意識」を、そういう形でもいいから残すことを欲するのではないか。
653名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:27:52.23ID:66Fmd+Vu0
情報って不思議だよね
物質ではないしもちろん生命でもないし
人の脳だけで処理できる「何か」
658名前:名無しさん@1周年ID:
>>653
エントロピーを局所的に減少させる何か
707名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)19:12:07.38ID:+x3fxesp0
>>653
Space, Time, Matter, Information
657名前:名無しさん@1周年ID:
イーガンSFが現実になるのか
661名前:名無しさん@1周年ID:
機械に意識があるのかどうかは確認のしようがない。

そもそも人間どうしも、自分以外の人間に意識があるかどうかは知り得ない。
自分以外の人間については、意識があるように反応しているから意識があるように見える、というところまでしか認識できない。

669名前:名無しさん@1周年ID:
>>661
>機械に意識があるのかどうかは確認のしようがない。

機械と意識は別物。
機械は矛盾する存在を同時に含まない。
しかし宇宙は同時に矛盾するものを含む。意識も宇宙に然り。

663名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:31:45.33ID:DE9xJLRX0
一度肉体から離れて別の媒体で覚醒するわけだから人格はまった新しい物語って認識でえーの?
672名前:名無しさん@1周年ID:
>>663
>一度肉体から離れて別の媒体で覚醒するわけだから
>人格はまった新しい物語って認識でえーの?

でもその新しい人格は「俺は昔の俺そのものだ」と言い張るだろう

670名前:名無しさん@1周年ID:
時計仕掛けのオレンジw

どんどんやれ。

671名前:名無しさん@1周年ID:
そもそも動物にだって意識があるのか無いのかわかってない。
犬猫には意識があると思っている人が多いが、
それなら蛇は?カエルは?魚は?昆虫は?クラゲは?プランクトンは?
どこが境目だ?
673名前:名無しさん@1周年ID:
ついにシビュラシステム作る時が来たか。

これで青葉みたいな奴事前に逮捕出来るな。

676名前:名無しさん@1周年ID:
良いじゃん
678名前:名無しさん@1周年ID:
そもそも脳科学の次元の話で、意識と肉体を二元的に対立させて話すことはバカの証拠。
679名前:名無しさん@1周年ID:
攻殻機動隊までもう少しかな?
686名前:名無しさん@1周年ID:
片側じゃ無理。
同じ事象を記憶するものであっても人間の記憶は個人によって保存方法が違う。

機械化されることを自覚した人間(教授)がそれを受け入れて海馬まで含めた脳全部を生体コンピュータ化(この時点では生存)して、
意思をもって汎用データ化し(てから死亡して脳細胞だけ生かす)ないと意味なし。

意識はコピーできないけど、ニューロンを記憶領域として活用することなら可能かもしれない。

694名前:名無しさん@1周年ID:
>>686
右脳と左脳をそれぞれ別に機械に接続すんだろ。
少し違う自分の意識が二つできるのだ。
695名前:名無しさん@1周年ID:
>>694
右脳と左脳が分断されたまま生きてる人は実際にいる
色々と面白い現象が起きるらしい
688名前:名無しさん@1周年ID:
星新一の話にありそうだなあ
689名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)18:50:30.72ID:jQtit3xr0
>>688
エヌ氏が脳機械化手術をうけ、新しい身体に生まれ変わった。
脳を入れ替えたそれはエヌ氏の人格なのだろうか、と懐疑的に思ったが
エヌ氏が「そうだ」と答えたため、私はそれ以上何も言えなくなってしまい、帰途についた

みたいなショートショートが頭に浮かんだw

690名前:名無しさん@1周年ID:
鉄郎、ネジになりなさい
698名前:名無しさん@1周年ID:
んー、取り敢えず愛犬とか愛猫でやってみれば
699名前:名無しさん@1周年ID:
>>698
サルだと脳の交換移植に成功してるらしい
700名前:名無しさん@1周年ID:
「堕胎しろよ」の水上颯の脳を切ってモルモットにすればいい
702名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:05:07.54ID:PZmHotHs0
たとえば注ぎ足し注ぎ足しで保たれている老舗の秘伝のタレが
創業時と同じものかどうかというのは、他人(客)がどう思うか
に依存していて、タレ自身の自覚はあまり関係ない気がする。

友人が、「こいつはもう正峰じゃない!」と思った時点で正峰くんは死んでると。

706名前:名無しさん@1周年ID:
>>702

>>650←

709名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:14:53.43ID:PZmHotHs0
>>706
おお、ありがとう。
ただ、>>650の言ってる生理的な代謝は、あんまり同一性の
議論にはなじまない気がする。なにしろ、すべての人間に
共通の自称だもんね。
たとえば、認知症で記憶をなくして性格も豹変しても、
その人の家族はやっぱり家族だと思っているよね。
変質しても同一の個体だという認識は変わらない。
713名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:16:42.47ID:PZmHotHs0
>>709
5行目、「共通の自称」→「共通の事象」

普通は訂正するこっちゃないが、紛らわしい話題なので念のため。

718名前:名無しさん@1周年ID:
>>709
>なにしろ、すべての人間に
>共通の事象だもんね。

だからこそ
「記憶(自我)のコピー」と「記憶(自我)の移動」には
本質的な境界がないことのパラドックス

724名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:32:15.11ID:PZmHotHs0
>>718
それが>>685のテセウスの船だよね。

あと、スタートレックに出てくるアイテム「人体転送」のパラドックスもあるよな。
人体の組成を読み取って電気信号に変換、ファックスみたいに別の場所で
再構成されるんだけど、転送された場所にあった肉体は分解される。
「あなたはこの装置で転送されることに抵抗ありませんか?」というやつ。

俺は絶体イヤだがw

805名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:47:51.97ID:PZmHotHs0
>>800
たしかに言い方が悪かったけど、家族や友人があなたをあなたと認識するのは、
顔だけで判断してると言ったつもりはないよ。たとえば>>709では
記憶や性格が豹変しても家族だという認識は変わらないことを言ってるし。
813名前:名無しさん@1周年ID:
>>805
では"あなた"の魂って、どう違いを示しますか。
ちなみに、哲学は変なところに問題を見つけた変な人の興味なので、どうでもいい話といえばどうでもいい話なので。ありがとうございました。
823名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:03:23.01ID:PZmHotHs0
>>813
俺が描いた「魂」は、それこそ永井先生の「魂」のつもり(一般的に
言うところの「自我」)だけど、違うんじゃろか?

