【古代】武器とともに埋葬されていた2600年前の遺体、13歳の少女戦士だった…伝説の女戦士部族アマゾーンとスキタイの女戦士の関係 [樽悶★]

1名前:樽悶 ★2020/06/26(金)19:34:46.31ID:tfzrI5/x9
30年前に発見された若き戦士の遺体

 ギリシャ神話に登場する、女性だけの部族で構成される伝説の戦士部族「アマゾーン」は伝説上の存在とされてきたが、実はかつて、中央アジアで勢力を誇ったスキタイ人がモデルだったという説がある。

 今回、これまで少年だと考えられてきた2600年前の戦士の遺体が、じつは13歳の少女であることが判明したそうだ。アマゾーンの正体がスキタイ人であるという説がまたも裏付けられたそうだ。

■30年前に発見された若い戦士の遺体

 1988年、現トゥヴァ共和国サリグ・ブルン(Saryg-Bulun)で半ばミイラ化した若い戦士の遺体が発見された。保存状態は良好で、顔のいぼも確認できるほどだった。

 お腹には荒い縫い目があり、ミイラにするために処理されたらしきことが見て取れた。その一方で、そうした遺体によく見られるトレパネーション(頭蓋骨に穴を開けること)が行われた形跡はなかった。

 副葬品には、斧、カバノキの弓、矢筒に入った70センチの矢10本といった武器一式が揃っていた一方で、ビーズや鏡などの遺体が少女であることを示すものはなかった。
 
 そのために発見当時は少年の遺体と考えられた。

■最新の調査により13歳の少女戦士であることが判明

 それから時が流れ、分析の技術も比べ物にならないくらい発達した。

 そして、このほどモスクワ物理技術研究所の研究チームがDNA検査を行った結果、じつはようやく13歳になったくらいの少女だったことが判明したそうだ。

「武器と一緒に埋葬されていた子供の遺体は、初期遊牧社会の社会構造について新しい見方をもたらしてくれます」と、1988年に遺体を発見したマリーナ・キルノフスヤカ氏(サンクトペテルブルク物質歴史文化研究所)はコメント。

 この意外な新事実は、スキタイ人社会の新たな側面を現代に伝えるとともに、専門家はヘロドトスが伝えたアマゾーンの伝説へ目を向けざるを得なくなるだろうと彼女は話している。

■伝説の女戦士部族アマゾーンとスキタイの女性戦士の関係

 ギリシア神話に登場するアマゾーンは女だけの戦士部族で、小アジア(現トルコ)のテミスキラを本拠地としていたと伝えられている。

 アナトリア半島にその武勇を轟かせるが、英雄ヘラクレスやアキレウスとの戦いで衰退し、最後は女王を討ち取られて滅亡した。

 長いこと伝説上の存在で実在した部族ではないと考えられてきた。しかし今では、紀元前9〜2世紀頃に中央アジアで勢力を誇ったイラン系遊牧騎馬民族「スキタイ」を見た古代ギリシア人が、その文化や習慣を誇張して伝えたものという説が有力だ。

 スキタイでは女性の地位が高く、女であっても幼い頃から戦う訓練を積んでいたことで知られている。また「エナレス」という男が女になる謎の病気が伝えられている(ヒポクラテスによると、馬の乗り過ぎが原因らしい)。

 古代ギリシアの医師ヒポクラテス(紀元前460〜360年)もまた、スキタイ人の1グループで、馬上での戦闘に長けた「サルマタイ」という遊牧民には女戦士がいた旨を記している。

女たちは処女であるかぎり馬に乗り、馬上で弓を射て、槍を投げ、敵と闘う。敵を3人屠ると処女を捨て、伝統の神聖な儀式を受けてから結婚する。ひとたび夫を娶れば、遊牧でやむを得ぬ場合以外は馬に乗らない。

■毛皮のコートを着て埋葬されていた少女戦士

 少女の戦士は、トビネズミの毛皮で作った膝下まである長袖のコートを着た状態で埋葬されていた。

 その下にはシャツを着ていたが、こちらはすでに失われてしまっている。さらに薄茶色とベージュのズボン(スカートである可能性も)を履いていた。

 頭には革製の帽子をかぶっており、そこには赤い染料で螺旋状の装飾が施されている。

 少女が生きていたのは2600年前だと推定されている。棺は木製で、50センチほどの深さのところに南西へ向けて埋められていたとのことだ。

6月22日(月)20時30分
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0622/kpa_200622_7451858096.html

9名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:38:33.02ID:ugc4238n0
>>1
2枚目処女に見えない…
11名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:39:07.01ID:MFST+3w90
>>1
抜いたわ
42名前:不要不急の名無しさんID:
ミイラ化処置を施されているという事は、周囲から転生を期待されるぐらい身分が高いか戦士として期待されていたかあるいはその両方という事だな
あと>>1の内容からして夫となる男の気配がないという事は、適齢期だけど撃破した敵は1人か2人どまりの未婚女性

データを掘れば掘るほどリアルリースじゃないか

306名前:不要不急の名無しさんID:
>>42
昔読んだスキタイ人話だと結婚出来る資格が得られなくて
婆ちゃんになって処女のまま死んだ話あったし
ずっと戦争ない期間が続く事もあって
それ考えると13歳が結婚適齢期とはとても思えない
449名前:不要不急の名無しさんID:
>>42
リースは王族だし年齢関係なく産むことになるだろ
502名前:不要不急の名無しさんID:
>>449
子供の父親は盗賊か
105名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:59:40.10ID:AayHz8vU0
>>1
写真
なんで白人なんだよ
こんなだからここんところのアメリカの醜態につながるんだ
364名前:不要不急の名無しさんID:
>>105
発掘された地域を見れば。黒人系の
人種じゃないのは確か
409名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:49:50.45ID:MSz9j00M0
>>105
スキタイ人=イラン系=アーリア人=バリバリの白人
146名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:08:27.70ID:Cp40oC5L0
>>1
どうせゴリラみたいなんだろ知ってる
161名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
>馬上での戦闘に長けた「サルマタイ」という遊牧民

サルマタイが騎乗しやすいパンツをサルマタといい、それが日本では猿股となったのである
民明書房刊より抜粋

184名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:18:44.56ID:8FkThHzH0
>>1
スキタイ人って2枚目みたいな北欧系コーカソイドだったの?
196名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:21:48.05ID:SukwhpQ/0
>>184
スラブ系に近いらしいから見た目的には間違ってはいないと思う
219名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:29:43.44ID:8FkThHzH0
>>196
ずっとアジア系かと思ってたわ
210名前:不要不急の名無しさんID:
年若き少女も戦うって総力戦っていうのはそういうもんですwww

で、まあ歴史好事家にとっては常識ではございますが
アマゾネスって南米アマゾンの密林にいるわけじゃないからねw
>>1にもあるけどギリシャ神話にでてくるくらいだから
ギリシャ(文化圏)におるわけですけどね。

で、>1の戦闘少女は…トゥヴァ共和国っていうなら
アマゾネスよりローランの美少女の方に
地理的にゃ近いんじゃないかという気もするがw
でもまあ、少女が戦ったっていいじゃないんすか?

ジャップ国だって平安鎌倉時代は
巴御前というガチの人間ネックブレーカーとか
板額御前という弓矢のスナイパーみたいなのいたんだから。

276名前:不要不急の名無しさんID:
>>1 サルマタイ って 猿田彦 じゃないの?
300名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
どうやって調べたの?
まさかくぱぁさせたの?
303名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:05:55.74ID:qfd4YQ+Q0
>>1
> スキタイでは女性の地位が高く、女であっても幼い頃から戦う訓練を積んでいたことで知られている。
>また「エナレス」という男が女になる謎の病気が伝えられている(ヒポクラテスによると、馬の乗り過ぎが原因らしい)。
 
面白いなー
320名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
やっぱヒストリエって時代考証がすげえんだなwww
339名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
>敵を3人屠ると処女を捨て、伝統の神聖な儀式を受けてから結婚する。

順序が逆のような気が・・・。

13歳で戦士のまま埋葬されたってことは処女だったのか。

380名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
スキタイ女戦士なぁ
> エナレス 編集
これは種族名ではなく、いわゆる「おんな病」にかかった者たちを言う。
スキタイがアジアに侵入した際、
スキタイはエジプトを目指して南下すると、エジプト王の泣き落とし戦術に遭い、エジプト侵入をあきらめて引き返した。
その途上、シリアのアスカロンという町にさしかかったとき、
大部分のスキタイがその町を通過したのに、一部の者が残って「アプロディテ・ウラニア」の神殿を荒らした。
のちにこの者たちとその子孫は「おんな病」にかかったため、神殿を荒らした祟りとされている。
ヘロドトスもこの者たちの意訳として「おんな男、おとこ女」と記している。
「おんな病」については詳しくわからないが、性病、男色、陰萎など諸説あり、確定していない。 [27]

アッー!

386名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:38:52.33ID:qSiPEMoP0
>>380
戦の先進国はホモ先進国でもあるんだよな(´・ω・`)
中国史見ると、宦官は王権守る必要悪に思うよ
390名前:不要不急の名無しさんID:
>>386
テーバイ神聖隊(ヒエロスロコス)もあるしな
日本でも「俺とおまえと大五郎」って言葉があるくらいだ

にしても
なぜこれがまだでていない!
https://youtu.be/VTgs2BEja2A

394名前:不要不急の名無しさんID:
>>386
ローマ帝国軍も兵士二人コンビで戦って強かったし、
薩摩の国でも男と交わると強くなるって言われてた。
419名前:不要不急の名無しさんID:
しかしまあ相変わらず自称愛国者ネトウヨどもやら
自称国家の軍師ネトウヨ軍オタどもといった
どっからみても最重度のオタクどもの集まる
2ちょんねるは+板では皆さん「戦う美少女」とか大好きなんだよなあwww

あの、いつも思うんだけどさあ、ネトウヨくんたちって
女の子に生まれたかったんだよなw
確かに、それが幸せの道だったんじゃないかと
ネトウヨくんたちの諸発言諸カキコを見ると思わんわけでもないが
それが顛倒すると、こういう戦う少女への偏愛になるんだろうねえ。

ま、いうまでもないが、こういう少女戦士、
歴史上(現代史はともかくw)レアケースだから映えるんだけどね

>>394
ローマ帝国軍? ホモネタで?
ネットじゃ高名なテーベ(テバイ)神聖隊のネタじゃなくて?

まあ戦友愛なんていうけど軍隊のような男だけの世界、のホモソーシャルと
ホモセクシャルの間には隔絶たる境があるなんと俗に言われるが
その間の境はいうほど遠いものではないのかもわからんね。

987名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)19:42:54.55ID:I3qmTTsG0
>>419
なにこの連呼リアン
さっさと半島に遺体を投げ捨てとけ
生ゴミはさっさと札処分
462名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
なんで白人?
人種差別やめろ
486名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
白いのはおかしいだろ
黒人に対する差別はやめろ
487名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
>13歳の少女戦士
名も無き修羅の一人か。
この子一人で海賊船1隻を全滅させたんだよな。
493名前:不要不急の名無しさんID:
一つ>>1で疑問なのが、
> お腹には荒い縫い目があり、ミイラにするために処理されたらしきことが見て取れた。その一方で、そうした遺体によく見られるトレパネーション(頭蓋骨に穴を開けること)が行われた形跡はなかった。

この記述
ミイラ化処置をするのがトレパネーション文化圏の専売特許とは限るまいに

556名前:不要不急の名無しさんID:
>>493
トレパネーションってなんでするかっていうと、
古代ギリシアではヒポクラテスの文献にもでてくるんだが、
www.dplay.jp/article/0000007327
主に脳への外的損傷の破片を取り除くためなのね?
まあ推測であって、あくまでも怪我の可能性もインカでは言われてるんだけど。

ja.suenee.cz/trepanace-proc-nasi-predci-vrtali-diry-do-lebek/
ロシア南部、黒海周辺で見つかってるので、
この地域に土着の民ではないって意味

497名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
性別はともかく、年齢が13歳なんてそんなに厳密に分かるものなのか?
なんかテキトーなこと言ってるような気がするなぁ
545名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:22:06.62ID:vRutVRDx0
>>1
>敵を3人屠ると処女を捨て、伝統の神聖な儀式を受けてから結婚
すげーエロゲっぽい設定だが、実際は食料生産力の限界から来る
社会としての人口増加調整機能とかが暗黙の制度的要請としてありそう
ギリシャも女児の嬰児ごろしとかあったし
573名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
この写真のオノが記事の副葬品とされるオノなの?
だとしたらこれもっと近代だと思うんだけどな
616名前:辻レス ◆NEW70RMEkM ID:
>>1

真相は、病死した娘の棺に
父親がお守り代わりとして
自分が使っていた武具を一緒に埋葬した

に1000点

620名前:不要不急の名無しさんID:
>>616
いや親の武器を入れるのは発想としておかしいだろ
679名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
しかし、女性も駆り出されるというのは近世身近なところでは大日本帝国と同じで、
相当労働力が枯渇した状態だったのだろうな。

遊牧民族ならではというか、誇張して伝えられているだけで、
中世のモンゴル帝国でも女性が武装して戦いに参加するのはわりと普通のこと。

おそらく人手不足から若い女性も普段から騎乗して遊牧生活を手伝うことになるから、
それはつまり戦争になれば戦力になると認識されるということなんだと思う。
非遊牧民から見ると奇異だけど遊牧民社会の人たちからすれば至って当たり前の認識なんだ。

727名前: 【中部電 – %】 ID:
>>1
古代のプリキュアかのぅ、、、
しかもTS属性か、

むしろセーラームーンの最後のほうの敵のセーラー戦士だな。

814名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)09:39:49.25ID:nweZrHh/0
>>1
なんだよこのふざけたイメージ写真は
822名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)10:47:04.38ID:KeliUj0o0
>>1
13歳少女の裸体載せるとか、
児ポ法で捕まるぞ
845名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
金八シリーズでアマゾネスを都合良く殺しちゃったのはひどすぎると思った
867名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
戦士なわけないだろw
この場合はイケニエで武器を持たせて埋葬
死者を守るために掘りこまれただけって
いつもの流れでしょ
877名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:18:40.76ID:HA3gAwVM0
>>867
なるほど、ワルキューレはヴァルハラに戦士を連れていく役目が主だよな、たしか
885名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
>敵を3人屠ると処女を捨て、伝統の神聖な儀式を受けてから結婚

サラッと流すな そこ大事なとこ

893名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:59:39.12ID:CuVs0xDH0
>>885
女子割礼のたぐいじゃね?
昔の中東だか小アジアでは結婚前にナイフによる処女膜切除もあったらしいぞ
行為をするのに邪魔でしょって考え方で今的な処女信仰は一神教的宗教が蔓延ってからだし
896名前:不要不急の名無しさんID:
>>893
かなりの発想の飛躍だな
ゼロとは言わないが正直可能性は高くないと思う
921名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:53:22.84ID:CuVs0xDH0
>>896
念のため持ってるヘロドトスの歴史を読んでみたわ、記憶通り残虐な民と記載されてるよ
第四巻にスキタイ人の項目があるわけだが、麻薬の儀式とか奴隷は皆盲目にするとか馬は去勢するとかあったから技術的に問題はなさそう
元々、アマゾネスの元とも言われるコルキス人は割礼を初期から行っている民族なのでそんなに飛躍してるとか思わないな
948名前:不要不急の名無しさんID:
>>921
ヘロドトスの「歴史」って当時の噂話を書き留めた感じだよね…
すごく面白いし意義はあるんだが
903名前:不要不急の名無しさんID:
>>885
女性の地位が高くて、敵の生首三つ、長のところへ持って行けば、
一人前の女性と認められた社会っぽいから、最初から意中の男に告っておくんじゃね?