>>814
> 10GB程度

俺は6年前のスマホ以下か…orz

838名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
そう。逆にいえばコンピュータでは実現しやすいって事でもあるけどね。

人間の処理速度や記憶容量は巷で言われているよりは遥かに低い。

そもそも神経回路の伝達速度が有髄神経でも秒速50mとかそんなものだから、そこから、出来る処理速度なんてたかがしれている。

記憶容量もたいしたもんではない。

でもコンピュータよりと圧倒的に異なる優位性は、その神経束の複雑性にある。
例えば脳梁では2億本の神経回路がそれぞれ意味のある別々のところに移動させるとか、今の人間技術水準ははるかに上回っている。

コンピュータの優位性と人間の脳回路の優位性は異なっているんだよね。

843名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:17:25.31ID:PZmHotHs0
>>838
たしかに構造の複雑性によるとは思うけど、一方、もしかしたら
単にrandom関数に駆動されただけの人工無能だという疑念も払えないよなあ。
人工無能同士が会話して表面上うまく行ってるなら、
それはそれでいいじゃんという気持ちもあるw
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
ここらへんは生命の発生過程とかそういうところの前提共有をしないと話せない部分に感じた。

それでいいじゃん。というのは目的という概念が必要になると思うけれど
目的って何?どういった状態がいいのか?という視点を持つ時に土台部分である生命の発生過程共有が必要なんだよね。

生命とは何?の土台部分←こっちの方が脳の問題よりははるかに簡単だと思います。

ちなみに遺伝子DNAのデータ量は人間ならば一つ500MBです。
それを人間は30兆個もってるわけでそれ一つ一つに500MBのデータが入っている。

これは脳みそのデータとは質が異なるものなんだけれどね。

遺伝子DNAはタンパク質設計図のようなもので、各臓器の役割分担のため
ここからここまでのコードしか読んではダメだよと指定されているため各臓器は各臓器足り得る機能を果たしている。

859名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:31:44.19ID:PZmHotHs0
>>846
人間のような知的生命体というのは、別に進化の最終形態でもなんでもなく、
地球でもっとも成功している種族は菌類だ、というのがまず前提にあるよね。

まあ、それはそれとして、俺らは人間だから知的な人が偉い、
というローカルな価値観で生きてるわけで、俺もやっぱり5chで
知的な書き込みをして「婆すごい」と言われたいw。
これもまたある種の前提な気がする。

866名前:名無しさん@1周年ID:
>>859
ここの共有は短時間では困難だと思うけれど

生命が複雑になっていく過程から人間が生まれていて、
それでいて、別に繁栄することは生命の目的でもなんでもなく

というより生命に目的はそもそもないが
目的をもつように振る舞う生命の存在確率が高かったという理解になり

善悪問題や目的の構造を明らかにできてしまうんだよね

この前提に立って脳みその問題を考えると、善悪論や目的論からと一線を画すことができるようになるんだよね。

842名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
脳の記憶する部分は単純にはだいたいが脳表面上に集中している。灰白質という部位で、残りは白質(神経回路)

記憶部分よりも、その神経回路の複雑さが人間脳機能のミソだよ。
その複雑さが統合的処理に欠かせないと思われる。

一方で処理速度や記憶容量はたいしたことないから、

人間脳のような複雑な神経回路を有した上でCPUやSSDのようなものも組み合わせたものができれば、それは技術的特異点のようなものができる余地がある。

未確定な上での話だから、技術的特異点になるかどうかはその本質は未知であるけれどね。

708名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)19:13:21.84ID:jQtit3xr0
>>702
こいつは婆くんじゃない!!
714名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)19:17:50.35ID:PZmHotHs0
>>708
いざ言われてみると、あんがい屁でもないなW
786名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:34:42.72ID:PZmHotHs0
>>777
そこで>>702の老舗の秘伝のタレなのよ。

本人かどうかは周囲の人間関係の中で決まる。
家族や友人がいつも通り「おはよう」と言ってくれたら勝ちだw

800名前:名無しさん@1周年ID:
>>786
それは、"あなた"の顔に言及するから同定されるだけ。それは、哲学の論点ではない。脳の認知機能で解決する話ではない。顔認識中枢の精度で魂は決まらない。それだと、永井センセの問題提起が分かってない。
805名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:47:51.97ID:PZmHotHs0
>>800
たしかに言い方が悪かったけど、家族や友人があなたをあなたと認識するのは、
顔だけで判断してると言ったつもりはないよ。たとえば>>709では
記憶や性格が豹変しても家族だという認識は変わらないことを言ってるし。
813名前:名無しさん@1周年ID:
>>805
では"あなた"の魂って、どう違いを示しますか。
ちなみに、哲学は変なところに問題を見つけた変な人の興味なので、どうでもいい話といえばどうでもいい話なので。ありがとうございました。
823名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:03:23.01ID:PZmHotHs0
>>813
俺が描いた「魂」は、それこそ永井先生の「魂」のつもり(一般的に
言うところの「自我」)だけど、違うんじゃろか?

>>814
> 10GB程度

俺は6年前のスマホ以下か…orz

838名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
そう。逆にいえばコンピュータでは実現しやすいって事でもあるけどね。

人間の処理速度や記憶容量は巷で言われているよりは遥かに低い。

そもそも神経回路の伝達速度が有髄神経でも秒速50mとかそんなものだから、そこから、出来る処理速度なんてたかがしれている。

記憶容量もたいしたもんではない。

でもコンピュータよりと圧倒的に異なる優位性は、その神経束の複雑性にある。
例えば脳梁では2億本の神経回路がそれぞれ意味のある別々のところに移動させるとか、今の人間技術水準ははるかに上回っている。

コンピュータの優位性と人間の脳回路の優位性は異なっているんだよね。

843名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:17:25.31ID:PZmHotHs0
>>838
たしかに構造の複雑性によるとは思うけど、一方、もしかしたら
単にrandom関数に駆動されただけの人工無能だという疑念も払えないよなあ。
人工無能同士が会話して表面上うまく行ってるなら、
それはそれでいいじゃんという気持ちもあるw
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
ここらへんは生命の発生過程とかそういうところの前提共有をしないと話せない部分に感じた。

それでいいじゃん。というのは目的という概念が必要になると思うけれど
目的って何?どういった状態がいいのか?という視点を持つ時に土台部分である生命の発生過程共有が必要なんだよね。

生命とは何?の土台部分←こっちの方が脳の問題よりははるかに簡単だと思います。

ちなみに遺伝子DNAのデータ量は人間ならば一つ500MBです。
それを人間は30兆個もってるわけでそれ一つ一つに500MBのデータが入っている。

これは脳みそのデータとは質が異なるものなんだけれどね。

遺伝子DNAはタンパク質設計図のようなもので、各臓器の役割分担のため
ここからここまでのコードしか読んではダメだよと指定されているため各臓器は各臓器足り得る機能を果たしている。

859名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:31:44.19ID:PZmHotHs0
>>846
人間のような知的生命体というのは、別に進化の最終形態でもなんでもなく、
地球でもっとも成功している種族は菌類だ、というのがまず前提にあるよね。

まあ、それはそれとして、俺らは人間だから知的な人が偉い、
というローカルな価値観で生きてるわけで、俺もやっぱり5chで
知的な書き込みをして「婆すごい」と言われたいw。
これもまたある種の前提な気がする。

866名前:名無しさん@1周年ID:
>>859
ここの共有は短時間では困難だと思うけれど

生命が複雑になっていく過程から人間が生まれていて、
それでいて、別に繁栄することは生命の目的でもなんでもなく

というより生命に目的はそもそもないが
目的をもつように振る舞う生命の存在確率が高かったという理解になり

善悪問題や目的の構造を明らかにできてしまうんだよね

この前提に立って脳みその問題を考えると、善悪論や目的論からと一線を画すことができるようになるんだよね。

842名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
脳の記憶する部分は単純にはだいたいが脳表面上に集中している。灰白質という部位で、残りは白質(神経回路)

記憶部分よりも、その神経回路の複雑さが人間脳機能のミソだよ。
その複雑さが統合的処理に欠かせないと思われる。

一方で処理速度や記憶容量はたいしたことないから、

人間脳のような複雑な神経回路を有した上でCPUやSSDのようなものも組み合わせたものができれば、それは技術的特異点のようなものができる余地がある。

未確定な上での話だから、技術的特異点になるかどうかはその本質は未知であるけれどね。

853名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)21:29:28.31ID:tGdjs1L10
>>702
人間の細胞も新陳代謝で定期的に全部入れ替わるから秘伝のタレみたいなもの
703名前:名無しさん@1周年ID:
意識というか魂を電脳空間上にアップロードして普段は仮想空間で暮らすとか良いな。
必要に応じて現実世界の義体に降りてくるとかねw
甲殻とかBLAME!の世界が近いなw
704名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)19:08:55.32ID:+x3fxesp0
新手の詐欺だろw
東大だしな
京大とは違うでしかし
705名前:名無しさん@1周年ID:
>>704
>新手の詐欺だろw

星の数ほどよくあること

710名前:名無しさん@1周年ID:
イーロンマスクか?
725名前:名無しさん@1周年ID:
中国を刺激するようなことはやめろよ、実験材料にされちゃう人が増えるだろ
731名前:名無しさん@1周年ID:
デヴィッドチャーマーズの仮説が間違っていると思われるので
それに則ってしても死んじゃうだけだよ。

意識は情報統合理論仮説の方が有力だろうし
その上で
宇宙法則処理の仕組みとして、最小単位が自発的に法則処理する、集合として統合化した上でそれが情報統合理論上の複雑的であらゆる変化形態を持ちうる時に様々な思考限界が生まれて
それが自覚化している事で意識を持っていると思われるので、当然機械にも自覚化された意識が生まれうる。
そのための条件は情報統合理論仮説によりほぼ示される。
すなわちあらゆる情報的形態を取りうることができ
それがその処理機構全体において意味づけされて統合的に処理されていれば
意識が宿っており、それが自覚化される事でより複雑である事が示されるということ。

732名前:名無しさん@1周年ID:
>>731
お薬の時間だよ
737名前:名無しさん@1周年ID:
>>732
でも統合情報理論って有力仮説じゃん。

あなたが知らないだけでしょ。
無知と自分に自信があるんだね。

740名前:名無しさん@1周年ID:
>>732
構うとよけい知ったかぶりを披露するぞw
「量子」「波動」「霊」「素子」「攻殻機動隊」これNGワードに入れとけよ
734名前:名無しさん@1周年ID:
この話題だと、量子とかプラズマとか波動とかのオカルトさんが一定数は来るものだよ。
741名前:名無しさん@1周年ID:
>>734
統合情報理論はオカルトでもなんでもなく、医学的な研究仮説だよ。
あなたがカエルに意識とかうんたらという所もうまく説明されている。

でも貴方は私はすごいという感情の方が大事だろうから
理解はできないだろうし、考える事もできないだろうけれど。

735名前:名無しさん@1周年ID:
無理だね量子コンピューター開発しないと無理無理
だって意識はチュブリンの量子素子で動いてるからね
その外側の神経発火だけミミックしても無理無理
736名前:名無しさん@1周年ID:
全力で応援だわなw
チップ脳を月の内部に設置してしまえば永遠に生きられる
不老不死の実現だぜ
山のように税金を投入して応援しろや
739名前:名無しさん@1周年ID:
さすが東大、やることが無謀すぎ、このくらいのトンデモ教授じゃないと
世の中面白くない。
742名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:03:53.01ID:PZmHotHs0
たとえば俺人身はちゃんとした人間だという自覚はあるけど、
この掲示板で「実は人工無能だ」という疑いをかけられた場合、
俺は書き込みだけで疑いを晴らす自信はないもんな(逆チューリング試験?)。
757名前:名無しさん@1周年ID:
>>742
意識って何?って所から入らないといけなさそうな。

寝てたら、意識なくなるよ。ここって結構大事なポイントだよね。
貴方が寝てたら、742のような書き込みはできなくなる。

覚醒した意識がある状態ってどんな事ができるのみたいな感じ。

書き込みで証明とかはあえて情報削って証明する必要なくない?

758名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:18:08.67ID:PZmHotHs0
>>754
うんうん。
永井均『<子ども>のための哲学』(講談社新書)では、
その「自分が自分であるという意識」を特別に「魂」と定義していた。

これは>>757に対する答えにもなってるかな?

766名前:名無しさん@1周年ID:
>>758
私としては統合情報理論仮説の視点プラスアルファだから

自覚化しているかどうかは重視していないな。
テーマとして理解している必要はあると思うけれど。

744名前:名無しさん@1周年ID:
まだこんなこと言ってるのか。
意識自体が架構だといつになったら理解できるのか。
大森荘蔵にあの世で謝ってこい、低能。
こんなのに学位なんかやるなよ。
765名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)20:23:40.40ID:hpN9WJmw0
>>744
つまりどういうこと?
769名前:名無しさん@1周年ID:
>>765
たぶんだけどな
架構ではなく「虚構」と書きたかったんだと推測
771名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)20:27:21.46ID:hpN9WJmw0
>>769
意識は実在してないってことかな
それならまあ正しいのかね
脳の機能は存在してると言えないから
745名前:名無しさん@1周年ID:
小松左京じゃなかった。培養液に入れられて不死となった脳が、神経を切断された想像を絶する
痛みを、人に伝えるすべもなく、生き続けるというエンディング。
746名前:名無しさん@1周年ID:
中途半端に賢いヤツだけが意識に拘る。
釈尊くらいになると、あの時代で実在論を論破していた。
747名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)20:08:09.49ID:NHOtnAtL0
機械に人間の意識を宿らせることができたとして、それって
人間が機械に移ったのではなく、コピーしたって話では。
コピーは本人ではなく、本人そっくりの別人。
753名前:名無しさん@1周年ID:
>>747
>コピーは本人ではなく、本人そっくりの別人。

分裂と同じだから本人が二人いることになるだろ

755名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:14:19.97ID:PZmHotHs0
>>753
コピペなら、「やあ、同一人物だねえ」で済むけど、
カット&ペーストだとしゃれにならん事態にw
762名前:名無しさん@1周年ID:
>>755
プラナリア 分裂 記憶 でググったんだが

記憶は脳の外にある? プラナリアの実験からわかったこと
https://wired.jp/2013/08/08/memories-of-planaria/

意識や記憶は、すべて「脳」に宿るもの、と思い込んではいないだろうか。
プラナリアという日本にもいる虫は、どうやらそうではないらしい。
しかも頭を再生させても「経験値」は記憶しているというから、ますます不思議は深まるばかり。

人間も同じ機能持ってんのか?

767名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:25:04.30ID:PZmHotHs0
>>762
すげーなプラナリア。
これが生殖による分裂なら「永遠の生命」ということでめでたいんだが、
切断による分裂の場合は別だよね。
「切られたもう片方が完全に記憶を引き継いでいるので、あなたは消しましょう」
と言われて「あ、そうですか」とは言えんw
777名前:名無しさん@1周年ID:
>>767
記憶に依存して、自分は自分だと思うかもしれませんが、朝起きた"あなた"はだれなんですか。
786名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:34:42.72ID:PZmHotHs0
>>777
そこで>>702の老舗の秘伝のタレなのよ。

本人かどうかは周囲の人間関係の中で決まる。
家族や友人がいつも通り「おはよう」と言ってくれたら勝ちだw

800名前:名無しさん@1周年ID:
>>786
それは、"あなた"の顔に言及するから同定されるだけ。それは、哲学の論点ではない。脳の認知機能で解決する話ではない。顔認識中枢の精度で魂は決まらない。それだと、永井センセの問題提起が分かってない。
805名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:47:51.97ID:PZmHotHs0
>>800
たしかに言い方が悪かったけど、家族や友人があなたをあなたと認識するのは、
顔だけで判断してると言ったつもりはないよ。たとえば>>709では
記憶や性格が豹変しても家族だという認識は変わらないことを言ってるし。
813名前:名無しさん@1周年ID:
>>805
では"あなた"の魂って、どう違いを示しますか。
ちなみに、哲学は変なところに問題を見つけた変な人の興味なので、どうでもいい話といえばどうでもいい話なので。ありがとうございました。
823名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:03:23.01ID:PZmHotHs0
>>813
俺が描いた「魂」は、それこそ永井先生の「魂」のつもり(一般的に
言うところの「自我」)だけど、違うんじゃろか?