で、敵兵三人殺した時に、好きな男で処女喪失。
で、男がフリーなら結婚。妻帯してりゃ他の男と結婚して戦士引退。

命懸けで敵兵の首獲って来るんだから、男と女の仲で女の意志を尊重しなきゃ、
女も戦場でのやる気が出ないだろうw

904名前:不要不急の名無しさんID:
>>903
すげーよな

猫とかでもあるんだろうか
ネズミを三匹捕まえてくれば結婚できるとか

911名前:不要不急の名無しさんID:
>>904
まあ、女のやる気を引き出す上手い社会システムかな。
戦場で成果出せば、好きな男を与えられる。良く出来た報酬システムかな。
892名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
>「エナレス」という男が女になる謎の病気が伝えられている(ヒポクラテスによると、馬の乗り過ぎが原因らしい)。
馬具も未熟だから、馬の乗りすぎで金玉が壊死したんだろうな・・・。
897名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:03:46.48ID:CuVs0xDH0
>>891
日本だと矢除けのマントがあったから同じじゃね?相手も弓使うんだし
>>892
鐙がないからな、なんで鐙が発明されなかったんだ?モンゴルじゃ裸馬に乗れて一人前だからか?
898名前:不要不急の名無しさんID:
>>897
なるほど。矢を防ぐ鎧の意味もあるのか。
かなり密に織り込まれているロングコートか。

万能コートだな。

945名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
この女優の名は?
966名前:不要不急の名無しさんID:
>>1
基本的に女性のみで構成された狩猟部族であり、
子を産むときは他部族の男性のもとに行き交わった。
男児が生まれた場合は殺すか、障害を負わせて奴隷とするか、
あるいは父親のもとに引き渡し、女児のみを後継者として育てたという。
2名前:不要不急の名無しさんID:
C.V.小松未可子
157名前:不要不急の名無しさんID:
>>2
聖剣伝説3か
202名前:不要不急の名無しさんID:
>>2
259名前:不要不急の名無しさんID:
>>2
よくも騙したあああああああああああああああああああああ!
292名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:01:41.59ID:qfd4YQ+Q0
>>2
ありそうw
397名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:44:19.76ID:eq8VSVr90
>>2
リースみたいな可愛いアマゾネスだったら身を盾にする男がたくさんいそう
848名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)11:52:32.81ID:xUOcv8E/0
>>2
んほぉ~この女戦士たまんねぇ~
3名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:36:45.56ID:LbvezZCt0
変態ネトウヨの妄想が捗るな
31名前:不要不急の名無しさんID:
>>3
どうしたの?
韓国人なの?
お薬ちゃんと飲んだの??
あなたは知能が足りてないんだから
ネットなんかしないほうがいいですよ??
172名前:不要不急の名無しさんID:
>>31
ネトウヨって病気だよね
ネトウヨと言われただけで火病のように発狂するんだもん
408名前:不要不急の名無しさんID:
>>31
図星突かれたからってあからさまにオロオロすんじゃねえよw
718名前:不要不急の名無しさんID:
>>3
チョンはこんなところにも湧くのか
780名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)07:55:12.88ID:P4pVE3bf0
>>3
女性兵士を投入していたソ連はネトウヨだった!w
894名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:00:26.65ID:eVtBevqv0
>>3
やっぱネット以外じゃ相手されないんだね
982名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)19:31:21.91ID:I3qmTTsG0
>>3
半島に帰れ朝鮮人
まぁ半島に帰ってパンチョッパリとしてリンチされてくたばれや
4名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:36:48.99ID:AP4F8KgS0
マゾーンって聞いたことがある
思い出せねけど
27名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:41:56.10ID:wFnUEN/70
>>4
上にあるが、キャプテンハーロックの敵
142名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:07:36.65ID:6NbutYim0
>>4
だぞーん?
396名前:不要不急の名無しさんID:
>>4
漫画の「キャプテンハーロック」の敵種族
全員、何故か絶世の美女ばっかに擬態
迎え打つのはボスと幹部以外は醜男集団w
763名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)07:13:43.72ID:d64Qtmyc0
>>4
ネットでサッカー配信してる会社
871名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:11:15.81ID:omqiIxoo0
>>4
戦国ランスSM迷宮のBOSSが魔ゾーン(マゾーン)
キャプテンハーロックに出る女性しかいない異星人の母星がマゾーン
アニメ・ファンタジスタドールのキャラにマゾーン
895名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:01:47.51ID:M5N+dJjQ0
>>4
仮面ライダーのアレは男だよなぁ
965名前:不要不急の名無しさんID:
>>4
アマゾンと言ったらブラジルに流れてる大河だろ
7名前:不要不急の名無しさんID:
映画化決定
ビキニ戦士アマゾーン
247名前:不要不急の名無しさんID:
>>7
80年代のエロアニメ感たっぷり
291名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:01:21.74ID:3gaMEBcz0
>>247
敵部族(なぜか触手もち)に捕まるんですね
10名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:38:46.28ID:pld3++6p0
 ( ゚∀゚)
 (  ∩ミ  肉棒で勝負だ
  |  ω |
  し ⌒J
68名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:52:02.98ID:Qmxq3E9U0
>>10
      .
  _, ,_  .・(U)       ボ
 ( ゚Д゚).;;.;∵ヽ(‘∀’ )  ン
 (    .;..;’’       ヂ
  |  ★";’.       /
  し ⌒J       ッ

    (U)  
( ’∀’)ノ   月に代わって おしおきよ!

76名前:不要不急の名無しさんID:
>>52
>>68
594名前:不要不急の名無しさんID:
>>68
なぜ無抵抗なのか
733名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)04:34:28.73ID:BFqZobyy0
>>68
その効果音何だよ
745名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)06:27:45.40ID:LVmQDGsM0
>>733

992名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)20:18:31.75ID:BFqZobyy0
>>745
>>747
68の造語じゃなかったんかw教えてくれてありがと
747名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)06:28:38.20ID:LVmQDGsM0
>>733

992名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)20:18:31.75ID:BFqZobyy0
>>745
>>747
68の造語じゃなかったんかw教えてくれてありがと
534名前:不要不急の名無しさんID:
>>10
そういえば戦争末期に15歳で飛行機乗りに志願した親戚の爺は
西南戦争で死んだ兵士の墓に記された享年-15歳とか17歳とか-をみて
ああ、俺もこのように死んでいくのだなあとふかく感じるものがあったようだ
13名前:不要不急の名無しさんID:
あれかもな、戦場を駆けて戦士の魂をバルハラに誘うバルキリー的な女神?
55名前:不要不急の名無しさんID:
>>13
むしろこういう少女戦士こそが北欧でのヴァルキリー伝承の雛形になったのかも
戦士を卒業して当時の女の幸せを掴む事なく亡くなった少女を供養する、という発想はあってもおかしくない
63名前:不要不急の名無しさんID:
>>55
遊牧民だと普通に女も戦士になれるからな
短弓で騎乗なら、男と互角に戦えるからな
だから、バルキリーとか女神とか、関係ないかも?
15名前:不要不急の名無しさんID:

あかん、これでは立たん

25名前:不要不急の名無しさんID:
>>15
俺はたったぞ
127名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:03:23.05ID:6GGxj21z0
>>25
上級者だな
俺もあやかりたいものだ
275名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:55:32.65ID:FBNip8eU0
>>15
CGで再現したのが

だぞ
277名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:57:39.68ID:OCXdZ6ZN0
>>275
娶りたい…
280名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:59:16.89ID:V1iHUzRE0
>>275
13歳にしては老けてるな。
347名前:不要不急の名無しさんID:
>>280
以前、幕末のころの武士の写真をネットで
見たけど。見た目が今の同年代より
老けて見える人が多かったよ。
栄養や生活環境が今と違うから、老化しや
すいのかも
372名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:30:43.35ID:7Dar9yOf0
>>280
グレタみたいな
282名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:59:26.73ID:1i4lqs1/0
>>275
これは北の戦闘で泣いてた孤児を戦士に育てたんだな。
育てた師匠のスキタイ女戦士は褐色のツヤツヤの肌にきつーい切れ長の青い瞳のハズ、、
284名前:不要不急の名無しさんID:
>>275
オレは男だが、若くて可愛い女戦士のウンチを食べたいね。

ハッキリ言って!!!

765名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)07:14:22.29ID:m5p9fo2l0
>>284
俺も
何ならそれだけの食生活を送りたい
331名前:不要不急の名無しさんID:
>>275
老けすぎやろwww

>>319
イメージ的にはそっちだな。

379名前:不要不急の名無しさんID:
>>275
アーロイみたいだな
382名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:37:17.43ID:0EN9PhHi0
>>275
スキタイは鉄器持ってたんだよな
970名前:不要不急の名無しさんID:
>>275
頭蓋骨から復元したわけじゃないんだからただの妄想画だよ
988名前:不要不急の名無しさんID:
>>972
まあこの辺が現実だよな…
>>275とか夢見すぎ
889名前:不要不急の名無しさんID:
>>15
骸骨に大鎌って、死神ですやん
17名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:40:06.21ID:5QUBiFnX0
結婚前に非処女になった中古はどういう扱いをされていたのだろう
30名前:不要不急の名無しさんID:
>>17
処刑
782名前:不要不急の名無しさんID:
>>17
それ敗北して囚われて敵の男に手篭めにされた状態なので
美人なら敵の族長の妾に
ブサイクとか敵の部族に女が足りてる時はお前らみんなのオナホ(生死問わず)
899名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:09:12.72ID:eVtBevqv0
>>17
あくまで産む機械なので穴があればよし。
男は例外なく全員処刑。
21名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:40:46.74ID:Hjz85ons0
スキタイって中国史にもちょくちょく名前出てなかったか
規模すごいな
59名前:不要不急の名無しさんID:
>>21
いや中国史には出て来ないよ
75名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:54:10.21ID:lfvWoYIh0
>>21
スキタイは昔はフン族と言われていてゲルマンの大移動を引き起こした部族たち
遠い祖先が匈奴であったとしてもおかしくはないな
162名前:不要不急の名無しさんID:
>>75
スキタイとフン族は別
176名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:16:04.59ID:lfvWoYIh0
>>162
あれ?こりゃ失礼した。調べてくるわ
23名前:不要不急の名無しさんID:
アマゾーンと
南米大陸に関連が無いことに軽くショックを受けた
77名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:54:13.72ID:joEIQGn20
>>23
そこに女人族がいたから伝説のアマゾンの名をつけたから
無関係というわけでも
968名前:不要不急の名無しさんID:
>>23
仮面ライダーアマゾンも迷彩色のコスチュームだったもんな
24名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:41:13.39ID:dMtbsQwM0
13才と言っても、当時の平均寿命を考えると立派な大人なんだよな
普通にセックスして、子供を産んで
子供の生存率が低いから
またセックスして、子供を産んで
またセックスして、子供を産んで
それで、種を維持してきた

おまえ等のご先祖様だってそう

それに比べて、おまえ等ときたら
恥ずかしくないのか

28名前:不要不急の名無しさんID:
>>24
武器すら持たしてもらえないご時世
240名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:41:22.44ID:NHWkAHjG0
>>28
なんでボウガン使わない
990名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)20:10:43.26ID:QXJB8D8o0
>>240
二指真空把が怖いんよ
301名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:05:48.04ID:APzCldos0
>>24
前田利家の奥さんだな
満11歳で結婚して12歳直前に出産(さすがに利家は信長から自重しろよと怒られたとか)
その後2年に1人のペースで2男9女を出産
436名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:07:11.15ID:85iifu0Q0
>>24
25歳は婆さん扱い!

法律が人類の生存を狂わせる!