>>814
> 10GB程度

俺は6年前のスマホ以下か…orz

838名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
そう。逆にいえばコンピュータでは実現しやすいって事でもあるけどね。

人間の処理速度や記憶容量は巷で言われているよりは遥かに低い。

そもそも神経回路の伝達速度が有髄神経でも秒速50mとかそんなものだから、そこから、出来る処理速度なんてたかがしれている。

記憶容量もたいしたもんではない。

でもコンピュータよりと圧倒的に異なる優位性は、その神経束の複雑性にある。
例えば脳梁では2億本の神経回路がそれぞれ意味のある別々のところに移動させるとか、今の人間技術水準ははるかに上回っている。

コンピュータの優位性と人間の脳回路の優位性は異なっているんだよね。

843名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:17:25.31ID:PZmHotHs0
>>838
たしかに構造の複雑性によるとは思うけど、一方、もしかしたら
単にrandom関数に駆動されただけの人工無能だという疑念も払えないよなあ。
人工無能同士が会話して表面上うまく行ってるなら、
それはそれでいいじゃんという気持ちもあるw
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
ここらへんは生命の発生過程とかそういうところの前提共有をしないと話せない部分に感じた。

それでいいじゃん。というのは目的という概念が必要になると思うけれど
目的って何?どういった状態がいいのか?という視点を持つ時に土台部分である生命の発生過程共有が必要なんだよね。

生命とは何?の土台部分←こっちの方が脳の問題よりははるかに簡単だと思います。

ちなみに遺伝子DNAのデータ量は人間ならば一つ500MBです。
それを人間は30兆個もってるわけでそれ一つ一つに500MBのデータが入っている。

これは脳みそのデータとは質が異なるものなんだけれどね。

遺伝子DNAはタンパク質設計図のようなもので、各臓器の役割分担のため
ここからここまでのコードしか読んではダメだよと指定されているため各臓器は各臓器足り得る機能を果たしている。

859名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:31:44.19ID:PZmHotHs0
>>846
人間のような知的生命体というのは、別に進化の最終形態でもなんでもなく、
地球でもっとも成功している種族は菌類だ、というのがまず前提にあるよね。

まあ、それはそれとして、俺らは人間だから知的な人が偉い、
というローカルな価値観で生きてるわけで、俺もやっぱり5chで
知的な書き込みをして「婆すごい」と言われたいw。
これもまたある種の前提な気がする。

866名前:名無しさん@1周年ID:
>>859
ここの共有は短時間では困難だと思うけれど

生命が複雑になっていく過程から人間が生まれていて、
それでいて、別に繁栄することは生命の目的でもなんでもなく

というより生命に目的はそもそもないが
目的をもつように振る舞う生命の存在確率が高かったという理解になり

善悪問題や目的の構造を明らかにできてしまうんだよね

この前提に立って脳みその問題を考えると、善悪論や目的論からと一線を画すことができるようになるんだよね。

842名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
脳の記憶する部分は単純にはだいたいが脳表面上に集中している。灰白質という部位で、残りは白質(神経回路)

記憶部分よりも、その神経回路の複雑さが人間脳機能のミソだよ。
その複雑さが統合的処理に欠かせないと思われる。

一方で処理速度や記憶容量はたいしたことないから、

人間脳のような複雑な神経回路を有した上でCPUやSSDのようなものも組み合わせたものができれば、それは技術的特異点のようなものができる余地がある。

未確定な上での話だから、技術的特異点になるかどうかはその本質は未知であるけれどね。

785名前:名無しさん@1周年ID:
>>767
意識の移し方がわかれば、実質的に永遠の命になるから
それも価値がある事だよね。

動機の出発点として、始皇帝もどきでもいいのでは。

754名前:名無しさん@1周年ID:
>>747
事例としてはA自分 B自分のコピー

自分の完全なコピーを作れるとして、
自分の完全なコピーBを作って、A自分を潰して殺してしまう場合

自分じゃないじゃん。って話だよね
A自分が死んだら、それで人生おしまい。コピーBがいきていても同じこと。

それがコンピュータであろうが生体であろうがお同じこと。

意識ってどうやって移せるの?って話になっちゃうよね。

758名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:18:08.67ID:PZmHotHs0
>>754
うんうん。
永井均『<子ども>のための哲学』(講談社新書)では、
その「自分が自分であるという意識」を特別に「魂」と定義していた。

これは>>757に対する答えにもなってるかな?

766名前:名無しさん@1周年ID:
>>758
私としては統合情報理論仮説の視点プラスアルファだから

自覚化しているかどうかは重視していないな。
テーマとして理解している必要はあると思うけれど。

748名前:名無しさん@1周年ID:
よくわからんからガンダムで
752名前:名無しさん@1周年ID:
投稿者の意見としては、この渡辺氏やチャーマーズあるいはトノーニの、
意識世界は “ 脳活動によって脳内において成立する “ という唯物的発想はその根本から間違っており、
人間が意識し感知する意識世界は “ 半現実的かつ複数の現象可能性を持って “ 既にこの世界に表立している。

かつてアインシュタインは、月は観測者がいる時だけ存在しているのかと疑問を出したが、現象の存在は何も、
確たる現象だけが自然の中での存在ではない。 つまり月という存在も未来永劫の存在ではなく、あるいは
瞬間の存在もあるだろう。 つまり形あるものはいつかは変化する。 存在はいつかはその姿を変える。
自然は確たる定常状態の中にも、変化すべき時期が来た時の準備性を有している。

夢 ・ イメージ ・ 意識の生成は物質過程か
→ https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/sci/1562416270/653
_
sssp://o.8ch.net/1ec5r.png

759名前:名無しさん@1周年ID:
電脳化の第一歩か
攻殻の世界が近づいてきたな
768名前:名無しさん@1周年ID:
右脳とAI人工知能の接続の様子
http://imgur.com/0ISg2KW
772名前:名無しさん@1周年ID:
視覚野に電極並べて第二の目も、ある程度は成功しているが、商業的な治療までは行かない所?
774名前:名無しさん@1周年ID:
無線で生物にも乗り移れるようになったら
あちこちの人間に憑依するSFみたいなことできるな
778名前:名無しさん@1周年ID:
メーテルが一言↓
781名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)20:32:11.25ID:64d/LHBz0
どうやってコンピュータと接続するつもりなのやら・・
787名前:名無しさん@1周年ID:
>>781
人間のの味みそ複雑すぎるからね~

左脳と右脳をつなぐ神経束脳梁(2億本)
2億本の神経がそれぞれ別の行先に向かっている。
コンピュータ接続といってもそんな複雑なこと、まだ人間にはできないね。

797名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:43:43.03ID:PZmHotHs0
>>787
でも動作クロックは数十Hz(アルファ波)くらいのもんだよね。
大量の並列接続回路とか実装しなくても、力任せにエミュレート
できんもんじゃろか?