450名前:不要不急の名無しさんID:
しかしどうでもいいけど東方のバルバロイの習俗について
どうも自称愛国者ネトウヨちゃんが萌えまくるというのは面白いなw
われら偉大なる大韓の徳を奉じるヘレネスやラケダイモンには
そういうバルバロイの文化、ことに女が戦うなんて話はわかりませんな

>>436
それいったら「年増」の本義は数えで二十歳ですぜw
大年増で三十歳だw 今日びの平均初婚年齢っていってなかったっけ? 知らんけど。
あとは江戸時代の吉原の定年が27歳だっけかな。これまた知らんけどwww

ま、それいったら初老の定義は40からなんですけどね。

>>421
チミのレス付けている先の話とかは分からんが、
>>286 くんがいっているとおり授乳やらおっさん誘惑向けには
それは最強クラスの武器になるか知らんがw
あれは戦闘、馬上で剣を振るったり特に弓を引き絞るにおいては
大いに邪魔になるものだからねwww

794名前:不要不急の名無しさんID:
>>450
スパルタが身内の弱いものを苛烈に遇するのは強者を選別するためで
事大にともなく自尊心毀損ストレスの捌け口じゃねえだろよwww
900名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:09:59.74ID:M5N+dJjQ0
>>24
だって匂いかいだだけで痴漢なんていわれたらw

>>44
名家は元禄時代には拘ってたよ
庶民はどうかしらんが

907名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:22:11.23ID:omqiIxoo0
>>900
別にこだわっていないだろう
家と家の結び付きや家を残すが重要なので

A家に嫁入りした娘がその後に実家に戻ってB家に嫁ぐなんて珍しくも無く

912名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:28:06.80ID:M5N+dJjQ0
>>907
屁負比丘尼なんてものまでいた時代だぞ
戦国時代と勘違いしてないか?
32名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:43:23.57ID:UXAsgwmL0
若いのにかなり丁重に埋葬されてるね
224名前:不要不急の名無しさんID:
>>32
身分の高い一族だったんじゃネ?
748名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)06:29:35.80ID:DZDx7BQJ0
>>224
強い戦士の一族だったのかもね
34名前:不要不急の名無しさんID:
このつるはしみたいなのも武器?
39名前:不要不急の名無しさんID:
>>34
バールだと思う
45名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:46:25.40ID:Km/bp8St0
>>39
そこは バールのようなモノ でしょ
61名前:不要不急の名無しさんID:
>>39
なるほどようなものか
739名前:不要不急の名無しさんID:
>>34
甲冑には剣よりいいだろうな
773名前:不要不急の名無しさんID:
>>286
一番簡単なのは今の日本の弓道の胸当てだな
だってあいつら騎馬民族見て
「上半身男で下半身馬!んで弓とか言うの持ってんの!」を伝聞で博物記に載せるんだもん

>>753
輿入れが13くらいでその家の家風に合わせた教育して、
18くらいでういざん
でも利家とまつのまつは13で出産してる
論理的には生理が始まれば産めるけども。

>>34
うん
スキタイは小さな斧を戦士の証とした
ja.m.wikipedia.org/wiki/ファイル:Warrior_of_Scithians.png

スキタイの伝説の面白いとこは、発祥がヘラクラスとエキドナ、
蛇女になってるんだよな
これなんでなのかが不思議でしゃーない
だって遊牧民族関係ないし

36名前:不要不急の名無しさんID:
エナレスが気になる
前立腺とかおかしくなるのかな
俺バイクばっかり乗ってるから
285名前:不要不急の名無しさんID:
>>36
乗馬する男性は睾丸強く打ったり、
なんか挟まれたり反動で潰れたりする事があるから
何度も睾丸打ったり挟まれたり潰れたり、擦れたりすると
睾丸が壊れるのかも
現代の乗馬人口の7割8割が女性なのも睾丸のせいだと思う
437名前:不要不急の名無しさんID:
>>36
モンゴル、武田騎馬軍団はじめ他の民族では
聞いた事がない
439名前:不要不急の名無しさんID:
>>437
そらそうだ
鞍って知ってる?

スキタイの時代は鞍がないんだぞ
モンゴルもだけど

451名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:19:02.77ID:lfvWoYIh0
>>439
温泉漫画でもローマ人は鞍・鐙無しで乗ってたな
内股がヤバい事になりそうだw
526名前:不要不急の名無しさんID:
>>451
鞍の発明って正確にはわからんけど、
おおむね、このくらい

blog.goo.ne.jp/tirolnikki/e/54479cb15d45c8bf56a647c4c461e114
> 領土を持たない遊牧民族も、コーカサスの草原のあちこちに根を下ろしました。
彼らは騎馬民族の襲撃を恐れ要塞を作り戦いに備えます。
スキタイなど力を誇った騎馬民族は紀元後次第に力が衰えるのですが、彼らの馬に関する文化は優れたものでした。
馬と共に暮らす騎馬民族は、紀元前5世紀ごろ鞍をつけていました。
同じ頃ギリシャではまだ裸馬に乗っていました。
鞍は改良され、スキタイを滅ぼしたサルマタイ人は木で鞍骨を作りました。
古代インドやスキタイでは足を掛けるひもが有りました。
これは鐙の原型です。騎乗の際に、騎手の体を支える重要な馬具です。
体を支える鞍と鐙により、サルマタイ人は接近戦が可能になりました。

裸馬だと直立騎乗しかできないので、
そら偵察にしか使えんわな

540名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:19:41.81ID:lfvWoYIh0
>>526
なるほど。勉強になったわ
40名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:44:54.93ID:RLL9ds4b0
ヒストリエのエウメネス母か
56名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:49:05.68ID:8kxNhMx50
>>40
それ思い出した
442名前:不要不急の名無しさんID:
>>40
先に書かれてた(´・ω・`)
44名前:不要不急の名無しさんID:
処女なんてものに拘りだしたのは戦後だろうw
604名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)00:38:45.44ID:AvYW7Wjh0
>>44
明治からだよ
900名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:09:59.74ID:M5N+dJjQ0
>>24
だって匂いかいだだけで痴漢なんていわれたらw

>>44
名家は元禄時代には拘ってたよ
庶民はどうかしらんが

907名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:22:11.23ID:omqiIxoo0
>>900
別にこだわっていないだろう
家と家の結び付きや家を残すが重要なので

A家に嫁入りした娘がその後に実家に戻ってB家に嫁ぐなんて珍しくも無く

912名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:28:06.80ID:M5N+dJjQ0
>>907
屁負比丘尼なんてものまでいた時代だぞ
戦国時代と勘違いしてないか?
60名前:不要不急の名無しさんID:
男が女になる謎の病気について詳しく
101名前:不要不急の名無しさんID:
>>60
自転車競技やってる人に不妊が多いのと同じでしょ
玉がサドルで圧迫されて精子を作る細胞が死ぬ
毎日椅子に座りっぱなしの人も前立腺炎になりやすいし
男にとって股間を圧迫するのは良くないんだよ
別にオスが完全にメス化するようなエロゲ的話とは違うよ
216名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:27:35.37ID:pT2isxlf0
>>101
絹の締め込みで玉をグイグイ締め付けてる相撲取りは不妊とは無縁なのにね
805名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)08:39:41.73ID:qGu6gmVz0
>>101
俺も一時期ロードバイクハマってたけど休憩取らないで走ってるとチンポの感覚無くなる。
902名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:13:47.73ID:M5N+dJjQ0
>>60
実はもともと女だった説
平和な状況が続くと人口が増えて食料が逼迫するようになるので
余計に産ませないために女児は男として育てて試練をあたえて
その試練を乗り越えたものだけ子供を産む権利を与えた・・・みたいな
67名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:52:02.23ID:0cE6TJql0
スキタイ少女ですら働いて(敵3人殺して)処女捨てるのに
お前らときたら30過ぎても無職童貞ww
84名前:不要不急の名無しさんID:
>>67
多分3人も倒してない
3人倒して結婚した人生だったなら、その痕跡が残るような副葬品が出るはず
副葬品というのは、死者がどんな生前を歩んだのか後世にも伝わるように選ぶ物というのが古今東西の鉄則なので
91名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:56:45.70ID:joEIQGn20
>>84
3人倒す前に亡くなったから13歳での埋葬なんだろ
104名前:不要不急の名無しさんID:
>>91
そう
だから「あと一人倒して来世では女の幸せを掴んでね」という意味で選ばれた副葬品だから武器しか出なかった
151名前:不要不急の名無しさんID:
>>84
いやこの娘の話じゃなくてスキタイ女性一般の話だろ
74名前:不要不急の名無しさんID:
イスラムが登場する前のトルコとかイランってよく分からん国みたいなのがあるよな
失われた文明みたいな
99名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:58:25.11ID:fq7O9nh40
>>74
君が知らんだけだろ?
657名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)01:56:23.84ID:nvkK/YgW0
>>74
超先進国でスペインの男とか皆殺しにされてたろ
83名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)19:55:03.39ID:+v97MVbu0
この時代の平均寿命って何歳くらい?
92名前:不要不急の名無しさんID:
>>83
乳幼児死亡率が高いから平均寿命は短いけど、成人できれば60くらいは軽く生きる
ちなみに江戸時代でも大人になれるのは二人か三人に一人
197名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:22:02.77ID:Kd0+vG5u0
>>92
本当か?昔の日本では人生50年と言われていたが…
214名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:27:18.23ID:lfvWoYIh0
>>197
軽くは言い過ぎだが生きた場合もあるとは思われる
縄文時代の平均年齢でいえば20半ばくらいのはず(子供の死亡率が酷すぎて)
大体の大人が40くらいなんじゃなかったかな?
215名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:27:23.47ID:aUjk4H8s0
>>197
人間50年の戦国時代は寿命短いから
218名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:29:27.30ID:uoAwnSBv0
>>215
真田信之「戦だけじゃなくいろいろ心労もあるから長生きできんよね」
225名前:不要不急の名無しさんID:
>>218
北条幻庵「そうじゃの」
391名前:不要不急の名無しさんID:
>>374
前近代の社会は支配者層である武士(ってか騎士でもなんでもいいけど戦闘者)と
平民、農民は食べているものが違うし、長の訓練の差があるんでね。
まあ幕末明治初期の一兵卒は「走れなかった」なんていうけど、
そもそも別の種族のような体格差能力差があったというから
そこから推定すれば前近代の女戦士だっていいもの食わせて戦闘訓練すれば
それは平民オスを圧倒的に凌駕する戦闘力は得られたろうね。

ってか戦闘ってそれ以前になにより士気だからね。
例えば同時代の女性自衛官や婦警やらを想起すれば、女性だって一般男性を隔絶する
相当な能力を身に着けられるって想像は、難しくないと思うけどね。

>>218
>>225
風魔小太郎「そうじゃな」

227名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:32:57.42ID:lfvWoYIh0
>>218
徳川家康「そうそう、幼いころから苦労が多くて食事も喉を通らないよ…」
229名前:不要不急の名無しさんID:
>>227
オメー長生きジャンw。
391名前:不要不急の名無しさんID:
>>374
前近代の社会は支配者層である武士(ってか騎士でもなんでもいいけど戦闘者)と
平民、農民は食べているものが違うし、長の訓練の差があるんでね。
まあ幕末明治初期の一兵卒は「走れなかった」なんていうけど、
そもそも別の種族のような体格差能力差があったというから
そこから推定すれば前近代の女戦士だっていいもの食わせて戦闘訓練すれば
それは平民オスを圧倒的に凌駕する戦闘力は得られたろうね。

ってか戦闘ってそれ以前になにより士気だからね。
例えば同時代の女性自衛官や婦警やらを想起すれば、女性だって一般男性を隔絶する
相当な能力を身に着けられるって想像は、難しくないと思うけどね。

>>218
>>225
風魔小太郎「そうじゃな」

468名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:27:12.04ID:GrLtw7eA0
>>218
90代まで大名やってて晩年も幼い孫の補佐やってたとか
無茶苦茶な親父と弟が居なかったら100越えるつもりだったんかい
でも案外刺激がなくて70あたりでボケてたかも
478名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:34:42.42ID:HGY1EO020
>>218
龍造寺家兼「ほんと、心労絶えないから長生き無理だね」
230名前:不要不急の名無しさんID:
>>197
落語にも御隠居いるし還暦だの卒寿だの米寿だの白寿だのなんて文化があるってことは
長寿の人も当然いただろう
なんなら楢山節考とか捨てにいく話まであるし
134名前:不要不急の名無しさんID:
>>83
出生率とか乳幼児死亡率とかきっちり統計が取られている環境じゃないと意味が無い
憶測で割り出すことも出来るがフェルミ推定とか言われて
その信憑性は地球外生命体が今現在の地球に生存している確率と同程度になってしまう
652名前:不要不急の名無しさんID:
>>83
偉い人でも40で不惑、50でようやく独り立ち

60で子供に戻り(還暦)、70まで生きるのはめったにいない(古希)

こんな言葉ができた時代だから、50まで生きれたら上等だったのかもな

88名前:不要不急の名無しさんID:
サルマタイの女戦士
ペルシャ系で、弓が主要武器

103名前:不要不急の名無しさんID:
>>88
ビキニアーマーじゃないのかよ!
109名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:00:07.35ID:lfvWoYIh0
>>88
最初の画像、装備が騎乗前提だな
こいつは強いに決まってる
651名前:不要不急の名無しさんID:
>>109
この当時は鐙が無かったから騎射はできない
スキタイですらまだ鐙を発明できてない
664名前:不要不急の名無しさんID:
>>651
2600年前ならそろそろスキタイが鐙を使用し始めている頃ではないかと思う
667名前:不要不急の名無しさんID:
>>651
物心ついた時から馬と一緒に遊んでいたスキタイ人にとっちゃ、
鐙が無くても強い騎射出来たんじゃね?と妄想w