>>795
うんうん。
自分と寸分違わない他人がこの先も生きるとしても、
「わたし」はここで死ぬことは変わらないもんね。

804名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)20:47:31.08ID:2JO8scmD0
>>797
そういう意味で実は睡眠とは意識というプロセスの死なんじゃないだろうか
そして新しいプロセスが起動して、メモリに溜め込んだ記憶を活用して継続的な
活動をしているけど実は寝る前と別のプロセスが人体を動かしているかも知れない
817名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:59:40.81ID:PZmHotHs0
>>804
そいや、目が覚めるたびに別人になってるSF短編を読んだことがある。
グレッグ・イーガンの「貸金庫」この場合は、目覚めた自分の状況よりも
その時の記憶の方が確かだと(アプリオリに)自覚されていた(んで、記録を
書くためのノートの置き場が貸金庫)。
と書いてて気づいたけどアニメの「君の名は」もそういうテイストだね。
808名前:名無しさん@1周年ID:
>>797
>力任せにエミュレートできんもんじゃろか?

50年以内にはやれるんじゃねえの?かな?
もうそんなレベルになったらわけわからん世界だと思うがw
アニメやSFを現実が超えるだろうから想像がつかない

814名前:名無しさん@1周年ID:
>>797
意識があるというのがどういう状態なのか?という視点に立って、

そのどういう状態の構造がコンピュータ処理で実現できているなら、意識として成立するとおもうよ。

でどういう状態かといえば

各情報が統合的に処理される事。
その処理した情報を記憶し、統合的処理に加えることが出来ること。
をコンピュータ処理で実現できるならばそれで出来るとおもうよ。

どちらかというとコンピュータ処理できるかどうか?よりは
その意識機構を有する構造を人為的に作ることがまだできていない段階なのでは?

人間の記憶容量は半端なく大きいっ話だけど
私が計算してみると大脳部分では10GB程度だよ。めちゃくちゃ少ない。

823名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:03:23.01ID:PZmHotHs0
>>813
俺が描いた「魂」は、それこそ永井先生の「魂」のつもり(一般的に
言うところの「自我」)だけど、違うんじゃろか?

>>814
> 10GB程度

俺は6年前のスマホ以下か…orz

838名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
そう。逆にいえばコンピュータでは実現しやすいって事でもあるけどね。

人間の処理速度や記憶容量は巷で言われているよりは遥かに低い。

そもそも神経回路の伝達速度が有髄神経でも秒速50mとかそんなものだから、そこから、出来る処理速度なんてたかがしれている。

記憶容量もたいしたもんではない。

でもコンピュータよりと圧倒的に異なる優位性は、その神経束の複雑性にある。
例えば脳梁では2億本の神経回路がそれぞれ意味のある別々のところに移動させるとか、今の人間技術水準ははるかに上回っている。

コンピュータの優位性と人間の脳回路の優位性は異なっているんだよね。

843名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:17:25.31ID:PZmHotHs0
>>838
たしかに構造の複雑性によるとは思うけど、一方、もしかしたら
単にrandom関数に駆動されただけの人工無能だという疑念も払えないよなあ。
人工無能同士が会話して表面上うまく行ってるなら、
それはそれでいいじゃんという気持ちもあるw
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
ここらへんは生命の発生過程とかそういうところの前提共有をしないと話せない部分に感じた。

それでいいじゃん。というのは目的という概念が必要になると思うけれど
目的って何?どういった状態がいいのか?という視点を持つ時に土台部分である生命の発生過程共有が必要なんだよね。

生命とは何?の土台部分←こっちの方が脳の問題よりははるかに簡単だと思います。

ちなみに遺伝子DNAのデータ量は人間ならば一つ500MBです。
それを人間は30兆個もってるわけでそれ一つ一つに500MBのデータが入っている。

これは脳みそのデータとは質が異なるものなんだけれどね。

遺伝子DNAはタンパク質設計図のようなもので、各臓器の役割分担のため
ここからここまでのコードしか読んではダメだよと指定されているため各臓器は各臓器足り得る機能を果たしている。

859名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:31:44.19ID:PZmHotHs0
>>846
人間のような知的生命体というのは、別に進化の最終形態でもなんでもなく、
地球でもっとも成功している種族は菌類だ、というのがまず前提にあるよね。

まあ、それはそれとして、俺らは人間だから知的な人が偉い、
というローカルな価値観で生きてるわけで、俺もやっぱり5chで
知的な書き込みをして「婆すごい」と言われたいw。
これもまたある種の前提な気がする。

866名前:名無しさん@1周年ID:
>>859
ここの共有は短時間では困難だと思うけれど

生命が複雑になっていく過程から人間が生まれていて、
それでいて、別に繁栄することは生命の目的でもなんでもなく

というより生命に目的はそもそもないが
目的をもつように振る舞う生命の存在確率が高かったという理解になり

善悪問題や目的の構造を明らかにできてしまうんだよね

この前提に立って脳みその問題を考えると、善悪論や目的論からと一線を画すことができるようになるんだよね。

842名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
脳の記憶する部分は単純にはだいたいが脳表面上に集中している。灰白質という部位で、残りは白質(神経回路)

記憶部分よりも、その神経回路の複雑さが人間脳機能のミソだよ。
その複雑さが統合的処理に欠かせないと思われる。

一方で処理速度や記憶容量はたいしたことないから、

人間脳のような複雑な神経回路を有した上でCPUやSSDのようなものも組み合わせたものができれば、それは技術的特異点のようなものができる余地がある。

未確定な上での話だから、技術的特異点になるかどうかはその本質は未知であるけれどね。

840名前:名無しさん@1周年ID:
>>814
たった10GBの脳に、AIは将棋では勝てますが、
お使いの買い物一つできませんね。
それこそ、長考に入ってしまう。ビッグデータを持ちながら数億年単位でフリーズw
844名前:名無しさん@1周年ID:
>>840
そういうことだね。

さらに数億年どころか永遠にフリーズだよ。
まだコンピュータではそういう仕組みが作れていないから
永遠にできない。

仕組みができれば瞬時にできる余地がある。

782名前:名無しさん@1周年ID:
仮に自己の脳の情報の全てを何かに移植できるとして、
移植できましたから、あなたは死んで下さいと言われても
死ねるでしょうか
そして移植されたあなたの脳情報を持った何かはあなたでしょうか
795名前:名無しさん@1周年ID:
>>782
そりゃ「私はわたし」だ
生きているのが「私ならわたし」だろ
797名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:43:43.03ID:PZmHotHs0
>>787
でも動作クロックは数十Hz(アルファ波)くらいのもんだよね。
大量の並列接続回路とか実装しなくても、力任せにエミュレート
できんもんじゃろか?

>>795
うんうん。
自分と寸分違わない他人がこの先も生きるとしても、
「わたし」はここで死ぬことは変わらないもんね。

804名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)20:47:31.08ID:2JO8scmD0
>>797
そういう意味で実は睡眠とは意識というプロセスの死なんじゃないだろうか
そして新しいプロセスが起動して、メモリに溜め込んだ記憶を活用して継続的な
活動をしているけど実は寝る前と別のプロセスが人体を動かしているかも知れない
817名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)20:59:40.81ID:PZmHotHs0
>>804
そいや、目が覚めるたびに別人になってるSF短編を読んだことがある。
グレッグ・イーガンの「貸金庫」この場合は、目覚めた自分の状況よりも
その時の記憶の方が確かだと(アプリオリに)自覚されていた(んで、記録を
書くためのノートの置き場が貸金庫)。
と書いてて気づいたけどアニメの「君の名は」もそういうテイストだね。
808名前:名無しさん@1周年ID:
>>797
>力任せにエミュレートできんもんじゃろか?

50年以内にはやれるんじゃねえの?かな?
もうそんなレベルになったらわけわからん世界だと思うがw
アニメやSFを現実が超えるだろうから想像がつかない

814名前:名無しさん@1周年ID:
>>797
意識があるというのがどういう状態なのか?という視点に立って、

そのどういう状態の構造がコンピュータ処理で実現できているなら、意識として成立するとおもうよ。

でどういう状態かといえば

各情報が統合的に処理される事。
その処理した情報を記憶し、統合的処理に加えることが出来ること。
をコンピュータ処理で実現できるならばそれで出来るとおもうよ。

どちらかというとコンピュータ処理できるかどうか?よりは
その意識機構を有する構造を人為的に作ることがまだできていない段階なのでは?

人間の記憶容量は半端なく大きいっ話だけど
私が計算してみると大脳部分では10GB程度だよ。めちゃくちゃ少ない。

823名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:03:23.01ID:PZmHotHs0
>>813
俺が描いた「魂」は、それこそ永井先生の「魂」のつもり(一般的に
言うところの「自我」)だけど、違うんじゃろか?

>>814
> 10GB程度

俺は6年前のスマホ以下か…orz

838名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
そう。逆にいえばコンピュータでは実現しやすいって事でもあるけどね。

人間の処理速度や記憶容量は巷で言われているよりは遥かに低い。

そもそも神経回路の伝達速度が有髄神経でも秒速50mとかそんなものだから、そこから、出来る処理速度なんてたかがしれている。

記憶容量もたいしたもんではない。

でもコンピュータよりと圧倒的に異なる優位性は、その神経束の複雑性にある。
例えば脳梁では2億本の神経回路がそれぞれ意味のある別々のところに移動させるとか、今の人間技術水準ははるかに上回っている。

コンピュータの優位性と人間の脳回路の優位性は異なっているんだよね。

843名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:17:25.31ID:PZmHotHs0
>>838
たしかに構造の複雑性によるとは思うけど、一方、もしかしたら
単にrandom関数に駆動されただけの人工無能だという疑念も払えないよなあ。
人工無能同士が会話して表面上うまく行ってるなら、
それはそれでいいじゃんという気持ちもあるw
846名前:名無しさん@1周年ID:
>>843
ここらへんは生命の発生過程とかそういうところの前提共有をしないと話せない部分に感じた。

それでいいじゃん。というのは目的という概念が必要になると思うけれど
目的って何?どういった状態がいいのか?という視点を持つ時に土台部分である生命の発生過程共有が必要なんだよね。

生命とは何?の土台部分←こっちの方が脳の問題よりははるかに簡単だと思います。

ちなみに遺伝子DNAのデータ量は人間ならば一つ500MBです。
それを人間は30兆個もってるわけでそれ一つ一つに500MBのデータが入っている。

これは脳みそのデータとは質が異なるものなんだけれどね。

遺伝子DNAはタンパク質設計図のようなもので、各臓器の役割分担のため
ここからここまでのコードしか読んではダメだよと指定されているため各臓器は各臓器足り得る機能を果たしている。

859名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:31:44.19ID:PZmHotHs0
>>846
人間のような知的生命体というのは、別に進化の最終形態でもなんでもなく、
地球でもっとも成功している種族は菌類だ、というのがまず前提にあるよね。

まあ、それはそれとして、俺らは人間だから知的な人が偉い、
というローカルな価値観で生きてるわけで、俺もやっぱり5chで
知的な書き込みをして「婆すごい」と言われたいw。
これもまたある種の前提な気がする。

866名前:名無しさん@1周年ID:
>>859
ここの共有は短時間では困難だと思うけれど

生命が複雑になっていく過程から人間が生まれていて、
それでいて、別に繁栄することは生命の目的でもなんでもなく

というより生命に目的はそもそもないが
目的をもつように振る舞う生命の存在確率が高かったという理解になり

善悪問題や目的の構造を明らかにできてしまうんだよね

この前提に立って脳みその問題を考えると、善悪論や目的論からと一線を画すことができるようになるんだよね。

842名前:名無しさん@1周年ID:
>>823
脳の記憶する部分は単純にはだいたいが脳表面上に集中している。灰白質という部位で、残りは白質(神経回路)

記憶部分よりも、その神経回路の複雑さが人間脳機能のミソだよ。
その複雑さが統合的処理に欠かせないと思われる。

一方で処理速度や記憶容量はたいしたことないから、

人間脳のような複雑な神経回路を有した上でCPUやSSDのようなものも組み合わせたものができれば、それは技術的特異点のようなものができる余地がある。

未確定な上での話だから、技術的特異点になるかどうかはその本質は未知であるけれどね。

840名前:名無しさん@1周年ID:
>>814
たった10GBの脳に、AIは将棋では勝てますが、
お使いの買い物一つできませんね。
それこそ、長考に入ってしまう。ビッグデータを持ちながら数億年単位でフリーズw
844名前:名無しさん@1周年ID:
>>840
そういうことだね。

さらに数億年どころか永遠にフリーズだよ。
まだコンピュータではそういう仕組みが作れていないから
永遠にできない。

仕組みができれば瞬時にできる余地がある。

796名前:名無しさん@1周年ID:
>>782
結局その視点になるよね~

意識が移動できるなら
意識はコピーできるはずで、

コピーできるとするとすごく厄介な話になる。

830名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)21:06:20.06ID:YAboaF6l0
>>782
寝てるうちに移植して目が覚めたらコンピューターなら、クローンはほんとに生まれ代わったと勘違いするだろうな、実際はクローンという新たな生が生まれただけなんだけど。
これ考えてると、死ぬってことがなんかそんな重く無くなってくるわ。
783名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)20:32:47.60ID:H7ig5d000
レリクスみたいに憑依できる力がほしい
791名前:名無しさん@1周年ID:
>>783
なんの機種でやっていたのかわからんがどこが面白いのかさっぱりわからんw
789名前:名無しさん@1周年ID:
これで生身の体を捨てられるようになれば滅茶苦茶幸せになれるな
早く実現してくれよ
790名前:名無しさん@1周年ID:
ばかすぎて話にならない。
最低限限度の教養くらい身につけて研究して貰いたい。
799名前:名無しさん@1周年ID:
怖い怖い
802名前:名無しさん@1周年ID:
トチローさん
810名前:名無しさん@1周年ID:
GHOST IN THE SHELLきたー
811名前:名無しさん@1周年ID:
青葉の意識だけ取り出して終わらない悪夢を延々と見せ続けるて出来ないですかね
812名前:名無しさん@1周年ID:
意識と魂って観念的には別物なの?
816名前:名無しさん@1周年ID:
地獄のデビルトラック
818名前:名無しさん@1周年ID:
ジョニデの映画に影響されたバカ?
819名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)21:00:23.82ID:GgaJ3erwO
コピーではなくて、"私"というオリジナルだけを残したいんだけど
831名前:名無しさん@1周年ID:
>>819
コピーが嫌ならオリジナルを量産すれば解決だな
技術が進歩するまで長生きして君自体を量産ラインで100万体ほど生産する
夢が広がるな
821名前:名無しさん@1周年ID:
キカイダーやん発想が昭和だな~
826名前:名無しさん@1周年ID:
Japanese hentaiの極み
832名前:名無しさん@1周年ID:
これはやばいわよお!
youtubeで頼む
833名前:名無しさん@1周年ID:
ゲームの世界へ転生とかw
なろうかよ
834名前:名無しさん@1周年ID:
とりあえず、病人に入院させろよ。
841名前:名無しさん@1周年ID:
攻殻機動隊の見すぎだろw
847名前:名無しさん@1周年ID:
共同研究者として中国人を入れるとどうなるのだろう
848名前:名無しさん@1周年ID:
意識でしか自分が存在できない世界とか嫌すぎる
閉所恐怖症の俺には無理だ
849名前:名無しさん@1周年ID:
>>848
んじゃあ、広い空のど真ん中って意識を与えてあげよう。
851名前:名無しさん@1周年ID:
よくわからんが凄い
852名前:名無しさん@1周年ID:
ルパンで昔そんな奴いなかったか?
脳だけで生きてる奴
856名前:名無しさん@1周年ID:
生命の定義は