鐙の必然性は馬術不慣れな人間でも、安定して乗れる様にとの発明の気はするw

810名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)09:33:23.61ID:wGkgPqAy0
>>667
ヒストリエという漫画で、敵のアフラ=マズダー神のシンボルが実はスキタイの
幼児用の鎧だったというシーンがある
ここまで書いてるうちに書きたかったことは忘れちゃったけど、鎧の起源はそんなもんなのかなと
816名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)10:10:19.74ID:QjGa1K7a0
>>810
スキタイは遺体をミイラにしてクルガンに埋葬するけど
ゾロアスター教徒は遺体を風葬や鳥葬にして遺骨を骨壺に納めていた
スキタイとペルシャ人はイラン系どうしだけど宗教が全く違ったようだ
807名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)08:50:07.23ID:/9L/Eisj0
>>651
素人と遊牧民を一緒に語るなよw
高度な騎乗ができるから遊牧民最強なんだよ。鐙が出てようやく蛮族が馬に乗れるようになった
812名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)09:38:20.70ID:uJKhLOKJ0
>>807
現代でも遊牧生活のモンゴル人は子供の頃から裸馬どころか野生の鹿まで乗りこなし
人を乗せたことのない暴れ馬でも馬具なしで調教するらしい
遊牧民は規格外だね
尻から大腿部の筋肉がバキバキに発達してそう
267名前:不要不急の名無しさんID:
>>88
勝てない
337名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:14:50.90ID:L+J3Jx7p0
>>88
右手側のは何だろ。
立体機動装置っぽいやつかな。
344名前:不要不急の名無しさんID:
>>337
雷槍じゃね?
665名前:不要不急の名無しさんID:
>>88
右脇の角棒みたいなのは何だろう?
カナック何とかと書いてあるけど
投げ槍みたいに使うのかな
669名前:不要不急の名無しさんID:
>>665
キリル文字っぽいけど
Λみたいな文字の正体が不明で翻訳サイトにかけられない
855名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:00:17.77ID:eSy60ZnX0
>>669
ロシア語ではなくタタール語みたいだから、検索しても多分わからんよ
858名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:03:05.27ID:x+BzeeUH0
>>855
チュルク系みたいだとは思ったけど、タタール語ですか?
876名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:18:09.15ID:eSy60ZnX0
>>858
ごめん、さらに調べたらチュヴァシ語のようです。

ロシア語なら多少わかるんで、スラブ語系統ならなんとかなると思ったんですが、テュルク語系統は歯が立たんですわ。

882名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:31:37.40ID:x+BzeeUH0
>>876
ありがとうございます。
言語オタクなのでこういうレスはありがたいです。
888名前:不要不急の名無しさんID:
>>882
>>886
話題になってるモノ自体は、おこらく何かわかりますた。

投げ槍ですな。

遊牧民のスポーツ祭典「World Nomad Games」に、騎乗で短い投げ槍を投げ合って相手に当てる競技がありますわ。

886名前:不要不急の名無しさんID:
>>876
いや、一文字目のセディラ付きのCからバシキール語かチュヴァシ語かなと思ったんだけど
ラムダみたいな字がどちらにもないみたいで結局正体が良くわからないっていう
888名前:不要不急の名無しさんID:
>>882
>>886
話題になってるモノ自体は、おこらく何かわかりますた。

投げ槍ですな。

遊牧民のスポーツ祭典「World Nomad Games」に、騎乗で短い投げ槍を投げ合って相手に当てる競技がありますわ。

671名前:不要不急の名無しさんID:
>>665
敵の矢を防ぐ、接近戦用の折り畳み式の盾だったりして。
118名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:01:15.62ID:EYElLUyy0
中1かな、JCが斧を持って向かって来るのか・・・
ふつう手にはアイスクリームだろうに
121名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:02:04.52ID:lfvWoYIh0
>>118
どんだけ現代人が甘えに甘え腐ってるかがよくわかるなw
133名前:不要不急の名無しさんID:
>>121
頭おかしいの?
140名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:07:02.99ID:lfvWoYIh0
>>133
お前がなw
人類は1万2000年近くはこの少女と同じように生きてきた歴史があることくらい認めたらどうだ?
156名前:不要不急の名無しさんID:
>>140
いやお前は確かに狂っている
JCがアイスクリーム持って歩いてるなんて当たり前だろうに。それがなんで甘えて腐ってるなんてことになるんだ。お前はアフガニスタンにでも行ってろ
170名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:14:33.81ID:lfvWoYIh0
>>156
文章から意味合いが理解できんのな、小学校から国語やり直して来いw

どう取っても「この少女の人生と比べたら」という意味に決まってるだろ
説明したぞ、これでわかったな?

158名前:不要不急の名無しさんID:
>>140
何言ってんだこいつ
269名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:54:18.05ID:kTL90P530
>>140
1万2000年はどこから来たんだ、新石器時代のことか?

氷期が終わったのは1万年前
青銅器は5000年前
鉄器が3500年ほど前

180名前:不要不急の名無しさんID:
>>121
ちょっとしたボケレスだろうに余裕なさすぎだろ
125名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:03:02.41ID:+Pd5ZKVP0
>>118
それなんてAV
119名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:01:16.41ID:RxjpwhHl0
武器添えてたから戦士ってのも短絡的では?
128名前:不要不急の名無しさんID:
>>119
まあヴァイキングにも普通に女の戦士がいたし
日本の中世の戦場の3人に1人ぐらいは女性兵士だったし
そんなに不思議でもないでしょ
799名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)08:24:47.12ID:271LjeF+0
>>128
足軽女は本当にいたのか
>>120
ノーマッドが全体的に斧と弓だったと記憶
120名前:不要不急の名無しさんID:
ロマサガ2だけど斧・弓タイプのアマゾネスいたわ
さすが
132名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:04:55.01ID:lfvWoYIh0
>>120
真面目な話、剣は武器としての使用くらいにしか使えん(草や小枝を薙ぎ払うくらいはできるが)
斧なら小型でも様々な用途として使えるから旅をするなら小型の斧を持ち歩いた方が便利なんだよ
そういった装備から見ても長距離を馬で駆けることが当たり前の生活をしていたことが分かる
171名前:不要不急の名無しさんID:
>>132
デカい鎌が一緒にあったら死神の化身とか言われるんだろうか
でもあの鎌のモチーフは麦の収穫用でどちらかというと喜びのイメージなのに
なぜ西洋人は死神に鎌を持たせたのか
186名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:18:55.64ID:SwEHEN/B0
>>171
命を刈るから
195名前:不要不急の名無しさんID:
>>186
その通りなんだが、さらに死神の鎌モチーフの素になった「魂=収穫物」という発想がどこから来たのかは興味ある
547名前:不要不急の名無しさんID:
>>195
聖書じゃね?
終末に刈り取られるという表現は何度も出てくる
187名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:19:17.19ID:lfvWoYIh0
>>171
勝手な想像だが「命を刈り取る」ってことじゃないかね?
あるいは死神になったイメージの他所の神(武力で支配した地域の土着神)が
鎌持ってたとかもありそうだが
207名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:24:57.01ID:zN7Oq3R70
>>171
北欧のハロウィンじゃないだろうか
収穫祭とお盆(死神)の合体行事だし
626名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)01:18:28.18ID:69sWFgNg0
>>171
剣の達人を相手にしても、射程外から足を切りつけて
勝ててしまうというチート武器だったので
戦争での使用は禁止された
692名前:不要不急の名無しさんID:
>>171
魂を収穫する
951名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)16:31:00.01ID:E+Hkm2JN0
>>171
あのでかい鎌で草刈りをするんだよ、あっちでは。本当にあれくらいの大きさの鎌がある。
熟達した人は草刈り機並みのスピードで刈れるとか。
799名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)08:24:47.12ID:271LjeF+0
>>128
足軽女は本当にいたのか
>>120
ノーマッドが全体的に斧と弓だったと記憶
126名前:不要不急の名無しさんID:
150名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:09:24.75ID:xREeh3Gr0
>>126
これ服を着ない理由が分からんよな
231名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:35:04.25ID:S4gtuRDx0
>>126
グロ
784名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)07:57:58.20ID:dTp8V4im0
>>126
腹を守れよ
803名前:不要不急の名無しさんID:
>>784
だよね ちょっとしたことで内蔵が飛び出してしまうもんね
169名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:14:18.85ID:VCsFajQO0
人種的に白人になるの?
185名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:18:54.09ID:SukwhpQ/0
>>169
政治的な正しさで言うと黒人女性
198名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:22:09.13ID:lfvWoYIh0
>>185
173名前:不要不急の名無しさんID:
美少女アマゾネス軍団に拉致されて、代わる代わるレイプされたい
177名前:不要不急の名無しさんID:
>>173
ゴールドパピヨン
https://www.youtube.com/watch?v=ZJAxHlrUnaY
571名前:不要不急の名無しさんID:
>>177
おお、懐かしい
原作は戦後程なくアメリカでボンデージマニア向け専門誌「Bizarre」を出版したジョン・ウィリーのマンガ
サントラ担当ピエール・バシュレでなかなかいいんだけどCD化されてないんだよね
217名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:29:12.33ID:RjT1yMO80
処女を捨ててから結婚する??
結婚してからじゃなくて?

これは村の長みたいな人が最初をいただくのかな

246名前:不要不急の名無しさんID:
>>217
そんなもんお祭りで乱交やろ
836名前:不要不急の名無しさんID:
>>217
初夜権みたいのはありそうだな
228名前:不要不急の名無しさんID:
伝説の北欧少女戦士
251名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:46:19.20ID:XyEDxgmW0
>>228
こんな顔しか出来ないのかこの少女
254名前:不要不急の名無しさんID:
>>251
一生キレ芸一筋www。
345名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:17:19.18ID:RzM0LCng0
>>228
ブ少女戦士
590名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)00:14:10.70ID:AT9X3Qmy0
>>228
現世のジャン・ヌ・ダルク
767名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)07:25:04.27ID:VMPUObkx0
>>590
ジャンは次男坊
769名前:不要不急の名無しさんID:
>>228
朝から期待して開いたら食欲性欲失せたやないか
913名前:不要不急の名無しさんID:
>>769
北欧"美"少女戦士と書いてなかっただけ良心的じゃないか
看板に偽りはなかったんだから
971名前:不要不急の名無しさんID:
>>228
グロ
241名前:不要不急の名無しさんID:
13歳くらいだと男より女の方が身体デカいからな。
力も強いかもしれん。
249名前:不要不急の名無しさんID:
>>241
日本人の場合10歳くらいから女子の方が大きくなって13歳で再び男子の方が追い抜く。
263名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:52:31.99ID:uoAwnSBv0
>>241
日本のげんだいのデータだが、一時的に女の方が身長は1センチとかでかいけど運動系のデータで女の子が上になることないけどな
まあ、特殊な個人は知らんぞ
245名前:不要不急の名無しさんID:
スキタイ人って、どんな風貌?ペルシア系みたいな?
252名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:46:48.95ID:qjgvDkMN0
>>245
トルコだしそんなもんだろ

知らんけど

274名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:55:20.23ID:3VmvHdp90
>>245
スキタイはイラン系だからまあペルシア人に近いのかな
トゥヴァ共和国なんて知らんかったが、調べるとほとんどモンゴルに近い場所だな
316名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:08:42.48ID:W11xgXkB0
>>274
> トゥヴァ共和国なんて知らんかったが、調べるとほとんどモンゴルに近い場所だな

モンゴル西部の北に接するロシアの国内だよな。
ここにイラン系の遊牧民がいてもまあ不思議ではないが、伝説があるアナトリア半島からは
遥に遠いからな。広く言ってイラン系遊牧民の風習が分かったという程度かもしれん。

257名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:48:51.49ID:1i4lqs1/0
古代から未来まで森羅万象を網羅する日本の漫画界に
スキタイ女戦士の話はないかな。
もちろん師匠と弟子の百合戦士の絆もあるやつ
266名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:53:01.82ID:lfvWoYIh0
>>257
お前が描くんだよぉ!!
内容によっては1冊1000円出してもいい
273名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)20:55:06.28ID:1i4lqs1/0
>>266
うああああ
脳内妄想をそのまま具現化するAIが早く完成しないかなああああ
514名前:不要不急の名無しさんID:
>>257
「ヒストリエ」にちょっと出てくるぞ
548名前:不要不急の名無しさんID:
>>531
猿股失敬! がない

>>257
あのー
ヒストリエって読んだことあります?
一巻から

258名前:不要不急の名無しさんID:
581名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)00:01:11.05ID:osdXIlQ80
>>258
ガル・ガドットはユダヤ人だから奇しくもワンダーウーマンのアマゾン族の血筋に近いんだよな
722名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)03:53:23.67ID:U4FGywNL0
>>258
これすこ
917名前:不要不急の名無しさんID:
>>258
美しい
286名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:00:17.97ID:gz35PBEc0
アマゾーンは授乳用に片方の乳房を残して
もう片方は戦闘の邪魔だから切り落としてた
313名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:08:05.41ID:lfvWoYIh0
>>286
女神転生か何かのグラフィックがそれを忠実に再現してたな

エロかったw

450名前:不要不急の名無しさんID:
しかしどうでもいいけど東方のバルバロイの習俗について
どうも自称愛国者ネトウヨちゃんが萌えまくるというのは面白いなw
われら偉大なる大韓の徳を奉じるヘレネスやラケダイモンには
そういうバルバロイの文化、ことに女が戦うなんて話はわかりませんな

>>436
それいったら「年増」の本義は数えで二十歳ですぜw
大年増で三十歳だw 今日びの平均初婚年齢っていってなかったっけ? 知らんけど。
あとは江戸時代の吉原の定年が27歳だっけかな。これまた知らんけどwww

ま、それいったら初老の定義は40からなんですけどね。

>>421
チミのレス付けている先の話とかは分からんが、
>>286 くんがいっているとおり授乳やらおっさん誘惑向けには
それは最強クラスの武器になるか知らんがw
あれは戦闘、馬上で剣を振るったり特に弓を引き絞るにおいては
大いに邪魔になるものだからねwww

794名前:不要不急の名無しさんID:
>>450
スパルタが身内の弱いものを苛烈に遇するのは強者を選別するためで
事大にともなく自尊心毀損ストレスの捌け口じゃねえだろよwww
570名前:不要不急の名無しさんID:
>>286
それはあり得ない、と学者も言ってる
麻酔なしで乳房切り落とすなんて野蛮なことしたら
痛みで死ぬか、体弱って使いもにならなくなる
606名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)00:41:55.43ID:+vbMKAE80
>>570
麻酔のない古代から乳癌の手術はしてたんだけど?
735名前:不要不急の名無しさんID:
>>286
中世ヨーロッパでも手術で滅菌してなかったのに当時そんなことしたら死ぬで
752名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)06:40:54.90ID:mfMwbU1P0
>>735
ギリシャ神話ですし
755名前:不要不急の名無しさんID:
>>735
最初からぺったんこだったのをギリシャ人に問われて
照れ隠しのために切り取ったのだと説明したのかもね
801名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)08:28:55.52ID:HA3gAwVM0
>>755
平たい胸族だったのか、、、
773名前:不要不急の名無しさんID:
>>286
一番簡単なのは今の日本の弓道の胸当てだな
だってあいつら騎馬民族見て
「上半身男で下半身馬!んで弓とか言うの持ってんの!」を伝聞で博物記に載せるんだもん

>>753
輿入れが13くらいでその家の家風に合わせた教育して、
18くらいでういざん
でも利家とまつのまつは13で出産してる
論理的には生理が始まれば産めるけども。

>>34
うん
スキタイは小さな斧を戦士の証とした
ja.m.wikipedia.org/wiki/ファイル:Warrior_of_Scithians.png

スキタイの伝説の面白いとこは、発祥がヘラクラスとエキドナ、
蛇女になってるんだよな
これなんでなのかが不思議でしゃーない
だって遊牧民族関係ないし

295名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:03:30.86ID:uoAwnSBv0
アマゾーンの語源は、弓などの武器を使う時に右の乳房が邪魔となることから切り落としたため、"a"(否定)+"mazos"(乳)=乳無しと呼ばれたことから

アマゾーン=乳無し=無乳神

302名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:05:51.25ID:1i4lqs1/0
>>295
ステイホームで随分お世話になってるけど、今度からアクセスするたびに切り取られたおっぱいを偲んでおくよ、、
315名前:不要不急の名無しさんID:
>>295
夢も希望もねえな
328名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:11:50.54ID:lfvWoYIh0
>>295
よくよく考えるとアマゾーンの女性は邪魔になるほど胸が大きいことが普通だったんだな…
なぜにほn   いや、止そう
338名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:15:10.53ID:uoAwnSBv0
>>328
海外のスポーツ選手だと現代でも胸を削る人とかいるしな。数年前のテニス選手とか
日本では知ってる範囲だと知らんな
340名前:2020/06/26(金)21:15:12.35ID:BOgQH1uM0
>>328

 かぐや様は告らせたいによれば、Dカップまではさらし巻けば何とかなるとかかんとか。

298名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:05:07.02ID:8XcZy9hb0
独ソ戦でソ連は初潮前の少女が自ら志願して最前線で戦っていた
男と偽って軍艦に乗っていた

地雷工兵の卒業の面接で
「地雷除去の工兵は人生で何回間違える事があるか?」
「工兵はただ一度間違えるだけです」
「まさにその通り。よくできた」

戦争は女の顔をしていない より
あの国と戦争したらだめだわ

312名前:不要不急の名無しさんID:
>>298
中世の傭兵じゃあるまいし募集してきた奴を確認もせずに登録するわけないだろ
少しでも怪しい奴はファシストのスパイだ
324名前:不要不急の名無しさんID:
>>298
ソ連には女性戦闘機パイロットもいた。エースになったのもいた。
944名前:不要不急の名無しさんID:
>>298
イギリスも志願兵の規定が17歳か18歳以上だったけど、年をごまかした14歳とか15歳を入れてた
採用する側も分かってたけど志願兵の数が足りなかったらしい
それをネタにした「ゼイ シャル ノット グロウ オールド」っていうインタビュー映画がある
304名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:06:09.91ID:Gy6B3G/70
その子の父ですが、娘は戦士ではありません。病弱でたったの13歳で亡くなってしまったので、来世では強靭な戦士になれるような子に生まれて欲しいとの願いを込め、武器を一緒に埋葬しました。誤解させてすいません
326名前:不要不急の名無しさんID:
>>304
仮に娘の素性がそうだとしたら、あんた当時の王族か尊敬を集める伝説の戦士やろ
戦士でもなかった何も出来ない穀潰しの娘にミイラ化処置を施すなんて、親にそれだけの権力か経済力が備わってないと無理
少女戦士がいたという事は、少女でも戦わないといけないほど全体的には余裕に乏しい社会なので
519名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:03:19.41ID:Gy6B3G/70
>>326
あの・・・そんなに真面目に言われても僕困っちゃう
308名前:不要不急の名無しさんID:
幼女「くっ……!ころちぇえええ!」
322名前:(; ゚Д゚)コロ猫映画(仮)7 ◆EFvlPnIYE33o 2020/06/26(金)21:10:21.48ID:7cHy+fOU0
>>308
(; ゚Д゚)CERO.Zですか?
330名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:11:54.14ID:1i4lqs1/0
>>308
スキタイ女戦士(・・・こやつ、、見込みがある、、、)キラーン
319名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:09:01.55ID:8XcZy9hb0
ターニャ・デグレチャフみたいな少女だったりして
331名前:不要不急の名無しさんID:
>>275
老けすぎやろwww

>>319
イメージ的にはそっちだな。

365名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:26:18.53ID:OCJkinXH0
>>319
おっさんじゃねーか
332名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:12:50.27ID:uoAwnSBv0
男が女になる病ってのは玉抜きとかの去勢かも知れんな
牧畜系とかだとよくある・・・でもギリシャやローマでもあったから違うか
336名前:不要不急の名無しさんID:
>>332
「病」って言ってる以上、意図的なものではなく不慮の事故とかじゃないのか
377名前:不要不急の名無しさんID:
>>332
馬にずっと乗っててタマが潰れんのかな
356名前:不要不急の名無しさんID:
夫を娶るってなんかドキドキするな
360名前:(; ゚Д゚)コロ猫映画(仮)7 ◆EFvlPnIYE33o 2020/06/26(金)21:23:33.86ID:7cHy+fOU0
>>356
(; ゚Д゚)でもトイレで不倫したらクリスナーガでちん○ん斬られちゃうよ
381名前:不要不急の名無しさんID:
>>360
あっ!コロ猫さんだ!
こんばんは~☆
404名前:(; ゚Д゚)コロ猫映画(仮)7 ◆EFvlPnIYE33o 2020/06/26(金)21:46:57.96ID:7cHy+fOU0
>>381
(; ゚Д゚)ノ こんばんは!
362名前:不要不急の名無しさんID:
日本は火葬だから数千年後の人間に文化を伝えられないな
366名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:27:18.91ID:uoAwnSBv0
>>362
そうじゃなくても酸性土壌で多湿だから骨とかも残りにくい
ずっと濡れたところとか貝塚とかなら幸運
400名前:不要不急の名無しさんID:
>>366
日本の貝塚だったか首塚だったかには女兵士の遺骨がかなりの数あったらしいね
戦国時代あたりは女の足軽やらは結構いたらしい
469名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:27:40.45ID:cpfGJ8MK0
>>400
「平八郎、大将首獲ってきたぞ。今夜はゴチソウじゃ」
とある戦国武将の母親からして、こんな感じだったからなw
368名前:不要不急の名無しさんID:
13歳が結婚云々言ってる奴居るが女は生理があってもすぐ子供産める訳じゃないからな

日本でも江戸時代初期は初潮即結婚が流行ったから13歳ならアリになっちゃうけど
まだ骨盤が狭くて産道が確保されてないから出産時に母子とも死んじゃうケースが多発した
産めても今度は母として未熟過ぎて捨て子やネグレクトが多くて社会問題化してる

結局江戸半ば過ぎには満17~18歳くらいで結婚するのが適当って事に落ち着いてるよ

388名前:不要不急の名無しさんID:
>>368
出産育児に耐えられる体になってから初めて生理くればいいのにね
753名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)06:41:13.29ID:aPKIpkAA0
>>368
平安時代の貴族も18くらいでの結婚は別に遅いものではなかったらしい
773名前:不要不急の名無しさんID:
>>286
一番簡単なのは今の日本の弓道の胸当てだな
だってあいつら騎馬民族見て
「上半身男で下半身馬!んで弓とか言うの持ってんの!」を伝聞で博物記に載せるんだもん

>>753
輿入れが13くらいでその家の家風に合わせた教育して、
18くらいでういざん
でも利家とまつのまつは13で出産してる
論理的には生理が始まれば産めるけども。

>>34
うん
スキタイは小さな斧を戦士の証とした
ja.m.wikipedia.org/wiki/ファイル:Warrior_of_Scithians.png

スキタイの伝説の面白いとこは、発祥がヘラクラスとエキドナ、
蛇女になってるんだよな
これなんでなのかが不思議でしゃーない
だって遊牧民族関係ないし

827名前:名無しのリバタリアン2020/06/27(土)10:59:29.19ID:L2/vBf6G0
>>368
江戸時代以前は概ね初潮=13歳前後で成女とみなされ、性的に成熟したと考えられているのは事実。

しかし母として未熟過ぎて捨て子が社会問題になった等と言うのは聞いたことがない。

江戸時代以前は捨て子や間引きが多かったのは事実だが
捨て子に至る理由の多くは江戸時代以前の庶民は今より遥かに貧しい暮らしをしており経済的に困窮していたからであり、母として未熟どうこうは関係ないだろう。

母子共に死亡率は高いと言うのは医療技術が低いから当たり前であり、色々な理由で死にまくってるので特に問題とはなっていない。

お前の頭の中の妄想を事実のように語るなよキチガイ。

833名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)11:14:44.88ID:fFQbSI1d0
>>827
江戸時代の平均初婚年齢は19歳
出産リスクの高いローティーンを妊娠させる文化はなかったってさ

https://togetter.com/li/1173108

842名前:名無しのリバタリアン2020/06/27(土)11:40:18.29ID:L2/vBf6G0
>>833
平均の意味が理解できない害児か?
860名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:03:25.42ID:kMIdJcz30
>>842
怒りのロリおじ
868名前:名無しのリバタリアン2020/06/27(土)12:08:28.98ID:L2/vBf6G0
>>833
平均初婚年齢が19歳だからローティーンで結婚する女はいなかった等と飛躍した結論を導き出してしまうのが児童ポルノ法カルト。

例えば【今の初婚年齢の平均は30前後】だがこれは【女の性的な成熟年齢が30歳である】という事や【出産リスクの高い30歳未満で結婚して子供を産む女はいない】と言う事を意味するだろうか。

もちろん、そんなわけは無いだろう。

しかし
>>833やこの馬鹿が引用しているTwitterの馬鹿がいってることはそういうことなのだ。
児童ポルノ法カルトは次から次にデタラメな主張を繰り返す。

自分たちの願望を実現するためなら平気で嘘を吐いたり人を陥れることを厭わない良心の欠落したサイコパス10弾。

それが児童ポルノ法カルトなのだ。

868名前:名無しのリバタリアン2020/06/27(土)12:08:28.98ID:L2/vBf6G0
>>833
平均初婚年齢が19歳だからローティーンで結婚する女はいなかった等と飛躍した結論を導き出してしまうのが児童ポルノ法カルト。

例えば【今の初婚年齢の平均は30前後】だがこれは【女の性的な成熟年齢が30歳である】という事や【出産リスクの高い30歳未満で結婚して子供を産む女はいない】と言う事を意味するだろうか。

もちろん、そんなわけは無いだろう。

しかし
>>833やこの馬鹿が引用しているTwitterの馬鹿がいってることはそういうことなのだ。
児童ポルノ法カルトは次から次にデタラメな主張を繰り返す。

自分たちの願望を実現するためなら平気で嘘を吐いたり人を陥れることを厭わない良心の欠落したサイコパス10弾。

それが児童ポルノ法カルトなのだ。

872名前:名無しのリバタリアン2020/06/27(土)12:11:37.78ID:L2/vBf6G0
>>833
平均初婚年齢が19歳だからローティーンで結婚する女はいなかった等と飛躍した結論を導き出してしまうのが児童ポルノ法カルト。

例えば【今の初婚年齢の平均は30前後】だがこれは【女の性的な成熟年齢が30歳である】という事や【出産リスクの高い30歳未満で結婚して子供を産む女はいない】と言う事を意味するだろうか。
もちろん、そんなわけは無いだろう。

しかし>>833やこの馬鹿が引用している児童ポルノ法カルトがいってることはそういうことなのだ。
児童ポルノ法カルトは次から次にデタラメな主張を繰り返す。そして頭の足りない馬鹿が騙されてデタラメな主張を広げていき、それが常識であるかのように語られることになる。

自分たちの願望を実現するためなら平気で嘘を吐いたり人を陥れることを厭わない良心の欠落したサイコパス集団。

それが児童ポルノ法カルトなのだ。

872名前:名無しのリバタリアン2020/06/27(土)12:11:37.78ID:L2/vBf6G0
>>833
平均初婚年齢が19歳だからローティーンで結婚する女はいなかった等と飛躍した結論を導き出してしまうのが児童ポルノ法カルト。

例えば【今の初婚年齢の平均は30前後】だがこれは【女の性的な成熟年齢が30歳である】という事や【出産リスクの高い30歳未満で結婚して子供を産む女はいない】と言う事を意味するだろうか。
もちろん、そんなわけは無いだろう。

しかし>>833やこの馬鹿が引用している児童ポルノ法カルトがいってることはそういうことなのだ。
児童ポルノ法カルトは次から次にデタラメな主張を繰り返す。そして頭の足りない馬鹿が騙されてデタラメな主張を広げていき、それが常識であるかのように語られることになる。