外界と隔て、内界と外界を
物質を取り込み、
複製する

これを持ってたら生命だけど
もっと根幹部分は

「複雑になること」で「生存確率」が増す事

これが生命の本当に重要な根幹だと考えられるよ。

例えば、物質を取り込むことで動き回ったり
物質を取り込むため、また効率的に消化するために、消化器官をもったりと

複雑になる事で生存確率が増すという現象が、物質が複雑化して生命と認知されるような構造を持つに至った。

この延長線上に脳があり、意識があるわけで。

864名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:35:33.12ID:PZmHotHs0
>>856
そんなら菌類(あるいは定義にもよるけど代謝系を持たないウィルスも)が
いまだに生き残っているのが変だよね。
つまり、複雑を目指す以外の生存戦略も有効だと。
875名前:名無しさん@1周年ID:
>>864

全然変じゃないよ。

別に繁栄とかそういう視点ではないんだよね。

複雑になる事で生存確率が増すという原則があるから、複雑になる傾向をもったけど、物質が生命足り得る構造を持った際に、ほかの物質群が駆逐される必要がないわけで。

複雑になることで生存確率が増すという理屈はまず存在している。
複雑になるといっても、生存に役立つ複雑性ね。

でも別にそれが複雑になったからといって、他のものが存在できない訳ではないんだよね。

この理解になれると、物質と生命の境がグラデーション的でそんなものは実はないという事もわかってくる。

そして複雑な構造を持つ生命があったとしても、それは物質の上に成り立っているもので、物質の存在は否定されないというわけなんだけれど。

これを共有するのはちょっと5chでどうにかするレベルを超えているようにも思える。

881名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:47:15.40ID:PZmHotHs0
>>875
けっきょく、>>864の「複雑を目指す以外の生存戦略も有効だ」で合ってるじゃん。

> 複雑になることで生存確率が増すという理屈はまず存在している。
というドグマをまず捨てなきゃいけないと思う。

883名前:名無しさん@1周年ID:
>>881
いやいや、そんなこといっていないんだよな~

生存戦略とかそういう概念自体がまずないし、

言葉のあやとして前提のような話になってるけど
これもきちんと説明できるけれど5chでどうにかできる水準を超えている。

物質が複雑になっていく仮定って何?のような話だし、世界にどういったものが存在可能か?
ってだけで、そこには菌類が増えていることも説明されうるし、内包してる。
余計な思考部分を削るような感じか。でも私の言おうとしている事がちょっと短時間で理解されるとは思わない。

888名前:名無しさん@1周年ID:
>>881
単細胞生物などの古代の生物は、寿命がなく"永遠の命"でしたが、新しい生命は寿命が決められた。わざわざ、タイムリミットを決められた。不思議でしょう。
881名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:47:15.40ID:PZmHotHs0
>>875
けっきょく、>>864の「複雑を目指す以外の生存戦略も有効だ」で合ってるじゃん。

> 複雑になることで生存確率が増すという理屈はまず存在している。
というドグマをまず捨てなきゃいけないと思う。

883名前:名無しさん@1周年ID:
>>881
いやいや、そんなこといっていないんだよな~

生存戦略とかそういう概念自体がまずないし、

言葉のあやとして前提のような話になってるけど
これもきちんと説明できるけれど5chでどうにかできる水準を超えている。

物質が複雑になっていく仮定って何?のような話だし、世界にどういったものが存在可能か?
ってだけで、そこには菌類が増えていることも説明されうるし、内包してる。
余計な思考部分を削るような感じか。でも私の言おうとしている事がちょっと短時間で理解されるとは思わない。

888名前:名無しさん@1周年ID:
>>881
単細胞生物などの古代の生物は、寿命がなく"永遠の命"でしたが、新しい生命は寿命が決められた。わざわざ、タイムリミットを決められた。不思議でしょう。
919名前:名無しさん@1周年ID:
>>864
ウイルスは哺乳類ほか代謝持ってる生命とは比べ物にならないスピードで変貌してるだろう
進化と呼ぶのかは微妙だが
858名前:名無しさん@1周年ID:
SFみたいな話が、現実にか…スゲエな。
863名前:名無しさん@1周年ID:
確かに疑似意識は作成可能だが、
無意識まで再現しないと自己は発生しない。
即ちクオリアには至らない。
865名前:名無しさん@1周年ID:
忘れるってできないとつらいぞー
876名前:名無しさん@1周年ID:
>>865
認知行動療法は、何度も繰り返し辛い経験を体験させる。それで改善する。
868名前:名無しさん@1周年ID:
やれやれ。

そんな研究やって何になる?

研究させるな、とは言わない。
ただ、お前の研究は人類を幸福にするか?

渡辺、そこに愛はあるんか?
そこに愛はあるんか、愛はあるんか、愛はあるんか?

871名前:婆 ◆HKZsYRUkck 2019/08/02(金)21:41:31.57ID:PZmHotHs0
>>868
愛はあるぞ。AIだけに。
なんちて
869名前:名無しさん@1周年ID:
無理だろ

結局は細胞を生かしてるかぎり証明できない

873名前:名無しさん@1周年ID:
筒井康隆の小説にあったような
培養液にプカプカ浮かんでいる脳は永遠に激痛にさいなまれる、そしてそれを訴える手段が無いというオチ
878名前:名無しさん@1周年ID:
どうせなら、完全に首を胴体と切り離して、
生首を生命維持装置に装着して生きられるか実験してくれ。
879名前:名無しさん@1周年2019/08/02(金)21:44:53.74ID:dkZ4N1UQ0
脳を半分にした時点で死んじゃうじゃん
882名前:名無しさん@1周年ID:
>>879
ちょっと意味が違うだろうが…
半側空間無視 という障害があってな
個人的にはこの症状の人を実験体として活用すればWin-Winかと思うのだが…
926名前:名無しさん@1周年ID:
>>882
戦闘用の鉄球持ってるヤツか
890名前:名無しさん@1周年ID:
意識などあっても、あまり意味はない。
一生懸命働いているとき、「ああ、おれは働いているんだ」などと意識したら、かえって仕事の邪魔。
没我の状態が一番効率的に仕事ができる。

なのにロボット屋は意識のあるロボットを作りたがるんだよね、不思議。
働かないロボットでも目指しているのか?