自分たちの願望を実現するためなら平気で嘘を吐いたり人を陥れることを厭わない良心の欠落したサイコパス集団。

それが児童ポルノ法カルトなのだ。

374名前:不要不急の名無しさんID:
で、こういう古代の戦士や武人って実際、どの程度の強さだったの?
刃牙の武蔵じゃないが。現代の格闘家相手に互角以上とか?
391名前:不要不急の名無しさんID:
>>374
前近代の社会は支配者層である武士(ってか騎士でもなんでもいいけど戦闘者)と
平民、農民は食べているものが違うし、長の訓練の差があるんでね。
まあ幕末明治初期の一兵卒は「走れなかった」なんていうけど、
そもそも別の種族のような体格差能力差があったというから
そこから推定すれば前近代の女戦士だっていいもの食わせて戦闘訓練すれば
それは平民オスを圧倒的に凌駕する戦闘力は得られたろうね。

ってか戦闘ってそれ以前になにより士気だからね。
例えば同時代の女性自衛官や婦警やらを想起すれば、女性だって一般男性を隔絶する
相当な能力を身に着けられるって想像は、難しくないと思うけどね。

>>218
>>225
風魔小太郎「そうじゃな」

411名前:不要不急の名無しさんID:
>>374
ヘラクレスクラスだと矢と棍棒だけでホラアナライオン退治してる
>
ヘーラクレースの最初の難行はこのネメアーの獅子を殺して毛皮を持ち帰る事だった。
ヘーラクレースは矢を撃ち、次いで棍棒で殴ったが毛皮には傷一つつかなかった。
ヘーラクレースは3日間獅子の首を締め上げて獅子を殺した。

日本人だと清正が虎を退治してるな
ローマでも
> 午前中は野獣狩り(ウェーナーティオー)が催された。
ヨーロッパ、中東そしてアフリカから集められた熊、トラ、ライオン、ヒョウなどの猛獣や象、
キリンといった珍獣が闘技場に放たれ、闘獣士たちがこれを狩り殺してゆく[66]。

384名前:不要不急の名無しさんID:
ペルシャ系で、直系子孫じゃないけどオセット人が近いかな
髪が茶髪から黒、瞳は青いのがいる
http://top-antropos.com/images/21/osetinki/%D0%9C%D0%B0%D1%80%D0%B8%D0%BD%D0%B0%20%D0%91%D0%B8%D1%82%D0%B0%D1%80%D0%BE%D0%B2%D0%B0%20%D1%84%D0%BE%D1%82%D0%BE.jpg
http://top-antropos.com/images/24/1/%D0%9A%D1%80%D0%B8%D1%81%D1%82%D0%B8%D0%BD%D0%B0%20%D0%A6%D1%85%D0%BE%D0%B2%D1%80%D0%B5%D0%B1%D0%BE%D0%B2%D0%B0%20%D1%84%D0%BE%D1%82%D0%BE.jpg

スキタイ人自身がどうなったかというと、他の民族と混じってスラブ人の祖先になってる

395名前:不要不急の名無しさんID:
>>384
マジャールじゃないの?
www.pinterest.jp/pin/641340803163155750/?amp_client_id=7yjAWqRw1OhWsG2PvTlxJngcPzwuRMHnNPu4CF6O5rs9JfVdzk5ftRytmWWUqDhu&mweb_unauth_id=c4aba0de&amp_url=https%3A%2F%2Fwww.pinterest.jp%2Famp%2Fpin%2F757378862314675515%2F
407名前:不要不急の名無しさんID:
>>395
マジャールは、元はモンゴロイド
ウラル語族
欧州に来たのも、かなり後
415名前:不要不急の名無しさんID:
>>407
ふるい
> かつてはモンゴル系遊牧民の流れを汲むという説[注釈 2]があったため、
古い資料にはこの名前ではなく「モンゴル系ハンガリア(ハンガリー)人」と呼ばれていた[18]、
そのため「マジャル」は「モンゴル」が転訛した呼称の場合があるという。
> 他のウラル系民族と異なり、
上記のようにテュルク系諸族と混血が多く、騎馬遊牧民(騎馬民族)を主とする生業を起源としていた。

> マジャル人はウラル山脈の中南部の草原で遊牧を営み、
5世紀ころからアゾフ海北岸付近でテュルク系のオグール(ブルガール人の祖)と混合を繰り返した[19]。
9世紀ごろになると東ヨーロッパにむけて、集団移動を開始して、西方の黒海北岸に到達した。
さらにロシア南部のヴォルガ川南岸を拠点とした大首長(ジュラ)アールパードは名誉最高首長(ケンデ)クルサーンとともにマジャル人を率いてハンガリー平原に移住し、
その後、彼らは生活圏を広げた。アールパードはアールパード家の祖となった。

405名前:不要不急の名無しさんID:
>>384
あじあ入っている、肩きゃしゃ、鼻短め、口唇やや厚め
421名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:56:33.88ID:7Dar9yOf0
>>384
おっぱいがないよ
450名前:不要不急の名無しさんID:
しかしどうでもいいけど東方のバルバロイの習俗について
どうも自称愛国者ネトウヨちゃんが萌えまくるというのは面白いなw
われら偉大なる大韓の徳を奉じるヘレネスやラケダイモンには
そういうバルバロイの文化、ことに女が戦うなんて話はわかりませんな

>>436
それいったら「年増」の本義は数えで二十歳ですぜw
大年増で三十歳だw 今日びの平均初婚年齢っていってなかったっけ? 知らんけど。
あとは江戸時代の吉原の定年が27歳だっけかな。これまた知らんけどwww

ま、それいったら初老の定義は40からなんですけどね。

>>421
チミのレス付けている先の話とかは分からんが、
>>286 くんがいっているとおり授乳やらおっさん誘惑向けには
それは最強クラスの武器になるか知らんがw
あれは戦闘、馬上で剣を振るったり特に弓を引き絞るにおいては
大いに邪魔になるものだからねwww

794名前:不要不急の名無しさんID:
>>450
スパルタが身内の弱いものを苛烈に遇するのは強者を選別するためで
事大にともなく自尊心毀損ストレスの捌け口じゃねえだろよwww
389名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:40:50.43ID:yeIRIquh0
アメリカのアマゾネスと若いシュワちゃん

ヨーロッパのアマゾネス
423名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:56:41.81ID:3OzDSe9V0
>>389 怖い うかつに挿入すると折られそうだ
463名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:24:18.73ID:yeIRIquh0
>>423
まず挿入を試みた時点で死闘になるから
424名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:58:43.38ID:UWNi0kWc0
>>389
グレース・ジョーンズだっけ?
コナンザグレート懐かし過ぎw
403名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:46:16.07ID:I5un8FfA0
チェコの伝説に乙女戦争ってのがあって
男女が戦う話があるんだが、日本には馴染みが薄いようで
詳しい物語がわかんないんだよね
とりあえず巨人じゃないし監察軍もでてこない
406名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:48:14.05ID:mGtImzOY0
>>403
漫画になってるよ読んだことはないが
410名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:49:54.29ID:I5un8FfA0
>>406
それフス戦争かなんかの史実をもとにしたものだと思う
それとは違う伝説がある
414名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:53:53.92ID:mGtImzOY0
>>410
へぇー違うのかまんまタイトル通りだからてっきり
429名前:不要不急の名無しさんID:
>>403
スメタナ作曲のモルダウにもでてくるだろが

ja.m.wikipedia.org/wiki/リブシェ
ja.m.wikipedia.org/wiki/乙女戦争

この辺嫁ば

689名前:不要不急の名無しさんID:
>>429
そういうのは知ってるだろう
591名前:不要不急の名無しさんID:
>>403

面白そうだ

監察軍の謎は永遠のテーマ

420名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:55:52.42ID:Su9PRtAL0
日本人がまだ日がな一日どんぐり拾って食ってた頃か
世界史はスゴイな
425名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)21:59:17.30ID:uoAwnSBv0
>>420
2600年前なら現在の広く受け入れられてる説では水田稲作始まったころ
3000年前っていう説も出てるがまだそっちはそこまで定説になってない
434名前:不要不急の名無しさんID:
>>420
あのね
日本人はドングリ食ってないの
栗拾って食ってて、
なおかつこれを栽培してた
www.kurihiko.com/日本の栗/ニホングリの始まり/

日本における雑木林とは縄文人が作った、
畑であり、そこに野生動物住まわせて養殖してたまである

457名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:21:36.97ID:lfvWoYIh0
>>434
いや、椎の実は食べてただろ
貯蔵されてたんだから間違いない
477名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:33:18.58ID:x9ru3oe30
どんなコに何があって丁寧に埋葬されるに至ったんだろうな
ロマンだわ
499名前:不要不急の名無しさんID:
>>477
夢広がるわあ
508名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:56:46.63ID:6+WIVnR80
>>477

こんなコです
494名前:不要不急の名無しさんID:
生け捕りにしてグヘヘヘとかなかったんやろうか
505名前:不要不急の名無しさんID:
>>494
ローマとかでは美少年も狙われたらしいな
543名前:不要不急の名無しさんID:
>>494
そらするに決まってる
捕まえる、犯す、美人なら嫁
いらないなら奴隷として売り飛ばす
または死ぬまで肉便器だよ

対立部族を消滅させる場合は女を売るか殺して、
男を奴隷労働

550名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:23:31.72ID:lfvWoYIh0
>>543
時代は違うがモンゴルでは女は戦利品として男の共有財産になったらしいな
だからチンギスハンの長男は誰の子供かわからないらしい(母親が一時期敵の捕虜になっていた)
552名前:不要不急の名無しさんID:
>>550
マジかよ白き牝鹿
560名前:不要不急の名無しさんID:
>>550
つうか、中国とかチベットあたりだと兄弟婚ってのがあって
兄貴の嫁が嫁いできたあとに、
兄貴が死んだら弟がその元嫁を嫁として迎えるって風習あるんだわ
現代日本からは変に見えるけど、これ以外に中世日本では多くてね?
例えばお市の方。最初浅井長政に信長の妹として人質に出されるんだけど、
浅井は朝倉と代々仲がよかったから、織田と対立する。
んでお市の方と娘三人は殺されずにいたから助け出されたあと、
今度は秀吉の助縁で柴田勝家の嫁になる
名実ともに柴田は織田の血縁になった

こういうケースもあるんで、
騎馬民族って女の扱い方が基本的に財産って考えみたいよ
イスラムもラクダと交換するものだし

512名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)22:59:43.93ID:EWluldms0
よくよくガキの頃を思い出してみれば
小6あたりから中2ぐらいまでの女子って体格は男と差が無く運動能力高くてなにより凶暴だった、コミュニケーション不可能なレベルで凶暴だった。
536名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:17:34.48ID:lfvWoYIh0
>>512
確かに体格や運動神経に大きな差はなかったが周りの女子は皆優しくていい子ばっかだったぞ
君は修羅の国の出身者かね?
648名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)01:50:20.62ID:Lo//dR/L0
>>536
世代的なものもあるかもな
539名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:19:02.50ID:HgwQalPj0
>>512
ショタだった俺は周りの女子にずっとハグされたりちゅーされたりしてた
調子乗っていろんな子といちゃいちゃしてたら最終的にメスゴリラの下僕として生きることになった

初体験もその子です

523名前:不要不急の名無しさんID:
時は流れ、古代マケドニアに勃興したアレクサンドロス大王の東征が始まり、勇猛果敢と謳われた
多くの騎馬民族が降伏した。サルマタイ部族は最後まで抵抗を続け、現在のウズベキスタン共和国に
存在した都市国家サマルカンドの防衛戦にまで参加したが、アレクサンドロス大王の巧みな戦術の前に
壊滅的打撃を受けた。僅かに生き残った残党は東方へ逃亡したが、その内の一派が中国陝西省に存在した
秦国にたどり着いた。高い戦闘力を誇るサルマタイ部族は秦国で抜擢され、秦国が群雄の六国を平らげ
天下を統一する原動力となった。長い年月の間にサマルタイ部族の中には秦王家と姻戚関係を結び、
秦王族の一派となったものもいた。
758名前:不要不急の名無しさんID:
>>523
謄(史実ではなく漫画のほうね)はこの流れを汲んでたりするのかな。中央アジアっぽい
838名前:不要不急の名無しさんID:
>>523
サルマタイを構成する部族のひとつアラン人の一部はローマに雇われてブリタニアで兵役についてて
それがアーサー王の伝説のもとになった人物って説もある。ブラッカイマーの「キング・アーサー」はこの説をベースにしてる
844名前:不要不急の名無しさんID:
>>838
すげーな。
サルマタイ人の子孫は、ローマ、イギリス、中国、日本の主要国で活躍しまくりだな。
その上、イギリス、中国、日本では王族にまで食い込んでいる。
そのサマルタイ人を撃破したアレクサンドロス大王は、極めて優秀な人物だったんだろう。
847名前:不要不急の名無しさんID:
>>844
ほとんど根拠のない伝説
中世にポーランドやウクライナで、「サルマティズム」が流行ったことがある
ウリたちは、生粋のサルマタイ人の子孫ニダ
853名前:不要不急の名無しさんID:
>>847
伝説か。残念だ。

ポーランドやウクライナは、どちらかというとフン族やモンゴル族の子孫だろう。
中世なんかは、まさにモンゴル人がドナウ川まで攻めてきたんだし。

531名前:不要不急の名無しさんID:
この下着はかつてのサルマタイ部族を称え、平安貴族の間では「サルマタイ」と
呼ばれていたが、坂東武者に伝わる頃には「サルマタ」に変調し、やがて庶民の間で
親しみを込めて「猿股」という漢字が当てられていった。
この「猿股」が、現在日本人が愛用している猿股の原型であるという説が、
現在の学会では支配的である。

民明書房刊『古代騎馬民族に見る現代日本のルーツ』より

533名前:不要不急の名無しさんID:
>>531
お前、割と凄いな
544名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:21:57.64ID:q7D+qmym0
>>531
さっそくアマゾンで注文したわ ( ´・ω・`)
623名前:不要不急の名無しさんID:
>>544
その返しもなかなかwww
548名前:不要不急の名無しさんID:
>>531
猿股失敬! がない

>>257
あのー
ヒストリエって読んだことあります?
一巻から

565名前:不要不急の名無しさんID:
>>531
文筆業の人?
全部真面目に読んで、なんとなくオチが想像ついたけど
面白かった
635名前:不要不急の名無しさんID:
>>531
民明書房が言うなら間違いないな
551名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:24:18.28ID:hA23v0XG0
漫画だと女戦士ってやたらに強いけど
アマゾン最強の女戦士ペンテシレイヤは
アキレスに瞬殺されてんだよな
553名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:26:11.66ID:lfvWoYIh0
>>551
なでしこジャパンは男子中学生チームに惨敗してるしね…
所詮は幻想よ、故にロマンがある
613名前:不要不急の名無しさんID:
>>551
でも吉田沙保里に勝てるかつったら勝てる気しないだろ
564名前:不要不急の名無しさんID:
漫画の考察ってすごいよ

キングダムの山民や羌瘣、、クレイモアとか
ウイグル無頼、ヒストリエ

569名前:不要不急の名無しさんID:
>>564
だいたい資料徹底的に読み込むから、
歴史系漫画は出だしが一番練り込まれてる。
んでだんだん連載が続くとズボラになってくる
ヒストリエとかキングダムは研究書もあるのもさることながら、
実在系なんで歴史書のまんまだよ
特にヒストリエ。

そういう意味では日露戦争物語は出だしは神だった
そらまんま大河にするわ
でも本木の怪我とかで大河でなくて、特別ドラマって変則的なものになってから、
そこにペースを合わせるべく日清戦争を描き過ぎて飽きられて終わった
江川達也の最高傑作なのにな。途中まで

582名前:不要不急の名無しさんID:
>>569

日露戦争物語は俺も読んだよ
蔦屋レンタルだけど
そこで、立見尚文が好きになったな

本文関係で色々検索してみたけど
自分の知識だと、イメージが沸かないが
興味深い内容で楽しめた

659名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)01:59:04.01ID:4NIhQlcx0
>>569
岩明均の親父、考古学者だもんなぁ。
読むとき気合い入っちゃうよ…。ちゃんとしてるんだもん。。
568名前:不要不急の名無しさん2020/06/26(金)23:47:46.35ID:3Xi4t8ti0
ただの昔のDQNでしょ、親が不敏に思って埋葬しただけだと思う
576名前:不要不急の名無しさんID:
>>568 お前の考えっていつも思い込みだけだよな 注目されたいんだろうが外しまくって引かれてるじゃん やめとけよ

と、友達に言われない? あ、ごめん…

670名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)02:16:14.65ID:GFMXnqvV0
>>568
この時代に守る側と守られる側という区分があったのかね
575名前:不要不急の名無しさんID:
戦後、戦死した兄の嫁を弟が娶ったり
後輩が形だけ結婚して、先輩嫁の面倒をみた話を知ってる
585名前:不要不急の名無しさんID:
>>575
スパルタの話だったっけ?
兄弟で一人の女を抱えて、最後は未亡人に成る確率が高いってな社会。
947名前:不要不急の名無しさんID:
>>575
日本でも戦前戦後までそういう話があったみたいだね
593名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)00:22:56.93ID:EDSKzEj00
現代も銃の登場で男女の戦闘力に差が無いんだから女も積極的に戦場に出せばいいんじゃね?
595名前:不要不急の名無しさんID:
>>593
イスラエルはガチでやってるだろw
米軍もボチボチいる。

最前線で戦う女兵士は。

634名前:不要不急の名無しさんID:
>>593

https://www.afpbb.com/articles/-/3006040

【1月6日 AFP】米海兵隊は先ごろ、女性隊員に体力的な要件として懸垂3回を課すことを無期限で延期した。
海兵隊員らが2日に明らかにした。ブートキャンプ(新兵の訓練プログラム)に参加した女性隊員のうち、
半数以上がこの要件を満たせなかったことが背景にあるという。

ある隊員は自身のブログを通じて「男性隊員の中で、懸垂が3回できない人など見たことがない。
平均的な男性隊員と女性隊員の体力の差は非常に大きい」と述べ、「歩兵部隊やその他の戦闘部隊にとって、
体力は部隊とそれに所属する隊員1人ひとりの生死にかかわる問題だ」と続けた。

682名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)02:35:23.83ID:/NNNOUhW0
>>593
先進国でも、そういう国もあるね

G7だと、フランスは徴兵制復活の方向で、女もその対象、
ノルウェーやスェーデンも女も徴兵の対象

世界でも、女が普段の仕事でも社会で活躍出来てるような国が、
そういう方向に行くのは興味深い

先進国の中でも、上の3つは上場企業の女性役員比率が高い国だからね

686名前:不要不急の名無しさんID:
>>593
白兵戦で出しちゃうと敵兵が返ってやる気を出しちゃうから駄目だと思う。
格闘技で考えれば分かる。
男VS男ならただ痛いだけだから牽制し合うが、
男VS女になるととにかく捕まえて色々したい一心で男の側から恐怖が消える。

わざわざ敵兵をビースト化させてどうするって話。

618名前:暇つぶし ◆Naoki28pY. ID:

(´・ω・`)
622名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)01:13:56.85ID:4o5nJeif0
>>618
ぐあぁああああ (即死)
646名前:不要不急の名無しさんID:
>>618
きゃわわ(*´ω`*)
654名前:不要不急の名無しさんID:
>>618
こんな可愛い上にオッドアイとか属性盛りすぎやろ
627名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)01:20:37.75ID:9ufMqr5O0
いいねえ、しかも処女部隊っていうオマケ付w
632名前:不要不急の名無しさんID:
>>627
敵兵はフルオッキで襲って来るから、スキタイの女兵士の練度は相当なモンだったろうな。
かなりの運動神経の良い女の子達の、選抜メンバーだったのかもな。
処女のうちに、三人以上敵を斃せば結婚出来るってな厳格な名誉ルール社会で、
戦士としてのプライドも高そうだ。

斧はすれ違いざまの武器で、弓はアウトレンジ用。遠近隙の無い装備だ。
大前提に馬を手足の様に扱えるスキルが必須だったけれども。

639名前:不要不急の名無しさんID:
>>632
陸上部やソフトボール部やバレー部のJCみたいな娘が鍛え抜かれたムチムチな肉体で浮腫んだ男たちをなぎ倒したんだろうな
663名前:不要不急の名無しさんID:
>>639
JCくらいの間に、荒くれ野郎の敵兵を三人以上殺さないと、
JK年齢に成った時、スキタイ社会に認められイケメンゲット出来ないしなw
馬から落ちちゃえばヒャッハー!軍団に犯され殺されちゃうから、娘達も必死だったろう。
649名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)01:50:52.77ID:4NIhQlcx0
スキタイ人とか、大月氏とか、騎馬民族はよくわからん。
遊牧民だろうし、国土感覚が土地所有って感じになるんだろうか…
680名前:不要不急の名無しさんID:
>>649
遊牧民は私有財産の考え方がない
全てが部族の共有物だね
787名前:不要不急の名無しさんID:
>>680
そんなわけがない。
不動産の所有はないかもしれないがそれ以外は普通に個人の財産になる。
672名前:不要不急の名無しさんID:
みんなアニメ的な想像してるけど実際はバッキバキのオランウータンなんやろなあ
675名前:不要不急の名無しさんID:
>>672
腕力で戦うわけじゃない
騎馬民族だから日本の女武者みたいに機動力で戦う
ヨーロッパ人がイメージする女格闘家みたいな方が間違ってるんだよ
身軽さで強い
677名前:不要不急の名無しさんID:
>>675
だよな。馬に乗って風の様に現れ、風の様に去って行く。
後には死体が転がってるってな戦い方だわな。

ヒットアンドウェイみたいな戦い方だよな。女戦士は。

683名前:不要不急の名無しさんID:
>>677
おそらく合戦の場がだだ広い草原、平原だからなんだろうな。
騎乗して戦うなら体が小さい方がむしろ有利だしね。

現代でも35kmを走破して争うことで知られるナーダムのモンゴル競馬を争うのは9歳以下の子供たちなんだよ。
大人だと体が大きすぎて馬が疲れてしまうから。
大人は体格を活かしてモンゴル相撲で競い合うんだ。

978名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)19:16:01.09ID:yLcZKfL/0
>>675
ビキニアーマー着たゴリゴリマッチョの巨乳女戦士とかファンタジーなんやな…
979名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)19:22:12.67ID:oceb3/sQ0
>>675
基本乙嫁語りのアミルみたいなもんだよな
でもあの漫画でもアミルだけ異様に女の中では戦闘力高いが
685名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)02:37:38.81ID:EYKyl86J0
>また「エナレス」という男が女になる謎の病気が伝えられている
>(ヒポクラテスによると、馬の乗り過ぎが原因らしい)。

アッー!!

687名前:不要不急の名無しさんID:
>>685
意味深な言い方だけどこれはただの「痔」だねww
ケツから血が出る症状を「男が女になる謎の病気」とは面白い表現をしたもんだ。
まあ、ギリシャには痔の患者なんていなかったってことなんだろうな。
693名前:不要不急の名無しさんID:
>>687
俺は単純に、睾丸や精管がダメージ受けて不妊になると思った
バイクや自転車乗りもヤラれるっていうし
815名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)09:44:49.34ID:rYNBGeXj0
>>687
その推理に感心した
828名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)11:03:30.41ID:x+BzeeUH0
>>685
ギリシャ語のエナレスは「雌雄同体」とか「半陰陽」という意味。
もともとはスキタイ語らしくて、本来のギリシャ語ではアンドロギュノスに当たるとのこと
698名前:不要不急の名無しさんID:
こういうのはロマンがあって良いな
707名前:不要不急の名無しさんID:
>>698
ロマンと言うか文化交流の少なさ故にどうしても神秘的な描写になるんだろね。
現代人が宇宙人について描くのと似ている。

今となっては
「あー、遊牧民社会では女子供も労働力、兵力になるんだよな」
「ずっと馬に跨ってたら痔にもなるよねw」
だけど。

「同じ人間」という認識が出来たのってまだここ100年くらいのものなんだよ。
江戸時代の農村の子たちは外国人の存在すら知らない。

737名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)05:56:48.45ID:GFMXnqvV0
>>707
それも怪しげだけどな
人間概念が成立する以前は奴隷制度だったから

市民 → 人間
奴隷 → 人権
に移行したに過ぎない

708名前:不要不急の名無しさんID:
その時代の13歳は今で言う40歳よ
712名前:不要不急の名無しさんID:
>>708
今の40歳は昭和で言うところの20歳
719名前:不要不急の名無しさんID:
>>708
それはない。
715名前:不要不急の名無しさんID:
アレクサンダーの騎馬戦闘術は
スキタイから取り入れたのか?
721名前:不要不急の名無しさんID:
>>715
影響は受けてるけど、戦術がぜんぜん違う
主武装は、馬上槍だね
要員も、貴族中から選抜してる

729名前:不要不急の名無しさんID:
>>721
鎧のない馬上で槍を使いこなすとか、
すごい乗馬技術ですね。
弓矢より難しそう。
724名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)03:55:51.29ID:QjGa1K7a0
スキタイはクルド人の祖先
クルディスタンは約2600年前はアッシリアだった
セム系アッシリア人が紀元前612年に滅亡した後に
イラン系のクルド人が住むようになった
アッシリアは新バビロニアとメディアと
スキタイの連合軍に滅ぼされた
771名前:不要不急の名無しさんID:
>>724
ああなるほどね
クルドはなんであんなとこに古ペルシャがいるのかと思ったけど
スキタイの末裔か
そうするとトルコ系とは別にトラブる理由はないんじゃないか
トルキスタンでは遊牧ペルシャは異族扱いにはならないのに
クルド問題ってあれ欧米の嘘か
774名前:不要不急の名無しさんID:
>>771
これが発端
>
オスマン帝国の主たる後継国家であるトルコでは、共和人民党政権が単一民族主義をとったため、
最近までクルド語をはじめとする少数民族の放送・教育が許可されてこなかったが、これがクルド人としての統一したアイデンティティを覚醒させることとなり[要出典]、
クルド人独立を掲げるクルド労働者党(クルディスタン労働者党)(PKK。トルコ及び日本政府はテロ組織と見なしている)はゲリラ攻撃を行なったので、
1995年にトルコ軍が労働者党施設などを攻撃、イラク領内にも侵攻し、イラク北部の労働者党拠点を攻撃した。
イラクもこれに賛同して、自国のクルド人自治区に侵攻したが、武装解除問題を抱えていたことから、米軍の攻撃を受けることとなる。
779名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)07:52:01.56ID:QjGa1K7a0
>>771
イラク領クルディスタン=アッシリア

トルコ領クルディスタンは約百年前までアルメニアだった
トルコ人とクルド人がアルメニア人を虐殺追放してクルディスタンにした
だからクルド国家にはトルコだけでなくアルメニア人も反対している

730名前:不要不急の名無しさんID:
ブライエニーはカッコいいよね
760名前:不要不急の名無しさんID:
>>730
どうでもいいんだが、個人的に道のいかにも車が走ってますみたいなわだちを見るといつも萎える
856名前:不要不急の名無しさんID:
>>760
馬車やで
750名前:不要不急の名無しさんID:
昔なんかの雑誌で、
誰が見ても、秒でBBAとわかるのを
なんとか13歳なんて、雑誌の表紙があったの思い出した
766名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)07:20:22.46ID:LVmQDGsM0
>>750
美可子13歳