894名前:名無しさん@1周年ID:
>>890
意味を理解し、心が通わないと、労働にならないでしょう。それこそ、ロボットだw
923名前:名無しさん@1周年ID:
>>894
そんな労働やってるやつは
少なくとも日本の心臓部である重工業の製造には居ない
960名前:名無しさん@1周年ID:
>>923
要するにマニュアル化でしょうが、それこそオートメーション工場というロボット化で、人間は削減されまくりですね。
AI化でロボットに負けてしまう。知的活動がない人間は不要になる。
893名前:名無しさん@1周年ID:
過去の記憶を共有しているクローン、コピー人間が出来たら
クローンに殺されるかも知れんね
お前は邪魔だ、俺は俺だけで充分だって
897名前:名無しさん@1周年ID:
人の心を理解したければ心理学なりサイケデリクスなり瞑想なりをやれば良い。
脳と言うモデルを介しても本当に知りたいことはわからないんじゃないか?
929名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)00:22:12.54ID:mCQbYZMs0
>>897
一番良いのは子供を育てること
898名前:名無しさん@1周年ID:
何言ってんだかわからんw
901名前:名無しさん@1周年ID:
>>898
陰謀でもなんでもなく、人類はマトリックスのなかにいる。
899名前:名無しさん@1周年ID:
かっけーな
俺もあと30年ぐらい若ければ電脳の研究者を目指してる
900名前:名無しさん@1周年ID:
どう考えても死んじゃうだろ
902名前:名無しさん@1周年ID:
感情と理性を混在させながら止めどない自動思考で行動し学習し想像し夢を見たりする完璧なAIと
人間の脳から全ての情報を抜き出し仮想で再生する装置、その2つをリンクさせることが電脳への道だ
2つで1つ。片方だけで一生を使い果たすだろうが今世紀中には誰かがやってのけるかもしれない
計算機科学と脳神経学を同時進行でマスターする必要がある
908名前:名無しさん@1周年ID:
https://www.youtube.com/watch?v=iPueR1MUra0

?1413964910

909名前:名無しさん@1周年ID:
910名前:名無しさん@1周年ID:
https://www.youtube.com/watch?v=82TK8BdtsEU
911名前:名無しさん@1周年ID:
ダークマターは信じるのに、魂は信じないんだよね
914名前:名無しさん@1周年ID:
アルカディア号の心になったトチロー
いや
心を持ったネジの方かもしれん
921名前:名無しさん@1周年ID:
残りの半分の脳はどうすんの?
半分体に残して使えるの?
940名前:名無しさん@1周年ID:
>>921
ショットガンで頭を撃たれて脳が半分だけになっても支障なく生活してる人がいる
935名前:名無しさん@1周年ID:
99パーセントの猿が1パーセントの人間の足を引っ張るため
だけに存在してるのが日本

文系は100パーセント猿しかいなかった
理系でも、敵は日本の無能文系だと気がつかず、日本の大学や
企業に研究成果を渡し、敵は中国だと見誤っている猿も多い

猿だらけなので他人と関わると下らないトラブル、下らないイ
ベント、下らない会話に巻き込まれるだけでため息しか出ない
何代も遺伝子つないだ結果があの猿共では絶望しかない

宇宙人は猿の何を監視してるのか?
いつまで経っても議員やらマスゴミやら電通やら商社みたいな
猿以下の知性の奴らがのさばってるの確認して笑ってるのか?

937名前:名無しさん@1周年ID:
どうせなら脳梗塞とか脳腫瘍の人に試したらいいじゃん
うまくいけばメリットあるかも
938名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)04:46:18.91ID:AwMBibcI0
>>937
ダメな脳じゃコピーされるの方もダメになるぞ
941名前:名無しさん@1周年ID:
意識をフロッピーディスクに収めよう
943名前:名無しさん@1周年ID:
そもそも機械に繋げた方の脳を生かしておく技術がないよな
944名前:名無しさん@1周年ID:
モウリョウの箱を思い出した
ホウ
947名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)05:41:15.50ID:hlzrrUi50
よく読んでないけど、当然これは第2段階があるんだよね。半分機械にしても意識が変わらないことがわかったら、今度は機械の部分をそのままにして、残った脳を完全に除去してまた機械に取り替える。

これ、1/1000づつ1000回繰り返しても原理的には同じこと。脳の1/1000くらいコンピュータで代替するのはすぐにもできそうだ。

953名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)06:18:32.91ID:msMhm/pS0
>>947
基本的には同意なんだが

1/1000ずつ脳を除去するのは、1/1000ずつ死んでるとも言える

ただその1/1000の記憶や処理を、機械に任せられるか?ってのは、任せられるだろうが
その1/1000は自分の判断ではなくなってる

問題は、自我がその1/1000x数百回分、機械に移行されるのか?って根元的な話だな
この手法は、その大事なことを棚に上げてる気がする

954名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)06:26:46.39ID:7z7glo8Q0
>>953
記憶や処理を機械の方でやれるなら自己判断できると言えるじゃん
逆のパターンとして認知症では脳細胞が死んで脳が萎縮したことで
記憶がなくなって性格が変わっていく場合では自我にとって記憶がいかに重要か示す例

生まれながらの個性はあるが、人間としての自我は記憶の積み重ねだから

948名前:名無しさん@1周年ID:
出来もしないことをしゃあしゃあとw
949名前:名無しさん@1周年ID:
成功しなそう(´・ω・`)こわい
951名前:名無しさん@1周年ID:
流石にやらないだろうがもし成功したら
教科書や御札に印字されて未来永劫語り継がれるレベルだな
956名前:名無しさん@1周年ID:
インタビューが成立していない
古い流行語振り回して悦に入ってる変なおじさん

http://www.chuko.co.jp/shinsho/portal/105654.html

958名前:名無しさん@1周年ID:
合成人間ビルケ!
964名前:名無しさん@1周年ID:
2045年問題に近いものか?
966名前:名無しさん@1周年ID:
トチローとアルカディアみたいなもん?
967名前:名無しさん@1周年ID:
キカイダーになるのだ
968名前:名無しさん@1周年ID:
死ぬぞwwwまあ勝手にやってくれwww
万一意識が宿ったらノーベル賞もんだろwww
971名前:名無しさん@1周年ID:
問題は良心回路だ
975名前:名無しさん@1周年ID:
こういう計画だろ。もし機械に接続することで機械に自分の意識が宿るなら…
脳を半分機械に置き換える→もう半分も機械に置き換える→
自分の意識を脳から機械に移すことに成功→不老不死
機械が古びてくれば半分ずつ新しい機械に置き換えればいい。
これで不老不死の完成。
977名前:名無しさん@1周年ID:
ありえないwww
978名前:名無しさん@1周年ID:
じじいじゃSTAPみたいにさわがれないよ
979名前:名無しさん@1周年ID:
他の部位だったらどこを交換してもいけるのに
脳だけはだめなのかな
人間の体って不思議だ
980名前:名無しさん@1周年ID:
火の鳥 復活編
983名前:名無しさん@1周年ID:
我的電脳
985名前:名無しさん@1周年ID:
これが、もしできたら
地球から、百万年かけて、別の星へ移住できるはずだ

つまり、別の星の人が、もう同じことをやっているはずであり
いまごろ地球に、別の星から来た誰かが、渋谷とか銀座を歩いているはずだ

しかし、そういった状況は、まだ起きていない。確認できていない

だから、東大たちの企ては、結果的に失敗すると、推測される

991名前:名無しさん@1周年2019/08/03(土)09:14:20.66ID:RTPUJiv70
>>985
そういう技術を持つ者たちに
知られない様にされたらこちらから知る術はないだろ
987名前:名無しさん@1周年ID:
東大には勉強し過ぎておかしくなっちゃう人が多いね
990名前:名無しさん@1周年ID:
AIBOに移植してほしいな
999名前:名無しさん@1周年ID:
連続的に脳と機械の比率を100対0から0対100に変えた時、意識はどのように変化するのか捉えれば良いのでは。
1001名前:1001ID:
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 22時間 37分 59秒
1002名前:1002ID:
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。

───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。