本当に13歳らしい

840名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)11:34:52.57ID:Zpe7h93d0
>>766
マヂかよみかこし最高だな。
781名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)07:55:57.95ID:OFXmuuQU0
2600年前にタイムスリップして少女戦士の命を救うラノベができるな
786名前:不要不急の名無しさんID:
>>781
医学の知識備えてる?
この女の子の死因は多分急病死だぞ
五体揃っているから事故死や戦死じゃないし、
防腐処理としても内臓を抜かれてるので『病気になった内臓を手術で取り去って健康にしてから』あの世に旅立たせた可能性がある
795名前:不要不急の名無しさんID:
>>781
もしくは2600年後に空から落ちてきてボンクラ主人公の居候になるってお話だな
793名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)08:15:43.54ID:GFMXnqvV0
脳を調べてみると
半裸の女性を見ているときと
武装しているしている女性を見ているときは
脳の働いている箇所は同じなのだそうだ
797名前:不要不急の名無しさんID:
>>793
マジかよ。

ていうか、いったい誰がどういうきっかけで
その2つをサンプルに視聴者の脳を調べることにしたんだよww
もしかして
「ん?もしかして武装した女って実はエロくね?」
て気づいた脳科学者が居たのかw

802名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)08:33:54.74ID:NVgD09gl0
>>793
富野由悠季によるとエッチは男女の仲良しこよしではなくて
生存をかけた争いだそうだから、正しいのかも
820名前:不要不急の名無しさんID:
いつの日からか女戦士は露出の高い衣装を着て負けたらくっころと言うのが当たり前になってしまったよな
830名前:不要不急の名無しさんID:
>>820
ギリシャ神話からじゃね
839名前:不要不急の名無しさんID:
>>830
ギリシャ人自体、兜と胸当てだけつけて、あとスッポンポンで戦ってる絵が残されてるからな
本当にあんな格好で戦ったんだろうか
875名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:18:08.86ID:omqiIxoo0
>>820
エジプトや今の中近東のメソポタミア、さらにインドあたりだと重武装はオカシイわけで
半裸というか戦いの女神で中には裸じゃねーかってイシュタルとかいるし
ギリシャ神話のダイアナやアテナにしても半裸だしな

北欧のワルキューレさんにしても太もも露わに騎乗しているし

880名前:不要不急の名無しさんID:
>>875
ああそうか
弓騎兵最強時代だから、重い鎧で防御したところで弓騎兵相手に一方的に撃ち込まれて反撃もできないんだ
それなら相手の弓が尽きるまでは盾で防御して、弓騎兵の矢が尽きたタイミングで盾を捨てて近接戦闘を挑めばワンチャンあると
騎馬なら機動性を落とさないために近接用の獲物で重い物が持てないので
それで近接戦闘にはかえって鎧が邪魔だったと
852名前:不要不急の名無しさんID:
匈奴の末裔と言われている写真
857名前:不要不急の名無しさんID:
>>852
匈奴人でけーwww
こんなのが騎馬軍団で襲撃してくるなんて、恐怖過ぎるwww
そりゃ国力を傾けてでも、長城を作るわ。
859名前:不要不急の名無しさんID:
>>852
こんな屈強そうな男が攻めてきたら武力で勝てないわ
生き残るために武具や火薬や帆船の発達したヨーロッパも理解できる
854名前:不要不急の名無しさんID:
後世に「再現」されたサルマタイの風俗

ポーランド、服装

ウクライナ、髪型

864名前:不要不急の名無しさんID:
>>854
中世スラブ人の衣装には独特の趣向があるが、ルーツはサルマタイ人の文化だったのか。
中世スラブ人はサルマタイ人に憧れていた訳だね。
勉強になりまっす。
891名前:不要不急の名無しさんID:
>>854
ロングコートは騎馬民族の必須アイテムか。
30~40km/hで走る馬上の寒風和らげるし、遠征時のキャンプじゃ布団にもなるな。
897名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:03:46.48ID:CuVs0xDH0
>>891
日本だと矢除けのマントがあったから同じじゃね?相手も弓使うんだし
>>892
鐙がないからな、なんで鐙が発明されなかったんだ?モンゴルじゃ裸馬に乗れて一人前だからか?
898名前:不要不急の名無しさんID:
>>897
なるほど。矢を防ぐ鎧の意味もあるのか。
かなり密に織り込まれているロングコートか。

万能コートだな。

861名前:不要不急の名無しさんID:
13才の少女なら
こっちがチンポ丸出しにしたら目をそむけて戦意喪失するだろ
863名前:不要不急の名無しさんID:
>>861
多分スパッかチョキンだと思う
865名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:06:36.38ID:HCls/b1z0
>>861
お前大将ちんぽだろ、大将ちんぽ
なあ、ちんぽおいてけよ
879名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:24:20.25ID:d50SZyB/0
でも栄養状態の良くないコテコテのモンゴロイドだから、筋ばった辻元清美みたいなのだぞリアルに再現すると。
881名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)12:31:11.63ID:AE8gheHh0
>>879
即、脳内で可視化できたw
909名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:22:49.18ID:7zaP7e8D0
>>879
イラン系書いてるからモンゴロイドではないだろ
914名前:不要不急の名無しさんID:
男のほうも、頭の皮を持ってこないと「戦士」と認められなかったようだ
915名前:不要不急の名無しさんID:
>>914
男のチソコの皮を持ってこないと一人前と認められない
に空目した
918名前:不要不急の名無しさんID:
>>914
男も敵兵の生首三つだろうなw
女の社会的地位が高い=男と同じ様な事するだろうから、
一人前に成る為に、戦場でも必死こいたろうな。スキタイの男女は。
922名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)13:55:36.08ID:4Sl+YS110
女戦士なんて使い物にならんだろ。
常識的に考えて。
927名前:不要不急の名無しさんID:
>>922
ガキンチョの頃から馬術が生活の一部で、狩りでの弓矢鍛錬も生活の一部。
農作業やっていて、徴兵された小太りおっさんが戦場に出て、
「ヒャッハー!スキタイのロリだああああwwww」って襲い掛かったら、
アウトレンジからあっという間に、矢で頭をぶち抜かれるんじゃね?

弓と馬、中世まで強い組み合わせだとは思うw

928名前:不要不急の名無しさんID:
>>922
後藤喜一「騎手とレイバー乗りは小柄に限る」
930名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)14:04:17.51ID:CuVs0xDH0
>>922
古代は馬を戦争で操れる人が少なく女性でも操れれば貴重であったとか戦争も弓か投げやり主体ならまああんとか
またモンゴル人と同じく好戦的故戦争が多く人口に問題を抱えていた
「歴史」にも書いてあるが戦争に行ってる間に妻と奴隷が浮気して出来た私生児と戦争をするが消耗するので途中でやめたとかある
アフリカでも女性が水汲みをやっていたり地域によっては労働力であることに不思議はないということだろう

 

940名前:不要不急の名無しさんID:
>>922
負けたら奴隷か虐殺って時代なら全員戦うだろ
932名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)14:07:18.23ID:0afFzagc0
アマゾネスって南米アマゾンにいるんじゃないのか?

アマゾンって元々の意味は何よ?通販とかいうレスは要らないから。

935名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)14:14:30.39ID:CuVs0xDH0
>>932
南米アマゾンが名づけられたのはいつか考えればわかると思うが
>>933
アテネ市民の軍事演習って農場に行って奴隷の首を掻き切ることだからな
プルタルコスの英雄伝に記述がある、民主主義発祥とか言ってるけどしょせん野蛮人だよ
943名前:不要不急の名無しさんID:
>>935
現代にも、ウイグル族を奴隷化してる野蛮人いるし
936名前:不要不急の名無しさんID:
>>932
ギリシャ世界の伝説が先で、コロンブス以降西洋人が南米に入って、
原住民の中に女だけの部族がいるらしいってな話を聞いて、
アマゾネスって命名だとは思うw

スキタイ人とかあの辺の部族が伝説に成って、南米探検した西洋人が命名だろうな。

933名前:不要不急の名無しさんID:
スパルタも女が軍事訓練してたらしい
男たちが出征した隙に人口で数倍いる隷属民が反乱することがあってそれを鎮圧するためだったとか
935名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)14:14:30.39ID:CuVs0xDH0
>>932
南米アマゾンが名づけられたのはいつか考えればわかると思うが
>>933
アテネ市民の軍事演習って農場に行って奴隷の首を掻き切ることだからな
プルタルコスの英雄伝に記述がある、民主主義発祥とか言ってるけどしょせん野蛮人だよ
943名前:不要不急の名無しさんID:
>>935
現代にも、ウイグル族を奴隷化してる野蛮人いるし
938名前:不要不急の名無しさんID:
>>933
日本でも島嶼部の海賊の島では女が武装していたし
べつに海賊に限らず古くは木曾の義仲の巴御前とか
さいきんでは戊辰戦争にて旗本衆の女たちが
薙刀を持って維新軍とにらみ合ったりしていたので
べつに珍しいことではないんだ
953名前:不要不急の名無しさんID:
関係ないけど
楼蘭で発見されたミイラは一番古いもので紀元前2000年のものとされていて
歴史に楼蘭の名前が出てくるよりさらに2000年以上も昔の人物なのだという
この間の2000年は謎の空白の歴史である
古代あのタクラマカン砂漠の周辺は川が流れロプノール湖が満々と水を満たし
周辺には湖陽の木が生い茂っていたことがうかがえる
962名前:不要不急の名無しさんID:
>>953

NHKだと楼蘭の美女のミイラもコーカソイドって紹介してた
一説に中央アジア(だか南ロシアだか)にいたアーリヤ人が移動開始したのが前20世紀というから、それから100〜200年くらい後の、原アーリヤに近い女性のミイラなのかもね

969名前:不要不急の名無しさんID:
>>962
なんで紀元前2000年が紀元前1900年より新しいことになるんだよ
977名前:不要不急の名無しさんID:
>>969
アーリヤ人移動開始4000〜3900年前
ミイラ3900〜3800年前(移動後、移動中)

理解できてるか? あ?
「楼蘭の美女」ミイラは3800年前と年代測定されてるぞ?

954名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)16:47:27.33ID:Gi2lzJkF0
平均寿命が30歳くらいの頃か
956名前:不要不急の名無しさんID:
>>954
13歳はすでに大人
958名前:不要不急の名無しさんID:
>>954.956
その解釈は間違ってるよ
医療水準が低く小児死亡率が高く戦争が絶えない時代だから平均すると低いだけ
生き残ってるヤツは60年70年フツーに生きられる

紀元前6世紀頃の
死亡した年齢がほぼハッキリと分かってる古代人の年齢
アテナイのソロン(ギリシア七賢人の1人、前638 – 前558)80歳
孔子(中国の思想家、前551 – 前479)72歳
ダレイオス1世(アケメネス朝ペルシアの王、前550 – 前486)64歳

960名前:不要不急の名無しさんID:
>>958
いやまあ種としては現代人と変わらないから60歳、70歳まで生きるポテンシャルはあるだろうけど
医療水準や社会の安定性は成人後の平均余命にも影響するだろ
961名前:不要不急の名無しさんID:
アニメ化決定だな
963名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)17:33:06.63ID:HEICzjvl0
>>961
萌え絵とかはどっかに上がってそう
964名前:不要不急の名無しさんID:
>>961
もうとっくの昔にアニメ化されてるよ
https://youtu.be/T0E0raQB2Vg
972名前:不要不急の名無しさんID:
別の女性の復元図
988名前:不要不急の名無しさんID:
>>972
まあこの辺が現実だよな…
>>275とか夢見すぎ
991名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)20:14:52.09ID:QjGa1K7a0
>>972
「ウコクの王女」の死因は乳癌
980名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)19:29:31.62ID:QjGa1K7a0
「楼蘭の美女」はトカラ人
漢代の楼蘭はアーリヤ人

トカラ人は紀元前2500年頃にミヌシンスク盆地からタリム盆地へ南下移住した
その後タリム盆地の砂漠化が進行してトカラ人が衰退すると
パミール高原を越えてアーリヤ人が西域南道に移住してきて楼蘭にまで到達した
西域北道にはクチャとかトカラ人の国が残った
「楼蘭の美女」はインダス文明と同世代
インダス文明も砂漠化で衰退するとインドにアーリヤ人が移住してくる
アーリヤ人は駱駝を家畜化して砂漠に適応していたようだ

993名前:不要不急の名無しさんID:
>>980

昔なにかでトカラ語とケルト語が近縁にあると読んだことがある
事実だとするとトカラ語は印欧語系では最東端、ケルト語は最西端
移動が好きなのか圧力があったのか

998名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)20:51:08.64ID:QjGa1K7a0
>>993
アーリヤ人=イラン人とかサテム語派は
トカラ語やケルト語とかケントゥム語派よりも
新しく生まれた語派でアーリヤ人の祖先も
古くはトカラ語のような言語を話していたらしい
995名前:不要不急の名無しさんID:
外国に男女混合のプロレスがあって、ルールは殴る蹴るなしの締め技寝技だけの勝負なんだが、
女の方が強いんよ。男は行動する前に考えるラグがあるけど、女はラグなしに動ける。
女の方が本来戦闘に特化した脳を持ってると思われる。なんせ動物は基本メスが狩をするからな。
996名前:不要不急の名無しさん2020/06/27(土)20:44:19.13ID:XpXY6p3E0
>>995
組技のモンゴル相撲でもクトゥルンという最強皇女がいるな
トゥーランドットのモデルとも言われる人
997名前:不要不急の名無しさんID:
>>995
基本メスが狩りなんて事無いよ
1000名前:不要不急の名無しさんID:
>>997
動物はメスが狩をして子供を食わせてやる。
人間だけはメスが妊娠中と出産直後は歩くことすら困難になるから、
男が狩をして子供を食わせてやるようになった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。